2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

◇第1号しっぽ池

2013.05.31

まずは1号池から

Imgp5609

こちらが前記事でお伝えした
 
「3階まで届いちゃったアボカドとクスノキ」頭頂部であります。
 
青空と緑がまぶちい・・・。
 

 
 
 

P2280222
 
爽やかな空の写真に続いてこれまた爽やかな話題を。
 
春先から室内水槽のシマドジョウさんたちがやたら仲良しです。
 
よくこうやって寄り添いじゃれあったりからみあったりする姿は
 
なんとも愛らしく微笑ましい。
 
 
そういやオスメスって調べたことなかったな、と検索してみると
 
胸びれの形と大きさがオスメスでは違うとのことで
 
この2匹は手前がメス、奥がオスでした。
 
 
むっひょー!
 
んじゃこのイチャイチャって発情したってこと!?
 
んじゃんじゃ交尾とかしちゃって卵産んじゃったりとか!?
 
 
ということで鼻息も荒く(フガフガdash
 
ドジョウの交尾・産卵の画像を探しました(すでに爽やかさからは逸脱しております)
 
 
 
見つかりました・・・。かなり衝撃的でした・・・。
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
 ↓
 
Hannsyoku211
 
・・・一瞬息を飲んだあと盛大に吹いたのはいうまでもありません。
 
 
やっぱ庭に出ましょう。庭。
 

 
 
 

P2280330
 
ネタが多すぎてどっからお伝えしたらいいか迷うほどですので
 
ここは順当に1号池の様子から。
 
 
雨上がり。レンガも古び落ち着きのある侘びた風情に・・・
 
(ただ汚くなってきただけモゴモゴ

 
 
 
 

 
P1070184
 
こちらは制作して二ヶ月後、2010年5月4日の風景(3年前ですネ)。
 
ゴージャスではありますが周囲の植物がすべてモッサモサ。
 
実は先日まではこれに輪をかけて緑がひしめきあい
 
とんでもない状態になっておりましたが
 
一階分低くなっている向こう側のお宅へおもいっきりはみ出し
 
落葉などでもご迷惑をかけてしまっていたので
 
ネットで剪定のやり方をにわかレッスンし上画像のように
 
すっきりさせちまったのでありました。
 
 
剪定したぶん、また伸びてくるのは必定でしょうがとりあえず・・・
 

 
 
 

P2280332
 
他の池と鉢を入れ替えたりして現在はこんなん。
 
右下、右上、中央は葉に斑がはいっているので熱帯さんのようです。
 
んで、ぐぐっと根元を見てみると・・・
 

 
 
 

P2280333
 
むおおおッ!?
 

 
 
 

P2280334_2
 
うぎょーーーーぉッ!!!
 
つぼみキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
 
2鉢同時にほぼ同じ大きさのつぼみちゃんが!
 
そして左奥の大きい葉の温帯睡蓮・・・
 

 
 
 

P2280335
 
あああああああ・・・。神様アリガトウ
 
昨年は植え替えもせず放置したまんまだったというのに。
 
なんといじらしい、そして素晴らしい。
 
この充実した姿はスノーボールさんかな?
 
それとも種類不明の白か黄色か・・・。むふふふ、開花が楽しみ。
 
 
さて今まで3つの池には赤玉土を薄く敷いていましたが
 
今年は何も入れておりません。
 
いちばんの理由は掃除のしやすさ(今までは藻に悩まされてきましたから〜)
 
そしてトンボのヤゴを見つけやすくするためです。
 
 
今までかなりの数のメダカやヌマエビがヤゴに捕食されました。
 
それもビオトープのあるべき姿ではありますが
 
(記事「本当のビオトープって」で説明をしています)、
 
お気に入りのメダカがある日突然姿を消すのはやはり悲しい・・・。
 
それで床には何も敷かず、定期的に鉢をあげて
 
大きなアミでまんべんなく底ざらえをするようにしています。
 
 
生物ろ過的にはやはり砂利なり赤玉土なりあったほうがいいのかもしれませんが
 
これだけ鉢植えを沈めてますからそのへんは大丈夫だろうと。
 
 
そしてもうひとついいことが。
 

 
 
 

P2280341_3
 
すくい取ったものは、鉢からこぼれた赤玉土やメダカのふんやその他汚れですが
 
これをプラケに入れて日なたに置いておくと
 
ミジンコがじゃんじゃん繁殖するんですよ。
 
今までミジンコを増やしたいといろいろ試した中でダントツです。
 
 
で、ここにメダカの稚魚を生まれてすぐに入れておくと
 
小さな微生物やプランクトンを食べているのか
 
エサなしでも現在順調に成長しています。
 
中央やや上のモスの上や中央からずーっと左に
 
やや大きくなってきた白メダカが見えます。
 
 
底をやや混ぜると赤虫がけっこういます。
 
大きいのは室内水槽の金魚に、小さいのはメダカにあげると
 
喜んでウハウハ食べてます。
 
ボウフラも見つけたらすぐ捕獲するんだけど、
 
翌朝、抜け殻が浮いているとくやしい(負けた気がする)。
 
 
見つけたヤゴはひとつの容器に入れておくと
 
体の大きいものが小さい方を捕食します。
 
それでも同じ大きさのが数匹残ってきたので
 
真冬以外すこし動きがある時に増えすぎたヌマエビを入れたりしていた所・・・
 

 
 
 

P2280240
 
ちゃんと冬越しして現在、一匹、また一匹と
 
大空に旅立っていっています。
 

 
 
 

 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
 
きれいにまとめちゃうとなんか恥ずかしいワタクシ・・・
 
 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

0

-

^

¥

Backspace

Tab

q

w

e

r

t

y

u

i

o

p

@

[

Return

capslock

a

s

d

f

g

h

j

k

l

;

:

]

shift

z

x

c

v

b

n

m

,

.

/

`

shift

English

alt

 

alt

環境設定

2011.10.05

ゴン・タラ絶好調

Imgp5429
 
溺れるゴンちゃんと、それを助けようとするタラちゃん。
「うおおお、たすけて〜〜」「しっかり!わたしにつかまって!」

・・・というわけはもちろんなく、乾燥イトミミズをむさぼり喰っているショットです。
 
 
 
 
 

Imgp5430
 
しっかしゴンちゃん、ずいぶん立派になったなあ〜。
 
 
 
 
 

Imgp5435_2

ヒレナガゴイ、というだけあって各ヒレが長く伸びてとっても優雅。
 
 
 
 
 

Imgp5427

たいていタラちゃんとつるんで泳いでいます。やはり魚って群れで行動したがるのかな。
 
 
 
 
 

Imgp5397_2
 
ここ1号池にはネイビー系青メダカさんが二匹います。

ゴンちゃんたちはもともと広い3号池にメダカたちといっしょにいたのですが
「鯉はメダカ食べますよー」とご心配の声をたくさんいただいたので
ゴンちゃんと、体の大きくなっていたタラちゃん二匹を
1号池で単独で飼うことにしたのでした。

その際、住んでいたメダカたちを全員3号池に移動させたのですが
あとで気付くとメダカ二匹だけ取り残されていたってワケです。
アミですくおうと思っても逃げ足が速く、すぐ蓮の鉢の陰に隠れてしまうので
仕方なくそのままに。
 
 
 
 
 

Imgp5395_2
 
ゴンちゃんに食べられちゃうかなあと心配しましたが
ずっと無事なまま泳いでいます。

しかもその二匹はオスメスだったようで、気付くと稚魚がたくさん泳いでました。
これにはびっくり Σ(・ω・ノ)ノ!
 
 
 
 
 

Imgp5428
 
どうかこのデカイ口で食べられないように、生き延びておくれ・・・。
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
3号池のフクちゃんもぜっこうちょうでりゅ〜〜。
 
 

2011.07.19

ミズヒナゲシと1号池と直射日光対策

Imgp4710_2

ウォーターポピーが開花しました〜〜!淡い黄色の繊細な花弁がきれいです。
昨年は光量が足りなかったのか花を見ずに終わって残念だったので、これは嬉しい!

和名はミズヒナゲシ。この呼び方がすごく好きです。
 
 
 
 
 
P1300198
 
ミズヒナゲシの咲いた3号池は前記事でもご紹介したようにガガブタが絶好調。
これは昨日の画像ですが花はなんと50個超えです!フクちゃん狂喜乱舞(笑
 
 
 
 
 
P1300184

フクちゃんといえば、相方のタラちゃんそしてヒレナガゴイのゴンちゃんですが
二匹がいる1号池のアサザのランナーがわけわかんないほど伸び、
さらにそれにアオミドロがまとわりついて非常に見苦しい状態となっていました。
 
 
 
 
 
P1300192
 
で、アサザは花期も終わったようですからプラ鉢に移し、
かわりに鉢に直植えしていたハスをここへ移動させました。
 
 
 
 
 
Imgp4736

水はすっかりグリーンウォーター化していますがエアレーションも入れていますし
二匹はとっても元気!!
水面の温度が上昇していても手を入れると底はひんやりしています。
 
 
 
 
 
Imgp4727_2

ゴンちゃん、ぴっかぴか!shineshineshine
 
 
 
 
 
P1300189

さて今年も、パラソル始めました。
 
 
 
 
 
P1090744

これは昨年の風景。なんだかミョーに笑いを誘います。
 
 
 
 
 
Imgp4712_2

ミニプラ舟ビオには稚魚がたくさんいるので水温が上がりすぎるとよくないと思って。
 
 
 
 
 
Imgp4716_2

パラソルで日除けをしても正午には、う〜〜ん、30度ありますねえ・・・。
 
 
 
 
 
P1300186

ラックに置いてメダカを入れてあるプラケースやプランターにも直射日光が当たるので
シェードをかけました。
水量が少ない容器だとすぐ水温が上がるのでこれでちょっと安心。
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
気温・水温の上昇により、アオミドロの掃除や伸びすぎた水生植物たちのカット、
メダカの卵の管理や各水鉢・ケースの掃除や水換えなどやることたくさん。
あ、庭の手入れもあった・・・。
 
 

2011.05.25

1号池と3号池大移動作戦

P1300020_2
 
緑に染まるしっぽ庭です。
光と影のコントラストが強くなってきました。
 
 
 
 
 

Imgp4113
 
すっかり野生化したトケイソウが花をつけはじめましたよ。
 
 
 
 
 

Imgp4101_2
 
3号池。手前の2鉢がガガブタ、左列中央と奥がアサザ、
右列中央はウォーターポピー、右奥が温帯性睡蓮のスノーボールです。
 
 
 
 
 

Imgp4080_2
 
スノーボールが半分開花しました。びゅーてほーheart
 
 
 
 
 

Imgp4096
 
アサザがランナーを伸ばしそこから根がたくさん出ています。
根がたくさんあるってことは水の浄化作用に役立つので嬉しいですが
見た目がなあ・・・。
 
 
 
 
 

Imgp4125_2
 
Imgp4126_2
 
メダカたちはその間をくぐり抜けるように泳いでいます。
 
 
 
 
 

Imgp4089_2
 
フクちゃんはきょうも「ほよよよよ〜〜」って顔してますね。
 
 
 
 
 

Imgp4129_2
 
花も毎日3個4個と咲くようになりました。
松子や、アサザの花ですよ。
 
 
 
 
 

Imgp4117
 
うん・・・。腹筋はいいから・・・。
 
 
 
 
 

Imgp4100_2
 
Imgp4127_2
 
ウォーターポピーがやや頼りない様子ですがそれでも少しずつ葉が増えています。
 
 
 
 
 

Imgp4131_2
 
ハート型のガガブタの葉が急成長してきました。
 
 
 
 
 

Imgp4137_2
 
Imgp4130_2
 
Imgp4098_2
 
私のお気に入り。ブチメダカの段平さんheart04
 
 
 
 
 

Imgp4102_2
 
3号池にアサザとガガブタを1鉢ずつ移動させて、ガランとした1号池。
ここにいたメダカもすべて3号池に移しました。
 
 
 
 
 

Imgp4120_2
 
ここにヒレナガゴイのゴンちゃんと体の大きいタラちゃんを独立させました。
まだメダカを襲う様子はなかったのですがいつか離さなくちゃ、
とは思っていたので今回決行。
いつもこうやってタラちゃんを追うようにゴンちゃんがくっついて泳いでいます。
フクちゃんは小さいのでもう少し1号池で暮らしてもらいます。

ここには新しく購入する熱帯性睡蓮の鉢を沈める予定。
昨年の株、越冬失敗は痛かった・・・。うう・・。
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
タラちゃんはすぐ捕獲できましたが、ゴンちゃんの逃げ足が速いことといったら。
エサでおびき寄せ捕獲までに2時間はかかった・・・!
 
 

2011.05.13

ミナミちゃんがんばっておりまする

Imgp3916_2
 
1号池であります。
左のイチハツが次々と開花し、奥のツリージャーマンダーも淡い紫の花を開いています。
 
 
 
 
 

Imgp3877
 
先日、藻がはびこり「もぉ〜もぉ〜」と牛のように嘆いていましたが
思い切って3つある鉢を取り出しへばりついた藻をごしごし洗い落とし
プラ舟も内壁の藻を拭き取りました。
植物の根元に固まってついていたものも出来るだけ手で取り除きました。
 
 
 
 
 

Imgp3876
 
そして室内で越冬したミナミヌマエビたちをすべて1号池へ。
こんなにたくさんいましたよ〜〜。
 
 
 
 
 

Imgp3886
 
拭き取ってもまだ取り除けていなかった内壁の藻にはりつき
さっそくお掃除開始のミナミちゃん。
けなげだのう・・・。
 
 
 
 
 

Imgp3950
 
がんばっておりまする!
 
 
 
 
 

Imgp3957_2
 
がんばっておりまする!
 
 
 
 
 

Imgp3887_2
 
がんばって産んでおりまする!
 
 
 
 
 

Imgp3889_2
 
メダカたちも次々と産卵してくれています。
 
 
 
 
 

Imgp3946_2
 
Imgp3947_2
 
すっきり藻が取れた鉢の側を泳ぐメダカたちが
心なしかいつもより美しく見えます。
 
 
 
 
 

Imgp3884_2
 
金、銀、銅に輝くメダカたち。
ビオトープのオリンピックや〜〜〜!
 
 
 
 
 

Imgp3958
 
池中央のシラサギカヤツリもぴこぴこ愛らしい芽を伸ばしています。
 
 
 
 
 

Imgp3959_2
 
こちらは春先にハマーさんからいただいたガガブタ様たち。
ハートとハートがごっつんこ♪

かわいすぎるやろ〜〜〜〜!ガガ様!ww(byハマーさん)
 
 
 
 
 

Imgp3960
 
奥のアサザはもうすでに鉢からランナーが逃げ出しそうな勢い。
 
 
 
 
 

Imgp3965_2
 
もうひとつのアサザ鉢は3号池でとんでもない状態になっています・・・。
 
 
 
 
 

Imgp3973_2
 
あ、もうすでにつぼみが!今年も黄色い花をたくさん咲かせてくれそう。
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
少々更新を休んでおりましてご心配かけました。復活です。
 
 

2011.04.30

藻ぉーーー!

Imgp3831
 
青ヒカリメダカたちの住む2号池に水草を入れました。
緑が入るとなんだかメダカが嬉しそうに見えます。
 
 
 
 
 

Imgp3829
 
これが全体像。
この深型胴鉢は土に埋まっている状態になってます。
そして四隅に温帯性睡蓮たち。
 
 
 
 
 

Imgp3832
 
正ぽんさんからいただいたスノーボールも浮き葉を伸ばしてきました。
「肥料喰い」とのことなのでまた後日、施肥しようと思います。
 
 
 
 
 

Imgp3833
 
と順調な2号池に比べこちら1号池。
上左から、ガガブタ、シラサギカヤツリ、アサザ、そして下は
ミニプラ舟を置いていますが、どうも全体にもやっとしています。
 
 
 
 
 

Imgp3836_2
 
この藻が増殖してしまい手で取りきれなくなってきました。
今、室内水槽で爆殖しているミナミヌマエビ軍団にそろそろ入っていただかねば!
 
 
 
 
 

Imgp3838
 
でもメダカたちは元気!ガガブタたちも着実に成長中ですよ〜〜♪
 
 
 
 
 

Imgp3840
 
そんな池を監視するな〜にゃさん。
このとき眠くて眠くてたまらなかったらしく、視線がうつろ(笑
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
ちょっと掃除をサボっていたらあっというまに増えたこのネバネバ藻。ミナミちゃんだけが頼り。
 
 

2011.03.22

新しい名前発表!!

P1160912_2
 
毎度おなじみしっぽ庭。
おや、3号池ではメダカ愛好会の方が熱心に研究中のようです。
 
 
 
 
 

Imgp3331
 
メダカもいいけど・・・
 
 
 
 
 

Imgp3333
 
金魚もねッ♫と、お姉にゃん。
 
 
 
 
 

Imgp3343_2
 
さてこちらタラちゃん。きょうもりっぱなタラコくちびるです。
 
 
 
 
 

Imgp3355_2
 
全ヒレを扇風機のように回転させて泳いでおります(笑
 
 
 
 
 

Imgp3351_2
 
で、つるんで泳いでいるのが・・・
 
 
 
 
 

Imgp3353_2
 
ハイ、この子。
デワデワ、もういきなり行っちゃいましょう。
 
 
 
 
 

Imgp3360
 
命名『フクちゃん』です。

震災でたくさんの方々がたいへんつらい状況に遭ってしまいました。
それでも復旧へ向けて少しずつ前に進んでいると思われます。
以前の生活は望めないにしてもちょっとずつでも幸福を取り戻せますように、
との願いをこめて「福〜〜フク」の名を選ばせていただきました。

当選者はNon*さんです。命名ありがとうございます。
「しっぽ庭に福を呼ぶフクちゃん」と書いてくださいましたので
それをもっと拡げて「日本に福を呼ぶ」と願いたいと思います。

前記事でお伝えした通り、プレゼントを購入する予定だった代金は
郵便局を通じて赤十字に義援金として寄付させていただきます。
 
 
 
 
 

Imgp3352_2
 
「フクせんぱい、あらためてよろしくおねがいします」と
並んで泳ぐゴンちゃん。
 
 
 
 
 

Imgp3371_2
 
そうそう、タラちゃんフクちゃんあわせて「タラフクコンビ」と呼んでください。
フードをあげると名前通りたらふく食べて元気いっぱいですから(^∀^*)
 
 
 
 
 

Imgp3366_2
 
メダカたちの間にも「ちょっと奥さん聞いた〜?名前フクちゃんですって」
「あっら〜、そうなのぉ」と噂でもちきり。

あ、みなさんの下にアサザの鉢がありますが、小さい芽が伸び始めてきていますね。
 
 
 
 
 

P1160905
 
1号池は以前ちょこっとお見せしましたがこんな感じ。
昨年活躍したミニプラ舟ビオを入れてあります。
 
 
 
 
 

P1160902
 
2号池は中央にカラの素焼き鉢を沈めまわりに深さ15cmほどまで赤玉土を敷き
現在3隅に1個ずつ温帯性睡蓮を植え込んであります。
総水量は約130リットルとなります。

昨年はかなり浅瀬にして熱帯性睡蓮一株を中心にいろんな水生植物を植え込みましたが
今年の目標のひとつに「温帯性睡蓮をたくさん咲かせたい!」を掲げたので
日当りのいちばんいいこの池でしっかり育ててみたいと思っています。
 
 
 
 
 

Imgp3374_2
 
植物たちもどんどん芽吹き、つぼみをつけはじめています。
今週はまた冷え込むようですが東北の被災地にも早く春が来ますように!
「福」がたくさん生まれますように!
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
被災地の映像を見ると胸が痛みますがまずは私たちが元気を出して出来る事から始め、
一緒に応援してゆきましょう!!
 
 

2011.03.05

心配なめめちゃん

P1160872
 
しっぽ庭のシンボルツリーだったアボカドさんはやはりどんどん枯れ始めていて
葉はほとんど赤く変色し風の強い翌朝はたくさん葉が落ちています。

さみしい。
 
 
 
そしてタイトルにあるめめちゃんですが・・・

2月26日の記事で冬の間転覆していたけれど
元気に冬眠から覚めた様子をお伝えしましたが
ここ数日の寒の戻りで再び水底で転覆していました。
やはり低温になると仕方ないのかな、と思っていたところ、
今朝池を見ると水面に転覆した状態で浮いていたんです。
総毛立って心臓が止まりそうでした。

あわてて庭へ降りてボウルへすくいあげてみたところ
呼吸はちゃんとしていました。
大きいプラケースに池の水ごと移し室内へ入れ水温が室温に慣れたところで
ヒーターを入れ加温しました。
そして塩水浴も行ったところ冬眠の時のように下へ沈み
しばらくするとひれを動かしなんとか起き上がろうとする動作が
見られるようになりました。

しかし現在も水底でひっくり返ったままです。
時々、体を動かして移動しています。
呼吸に乱れがあるとか弱々しいとかそんな感じはうけないのですが
痛々しくてカメラを向けることはもちろん出来ません。
現在はもう覆いをかけて暗くしたため
刺激を与えたくなくて様子をうかがうことは出来ませんが
明日には元気で泳いでいることを祈るばかりです。
 
 
 
 
 

P1160870
 
昼間、めめちゃんの様子を何度も部屋に見に行きながら1号池のレイアウトをしました。
奥にアサザとガガブタ、中央にシラサギカヤツリ、
そして手前には、夏に目を楽しませてくれたミニプラ舟を
レンガで嵩上げして配置しました。

深くなっているスペースに新たに赤玉土を入れ
昨年2号池で増えに増えたナガバオモダカを植えるのもいいな、など検討中です。
 
 
 
 
 

P1140196
 
これが夏の様子です。
根とランナーが残っているのでまたこんなふうに
ウォータークローバーが茂ってくれることでしょう。
 
 
 
 
Imgp3169
 
室内水槽で孵化した稚魚たちはすくすくと成長中。
5ミリを越えた子をすくって横見するとヒカリ体型も多くいて
この中に黄金セルフィンがいるかも!と期待してしまいます。
 
この子たちのあふれんばかりの生命力をめめちゃんにも分けてあげたい。
 
 
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
めめちゃんの様子はまた随時、記事あるいは掲示板にてお伝えします。
 
 

2010.08.16

ブルーベルが咲いた朝に

P1140170
  
ブルーベルが花をつけました。
 
 
 
 
 
P1060615_2
 
4月16日の記事で2号池お披露目をした記事ではひょろんと伸びた小さな苗でしたが
今ではこの池でいちばん背が高い抽水植物となりました。
 
 
 
 
 
P1140168

 
 
 
 
 
P1140175

咲いてくれてありがとう、ありがとう。とてもきれい。ありがとう。

植物にはちゃんと感情があって、花は人に見てもらうことに喜びを感じるのだそうです。
残念ながら一日花ですが、真夏のこの日に出会えたことがとても嬉しくて
声を出してたくさん褒め、そして美しい姿を見せてくれたことに感謝しました。

ほんとうにきれい。咲いてくれてありがとう。
 
 
 
 
 
P1140178_3
 
さて、ここのところ産卵をお休みしているメダカさんが多いのですが
春以来産まれた稚魚たちはどんどん育っています。
 
 
 
 
 
P1140176
 
この発泡容器は第3号しっぽ池に入れたホテイアオイから採卵し孵化したMix稚魚がいます。
現在は抱卵しているメダカがたくさんいてもホテイアオイに産み付けられた卵は
片っ端から金魚たちに食べられてしまうためほとんど採卵できていません。
 
 
 
 
 
P1140177_2


P1140180_2
 
 
 
 
 
P1140196
 
Mix稚魚の容器はもうひとつあって、こちらのミニプラ舟ビオ。
水換えなど作業しながら合間に採卵するため、途中で手が止まって
「はて?これは何だっけ」ということがしょっちゅうあり、
そのたびにここへ入れていた卵が孵化して今、育っています。
 
 
 
 
 
P1140199_2

そのため、黄金、青パール、オレンジ、ピュアホワイトなど色とりどりで
日当たりが良い場所であるためダルマ体型も多く育ち、透明鱗やヒカリも多数いました。

お、パンダちゃんもいますよ。何が出るかわからない宝箱ビオです。
 
 
 
 
 
P1140205

そしてこのビオと発泡容器で育った稚魚たちはある程度大きくなると
こちらの1号池に移します。
体格差が出てくると稚魚同士でも捕食がありますからネ。
 
 
 
 
 
P1140207
 
こちらでも大きく体格の差がでないよう注意しています。
 
 
 
 
 
P1140209_2
 
広い池でのびのびと泳ぐ稚魚たちを見ていると、時を忘れます。
 
 
 
 
 
P1140140_2
 
さらに大きく育ってきた子メダカたちは次に3号池へと移動させます。
最初の考えでは1号池を通過せずすぐここへと予定していましたが
めめちゃんたち金魚を放流したため、大人メダカでは大丈夫でも
小さな稚魚ではさすがにあの大きな口で吸い込まれてしまうでしょうから。
 
 
 
 
 
P1140215

ところでここのところ急に、この3号池の透明度があがってきました。
日が当たると底までちゃんと見えます。
四ヶ月たって生物ろ過がちゃんと働くようになってきたのでしょうか。
 
 
 
 
 
P1140214
 
熱帯性睡蓮ドーベンの根元がちゃんと見えます。
どれ、真上から撮影してみましょうか。アイツらもいないことだし今のうち・・・。
 
 
 
 
 
P1140211_2
 
…っと、いきなり葉の間からめめちゃん乱入。
 
 
 
 
 
P1140165_3
 
あ〜〜〜。メダカたちまでやってきて水面が乱れて撮影が…!
 
 
 
 
 
P1140166_3
 
どあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
 
 
 
 
 
P1140164_3
 
ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
 
 
 
 
 
P1140216_2
 
……お願い、どいて…。
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
お洒落で真面目なビオトープを目指して再開したのに、なぜかいつもの「お笑いビオトープ」・・・。

───────────────────────────────────────────

2010.07.21

1号池のお手入れと「点目池」計画

P1090640_2
 
今日も暑い一日でした。
でもこの春はずっと寒くてちっとも春らしい春じゃなかったので
夏らしい夏になりそうで良かった。
きちんと暑くないと、人間も動物たちもどこか心身の調節ができないように思います。

もちろん限度がありますから、猛暑はご勘弁。
 
 
 
 
 
P1090675
 
夕方になって1号池の手入れに取りかかりました。
 
 
 
 
 

P1090677
 
マツモと浮き草が増えてたいへんなことになってます。
つい二週間ほど前に浮き草はかなり捨てたのですけどね・・・。
もとのもくあみ。
 
 
 
 
 

P1090678_2
 
前回の大掃除のときはどさっとマツモをすくい一緒に稚エビも取り出してしまったため
今回は一本二本ずつそっと取り出してゆきました。
 
 
 
 
 

P1090679
 
引き上げるたびにピンクラムズホーンのちびっこがくっついています。
これを一匹ずつ池に戻しながらマツモを捨ててゆきます。
 
 
 
 
 

P1090691
 
ラムズの数も増えたせいでしょうか。プラ舟の内壁はご覧のようにコケもなく
ぴかぴかに綺麗です。
 
 
 
 
 

P1090694
 
ミナミヌマエビもかなり増え、大活躍してくれているんでしょうね。
 
 
 
 
 

P1090680
 
かなりきれいになったでしょ。
 
 
 
 
 

P1090675_3
 
こちらがビフォー(笑
 
 
 
 
 

P1090682
 
ここには白、黒、オレンジのメダカたちがいますが頃合いをみて
3号池に全員引っ越してもらおうと思います。そして、
この春、点目漆黒(F1)・点目(F1)水鉢から産まれた稚魚は現在水槽に入れていますが
採卵しすぎたようでかなりの数がいるためこの広い1号池に移し、
点目の遺伝子を持っているメダカだけの池にしようかと計画しています。
 
 
 
 
 

P1090688_2
 
点目同士から産まれた稚魚たちはまた別に、プラ舟に集結させています。
点目は初産で出やすいと聞きましたので、池・プラ鉢ともにしっかり監視して
初産の採卵チャンスを逃さないようにしたいと思います。
 
 
 
 
 

P1080924_2
 
1号池に興味津々のこにゃん。まわりを監視するお母さんのな〜にゃ。
メダカ、獲らないでね・・・。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
という計画ではありますが、いやもっとこうしたほうがいいよ、といったアドバイスがあれば
ご意見よろしくお願いします。

───────────────────────────────────────────