2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 撮影しながらつぶやいてます | トップページ | 産めよ増やせよ青メダカ計画 »

2009.06.05

メダカの危機

Sk21523_023_2  

現在うちにはクロメダカ、白メダカ、白光メダカ、青メダカ、ヒメダカがいますが、
全て店で購入した、つまり改良種です。
野性の日本メダカは平成11年2月、レッドデータブックにより
「絶滅危惧II類(絶滅の危険が増大している種)」のランクに指定されているため
入手することは出来ません。

 

080502a  

野性の日本メダカが激減した理由は、
生息地の減少・外来魚による食害・水質の悪化などがあげられます。
これらについては
「会津メダカの学校」というサイト内メダカの絶滅
わかりやすく書かれていますのでぜひご覧になってください。
絶滅危惧種のランク表もそちらにあります。

 

Sp1000463  

野性の日本メダカは生息水域によって遺伝子レベルで個体の差があるそうですが、
店で買ったメダカが増えすぎたから、と川などに流してしまう人がいるため
純血の日本メダカと交雑し、ますます数の減少をまねいてしまいました。

これは別の角度から言えば、どこかの小川でメダカを見つけたとしても、
それは以前飼育されていたメダカが川に放たれたものかもしれないですよね…。

 

 

Sk21521p_002  

それは水草でも同じことで、増えたからと例えば川に捨ててはいけないのです。
そこにあるはずもない植物が定着してしまうのは大変間違ったこと。
野草も「きれいだから」と掘り起こして持ち帰り自宅庭に植えることも
もし種子などが外に運ばれそこで根付いてしまった場合、
生態分布図を塗り替えてしまう危険性があると、以前本で読みました。
植物や生き物を勝手に移動させるのは、生態系のバランスを崩す元凶なのです…。

 

 
 

Sk2164_026  

ウォータービオトープを始めるまで、こんな大事な事をずっと知らずにいました。

環境破壊の影響はこんな小さなメダカたちにまで及んでいるのですね。
ビオトープを通してこれからも、もっと学んでいこうと思います。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
メダカだけではなく、失われつつある動植物のことを思うと胸が痛み、そして恐ろしくなります。
人間がやったことはいつか人間に返ってくるかも…。

 

« 撮影しながらつぶやいてます | トップページ | 産めよ増やせよ青メダカ計画 »

◆ビオトープについて」カテゴリの記事

★メダカ」カテゴリの記事

コメント

私も昔はよくメダカとりに行きましたが、今じゃ一箇所ぐらいしかメダカのいる場所が思いつきません。。

ほとんど泳いでるメダカもヒメダカになっていたりますし、首都圏ではもう野生の黒めだかは見れないでしょうね~(汗

メダカも流しちゃう人いるんですね。
グッピーも大量に繁殖する魚なので、流しちゃう人がいるらしいです。
某温泉地では、野生化しているグッピーもいると聞きます。
温泉のお湯と川の冷たい水の混ざる温かいお水は、熱帯魚のグッピーでも生きていける環境なんだそうですよ(^-^;

植物にしろ動物にしろ外来種とか、人工的に作出した種は強いですよね。
日本古来の種は、繊細というか弱いというか。。
負けないでもらいたいものですね!

●レッドビーシュリンプ好き人さんへ

はじめまして、こんにちは。レッドビーシュリンプは素敵ですよねえ。
アクアコーナーで設置してある水槽を初めて見たときその美しさに
ひゃ~~~…とタマシイを吸い取られたようになって
その場からしばらくは動けませんでした。憧れます~~heart04heart04

やはりメダカの絶対数は減っているのですか…。しかもヒメダカ、という事は
勝手に放流する人がたくさんいる事実は間違いないようですね…。
いなくなってはじめてその貴重さがわかるというのも悲しいことですweep

●ハニーさんへ

えええっ!グッピーも流しちゃう人がいるのですか!coldsweats02
でもグッピーは温度管理が大事な魚なのでそれは「捨てる」「殺す」と同じ意味ですよね。
温泉地で野生化したグッピーというのもスゴイ…。
そのうち低温の水にも慣れて川のほうへ向かう子孫もいるかもしれませんが
それもまたその川の他の生物に影響を与えて生態系が崩れるおそれもあるので
勝手に捨てた人は大きな罪を犯したと同じだと思います。

日本に昔からあったものが、ほんのここ数十年でなくなってゆくなんて、
しかもその原因はほとんど人間だなんて、とても悔しいですね…sad

うちの近くでもメダカがいるところはごく一部です。
河川や水路がほとんどコンクリで護岸されてしまっているため生息できないのです。
田んぼも農薬を使っているのでミジンコさえ湧かないところが多いです。
絶滅危惧種もそうですが、特定外来生物も注意が必要ですよね。
われわれの身近なものとしては、ブラジルチドメグサ、オオアカウキクサ、オオフサモなどがあります。
他にも要注意外来生物として、オオカナダモ (アナカリス)、ナガバオモダカ、ホテイアオイなどもあります。
植物をトリミングしたら燃えるゴミに、換水したら庭にまくとか、気を配りたいものですね。
特定外来生物について→http://www.env.go.jp/nature/intro/index.html

●空さんへ

空さん、ありがとうございます。
ネットを通してですが身近にとても理解してくださる方がいるのは
とても励みになってうれしいです。
そうですね、農薬などの問題もありますね。
良い虫、悪い虫という区別は別としてそれら皆を殺してしまうのが
薬品ですものね。
ミジンコがわかない水、それは死んだ水であってメダカなんてもちろん
生きてゆくことは出来ませんよね。恐ろしいことです。

先ほどからこの記事の補足にあたる記事を書きながらいろいろ調べていたところ
外来種の恐ろしさに冷や汗をかいていたんです。
日本在来種が破壊されてゆく現状は悲惨な状況のようですね。
主に動物について見ていたところですが、植物環境もかなりのものだと
空さんにいただいたコメントであらたに見直しました。

ナガバオモダカ、ホテイアオイは現在うちにもあるのですが
外来種とは知りませんでした!教えていただいて感謝します。
オオフサモの進出で、フサモ、オグラフサモが絶滅危惧種になったのは
本で読んだことがありましたが、
野外を散策している空さんにとってはとても身近なことなのでしょうね。
教えていただいた特定外来生物のサイトも先ほど見てきました。
もっとじっくり拝見して、いろいろ考えたい気持ちが強くなりました。
いくら勉強しても足りないくらいなのですが
知ったことなどをその都度、こちらで記事にまとめられればと思っています。

「もう、手遅れかもしれない…」と弱気にならずに
前向きに考えるきっかけをいただきました。
ありがとうございます。深く感謝いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 撮影しながらつぶやいてます | トップページ | 産めよ増やせよ青メダカ計画 »