2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 苔掃除にはアクリルたわし! | トップページ | とんでもない思い違い(私の馬鹿馬鹿) »

2009.06.20

水槽の性格はこんなにも違うものなのか

Sk21619_006   

「水草保養ファーム水槽」。ここは稚メダカ育成水槽でもあります。

  

Sk21618_014   

貝殻を乗せているこれ。もともとは冷凍赤虫などの餌入れだそうですが…

  

Sk21618_018_2  

採取したメダカの卵を入れるベッドにしています。
各水鉢のホテイアオイの根にメダカの卵がくっついているのを採取し
このモスにからませておきます。
卵が孵化すると稚メダカは下の隙間から水槽内へと泳ぎ出ます。
上の貝殻は水流に流されないための蓋ですね。 

 

Sk21619s_002  

そうやって日に日に少しずつ稚メダカが増えてゆきます。
水面に泳ぐ彼らの数を数えるのが楽しい。

ああ…やっぱりデジタル一眼レフカメラ欲しいなあ…。

  

Sk21618_022  

こちらはだいぶ育ってきてやっとメダカらしくなりましたheartそれでもまだ小さい小さい。 

   

Sk21619_010   

コケ対策と余った餌のお掃除にミナミヌマエビも入れていますが
おお!こちらも稚エビが誕生しています。かわいい~heart04heart04heart04heart04 

朝、コーヒーを飲みながらこの水槽の前でちっちゃい彼らを観察するのが
私の憩いのひととき。癒されます…。

 

  

Sk21619_017 

さて、左に目を向ければ金魚水槽。遠目に見ても中が騒がしいのがわかります…。

  

Sk21619_021  

シマドジョウさんは相変わらずドジョウハウスの使い方、間違ってるし、

  

Sk21619_036  

ああッ!こちらではヤマトヌマエビたちが水草をもりもり食べています。

  

Sk21619_035  

あう~~~~~!sweat02sweat02sweat02

  

Sk21619_050  

何故、前を横切る!annoy水草を撮影しようとしているのに。bomb

  

Sk21619_051  

何故!annoy

   

Sk21619_052  

何故!!!annoyannoyannoy 

 

Sk21619_019  

何故!!!annoyannoyannoyimpact

 

 

Sk21619_055  

まとまり感も静けさもない、無秩序なこの金魚水槽。

  

Sk21619_043  

なんて落ち着きのない水槽なんだ!

ちっとも癒されません…。 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
それでも憎めないのは何故。

catいつも応援していただいてありがとうございます。
また次の記事を書く励みになっており、嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

« 苔掃除にはアクリルたわし! | トップページ | とんでもない思い違い(私の馬鹿馬鹿) »

★エビ」カテゴリの記事

★シマドジョウ」カテゴリの記事

★メダカ」カテゴリの記事

★金魚」カテゴリの記事

コメント

(ねこぼーしさん、はじめまして!m(_ _)m
いつもブログを楽しく読ませていただいています。

今日のブログを読んでびっくりしました!
今までのブログ写真は、コンパクトタイプで撮ってらしてたんですか?
いつも、ステキな写真や動画で癒されていて、
「自分もこんな風にできたらいいな~」と思っていました。
そして、「自分のは一眼レフじゃないから無理かな?」と思っていたのですが・・・。
やはり、精進不足なのでしょうね。(゚ー゚;

これからも、ちょくちょく読ませていただきますので、
お体に気をつけてがんばって下さいね!

昨日のコメの「アクリルわたし」「アクリルあなた」のやりとりに爆笑しました。

一眼レフじゃなくても写真きれいですよ〜。
メダカやエビのベイベ(笑)の写真だって、あの秘密兵器ですか?
うちのデジカメはもっと古いので、巨大虫眼鏡でもピント合わず、トホホです。

金魚の水槽もじゅうぶん可愛くて癒されますよぉ。おしゃれだし〜。
うちもドジョウの家を新しくしてあげました。
アップしようとしたのに、ウーロン茶(コップ1杯分)を
けっつまずいてノートパソに、ぶっかけてしまいましたぁ(ショック〜)

こーゆー時に、必ずにゃんズが笑うように集まって来るのは何故〜!

●Seyさんへ

はじめまして、Seyさん。ていねいなコメントありがとうございます。
いつも読んでくださってると聞き、嬉しくて感謝の気持ちでいっぱいです!
 
写真、褒めてくださってありがとうございます(照れ…)
そうなんです、カメラはパナソニックのコンパクトなんですよ。
自動焦点なので水中の水草やメダカを撮ろうとしても
いつも水面に焦点があってしまって、ボケボケばかりで…。
いろいろ工夫してますが限度があるため
ストレスのない状態で撮るにはやはりデジタル一眼レフかなあ、と
最近本気で考えているとこなんです。
(昔、一眼レフを使っていたのでその良さを知っているだけに…)
 
Seyさんのサイトにも遊びに寄らせていただきますね。
素敵なコメントをありがとうございましたcat

●気まぐれネコさんへ
 
こんばんは、アクリルワタシです(笑
いえ、それより大丈夫ですか!パソコン!
「ウーロン茶(コップ1杯分)」をけっつまずいてかけてしまうとは…。
心配ですが…ぷぷ…いえごめんなさい。その様子を想像して
あまりにも気まぐれネコさんらしくて(?)笑ってしまいました。
ほとんどサザエさんですねえ。
今度からハンドルネーム「ほとんどサザエさん」になさってください(爆
 
写真を褒めてくださってありがとうございます~。
でも失敗がかなり多くて…やはり一眼レフに憧れます。
あ、虫眼鏡は倍率がいろいろありますから、
拡大しすぎる大きさのは難しいのかもしれません。
私が使っているのはカメラレンズよりふた周り大きい程度の
小さい虫眼鏡です(100円ショップで購入)。
 
「人間が失敗したら猫はわざわざ見に来る」法則はいずこも同じですなcat

こんにちは。とてもきれいなレイアウトの水槽ですね。お写真も美しいので、感心してしまいました。癒し系ですね。
うちもあれこれ飼ってますが・・・。写真はいつも苦労の連続です。

●こぴこぴさんへ
 
こんにちは~!はじめまして、こぴこぴさん。
来ていただいてとてもうれしいです。
うわ~、いきなり褒めていただいて…
ドジョウハウスにもぐり込みたいくらい照れてしまいます。

金魚水槽はよくわからないままある水草をぽんぽん植えていったので
詳しい方からみると、すごく素人っぽいと思うのでオハズカシイ…。
ホントホント、写真は難しいですよねえ。
あああ~、そのまま止まってくれていればいいのに~、なんて
水槽に向かってタメイキをついたり(笑

こぴこぴさん、たくさん水の仲間がいらっしゃるのですね。
遊びにゆかせていただきますので、よろしくお願いします。

メダカの卵のベッドはナイスアイデアですね。
うちは孵化したら稚魚ケースに移さなきゃならないので大変です。
広い水槽で稚魚も元気に育ちそうですね。

ねこぼーしさんこんばんは。
ほんと一眼欲しくなってきますよね。稚魚を撮るのが特に大変です・・。
我が家では型の古いサイバーショットで最近売られてるやつの半分以下の画素数ですよ。デジイチにマクロでパシャパシャ撮りたい!

金魚やドジョウかなり慣れてるみたいですね。思わず笑ってしまいました!

●空さんへ

なかなか素敵なベッドでしょう?
今朝中をのぞいたら、きょとっとした目がはっきり見える
もう今にも孵化しそうなぷくぷく卵が出番を待っていたので
でへへ~と頬をだらしなくゆるめていました( *^ω^* )

空さんのところの孵化システム、拝見しました。
ちゃんと採卵、保育されていてうーん、本格的!
私は昼頃、思い出したらホテイアオイをチェックして
ついていれば卵を育児ベッドに移す、というお気楽系。
そのため、朝卵をたくさんぶらさげていたメスがいたはずなのに
一個も見当たらなくて「ああ~、出遅れたか~」なんてしょっちゅう。
でもまあ、偶然の出会い、という感じでなかなか楽しんでいます。

●junさんへ
 
欲しいですよねえ、デジタル一眼。
普通の風景などは現在のコンパクトで充分とれるので
接写のためにマクロレンズがついてさえいればいいんです。
それだったら型落ちのが中古であると思うので
いろいろ調べて、マニュアル(手動)機能が使いやすいものを
探しているとこなんですよ。
新品だととてもじゃありませんが手が出せない価格ですからね…。
 
金魚たちはすっかり我が物顔で、もしこのクロデメが人間の大きさだったら
私、ボコボコにされると思います(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苔掃除にはアクリルたわし! | トップページ | とんでもない思い違い(私の馬鹿馬鹿) »