2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009.07.29

水鉢水槽・緑の森計画

P1040271 

以前の記事でお伝えしましたがホテイアオイの細かい根がちぎれて
底砂に汚れがたまるため、すべての水鉢から撤去、
かわりに水草を増やして深い森のようにしたいなあと思いました。
これは水鉢【カルビーノ】。

 
 
 
 

P1040270  

上の写真を引いて撮った画像。
左右のガラスボウルに寄せ植えしてあるもののほとんどは
植木鉢で栽培して水上葉に育ったものです。
自家栽培の水草は購入したものより丈夫で、水中でもよく増えてくれます。

 

 

 
 

P1040261  

こちらは水鉢【白月】。24日に入学した子メダカたちは元気ですいすい泳いでいます。
まだまだ体が小さいのでカボンバカロリアーナが大木に見えますね。

 

 

 

 

P1040284  

水鉢【海璃】にはカボンバとマツモとアナカリスをまとめて植えています。
細かい葉はミナミヌマエビたちの絶好の隠れ場となって、ここに餌をまくと
メダカたちに横取りされないみたいで嬉しそう。

 

 

 
 

P1040273  

こちら【水草保養ファーム】もこれからの季節、水草たちがすくすく成長しそうな気配。
ここにはメダカベビーしかいないのでミナミヌマエビの赤ちゃんが増殖中! 

 
 
 
 
 

P1040278 

ぱらだいす、でしゅ。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
冬の間、メダカたちと共に水草も室内に入れていたため完全に枯れずに春からこちら、どんどん成長してくれました。
あまり水草を増やしすぎても夜間の酸素不足が心配なのでほどほどにしなくては。

 

2009.07.27

金魚専用水槽に別住人入居

P1040211 

ハイ、こちら金魚水草がすっかりスタンバイして子金魚を待っている水槽です。
って、アレ?メダカが泳いでいますね…。

これには少々個人的感情による理由がありまして。

 

 

 

P1040242  

こちらが現在の子金魚水鉢。子金魚たち、まだまだ小さいでしょう〜。
まだしばらくはここでも充分大丈夫。

 

 

 

P1040255 

そしてあいかわらず私がのぞき込むと6匹全員がピヨピヨ〜っと寄ってきます。
それがもう、かわいくてかわいくて。この角度で見るのがとてもイイんですよ。

(あれ、ポニョ・・・?)

  
 

 

   

P1040215  

そういうワケでまだしばらくは今のままのスゥイ〜〜トな生活がいいなあと思ったんです。
やはり水槽だとなんとなく距離感が出来てしまうような気がして、少々さみしい。

 

 

 

K21611_009  

それで以前から水槽に入れて横から眺めたかった宇宙メダカ様ご一行に、
子金魚たちが大きくなるまで住んでいただくことにしました。

 

 

 

K21611_025 K21611_002  

子供が行水できるほどの水鉢に6匹では
なんとももったいないというのもありまして…。

 

 

 

P1040222  

そして金魚水槽へ宇宙メダカ様たちが引っ越ししたあとには
睡蓮、ナガバオモダカ、シラサギカヤツリなどを植え込んだ鉢をセッティング。
日当たりの良い場所に水鉢を移動させたので成長が期待できます。

 

       

       

       

 

P1040259 

う〜〜〜〜ん……ポニョ…。 

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
腰痛は治りかけが一番だいじ、ってよくわかってるのに…。

 

2009.07.24

白月に卒園生たち入学

P1040182 

水鉢【白月】には長い間住人がいないため、水面はいつも静けさをたたえていました。

 

 
 
 

P1040184  

『水交会』でやってきたウォーターポピーとトクサをメインに、
アメリカハンゲショウとウォーターマッシュルームで彩りを添えています。

 

 

 

P1040179  

上から見たらこんな感じ。
深く茂ったアボカドの木の下なので強い日光は当たらないため、
水生植物たちは暴走することなく皆、礼儀正しく成長しています。 

 
 
 

P1040180 

水草養成ファーム水槽で孵化した子メダカたち10匹ほどがかなり成長してきたため
ファーム水槽保育園を卒園、晴れてこの【白月】に入学することになりました。
第一期生ですね。

 

 

 

P1040186  

ミナミヌマエビたちも加わって、しっとり落ち着いた趣の【白月】が
ちょっとにぎやかになりそうです。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
水槽で大きくなってきた稚メダカたちから順次卒園させ、こちらに入学させます。
大人メダカのいないところで伸び伸び育ってほしかったので
【白月】さんはずっと待機していたのでした。

 

2009.07.22

元気になったよ

P1040148  
小赤が元気になりました。

実はクロデメがいなくなってから数日後、突然底の方でじっとうずくまり
ほとんど動かなくなったんです。
それまでびゅんびゅん泳いでいたのに。

クロデメと同じ様子だったので心配で心配でしょうがありませんでした。
でも今回はブログには書かずに様子を静かに見守ろうと思い、
幸い一匹で水鉢に住んでいたので動かしてストレスをかけることなく
塩水浴を行わせることができました。

とにかく静かにして、絶食させ、快復を祈るしかありませんでした。
体の色は赤い、いつもと同じ様子だったので「きっと大丈夫。良くなる!」と
思うことができました。

 

 

P1040146  
ほとんど動かずじっとしていますが、時折思い出したように
しゅいっといつものスピードで水鉢内を一周したり。

 
 
 
 

P1040147_2  
そして数日前の朝、底砂利をつついたりして餌を探ような様子が見えたので
水にちょっと指を入れてみると、ぱっと上がってきて
私の指を吸い込むようにつんつん突ついてきます。

いつものしぐさでした。

試しにいつもの餌をすりつぶしてほんの少量水面に浮かべると、
それはもうすごい勢いでバクバクバクバク!と食べ
「もっとちょうだい!」と言わんばかりに水鉢内をぐるぐる泳ぎはじめました。
でもいっぺんに与えるとまた体調を崩しかねませんから、
その日はそれでやめておきました。

翌朝、水鉢をのぞきこむとふわっと水面にあがってきて「ごはんごはん」と待っています。
もう大丈夫。それ以来、ずっと小赤は元気です。

クロデメの時、皆さんからいただいたパワーが残っていて、
小赤を治してくれたような気がします。

ほんとうに良かった。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
今回は悲しい思いをしないですみました。ところでクロデメがいなくなった翌日から
真っ黒な蝶が毎日庭にやってきて私のまわりをくるくる飛んでゆきます。
それがちょっと嬉しい。

 

2009.07.20

ミナミヌマエビ部屋模様替え

Sp1040156jpg_4  

ミナミヌマエビ専用水鉢【白茶】を模様替えしました。
現在ベビーが続々誕生しているので繊細な葉の水草をどどんと投入。

 

 

Sp1030986

模様替え前はこんな感じでホテイアオイを入れていて、もちろんこの根っこも
ミナミちゃんたちのためにはいい繁殖場所だったのですけどね。

 

 

P1040159

これは水鉢【海璃】の画像ですが、ホテイアオイの根が細かく切れたものが
下に汚れのように溜まるのが気になっていたんです。

 
 
  

Sp1040158  

どうです!このけばけばいがいが具合は。
いかにもエビが隠れたりしがみついたりしやすそうでしょう?

 

 

Sp1040123  

でもアマゾンチドメグサでの井戸端会議もお好きなようで。

「ちょっと奥さん、聞いた〜。ねこぼーしさんって腰を痛めたらしいわよ〜」
「そうそう、その原因が巨大猫を持ち上げようとしたせいってんだから笑っちゃうわよね〜」
「ばっかじゃないかしら」「まったくあほよね〜」  

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
正確には「巨大猫を持ち上げかけた状態でくしゃみをしたから」です。

 

2009.07.16

小さな世界の小さなお話

Sp1040113   

ピンクラムズホーンの上で抱卵中のミナミヌマエビが少々焦っています。
右側では体の大きい、こちらはかなり育っている卵を抱えた方が「???」って顔をしています。
…この妙な状況に至るにはささやかな履歴があったのでした。

 

 

Sp1040111  

この水槽の隅っこに餌をまくのですが体の大きなミナミさんがいつも皆を蹴散らかし、
餌をひとりじめしようとするのです。

 

 

Sp1040109    

で、追い払われた体の小さなこのミナミちゃんはピンクラムズホーンにつかまって、
餌奪回のチャンスを狙う作戦に出ました。

 

 

Sp1040110_2  

ピンクラムズホーンはこう見えても意外と進むスピードが速いのですよ。
ミナミちゃんを乗っけたままどんどん降りてゆきます。

 

 

Sp1040113_2  

そして冒頭のこのシーン。
つまりこのミナミちゃんは降りるタイミングを逃し、餌のある場所をスーッと通り過ぎ
「え?えっと、あの、あの、ちょっと止まってよ」と焦っており、強いミナミさんは
「な、なに?何したいのこのひと?」と不思議がっているというワケです。

 

 

Sp1040115  

やや体勢を立て直し…

 

 

Sp1040120  

別角度からの画像。なんとかピンクラムズホーンのおしり側から後ろ歩きで降りました。
しかしあきれていた大きいミナミさんがハッと振り向くと、
他のミナミたちがすっかり餌を食べてしまっています。

「ム~ッ!やられたわッ!」

 

 

K0022168  

十何分も水槽にはりついて彼らの動きを観察していると、
小さいけれどいろんなドラマがあるのでなかなか楽しい。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
しかし私ってヒマな人間。

 

2009.07.13

子金魚水槽準備着々

Sp1040040  

たった7日間だけうちにいた琉金と出目金たちが残した卵から、
奇跡的に孵化した金魚ベビーたち。
ボウフラのように小さいその存在を確認してからそろそろ二ヶ月になります。
それぞれの個性も出てきました。

 

 

Sp1040047  

そういえば最初はメダカの赤ちゃんと間違えていたのでした(5月18日記事)。
最近は私の姿を見ると「ごはんごはん!」と寄ってくるようになりました。かわええ~~heart04

 

  

Sp1040001    

その金魚ベビーたちが住むことになる新しい水槽。
ソイルを敷き水とバクテリアを入れ、エアレーションを始めて約二週間たちました。
水質もそろそろ落ち着いてきたことでしょう。
プランツはいかにも「金魚水草!」という種類で統一。

 

 

Sp1040002  

マツモはだれでも知っている見慣れた水草で、水面に浮かべることが多いのですが、
下端をまとめて植え込む形にしました。
水の動きにゆらゆらと揺れるその様子は繊細でとても美しい。
水草として完成された姿だと思います。

 

 

Sp1040003  

マツモは葉が松の葉と似ているのでマツモと呼ばれるようになったそうですが、
このカボンバカロリニアーナも立派な松の枝を連想しますね。
でも優しい雰囲気ではやはりマツモの方が私は好みです。

 

 

Sp1040028  

ジャイアントアンブリア。ジャイアントだから大きいのだろうなあと興味をひかれて購入。
バックのマツモと比べても確かに大きいです。
しかも大きくぐにゃりとお辞儀しています。直るのかな~、このジャイアントお辞儀…。

 

 

Sp1040020  

水面に浮かんだ餌も上手に食べられるようになりました。
水槽デビュー、今しばらくお待ちを!

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
毎朝、今いる水鉢の水をカップ半杯捨て、代わりに水槽の水をカップ半杯移し、と
長期的な水合わせの最中です。一ヶ月はかかりそう。

 

2009.07.12

楽しい朝ごはん

Sp1030990   

木々の間から朝日がスポットライトのように当たっています。さーて、朝ごはんの時間。

 

 

Sp1030991  

水鉢の中を覗き込むと、餌を待ちかねてメダカたちがこちらに寄ってきます。
なんだかうれしい。春頃は餌は一日一回でしたが現在は朝夕の二回与えています。

 

 

Sp1030986  

ミナミヌマエビ専用水鉢【白茶】。
今、稚エビがどんどん誕生する時期なので隠れ場所となる水草をたくさん入れています。
沈下タイプのエビフードをやりますが、姿を見たいので
浮上する乾燥糸ミミズも水面にまいてやります。

 

 

Sp1030972  

アマゾンチドメグサに乗っかって餌を食べるのに夢中です。
おーい、体半分水面に出ちゃってますよ~。気付いてる?

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
メモリ128MBの昔のパソコンで現在がんばっていますが、記事の投稿をしても
うまく表示できなかったりすぐフリーズするためしっかり確認できていません…。
ちゃんと表示できているのか少々心配。

 

2009.07.11

嬉しくてたまらないらしい

Sp1030968  

「金魚水槽」改め「ドジョウ・エビ水槽」。
動きのすばしっこい小赤が別の水鉢に移ったため、餌を横取りされることもなく、
背中をつっつかれてイジメられることもないので皆さん、ゆったりまったりとしています。
こうやって広い場所に出て来ての和やかな様子は、今まで見られなかった光景です。

 

 

Sp1030970  

シマドジョウさん、餌をつっつく勢いが今までと違います。のびのびと楽しそう。

 

 

Sp1030969  

おいしいなあ~、おいしいなあ~。

 

 

Sp1030988  

うれしいなあ~、うれしいなあ~♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
「金魚とドジョウの同居は可」と言われていますが、
動きの素早い和金系だとドジョウは背中をつつかれたりして、やはりストレスを感じるような気がします。
慣れれば気にしなくなるのかもしれませんが…。

 

2009.07.09

2009夏のしっぽ庭ツアー

Niwasummer  

いつも庭の風景やビオトープや水槽の様子を個々に記事にしていますが、
つながりがなくてコマ切れのため庭全体がわかりにくいですよね…。
がんばってレイアウト図を作ってみました。
もともとMacintoshを使ってデザインの仕事をしていたので
こういう作業は没頭できて好きなんですよ。

図の中の水色のは水鉢、は水槽です。
北側の玄関を出てぐるりと家沿いに廻り、石段を降りると
南側の庭に出ます(図の右下が入口です)。

ではゆっくりとご紹介してゆきますので、迷子にならないようついてきてくださいね。

 

Sk2175s_016  

庭に降りる階段から見える正面の風景です。
右下に見えるのはアサザ殿の水鉢【青紫の上】。
右奥の黄緑色の茂みはミョウガです。
前住人が植えていったものがどんどん根茎で増えています。

 

 

Sk2175s_002  

階段を降りて左がウォータービオトープコーナー。
ここはちょうど木陰となり、風が通って気持ちいいんです。
ベンチに横になってお昼寝することもしょっちゅう。

 

  

Sk2175s_004  

ベンチの後の水槽は、左が元・金魚水槽。右は現在調整中の金魚水槽(予定)。
小赤は右端に見える水鉢【茶太郎】に引っ越しました。
あまりにも動きが速いので、同居のドジョウさんやエビたちが
ゆっくり食事も出来なかったものですから。

 

 

Sk2175_008

ひとりになってますますびゅんびゅん泳ぐ小赤。
【茶太郎】の内壁の水色と小赤のコントラストがきれいです。

 

  

Sk2175s_003  

ベンチに座ると正面に見える水鉢たち。
後の斜めの木がアボカドで、これは台風で倒れてしまったのですが
どっこいちゃんと生きていて何本も側枝を伸ばし元気に生い茂っています。

 

  

Sk2175s_006   

ベンチに座ったまま左を向くとメダカの稚魚と稚エビたちが泳ぐ
【水草保養ファーム水槽】。
現在たくさんのベビーたちが泳いでいて目を楽しませてくれます。 

 

 

Sk2175s_007  

さて、くつろいだあと左にさらに進むと、カメハウスがあります。
これは180×90cmの木製トレリスを4枚組んだお手製ハウスです。
左はビニール温室で、冬はここでカメの松子と竹子が越冬します。
庭番のなーにゃとチョコちゃんも冬はここに入りびたり。
(夏の間、ビニールは取り外しています)。
 
手前のプラ水鉢左は、水草を水上葉で育てて、伸びてきたらカットし
水槽内に植え込みます。結構成長が早いんですよ。
右は「水交会」で譲り受けたトクサさんがいらっしゃいます。
ここにはヤゴがいつのまにか住み着いていて、ボウフラを食べてくれています。
近づいてくるボウフラをヤゴがシュパッ!と捕獲するのは
なかなかの迫力です。

 

  

Sk2175s_009  

左を見るとなんともまとまりのない鉢植えたち(笑
ここにも水草を直植えして育てているものがあります。
通販で買うと一本100円はする水草でも、うまく育てるとモハモハ生えてきます。

 

  

Sk2175s_011  

ハイ、じゃあ鉢植えコーナーから180度ターンして…
ここは少しスペースがあります。
春に知人たちと「庭で焼肉パーティをしよう」ということになり
雑草をがんばって草むしりしました。
しっぽ庭は虫や鳥などを呼ぶビオトープガーデン(一応)ですので
雑草を生やしっぱなしの箇所は多いですが
全体が草だらけだと締まりがないのでこうやってメリハリをつけています。

 

  

Sk2175s_013  

庭への入り口と反対方向から撮った風景です。
中央のアボカドと柿の木さんがひとつの森みたいです。
側の窓内には椅子が置いてあり
そこから街並みの向こうにある瀬戸内海を眺めたりします。

 

 

Sdscf0055  

これがその風景です。ヨットや客船の姿も見えたりします。

 

 

Sk2175s_012  

こちらは真反対から撮影。
ここは草が茂りっぱなしなのでカミキリムシや色鮮やかな甲虫たちや
カナヘビなどがたくさんいます。
夏にはセミの抜け殻もたくさん見つかります。そのぶん鳴き声がもの凄くて鼓膜が痛いほど。

 

  

Sk2175s_014

ハイ、元の場所へ戻りました。皆さまお疲れさまでした~。
全員揃っていらっしゃいますか。えっ?ひとりいない?
うーん、また遭難者が出ちゃいましたか。
植えた覚えのない植物がいつのまにか成長し突然開花してたり、
いきなり金魚やメダカのベビーが現れたりする不思議庭ですからねぇ、ここ…。

  

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
私も何度遭難したことか…。

catいつもあたたかい応援に感謝しています。私はひとりぼっちじゃない!うれしい。
ここ数日ココログの不具合でログイン出来なかったことと
パソコンの故障とが重なりなかなか更新できませんでした。
古いパソコン(Windows Me)を引っ張り出して現在使用していますが、
メモリが128MBしかなく、動作の遅いこと遅いこと…。

 

2009.07.06

メッセージが届いたよ

S21617009  

植物や動物たちの「心」を受け取ることが出来る友人から
メールが届きました。
彼女が育てる植物たちは愛情を受けて健やかに大きく成長し、
動物たちも彼女には心を許して甘えています。
人間としてとても大きく、豊かな情感を持っている人です。
  
そんな彼女がクロデメからのメッセージを伝えてくれました。
 
 
 
    *  *  *  *  * 
 
   
クロデメさんはお星様になったんですね。
ねこぼーしさんの悲しみ、お察しいたします。
仲良かったものとの別れはさみしいものですね。
クロデメさんからのメッセージ、
ねこぼーしさんに伝えても良いですよと許可を頂いたので、
お知らせします。

 
 

ねえちゃん、わしは元々の持病でね、
これはわしの寿命ともゆうものじゃから、みとめてくださいの。
わしはねえちゃんとふざけたりして
面白うて愉快な魚生じゃったけん、ありがとの。
また会うこともある思うが、くれぐれも元気でやってつかあさい。
ほんま楽しかった。

奥さんや、わしとこのねいちゃんがあんまり凹んどるようなら、
皆さんで励ましてやってくださいよ。
わしは人間と楽しく過ごすのが好きじゃ。
特にこの度ねいちゃんのとこに居てほんとに楽しかった。
動物は人間からきにしてもらって愛をもらうのが心の栄養なんよ。
たくさん好きになってもろうた、ほんとに来てよかった。

 

    *  *  *  *  * 

 

前記事にあたたかいコメントをくださった
take51さん、りぃさん、陶動さん、気まぐれネコさん、inaiinaibaさん、Sayさん。
ほんとうにありがとうございました。
お気持ちが嬉しくて悲しみとはまた違う、嬉しい涙が出てしまいました。
おひとりずつにお返事を書こうとしたのですが
まだまだつらいので、この記事でお返事の代わりとさせてください。

元気をなくしたクロデメのため祈ってくださった
元気玉サンタさん、空さん、ジュリママさん、あけみちゃん、mmgさん。
一時的にでも快復したのは皆さんから
強いパワーを寄せていただいたからだと思います。
ありがとうございました。深く感謝します。
 
そしてきっとコメントはご遠慮なさりながらも
気にしてくださっているであろう心優しい皆さま。
そのお気持ちは私に充分に伝わってきています。
心から感謝します。ありがとうございました。

 

Sk21630_017
 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
いわゆる「広島のおっちゃん」が使う完璧な広島弁なのがクロデメらしいなぁ…。

 

【追記】
この記事を書いたあと、ビオ仲間のmmgさんのブログに行くと
クロデメのことを書いてくださった詩がありました。

「くろいしっぽ」。…驚いて嬉しくてせつなくて、また涙が…。

 

2009.07.05

金魚ベビー成長中

Sk2175_002  

 

 

再生後、右下の四角い矢印ボックスをクリックすればフル画面で見ることができます。
フル画面から元の画面に戻すには「Esc」キーを押してください。

 

ちよちよ~~、と泳ぐ姿がなんとも愛らしいです。
ここまで成長してくるとそれぞれの特徴が出てきましたね。

大きく分けて「キャリコ琉金」と「黒出目金」なのですが
トップ画像の子がちょっとわからない・・・。
尾ひれ以外はなんだかメダカっぽいですね。

クロデメの突然の死

Sp1000618  

昨日土曜日の朝、クロデメが死んでいました。

元気がないと気付いたのが6月30日、
塩水浴のため別水槽に隔離したのがその翌日。
それから三日目の朝でした。
魚が死ぬことを古来から「浮く」と言いますが
その言い方通りクロデメは浮いていました。
黒かった体はほとんど白くなっていました。

 

もの言えぬ動物たちの死は、いつも突然です。
いえ、苦しみを訴えているはずですが、その声を私が聴き取る能力がないだけです。
なんとか助けてあげたかった。

冬に黒紫の花を咲かせるクリスマスローズの根元に埋めました。
それまではがくぜんとした状態が続きながらも何とか手を動かし
スコップで穴を掘りそこになきがらを移したところで
涙があふれ、肩と手が震えてとまりませんでした。
「ごめんね」を繰り返すだけでした。

 

Sk2136072  

心配してくださった皆さま、ありがとうございました。
あたたかい言葉にとても励まされました。
金魚に関しては初心者の私にアドバイスをいただいた先輩方、
とても勉強になりました。
ただ私の努力不足でこんな残念な結末となってしまい申し訳ありません。
昨日、記事で報告しようとは思いましたが
感情が昂ぶり文章を綴ることが出来なかったため今日になってしまいました。

 

ただひとつの救いは、小さな水鉢に
クロデメによく似た子が何匹か元気良く泳いでいることです。

 

Sk2175_019  

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
今回はコメントをいただいてもお返事を書くのがつらいため
コメント欄は閉じさせていただこうと思いましたが
それはご協力いただいた皆様に対して大変失礼なことですし
今回のことについてのアドバイスもあるかもしれないと思いましたので
通常通り書き込むことが出来ます。よろしくお願いします。

ただ、まだクロデメについてのことを書こうとすると冷静でいられないので
お返事が遅れるかもしれません…。
申し訳ありませんがその旨ご了承ください。

前記事へコメントをくださった、気まぐれネコさん、inaiinaibaさん。
お返事がまだでごめんなさい。今しばらくお待ちください…。

 

2009.07.02

クロデメ快復傾向/卵・稚魚・水槽増殖

Sk2172_015  

庭の番猫、左なーにゃ、右チョコちゃん。
彼らは水鉢や水槽にいたずらをすることもなく、人間と猫の境界線はきっちり守り、
お腹がすいていても鳴いて催促など絶対せず、いつも黙って佇み、
外敵から庭を守ってくれています。

 

さて、皆さまからたくさんの応援を受けて少し調子を取り戻したクロデメ。
ミニ水槽で塩水浴を始めてから、じっとすみっこにうずくまる様子はなくなりました。

 
再生後、右下の四角い矢印ボックスをクリックすればフル画面で見ることができます。
フル画面から元の画面に戻すには「Esc」キーを押してください。
 

 

動きは普通に見えますが体色はまだ色褪せた感じ…。引き続いて様子を観察してゆきます。
応援してくださった皆さま、本当に感謝しています。
あたたかい励ましに私自身の不安な気持ちも支えられました。

 

動画でクロデメ水槽の右にある器には、宇宙メダカの卵がいくつか入っており、
そのうち1匹が3日前に孵化しました!

Sk2172_014  

「宇宙メダカ24世」。小さすぎてカメラでとらえられません…。
宇宙メダカの記事の続きはまた近々、公開予定です。

 

そして左にある水草ファーム水槽には、水鉢のメダカたちの卵ベッドがあります。

Sk2172_009  

黒く見える小さな点々が目です。なんだかいっせいに孵化しそう!

 

 

Sk2172_001  

6月29日に金魚ベビーを小さな水鉢に移した記事を書きましたが、
彼らが大きくなってきた時のために水槽を導入。
ソイル→水→一日置いてカルキ除去→PSBバクテリア投入…と、
現在水の調整中です。

 

水鉢だけではなく、水槽も増殖するという怖ろしい話は本当だったんだ…。

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
しかし本日記事のカテゴリーの多さって…。

 

2009.07.01

きょうのクロデメ

Sk2171_114  

体調を崩したクロデメが快復するように祈ってくださった皆さま、
そしてパワーを分けてくれた動物さんや植物さんたち。
ほんとうにありがとうございました。

突然のあつかましいお願いに応えてくださった方々はもちろんですが、
コメントはなくともいつも見ていてくださっている方が
クロデメ快復を祈ってくださったことがじんわりと伝わってきました。
 
 

たくさんのエネルギーをいただいたおかげで
クロデメはじっとしていた昨日に比べ、
きょうはちらちら泳いだりと動きも見られるようになりました。
 

 

魚は弱ると体色が薄くなるそうですね。
やはりクロデメもそんな感じですし、まだすみっこでじっとしてたり、
水面近くに浮かんだままだったりと時折そのような様子が見られますが
明らかに昨日よりは快復しているということは
希望へとつながるためとてもうれしく思います。
 
昨夜からネットであちこち調べた結果、塩水浴がまず第一歩のようでした。
だけど病気でなくとも塩水浴は必要なのかなあ、と迷っていたところ
ちょうどinaiinaibaさん(初めてコメントをくださった方です)から
具体的な方法についてていねいな説明をいただきました。
納得でき、安心できる内容はとても私にはありがたく、
さっそく書いてあった通り今日の午後、塩水浴を行いました。

 

明日はもっと元気になっていますように!

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
もしかしてこれが金魚本来の動きというものだろうか…と画像を見ていてふと思いました。
ということは今までの暴れっぷりが異常…。

catいつも応援してくださるみなさま、深く深く感謝しています。

 

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »