2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« しっぽクロニクル【1】 2007.5.10 | トップページ | 水中での生物ろ過とバクテリアの定着【前編】 »

2010.01.27

しっぽクロニクル【2】 2007.5.17

●2007年5月10日〜第2号水鉢「茶太郎」登場
 
Dscf0010
 
ビオトープ第2号鉢は『信楽焼灰釉ひねり睡蓮鉢』を購入。
“和"のビオトープを目指しました。

『信楽焼灰釉ひねり』の「ひねり」というのは手ひねりのこと。
土をひも状に何本も作ってそれを積んでゆく地道な作業とのことで
作るのには大変な体力と技術が必要だそうです。
他には「ろくろ成形」「押型成形」などがあるとのこと。

ちなみに「信楽焼で代表的なものは一般には狸の置物」だそうです。
 
 
 
 
Shigarakiyakitanuki
 
うーむ。そうだったのか。
このひとが代表・・・
 
 
 
 
 
 
 
Dscf0025
 
名前は【茶太郎】。なかなか渋い日本男子です。
すっくと立って“和”の雰囲気を盛り上げている『ミニシペラス』にあわせ
背景はスダレで演出。
シペラスは最初、水鉢の赤玉土に直接挿していたのですが毎日倒れていたので(笑
素焼きの植木鉢にいったん植えたものを、水鉢に入れました。
 
 

 
 
 
 
 
Dscf0013
 
ヒメダカさんにはこの【茶太郎】に移動していただき
 
  
  
 
Dscf0005
 
そして【カルビーノ】にクロメダカ御一行様を10匹迎え入れました。
みな元気なご様子。
クロメダカを見るとなんだか懐かしい気持ちになります。 
 
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
【茶太郎】に入っているのはキクモでしょうかネ?

« しっぽクロニクル【1】 2007.5.10 | トップページ | 水中での生物ろ過とバクテリアの定着【前編】 »

◆しっぽクロニクル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しっぽクロニクル【1】 2007.5.10 | トップページ | 水中での生物ろ過とバクテリアの定着【前編】 »