2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« しっぽクロニクル【3】 2007.5.19 | トップページ | 達者でなにより »

2010.02.10

しっぽ庭・池計画妄想

1_2
これが現在のしっぽ庭全景です。

ここのところ周りの方々のビオ池が欲しい〜、の怨念に駆り立てられ
私もずっとひそかに心で「欲しいな・・・」とつぶやいていたものが
「ゼヒ欲しいッ」と毎日妄想するほどになってきました。

しかしウチは借家なのでビニールシート張って石組んでなどの
大きいものは作ることが出来ません。
穴を掘って押し入れ収納ケース・深タイプ(74×44×H43cm) 3,980円
あたりを埋めるなどではどうかなと考えていたのです。


理想はトロ舟ですが大きいものになると結構高いんですよ。
 
1205105_1_2
リスプラ舟 G130・深型
外寸:900×600×H345(127L)

12,075円!高い。
深さ34.5㎝は嬉しいのですが・・・。

 
 
 
う〜むと考え、
「めだかの空」の空さんがプラ舟とレンガで作られたミニ池ビオトープ。
その記事を参照していると
 
DGK タフ舟 120型(120L)(外寸:縦660×横1030×高さ240mm)
これが4,880円!安い。
さっそく検索してみると、おお、ありました

34403600
  
当店通常価格11,550円 (税込)が、ナント4,331円!
深さがもう少し欲しいと思いましたがこのシリーズではこれがいちばん大サイズで
もっと深いのを、となると上記のような12,075円なんて値段になってしまいます。
 
 
 
さてここで空さんからプラ舟ビオトープの画像をお借りしたのでお披露目です。
 
Purabunebio_2
 
8月の風景です。いい感じですね〜〜。
不定型な形の池よりこういう四角くきっちりしたのが私、好きなんです。
うーん、これはかなり理想に近い。
(記事の一番下に空さんのプラ舟ビオ作り記事へのリンクも張っています)。
 
空さんは「黒土に腐葉土と有機石灰を混ぜたもの」を
底に敷きそこへ直接水生植物を植え込んでいらっしゃいますが
私は植木鉢にビオに適した土(このへんまだ思案中)を入れたものを数個設置し
そこに植物を植え込もうと考えています。
 
 
 
99
 
 
そして底には明るい色の
砂利がいいなあ。
 
 
 
 
このサイトによると
「1平米あたり、約3cm厚で約60kg必要です」とのこと。

えっと、プラ舟が外寸660×1030で底辺はもう少し狭いだろうから
60㎝×95㎝くらいかな。そうすると0.57平方メートル。
大体で0.6平方メートル。
1平方メートルで60kgだから0.6平方メートルだと36kg程度でしょうか。
(あってるのかな?この計算)。

画像の商品は1袋(10kg入り)で595円・・・。
ま、もっと探せばいくらでも安いのあることでしょう。
本当は「ろかジャリ」を使いたいのですが・・・
他のジャリを探すとき送料も含めて比較検討してみましょう。
 
 
 

Img10364793010
 
それから周りを囲むレンガは
こういったアンティーク風が
オサレで好みです。
 
 
 
空さんは赤レンガを60個近く使っていらっしゃいますね。
ただ空さんはプラ舟内のレイアウトにも使われているので
私の場合だともっと少なくてすみそうです。
 

 
 
A712_i1
 
 
そしてここに沈める睡蓮は
熱帯性睡蓮のドウベン(ドーベン)!
杜若園芸さんより画像転載)
 
 
 
 
「メダカに嵌った男のブログ」のtake51さん
「ティナ!逢いたかったよ!!」などなどの記事で
くやちー!というほど熱帯性睡蓮の美しさを見せつけられましたからネ。
しかも想像していたよりずっと育てやすいようでしたので
今シーズンには「ゼヒ!」と鼻息を荒くしておりました(笑

Img51483028
 
植木鉢は浅型の特大がいいかな。

 
 
 
 
 
水生植物は冬の間にヒーター付き水槽で増やしたものを植え込みましょう。

K215Sss

 
 
あとは周りの植栽。
このへんは家にあるミントやローズマリーをはじめとするハーブや
常緑の植物など植えたいですネ。
 

Dscf0004Dscf0028
 
Dscf0032Dscf0031
 

・・・こう具体的に書いてトップの見取り図眺めていたら
ホントのホントに穴、掘りたくなってきました(どこに掘ろうかな・・・)。
 
 
* * * * * * * * * * * * * * * * *  
 
空さんのブログより、「プラ舟ビオトープ」についての全記事です。
池をお考えのアナタ!この記事はなかなか興味深いですよ〜。
こちらからすべて見ることができます。
 
●2009.01.08 建設予定地
●2009.03.12 工事着工
●2009.03.18 レンガによるレイアウト
●2009.03.21 土入れ&水張り
●2009.03.29 植栽と費用全額
●2009.04.15 最終的レイアウト
●2009.05.09 にぎやかになりつつある5月のプラ舟ビオトープ
●2009.05.21 プラ舟ビオトープは、BABY BABY BABY!
●2009.06.07 緑芽吹く6月のプラ舟ビオトープ
●2009.07.12 伸び放題カオス7月のプラ舟ビオトープ
●2009.07.22 オモダカ開花♪
●2009.08.12 生命の営みいっぱい8月のプラ舟ビオトープ
●2009.09.13 秋の気配9月のプラ舟ビオトープ
●2009.09.30 オモダカの塊茎
●2009.10.15 ちょっと元気のなくなった10月のプラ舟ビオトープ
●2009.11.12 枯れた葉を取り除いた11月のプラ舟ビオトープ
●2009.12.27 メダカも秘密基地へ潜伏12月のプラ舟ビオトープ
●2010.01.17 寒さ厳しい1月のプラ舟ビオトープ
 
* * * * * * * * * * * * * * * * *  
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
クワもシャベルもスコップも作業用品はすでに揃っておりまする。
空さん、画像提供と記事へのリンク快諾、ありがとうございました。

 

« しっぽクロニクル【3】 2007.5.19 | トップページ | 達者でなにより »

◇しっぽ庭」カテゴリの記事

◇第1号しっぽ池」カテゴリの記事

コメント

すっごいわかりますw

私は借家ってかアパート暮らしですが
将来は絶対田舎だろうが、庭に池掘ったろw
って思ってますw

できたら広い池w
そうしたらメダカ繁殖しほうだい・・・
ふっふっふっw

こんばんは!!

池はいいですよね!
僕も憧れてます・・

うちは持ち家ですが、池を作るスペースがなく・・
無理やり作れなくもないですが、夏など直射日光が
当たり続ける場所になりそうで躊躇してます。

ボーっと読んでいて記事に僕の名前が出てきてビックリです!(笑)
ティナはいいですよね!ドーベンもいいですが、個人的にはティナの
方が好きです!ほっといても咲きますし(爆)

僕も今年、池にいっちゃおうかな~(^▽^;)

こんばんは、てきと〜さん。

日本人はなにゆえ、池に憧れるのであらふ・・・
なーんて文学か哲学しちゃうほど、池って特別なものなんですよね。
日本人=水文化、とはよく言われ「水に流す」「水くさい」とか
水をつかった言葉は多々ありますが
なんといっても本能として、ヒトは水を求めるものだ、と。
四季のある土地柄というのも関係していそうですネ。

あ、あんまり広い池だとメダカも鉢や水槽で飼うのと違って
警戒心が強くなりせっかく珍種を発見しても
すーっと逃げて「あ〜れ〜〜〜!」ってことになりますから(笑

私のビオお友だちのmmgさん
http://hmkmmg.blog120.fc2.com/
池をお持ちでなかなか楽しい風景が見られますよ!

take51さん、こんばんは。

なぬ?直射日光が当たり続ける場所とな。
そんなのはスダレとかトレリスや
ホームセンターにある安い伸縮性フェンスとか
いろいろ手はありますって。
そこに朝顔のツルを絡ませたりしても素敵〜。

そうなんですよ、ほっとくのが自慢のtakeさんでも
あれだけ美しく次々と咲かせていたのですから〜〜(爆
ティナにするかドーベンにするかこれはしばらく
楽しい迷いとして悶々としましょうかネ。

行きましょう。池、やっちゃいましょう!妻と共に(笑

こんばんはー。
ビオ池!いいですよー!
ねこぼーしさんが作ったら、きっとおしゃれな池ができるんでしょうね!
プラ舟の選択は大きさと色と価格で選びましたよ。
濃いグリーンなので違和感が少ない。
高さは30センチほどが理想なんですけどね。
あまり大きいとメンテナンスができない(手が届かない)。
さらに大きい物だと極端に値段が高くなるし、車に積めない(ホムセンで購入)。
春に向けてがんばってくださーい。

ねこぼーしさん、こんばんは。

皆さんのコメントを見ていると、池に憧れている方って結構いらっしゃるんですね。
ネット検索で色々探してみましたが、DIYの池を紹介しているHPやblogって
なかなか、ないんですよねぇ。

でも、ねこぼーしさんの場合、図(今の状況)のまんまでも、
かなり楽しそうで羨ましいです。

空さん、今回はご協力ありがとうございました。

そうそう、あのプラ舟は他社製品と違い
緑の色が濃くて私も気に入っています。
価格も他に比べれば半値くらいではないでしょうか。

空さんの記事を何度も読み返していると
プラ舟ビオ池には四季のうつろいがちゃんと反映されていて
池自体が「生きている」って感じました。
ああ、やはり作りたいなあ。
空さんの応援もあることだし、頑張っちゃおうかナ (^∀^*)/

DarkSchneiderさん、こんにちは。

そうなんですよ、昔ながらの和風作りで錦鯉を飼って、
というのとは別に
水鉢ビオトープから延長した「洒落た池欲しいムーヴメント」が
増えつつあるように感じます。
ただ実際、空さんのようにその過程を
具体的に細かく書いたものって少ないんですよね。
自分好みのものでないと参考になりませんし。

うちの庭は楽しいですよ〜。
夏などは虫パラダイスですし、今の季節は少々さみしいですが
木の枝に刺した半割ミカンを食べにメジロ軍団が来ますし
シジュウカラ、ジョウビタキなども姿を見せてくれます。
春にはウグイスも来ますが側の木で鳴かれると
鼓膜がびりびり振動するほどの声の大きさなんですよ。
風情はどこいった〜〜(笑

こんばんわ。

庭のほぼ全域をビオのために使えるのならいろんなことが可能でしょうね。
うちは親が花を栽培していて庭が植木鉢とプランターだらけなので、
地面を掘るどころか水鉢やタライを置く場所を確保するのも大変だったんです。

プールライナーという防水シートがありまして、
それだとかなり理想に近いものが作れるんですが、
うちでは掘らせてもらえないだろうなぁ...

ひ辻さん、こんにちは。
そうですね。ウチは庭全体がビオトープなので虫や鳥、
お隣さんの話では「前、ヘビもおったよ」だそうです(怖〜

ひ辻さんのとこではお母さまが園芸をなさってるのでしたか。
そんなにたくさんあるというのはかなり本格的ですね。
でもそんなに鉢などがいっぱいだとたとえ整理、移動させて池を作っても
お母さまがうっかり池にばっしゃん!と落っこちそうで
危険ですね。

プールシートを使っての池作りは以前、本気でやってみたくて
あちこちのサイトを見てまわりましたが
ひとりで作業は大変なこと、私の体力がないこと、
あと予算の面でくじけてしまいました。
でも憧れますよね〜、
いろんな生態系が棲み分けをしている広い池・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しっぽクロニクル【3】 2007.5.19 | トップページ | 達者でなにより »