2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 子供水槽美化運動 | トップページ | しっぽ池・完成予想図面と見積書(ver.2) »

2010.02.24

侘び寂び遊び

P1050381_2
 
ここ数日、暖かい日が続いています。
 
 
 
 
 

P1050377

足元に目をやると庭のあちこちに苔が生えています。
日陰の湿った場所だけでなく、日当たりのいいところにも。
水槽のコケはにくたらしいけど、土が苔むしている風景はいいですね。
けっこう成長しています。

ちょっと侘び寂びしてみようかな〜。
 
 
 
 
 


P1050382_2
苔のついた土を掘り起こし丸くまとめガラス器の真ん中へ。
 
 
 
 
 

P1050384_3P1050387_2
 
周りにろ過じゃりを薄く敷き、その上へ玉砂利。
 
 
 
 
 
P1050390_2
 
シラサギカヤツリの芽が
出始めたので
一部、根ごと切り取り
これをあしらいに使います。
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
P1050391
 
手頃な石を置き、水生植物の水上葉と庭で雑草化している
グレコマ(カキドオシ)も植え込み土が湿る程度に水を差して出来上がり。

ウ〜ン、ニッポンノワビサビ、イイデスネ〜。
 
 
 
 
 

P1050395
 
日本の美は「中心をはずす」のがセオリー。
 
 
 
 
 

P1050399_2
 
調子にのってこんなんも作ってみました。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
基本は赤玉土などをを練って団子にしたものへ苔を貼り付けるのだそうです。
検索してみたところけっこう流行っているようですね。

───────────────────────────────────────────

« 子供水槽美化運動 | トップページ | しっぽ池・完成予想図面と見積書(ver.2) »

●レイアウト」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ねこぼーしさん。


Oh~~!
これは侘び草にシンパシィーして、
ユア ガーデンの
グラスを
チョイスして
ハンドメイドしたんですね~~~


>日本の美は「中心をはずす」のがセオリー。
そうなんだぁ、知らなかった。
勉強になります。

わたくしは新婚旅行でアメリカの町を歩いている時に、
「アンタ、スペイン人?」って
わざわざ爺さんが追いかけてきて尋ねてくるほど
アジアンテイストがない人なので、
そのスピリットをハートにメモリーしておきます。

身近なモノをちょっとづつ集めて出来てるのが、とてもいいですよね。

記事を見て私も、苔や野草を採集しに出かけたくなってきました。
こちらではまだまだ雪が溶けなくて、春が待ち遠しいです。

こ、こんばんは、長嶋DarkSchneider茂雄さん(大爆

おっしゃるとおりでございます。
侘び草の簡素ながらも日本の情緒を醸し出す佇まいに心惹かれ
拙いながらも自身の今を映し出そうと
表現したものでございます。
 
日本人は自身の主張を抑えてしまう、
例えて言えば「柳に風」「水に流す」など
一歩引いた立ち位置を美徳とする趣があります。

例えて言えば長谷川等伯の「松林図屏風」など
霧に包まれ朧気に見える松の姿を一部描くことにより
深遠なる松林の広がる風景に想像力を馳せる・・・。
中央にどっしりとした松の姿を描いたのでは
この空間を顕すことはできないでしょう。

これはいわゆる引き算の表現であり、脳内で絵画が完成するという
日本人特有の美意識であると私は感じております。
シンメトリーではなくアシンメトリーで空間を描き出す例として
欧米のフラワーアレンジメント、日本の生け花が
その顕著な例でしょう。

DarkSchneiderさんもぜひ日本人としての美意識を
その心に持っていただきたいと存じます。
「ハートにメモリー」最高だゼ Σd(ゝ∀・)

ツカバラさん、こんばんは。

お住まいの方はまだ雪が!北の方面なのですね。
私の住む広島は今日日中は庭仕事をしていると暑いくらいで
着ているものを一枚一枚脱皮するほどでした。
 
上でコメントをいただいたDarkSchneiderさんに
「侘び草」というものを教えていただいて
日本の侘び寂びいいなあ〜という思いでいっぱいでしたので
急遽ミニ盆栽を作ってみました。
庭にあるもので気軽に、というのが楽しかったです。

大きな水鉢の中央に高みをこしらえそこに盆栽を置き、
金魚を周りに泳がせるといいだろうなあ、なんて
妄想がふくらんでいます(笑

おおぉ!まるで苔玉みたいなかんじですね!
苔ってよくみるときれいなんですよねー。
うちの庭はゼニゴケがいやになるくらい生えてくるんですけどw
ハイ苔とか、もさもさ生えてたらきれいなんですけどね。
ねこぼーしさんは、ほんとセンスいいですね。

空さん、こんばんは〜。
苔は愛らしくていいですねえ。
苔玉も洒落ていますが、庭にあるのをそのまま持ってきた、
って自然な感じのが作りたかったんです。
形のいい石を多めにあしらっても渋いのが出来そう。

ゼニゴケはぺたんとして暗い感じで残念ながら鑑賞向きではないですね。
うんうん、ハイゴケはみずみずしい印象で綺麗で好き。
「苔図鑑」 http://mossplan.co.jp/zukan/index.html
など時折見ているんですが
「コウヤノマンネングサ」いいな〜、とか湿地の世界にはまっています(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供水槽美化運動 | トップページ | しっぽ池・完成予想図面と見積書(ver.2) »