2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 初めてのヒカリメダカとダルマメダカ | トップページ | メダカさん家族計画「新しく子供が欲しい」 »

2010.03.17

お顔拝見クリスマスローズ

P1050906

うつむいて咲くクリスマスローズ。
その風情も美しいのですがやはり顔を見てあげねば。
私は専門的に詳しいわけではないのですが見るポイントを少し知っただけで
クリスマスローズをもっと楽しむことができるようになりました。
 
 
 
 
 
 
P1050907
 
朝方の雨に葉を光らせています。明るいグリーンが今年出てきた新しい葉です。
クリスマスローズは春先のこの時期にどんどん若い芽を伸ばします。
さてこの方はどんなお顔かな。
 
 
 
 
 
 
P1050619_2
 
濃い紫で光に透けた花びらがエンジ色で、なかなかシックです。
おっと、今「花びら」と言いましたが実はこれ「がく片」なんです。
「がく片」というのは花びらの外側付け根にある小さな緑の葉のような部分。

Dscf0015_2 
 
 
 
これです。

 
 
 
クリスマスローズではこのがく片が発達しほとんど花びらに見えていますから
便宜上「花弁」と呼んでいます。
 
 
 
 
 
 
P1050922
 
イエローに黄緑色のグラデーションが入り、なんだか子供のような愛らしさ。
数年前購入したときはたしかもっと白い花だったと記憶していますが
改良を重ねるうち、原種の血がひょいと表れたのでしょうか。

で、本当の花びらはどれかというと、中央の雄しべと雌しべを取り囲むように
ぐるりと囲っている小さな緑っぽいものがありますね(花によって色は違います)。
退化しちゃってこんなに小さくなっています。
 
 
 
 
 
 
P1050915
 
ハイ、こちらはずいぶん華やかなご婦人。
上二枚の画像との大きな違いは花弁に点々模様がたくさんあること。
これを「スポット」と呼びます。
これがもっと密になり固まって斑点状になったものや
体表に浮き出た静脈のような模様のものもありますが
この点々模様の「スポット」がいちばん多いように感じます。
 
 
 
 
 
 
P1050919_2
 
白く上品な表情。スポットが控えめで清楚なイメージです。
ここでは花弁に注目してみましょう。先が尖っていますよね。
最初の二種は「平咲き」で、上の華やかな方とこちらは「剣弁咲き」といいます。
名前は無理に覚えなくともいいのですが
花弁の色、模様(スポットなど)の有る無し、そして形の違いも
クリスマスローズの表情が多彩にありそれぞれを楽しむポイントとなっています。
 
 
 
 
 
 
P1050928
 
今までご紹介したのはすべて交配種(園芸種)ですが
これは原種系の「アーグチフォリウス」。花弁も葉と同じ緑色です。

ここで初めて名前が出てきました。
原種は約20種類ほどあって名前も学名がきちんとつけられており
クリスマスローズのページ」や「クリスマスローズ協会」でも各種が紹介されています。
やや地味な印象ですが素朴な中に力強さがあり、私はとても好きです。

クリスマスローズでよく聞かれる名称「オリエンタリス」も原種系ですが
上記のサイトにも「現在の交配種の中心的な存在で変異や亜種多い」と書かれているように
店頭やネットショップで「オリエンタリス」として販売されていても
純粋種(約3種あります)ではなくその改良種の可能性が大きいようです。
 
 
 
 
 
 
P1050913_2

これは私のお気に入りで緑と桃色、二色の花弁が愛らしい。
二色で構成されているものを「バイカラー」といいます。
実はこれもオリエンタリス名で販売されていましたが(厳密には交配種ですネ)、
まあ、可愛いことには代わりないし細かいことを言うのは野暮ってもんです。


交配種になるとほんとうに数え切れないくらい表情豊かな美人が多く
私の持っているのはシングル咲きしかありませんが
ダブル、セミダブル咲きもあって文字通り百花繚乱!
こちらでも各種紹介しています。
(名前は交配者や販売元がそのイメージからつけたものが多いようですね)。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
原種があり、様々な交配種があって、集め始めると「アレも欲しいコレも欲しい」と
そんな気持ちにかられるあたり、メダカとほとんど同じですね(笑。

───────────────────────────────────────────

« 初めてのヒカリメダカとダルマメダカ | トップページ | メダカさん家族計画「新しく子供が欲しい」 »

◇しっぽ庭」カテゴリの記事

コメント

僕は白いクリスマスローズが好きですね~
上品で本当に素敵な花ですね!実物は
もっと綺麗なんでしょうね!!(^^)

鉢を酷いことにしている僕に、こんなことを
口にする資格はなさそうですが(爆)

私もクリスマスローズ大好きです^^
俯き加減に咲く花がなんともしおらしい・・・

うちにいた子は 白い子と薄紫 そして緑の子です。育てていくうちに 鉢ではかわいそうになって 欲しがっていたお庭を持っている友達のとこに嫁いで行きました。 
今も綺麗に咲いてますよ^^

NHKの出している園芸の本の「クリスマスローズ」だけが私の手元に残ってますw

それにしてもねこぼーしさんのお庭は 時折々に密やかに咲く花が沢山あって素敵です。

しっぽ庭夏のツアーも何度も参加させていただいております^^

こんにちは、take51さん。
takeさんは上品なこの白い貴婦人、お好きでしたか。
私もとても気に入っているので嬉しいです (^-^ )
これで花弁が丸いタイプだったら、また違った印象になるので
そんな多彩さがとても楽しい!

いや〜、takeさんに「美意識」があって良かった(爆

にゃおんさん、こんにちは!

にゃおんさんは優しいですね。
確かに毎年株が大きくなってゆくので鉢植えとなると
相当大きいサイズにしないと・・・。
それで庭のあるおうちへお嫁に出したのですか。
寂しかったでしょうがちゃんとお友達が育ててくださって
元気に咲いているとは嬉しいですね。
ちょうど今の時期、満開できれいでしょうね (^∀^*)

しっぽ庭夏のツアー、何度も足をお運びいただきありがとうございます。
以前に書いた記事を何度も見ていただけるってすごく嬉しい。
しっぽ池も出来たことですし、春のツアーも開催しましょうかネ!

私が優しいかはさておき?(笑

手放す時は寂しかったですが花たちが伸び伸びと咲いている姿はまるで子供の成長を見るような気分で嬉しいです。

!!しっぽ庭春ツアー 是非是非お願いします!!

夏とはまた違った景色が広がるのでしょうね ((o(^∇^)o))わくわくして待ってますです!。

にゃおんさん、ツアーのお申し込みありがとうございます。
それではクリスマスローズが咲いているうちに
春のツアーを励行いたしますので少々お待ちくださいね。
 
「これ、人様には見せられない」といったものを
ちゃんと隠してから開催いたしますので(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのヒカリメダカとダルマメダカ | トップページ | メダカさん家族計画「新しく子供が欲しい」 »