2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.26

大谷氏驚愕の出産現場

P1060209
 
3月22日の記事で初登場した大谷氏(オオタニシ)。
ウチに来て二匹をすぐ別水槽に入れたにもかかわらずどんどん稚貝が増え
不思議なことに今現在も増え続けているようなのです。
 
先日、ベッド枕元のキューブ水槽を見ていたときのこと。
 
 
 
 
 
 
P1060803_2
 
ん?なんだろう。白くて丸いものが・・・??
 
 
 
 
 
 
!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
P1060807_3
 
でえッ!これ中に見えるの
 
大谷氏の赤ちゃん!!??

 
 
 
 
 
 
苦手な方もいらっしゃると思って小さい画像にしました。
逆さ向きの稚貝がうっすらと見えます。

ずっと見ていても動きがありませんでしたので一時間後に再び覗くと
大谷氏と産まれた稚貝らしき姿はもう見えず
その場ではチェリーちゃんがさかんにツマツマしているのみでした・・・。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
おのれ、こうして増えておったのか大谷氏。

───────────────────────────────────────────

2010.04.25

ダルマちゃんたちお外へ

P1060860
 
第2号しっぽ池。今日は快晴ですがシマトネリコが優しい陰を作っています。
 
 
 
 
 
P1060862
 
室内水槽に住んでいたダルマ・半ダルマメダカたちを放流しました。
長い時間をかけた水合わせのあと、元気いっぱいに泳ぎ、
私の姿を見ると「ごはんごはん」と寄ってきます。

でも今日は移動日だったのでごはんは明日までがまんしてネ。
熱帯スイレン植え付け予定地が寂しいのでコウホネを一時仮置き。
早く販売時期来ないかな〜〜〜。
 
 
 
 
 
P1060867_2
 
ミナミヌマエビも30匹ほど同時に放流。
ミドリゴケや勝手に入ってきて死んでいた虫などを掃除してくれました。
 
 
 
 
 
P1060866_2
 
手前左に作っている「水温上昇時メダカ避難所鉢」に
芽が出てきたスイレンをここもまたちょっとだけ仮置きしています。
手前には産卵用シュロ。
なんと設置してから数時間後には卵がついていました。びっくり。
 
 
 
 
 
P1060868
 
やはりメダカは水槽より外の方が似合いますね。
見ていて気持ちが良い。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
今日は暖かくてまるで春みたい。って、とっくに春の時期なんですけどネ。今までが寒すぎでした。

───────────────────────────────────────────

2010.04.24

ごろんと寝ころびエビメダカ鑑賞

P1060778_2
 
レッドチェリーシュリンプさん。うちに来た当初より赤みが増したような気がします。
この子は特に赤く、このアヌビアスナナの上がお気に入り。

目立つ場所が好きっていうのは、自分の体色が濃いことを強みに感じているのでしょうか。
動物界では発情期のオスは色が鮮やかになり、よりメスの気をひくことができると言うし。
 
 
 
 
 
P1060796
 
こちらは淡い体色の子。上の画像の子とはかなり違いますね。

ピンクラムズホーンもこうして一匹だけ見ていれば可愛いんだけどなあ・・・。
 
 
 
 
 
P1060789
 
皆、元気で毎日ツマツマ。
 
 
 
 
 
P1060785
 
黒白ビーちゃん。画像だと風格があって大きいように見えますが
ほんとうはまだおチビさん。
 
 
 
 
 
P1060787_2
 
体の部分が透けているのでじっと見ていると不思議な感覚で
包帯の巻き方がヘタな透明人間、って感じ(笑

私はエビの透明感が好きなので、すべて色で覆われた個体より
こういう感じの方が好きです(お安いし)。
 
 
 
 
 
P1060776
 
彼らが住んでいるのは30cmキューブ水槽。
ベッドの枕元の出窓にあるので、寝転がってゆっくり眺めることができます。
 
 
 
 
 
P1060777_2
 
オーロラメダカとスノーホワイトヒカリメダカたちと同居。
しかしSサイズ、やっぱり小さい・・・。
 
 
 
 
 
P1060782
 
安価な投げ込み式フィルター「水作エイト」のカバーをはずして入れています。
あのカバーって結構汚れがつきやすく掃除しにくいですし
ない方がフィルターの効果があるような気がしてますがどうかな?
(そのままではフィルター部分が浮きやすいのでおもりとして素焼きリング置いてます)。
 
 
 
 
 
P1060798_2
 
ばびゅーんとレンズに飛び込んできたスノーホワイトヒカリちゃん。
私のカメラでもちゃんと撮影できるくらいに、早く大きくなるんだよ。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
寝ころんでエビの動きを見ているとすぐ眠くなる幸せ。

───────────────────────────────────────────

2010.04.23

驚きっぱなしのいちにち

P1060836_2
 
今朝見たらコデマリが突然いっせいに開花していました。
白い雪をふわりとかぶったみたいです。
 
 
 
 
 
 
P1060835_2
 
1号池のそばのヒメウツギもほころびかけていますよ。
 
 
 
 
 
 
P1060843
 
昨日まで固いつぼみだったナガバオモダカもひとつ、ふたつと
開花を始めていますね。
 
 
 
 
 
 
P1060845_2
 
ふと見るとメダカたちがすぐ近くに・・・!
エアレーションの泡が好きなのでこっちに寄ってきたのかな。
 
 
 
 
 
 
P1060846_2
 
移動するとなんとなく皆もこちらへやってきます。
そーかそーか。エサをくれる人を覚えてくれたんだね。
 
 
 
 
 
 
P1060818
 
あっ!天竺斑蓮の芽が水上に出ています!!ヤッター!

なんだかみんな「ねこぼーしさんを驚かしてやろう」って
示し合わせているみたいな日でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【お・ま・け】
 
P1060813_2
 
はうううッ!!
カメプールに仮置きしていた
シラサギカヤツリが食べられている! 
 
・・・この驚きは嬉しくない・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
何を威張っている、竹子。

───────────────────────────────────────────

2010.04.22

たくさんの命への想い

Dscf0014
 
 
子供の頃から動物が好きだった。
たくさんの命と触れあってきた。
小さな虫もいたし、大きな犬もいた。
弱いけれどがんばって長く生きた子もいたし、
強かったはずなのにたった一晩で死んでしまった子もいた。

 
なきがらを前にいつも
ごめんね、ごめんね、を繰り返すばかり。
仕方なかったんだよ、とまわりの人になぐさめられようとも
ごめんね、ごめんね、としか言葉が出ない。

 
どんなに小さい体であろうとも
死の大きさはいつも同じ。

  
直接会ったことがないネット上の小さな子でも
死の知らせを受けると胸が詰まる。
祈りを捧げることしか私にはできなくて
それがもどかしい。

 
私の命を分けてあげたかった、と心から思う。

 
死に近づいた動物はとても謙虚で
命を分けてあげるからもっと生きて、と願うと
もういいんですよ、ありがとう。と言って
向こうの世界へ行ってしまう。
それがとてもせつない。


こんな自分が生き物の命を預かっていいものか、と
さいきん、強く思う。
苦い後悔の思いから、そう思う。
 
 
 
 
Dscf0025
 
植物たちは私のささやかな命であろうとも使ってくださいとお願いすると、
元気になってそれ以上のエネルギーを返してくれる。

───────────────────────────────────────────

室内・熱帯魚水槽の熱帯さんたち

P1060771
 
ビオトープメインのブログなので熱帯魚についてはほとんど触れていませんでしたが
今日は外も雨ですし、室内の熱帯魚水槽の簡単な説明をしてみますネ。
 
 
 
 
 
 
P1060753_2

「プリステラ」。体色は地味ですが背びれと尻びれの黄・黒・白のポイントがカッコイイ。
 
 
 
 
 
 
P1060748
 
の正面顔(笑
 
 
 
 
 
 
P1060754_2
 
「ゴールデン・プリステラ」。上記プリステラの改良種。
画像では白っぽいですが光に当たると金色の体色がとてもきれいです。
 
 
 
 
 
 
P1060750_2
 
並ぶと違いがわかりますね。
 
 
 
 
 
 
P1060765
 
皆さんおなじみの「アカヒレ」。水槽の底面よりも水面に近いあたりを泳ぎます。
とてもすばしっこくてくるりくるりとターンしながら泳ぎ回っています。
 
 
 
 
 
 
P1060770_2
 
うーん、これは・・・テトラ・・・。なんだっけ(笑
体の中央を横に走る青いラインがきれいです。ちょっと臆病な性質みたい。

右上にいるのはオレンジヒカリメダカちゃん。同居させていただいています。
 
 
 
 
 
 
P1060287
 
昨年秋、まだ育ちきっていないメダカの稚魚たちを水槽で加温して越冬させようと
ヒーターを導入したのですが
その後「そうか・・・ヒーターがあれが熱帯魚が飼えるんだ・・・」と気付き
丈夫・おとなしい・あまり派手じゃない・安いを基本に
アクアショップの店員さんにもいろいろ相談して人生初の熱帯魚を導入したのでした。
 
 
 
 
 
 
P1060289
 
確かに丈夫です。
メダカの方に気をとられて少々水換えがおろそかになろうとも
全員元気で弱ったり死んだ子はまだいません。

「一生死なないんじゃないか」というのもへんな言い方ですが
すごく安心感があります。
 
 
 
 
 
 
P1060294
 
ケンカもなく四種が平和に暮らしています。
ウチの家庭はうまくいっている、という感じ(笑
 
 
 
 
 
 
P1060296_2
 
メダカに感じる親密さとはちょっと違って
少し距離をおいた「中距離交際」みたいなおつきあいですが
こういうのも気がラクでなかなかいいものです。
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
夏の間はしっぽ池で飼ってみようかな、なんて思ったり。

───────────────────────────────────────────

2010.04.20

2010春のしっぽ庭ツアー

P1060677
 
はい、皆さん。バスに残っている方はいませんね?
「しっぽ庭春のツアー」いよいよですよ〜。
今回はしっぽ池1号2号完成記念の特別ツアーです。
 
 
 
 
 
P1060671_3
 

 
 
 
まずは
下り階段があるので
お気を付けください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060672_3
 
 
 
 
 
階段途中から正面を臨みます。
そして左にお進みください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060673_2
 
ベンチのある休憩スペースです。ちょっと座ってみましょうか。
 
 
 
 
 
P1060675
 
正面奥に見えるのがしっぽ池1号です。
 
 
 
 
 
P1060676
 
右を見るとアボカドの木が一度台風で倒れて、それでも幹を上に伸ばしています。
たくましいですね。
 
 
 
 
 
P1060678_2
 
ベンチの隣には金魚水槽、
 
 
 
 
 
P1060679
 
コウホネ、オモダカなどを植えて加温した保育水槽と並びます。
 
 
 
 
 
P1060719_2
 
P1060736_2
 
コウホネが次々葉を出し、
順調に育っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060399
 
この水槽はもともとメダカ越冬水槽で
メダカたちを池に放った後は
水生植物水上葉化育成水槽として
活躍しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060660_2
 
そしてしっかり根もついてきたので
先日コンテナに直植えを行いました。
 
ここで成長させて伸びてきた芽を
トリミングしては
水鉢や池に使用するつもりです。 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060680
 
一般の鉢植えと奥の小プラ舟は中途半端に余った抽水植物を
赤玉土にランダムに植え込んだもの。
右下足元にはこぼれ種で根付いたワイルドストロベリーです。
 
 
 
 
 
P1060681
 
そしてビニール温室。
 
 
 
 
 
P1060682
 
ここはカメたちの越冬ハウスですがもう外のカメハウスに出したので現在は
奥が夏に向けての稚魚プラ舟、手前に
先ほど紹介した水上葉育成コンテナを置いています。
 
 
 
 
 
P1060683_2
 
さて、正面のしっぽ池1号に向かいますね。
 
 
 
 
 
P1060715
 
左に並んだ水鉢には現在ヒメダカさんだけ泳いでいます。
もう少しして気候が安定したら、室内水槽のメダカたちを移すつもりです。
 
 
 
 
 
P1060684
 
右手をご覧ください。こちらには柿の木と薔薇の木が大きく育っています。
手前のカゴに吊してあるのは食用のミツバです。
スーパーで買った根っこ付きのを葉を少し残して植えたらこんなに増えました。
 
 
 
 
 
P1060707_2
 
薔薇のつぼみもふくらんでいますよ。
 
 
 
 
 
P1060738_2
 
根元のこれは・・・植えたような、植えてないような・・・(笑
 
 
 
 
 
P1060739_2
 
最近、黄色い花って好きなんですよ。元気をもらえるみたいで。
 
 
 
 
 
P1060687_2
 
白いつぼみをたくさんつけたヒメウツギ。
手のひらにのるポット苗からこんなに大きく成長しました。
そしてこの小椅子に座って・・・
 
 
 
 
 
P1060689_2
 
しっぽ池1号を眺めます。
プラ舟底にレンガを組んでそこに植木鉢を並べていたのですが
 
 
 
 
 
P1060556
 
セールで購入した
20×20×60水槽に
まとめました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060557_2
 
鉢から出してみるとナガバオモダカ、
ヒメオモダカがかなり増えていたので
それをメインに、
あとは水草の水上葉も植えました。
統一感が出てすっきりしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060634
 
P1060721
 
 
 
 
 
P1060690_2
 
右手の方を見るとここもまたいろんな植物が育っています。
 
 
 
 
 
P1060691_2
 
P1060692_2
 
花がほころびかけているコデマリ。これも小さい苗から育てたものです。
他に薔薇や紫陽花などありますがそれらはまた別機会にご紹介しましよう。
 
 
 
 
 
P1060693_2
 
これは奥から1号池方面を眺めた風景。すごい緑ですね。
こちらの方はなかなか手がまわりません。西未開発地域と呼ばれています。
 
 
 
 
 
P1060699_2
 
1号池に戻ってその左。睡蓮を沈めた水鉢と、向こうは
ウォーターポピーを直植えして水を張った楕円形の水鉢です。
 
 
 
 
 
P1060704_2
 
そして先日ご紹介した2号池。
 
 
 
 
 
P1060718_2P1060717_2
 
 
水草などもちょこっと植え込みました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060727_2
 
P1060728
 
2号池横の花壇ではラベンダーが
冬の間も常緑で
目を楽しませてくれました。
 
先端に淡紫のつぼみが
つきはじめていますよ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060724_2
 
こちらはブルーベリー。白いぼんぼりが並んだような愛らしい花。
これがやがてあの、濃い紫の実となります。
 
 
 
 
 
P1060722
 
池の向こう側に植えたばかりのベニカタバミはもう
ランナーをあちこちに伸ばしはじめ小さな葉を展開しています。
仕事が早いですねえ。
 
 
 
 
 
P1060701
 
2号池を越えて向こう端から見た風景です。ここは東端。
ちょうど画像中央やや左にグレーのブロック塀が見えますがあれが庭の西端です。
右のトレリスに囲まれているのがカメハウス。
 
 
 
 
 
P1060703_2
 
置き場所の決まっていない抽水植物をちょいと間借りさせてもらってます。
 
 
 
 
 
P1060706
 
庭の中央へ戻って見上げると、手前から薔薇、柿の木、そして背後に大きくアボカド。
私の好きな、エネルギーを分けてもらえる風景です。

P1060735
 
抽水植物のポンテデリア。ホテイアオイの仲間ですが直植えして上へと伸びるタイプ。
エネルギーをたたえたこの姿、見ていて嬉しくなりますね。
 
 
 
 
 
さて、ひととおりツアーも終わったところで興味深い写真をご紹介します。
ここへ引っ越してきたときの庭の状態です。


K112_001K112_002_2
 
 
 
 
草ボーボーです。
そしてなんとか背丈を超える草を取り除き視界が開けた様子。
 
Dscf0024_2_2Dscf0026_2_2
 
Dscf0019_2Dscf0020_2_2
 
 
庭に歴史あり、でしょう?二年半でなんとか形になってきました。

では今回のツアーはこれにて終了です。皆さまお疲れさまでした。
全員いらっしゃいますか〜?
ツアーのたび遭難者がたいてい二、三人出るんですよねえ・・・。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
引っ越し当時の写真を見ながらちょっとしみじみ。
今は立派に育っているアボカド、柿の木、薔薇などは
あの荒れ野原の中でひっそり命を繋いでいたんだなあと・・・。

───────────────────────────────────────────

2010.04.16

第2号しっぽ池・お披露目

P1060621
 
また掘ってしまいました。第2号池です。
 
 
 
 
 
 
P1060626
 
右の1号池との位置関係はこんな感じ。
こちらも遮るものがなく日当たり抜群のロケーション。
 
 
 
 
 
 
P1060614
 
1号池と同じプラ舟、レンガで作っていますが中の構造はまったく違い、
33センチ深のプラ舟に、25センチ近くまで赤玉土を入れています。

今回は「熱帯睡蓮を大きく育ててみたい」というコンセプト。
熱帯睡蓮は鉢の大きさにあわせて育てることができる、ということなので
「じゃあ、プラ舟でめいっぱいのびのびと育てたらどこまで成長するか、
挑戦してみようじゃねえか」と意気込んでおりまする。

右上に鉢を植え込んでいますが苗が届いたら
そこに鉢と入れ替えにぽこっと直植えする段取りです。
 
 
 
 
 
 
P1060623
 
やはりメダカを入れるつもりですから
全面に土を敷き詰めてしまうとすべて浅瀬となり夏の水温上昇が予想されますので
メダカたちの避難場所として寸胴型の鉢を置きました。
 
 
 
 
 
 
P1060589
ヒビが入ったのか水漏れするようになり
普通鉢として使っていましたが
植え替えしてちょうど空いていたので
そうだ、コレをメダカの避難場所に!と
思いつきました。
 
直径約40cmに高さが25cmありますから
30リットルは水を確保できます。
中に浅く土を敷けば
水草を植え込むこともできますネ。
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060615
 
傷んだネギを植えているのではありませぬ。
杜若園芸さんで購入した「カンナ・グラウカ」の苗です。
背丈は80~150cmくらいまで伸び、黄色い花をつけるそうです。
手前は「ブルーベル」で50~100cmくらいの丈となり
夏に淡い紫の花を咲かせるそう。
 
熱帯睡蓮以外にも楽しみが欲しくて購入しちゃいました。
他にもよさげなものがあったらちょこちょこ植える予定。
 
 
 
 
 
 
P1060624
 
池の奥に咲いているスノーフレークの下には空さんからいただいたベニカタバミ、
その右ふたつはワイルドストロベリーをそれぞれ植えました。
どちらも成長の速い植物ですから緑をぐんぐん広げてくれることでしょう。
 
 
 
 
 
 
P1060619
 
手前の花壇はビオラが今、真っ盛り。
左の緑のもっこりはレモンバームというハーブでこれもわーっと大きく広がります。
 
しかし今回の穴掘りは苦労しました。
土を少し掘ったら握りこぶし大以上の石が大量に埋まっていて
がっちり土に食い込んでいるのを一個一個掘り起こしながらの作業ですから
なかなか掘り進めなかったんです。

奥にずらり積まれている石群、あれがその石です。
 
 
 
 
 
 
P1060618
 
さて1号池の方は・・・
 
 
 
 
 
 
P1060604
 
メダカたちは寒さにもかかわらず元気です。
細かいレイアウト変更やらバージョンアップやらありますので
詳細はまた後日。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
本当は熱帯睡蓮も導入して完成に近づいたら公開するつもりでしたが、
隠しゴトが出来ない私。

───────────────────────────────────────────

2010.04.15

ミクちゃん元気になりました

P1060586_2
 
と、いきなり言われても病気だったことを記事にしていなかったので
何のことやらですよね。

「尾ぐされ病」という、尾びれが切れたようになり進行すると溶けはじめ
悪化すると尾のつけ根の筋肉まで冒され肉が露出するようになる、
カラムナリスという細菌が原因の病気に罹っていました。
 
 
 
 
 
 
P1060536_2P1060533
 
何だか元気がないなあと思っているうち、尾が充血して先端が溶けたようになっていたので
あわてて調べたらその病気だとわかりました。
すぐ別の小水槽で塩水浴させ、
通販で治療薬「グリーンFゴールド・リキッド」を取り寄せました。

塩水浴が効いたのか翌日には充血が治まり少し元気になっていましたが
菌が原因ですからちゃんと治療しなければいけません。
その翌日に薬が届いたのでそれから2日間薬浴させました。

途中から俄然元気を取り戻し、私が近寄るとすばやく寄ってきて
体をくねらせながら水面で口パク(ごはんちょーだい)の派手な騒ぎぶりは
「これは以前以上に元気」と思われたので治療終了となりました。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
尾が3/4の長さとは感じさせない泳ぎっぷり。
(病気初期で治った場合、尾は再生するそうです。よかった〜)。
 
 
 
 
 
 
P1060576
 
ぶふおぉーーーーっ!
 
 
 
 
 
 
P1060582_2
 
「バンザーイ!」


 

 
元ネタは私のお気に入りブログ「原色レトロチカ」のツカバラさんが撮られた
金魚のものすごく面白くてかわいい正面顔です。
「私も正面顔撮影に挑戦したいのでついてはそのモトである画像をお借りしたい」
とお願いしたところ快くOKをいただきました。
 
 
 
 
1002024
 
 
欽ちゃん横走り的泳ぎがスゴイ
のこったさん。
 
ごはん要求時の
ふりふりダンスがかわいいんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1003181
 
 
お口ズボォォしている
ちゅっぱタン。
 
頭突きが得意技で
ちょっとムクれた顔がかわいい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もっと面白く楽しい顔がいっぱいあるんですよ。
こんなナイスな写真を私も撮りたいものです(挑戦しつつもピンボケばかりで・・・)。
 
 
 
 
 
 
P1060563_2
 
ということで小さな芽がたくさん出始めた睡蓮さん。

い、いえその・・・芽が出たのでミクちゃん「メデタイ」・・・ということで・・・(全身赤面)
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
家族全員健康一番!

───────────────────────────────────────────

2010.04.11

ミナミヌマエビ200匹パワー

P1060527_2
 
家の西側に広がるビワ畑。毎日、袋かけの作業が行われています。
瀬戸内海もきれいに見えて昨日は暑いくらいの天気でしたが
本日から数日にわたり雨や曇りのすっきりしない天気が続き、
そのあとはまたもや冷え込むとのこと。

どうなってるんでしょうね、今年の春は。
 
 
 
 
 
 
P1060547_2
 
日光が当たるとメダカたちが水面にあがってきます。
やはり数が多いと追いかけ合ったり群れで泳いだりと動きが活発ですね。

画面上のアサザ、なんだか日に日に拡がってきているような・・・。
 
 
 
 
 
 
P1060540_2
 
ランナーを伸ばしすでに鉢から逃げだそうとしていますね。こらこら。
 
 
 
 
 
 
P1060541
 
こらこら。
 
 
 
 
 
 
コケ対策のためにミナミヌマエビ軍団300匹のうち2/3程、約200匹を投入したところ
 
P1060516P1060517_2
 
こんな状態だったのが
 
 
 
 
 
 
 
P1060543
 
 
P1060544
 
完全にスッキリとまではゆきませんが一日でかなりきれいになりました。
さすが働き者のミナミちゃん。
 
 
 
 
 
 
P1060525
 
ハス「天竺斑蓮」の芽が伸びてきました。
 
 
 
 
 
 
P1060546
 
ショウブもきりりとした葉で、「勝負!」といった感じですね(今自分で赤面)。
 
 
 
 
 
 
P1060538
 
トクサは赤玉土を練って入れた特大鉢+肥料と日光のお陰か
太い芽がのそりのそりの〜っそりと顔を出してきました。
縦長角水鉢「白月」にセッテイングしたので高く伸びるとさぞ
見栄えがすることでしょう。
 
 
 
 
 
 
P1050007
 
それにつけても、ミナミちゃんのスゴサよ・・・。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
ピンクラムズホーンもいい働きしてくれてます。

───────────────────────────────────────────

2010.04.08

しっぽ池一ヶ月目はまぶしいほどの晴天でした

P1060522
 
3月7日に工事終了後、水を張ってやっと一ヶ月。
メダカたちもすっかり馴染み、めだか本舗さんで購入した餌に群がっています。
これ、すごくいい匂いがするせいか集客力がすごいです。
 
 
 
 
 
 
P1060477
 
 
P1060478
 
現在こんな感じ。水生植物たちも数日前あたりから急に伸び始めました。
 
 
 
 
 
 
P1060483
 
室内水槽で育てたヒシもしっぽ池へ。緑色がすっごく鮮やかでまぶちい〜。
 
 
 
 
 
 
P1060485_2
 
1センチ程度水没した鉢のウォーターマッシュルームは丈も伸びて
メダカたちがここで隠れたり遊んだり。
こういった浅瀬が好きなようですね。
 
 
 
 
 
 
P1060486_2
 
 
 
 
 
伸び始めてきたナガバオモダカ。
ここも人気スポット。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060517
 
気温、水温とも低い日が続いていたとはいえ一日中日光のあたる場所、
一ヶ月もたつとさすがにコケが目立ってきています。
 
ピンクラムズホーンだけでは手に負えないようですので
ここはやはりあの方たちに出動していただきましょう。
 
 
 
 
 
 

 
 
P1060059_2
 
 
 
アタシたち?
 
 
 
 
 
 
 
違います!!annoy
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060507_2
 
ミナミヌマエビさん軍団、100グラムでーす。
10gで30匹程度とのことなので、おお〜〜、300匹!
他の水鉢にも分散して入れるつもりとはいえ、ちょっと多かったかな・・・。
 
 
 
 
 
 
P1060513_2
 
しかも一匹一匹が大きい!
ヤマトヌマエビでわ!?と思ってしまうほどのサイズもいます。
 
 
 
 
 
 
P1060509
 
さっそく池に放ちたいところですが今夜は冷え込むとのこと。
明日あたりからは夜の冷え込みもなくなりそうなので
今夜はこのままビニール温室に泊まっていただきましょう。
 
 
 
 
 
 
P1060521

同時購入の「サルビニア ククラータ」。
底面に根がびっしり生えているのでエビたちに人気の浮き草です。
 
 
 
 
 
 
P1060519
 
天気はいいことだし、まあひなたぼっこのスタイルは個人の自由ですが(笑
上の松子は手足をひっこめてバランスとっていますよ。すごいな。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
松子・・・何を目指している・・・。

───────────────────────────────────────────

2010.04.06

レッドチェリーシュリンプのちびっこ

P1060428_3
 
レッドチェリーシュリンプ、黒白ビーシュリンプ、青メダカとヒメダカのベビーに
スノーホワイトヒカリメダカ、オーロラメダカとオオタニシさんの住む30キューブ水槽。
 
 
 
 
 
 
P1060418
 
なんとなーく見ていたら・・・ん?

んんんんん!!!!??????
 
 
 
 
 
 
P1060418_2
 
ちっちゃい!ちっちゃいけど赤い!
これはレッドチェリーシュリンプの、あ、赤ちゃんデワ!!?
3月26日の記事で一匹、ご懐妊を確認しましたがそれが生まれたのですね!

ヤッター!
 
 
 
 
 
 
P1060284_2
 
そこで井戸端会議なさっている皆さんの中におかあさんがいらっしゃるのですね。
よく産んでくださいました。アリガトウ。
 
 
 
 
 
 
P1060424
 
スノーホワイトヒカリさん、オーロラさん、
あなた方も早く大きくなって産めよ増やせよ運動、がんばってください。
 
 
 
 
 
 
P1060175
 
 
アナタはお願いだから
もう産まないでください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060211
 
 
じゃあアタシたちがそろそろ・・・
 
 
 
 
 
 
 
お願い、やめて(汗
 
 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
小さい子たちが増えるって嬉しいなあ(一部地域を除く)。

───────────────────────────────────────────

2010.04.05

「めだかの館カタログ」2010年度版・到着!

P1060446_2
 
先生、届きましたよ!「めだかの館」さんに予約注文していたカタログ!

う〜ん、眠いにゃ〜。


4月5日販売開始ということで届くのは明日あたりかなあと思っていたら
今日来ました。
実は2009年度版を注文した数日後に2010年度版が予約受付となったので
「新しいカタログをお送りしますので今しばらくお待ちください」
と親切なご配慮のお手紙をいただき、心待ちにしていたのでした。
 
 
 
 
 
 
P1060448_2
 
おおッ!いきなり「メダカ界 2010ビッグニュース」ですよ、先生。
「メダカ界」しかも「ビッグ」です。スゴイなあ〜。
 
 
 
 
 
 
 
P1060449_2
 
各種のメダカが分類されて掲載されていますよ。
ピュアブラック、やっぱりカッコイイですねえ。

 
おれは白が好きだにゃ・・・。
 
 
 
 
 
 
P1060450_2P1060451_2
 
少し前まで普通種以外ほとんど知らず
新種は種類が多くてネットでは全体像がよくつかめなかったため、
一覧で見ることの出来る冊子はとてもわかりやすいです。

しかも寝転んでだらだらしながら見ることができる(笑
 
 
 
 
 
 
P1060452_2
 
先生、出目メダカが気になりますか?
 
うむ・・・これはなかなかいいにゃ。
 
 
 
 
 
 
P1060453_2
 
そうですか、スリスリするほど好きですか。
 
 
 
 
 
 
P1060456_2
 
それは珍種メダカたちのページですね。
 
さっきのが「出目」で、これは「目前」だそうだにゃ。
 
 
 
 
 
 
P1060459
 
これがいいにゃ!オバQみたいで好きだにゃ!
 
先生、オバQご存じだったんですか・・・。
 
 
 
 
 
 
P1060458
 
ところで版権の問題も気になるから、今回の画像は
ポップアップ拡大ナシにしたほうがいいと思うにゃ。

 
さすが先生、ネコ界の首領と言われるだけあるご配慮、素晴らしいです。
 
いわゆる「チラ見せ」の販売戦略みたいなものだにゃ。 
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
美しい画像満載充実の94ページ。80円切手8枚を送って入手、というのがなんだか懐かしい。
夜ベッドで眠る前に眺めて妄想を膨らませよう〜っと。

───────────────────────────────────────────

2010.04.03

水草水槽立ち上げ

P1060147_2
 
しっぽ池に入れるつもりで購入したカボンバやマツモ、アンブリアを中心とした水草ですが
いつまでも水温が低いためそのまま入れたら枯れてしまうので
屋外・金魚水槽(低温加温)や室内の水槽に分けて避難させていました。

しかしあまりにも狭く見た目もすっきりしません(というか金魚泳ぎにくそう)。 
 
 
 
 
 
P1060399_3
 
そこで空いていた60センチ水槽を水草育成専用に使うことに。
もちろんヒーターとエアレーションを入れます。
ガラスが二面割れて捨てようと思っていた30センチ水槽を横倒しにし
上下二段に区切りました。 
 
左右はカボンバなどがぎっしり。
 
 
 
 
 
P1060396_3
 
 
P1060398_2
 
 
P1060397
 
上部にはほとんど水面ぎりぎりに水生植物を植え込みました。
このまま成長して水上葉が展開するとそれをカットし
植木鉢に直植えして増やす計画です。
 
 
 
 
 
 
P1060013
 
下の段には先日モスを溶岩石やシートやドームに活着させようと
手作りしたものを置いています。
 
 
 
 
 
 
P1060015
 
最後は疲れてきたので目も粗くすごいてきとー。

「あんた不器用じゃねえ」
 
 
 
 
 
 
P1060237_3
 
水草といえば3月27日に
水面到達の祝砲をあげたヒシですが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060362
 
こんなに大きくなり葉数も増えました。すごい生命力が伝わってきます。
これも早くしっぽ池に浮かべたいッ!
 
 
 
 
 
 
P1050207
 
ついでに金魚水槽の掃除と水換えもしてスッキリ。ふ〜っ。
 
 
 
 
P1050208_2
 
 
 
 
なかなか頑張ったわね。 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
本格的な春が来ないのでどうも予定の狂う日々。

───────────────────────────────────────────

2010.04.02

来たキタ来ました、メダカちゃん御一行様

P1060369_2
 
久々に朝から晴れました。空に浮かぶ雲がなんとなくハート型heart
 
今回めだか本舗さんより届いたのは

●半ダルマメダカ色いろいろ(LM)10尾セット  2000円× 1
●スノーホワイトヒカリメダカS10尾セット  800円× 1
●オーロラメダカS10尾セット  1500円× 1
●メダカのえさ100g(成魚用)  300円× 1
●産卵用シュロ(3本セット)  900円× 1
●メダカ君専用肥土3kg(5000円以上お買い上げの方限定サービス)
●飼育水多め希望
 
まずは「半ダルマメダカ色いろいろ(LM)10尾セット」から見てゆきますネ。
 
  
P1060304_2
 
 
 
 
 
 
P1060307_2
 
P1060312_2
 
【白】。いやあ・・・よく太っていますねえ。
普通種の白より色目が濃いように感じましたが
サイトの解説に「白(うすく黄色がかる)」とあるのでたぶんそうかな、と・・・。
 
 
 
 
 
 
P1060317_2
 
P1060320_2
 
【イエロー】。柔らかい体色ですごく繊細な印象。
黄色というよりレモン色なのでもしかしたらこちらが【白】なのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
P1060322_2
 
P1060323
 
実際見た感じでは上が【黒】で下が【青】という気がします。
 
 
 
 
 
 
P1060336_2
 
P1060347_2
 
【茶】。これは想定外の良さ!ものすごく気に入ってしまいました。
なんといっても渋さがたまりません。
 
 
10匹セットで申し込んだのですが
・白1 イエロー1 ・黒1 ・青3 ・茶2 ・オレンジ4 と合計12匹。
死着補償のため多めに送られてくるとは聞いていましたが良心的ですね。
 
 
 
 
 
 
P1060357
 
さてこちらは
「スノーホワイトヒカリメダカS10尾セット」と「オーロラメダカS10尾セット」。
メタルタイプスノーホワイトにもぐぐっと惹かれていたのですが
今回は予算の都合により・・・(涙
 
 
 
 
 
 
P1060355_2
 
幽体離脱のタマシイふたつ、みたいな画像ですみません。
Sサイズ=ほとんど稚魚、というのがおわかりいただけるかと。
撮影を忘れたまま水合わせ→水槽へ入れてしまったのであらためて試みます。
 
左がスノーホワイトヒカリメダカ、右がオーロラメダカ。
オーロラメダカはなんとも不思議な体色で、頭と胴体と尾びれが別の色、
といった印象です。成長する過程がなんだか楽しみ。
 
 
 
 
 
 
P1060373
 
産卵用シュロは3本のところ1本オマケが付いてきました。本当に良心的。
 
 
P1060389_2
 
既にアク抜き処理済みとのことですが、
一応水に漬けておきます。
今回は初めてなので購入しましたが、
手作りにも挑戦したいなあ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1060404
 
P1060403
 
 
 
 
「メダカ君専用肥土」はまだ
使い道が決まっていないので
とりあえずプラ鉢に入れておきました。
でもこれ見てると
やはり何か植えたくなりますね。
背のすーっと高い・・・
いやそれとも睡蓮・・・

ああまた嬉しい迷いが(笑
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
「半ダルマメダカ色いろいろ10尾セット」はSサイズの値段でLMサイズなのでかなりおトク感。

───────────────────────────────────────────

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »