2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 大谷氏驚愕の出産現場 | トップページ | ちょっとは落ち着きたまえ! »

2010.05.01

今日はいい天気になりそうです

P1060937_2
 
昨日の広島は晴れたり曇ったりで気温も低くしかももんの凄い突風が吹き荒れ
庭に出たら思わず上着の前をかきあわせて
「うう、さぶい〜」と辛いような寒さでした。
GWは普通初夏の陽気でだいたいTシャツ一枚でOKですが
ぶるぶる、とんでもない状況です。

そんな日でも朝夕の日課は欠かせません。
まずは三カ所にあるバラのつぼみを一個一個点検して
アブラムシがついていたら濡れた手で取って水を入れた器に落としてゆきます。
 
 
 
 
 
P1060939_2
 
肥料をかねた枝の根元に置くタイプのタブレットは置いていますが
直接葉に吹きかける薬は好きではないので使いたくないのです。
 
今日はあまりいませんでしたね。
 
 
 
 
 
P1060940
 
メダカたちはアブラムシが大好き。
この容器から美味しいものが出てくる、と覚えているらしく
さーっと寄ってきて取り合うようにあぐあぐ食べています。
 
 
 
 
 
P1070104
 
2号池。早朝でまだ水は冷たいけれど、元気に泳いでいますよ〜。
 
 
 
 
 
P1070107
 
惑星直列!なになに?今から何が始まるの?(笑
 
 
 
 
 
P1070091_2
 
せせらぎメダカたちがやってきて、庭の巡回にさらに楽しみが加わりました。
ひとつひとつ覗き込んではニマニマしたりウットリしたり。
 
おはよう〜〜♪なんだか嬉しそう。
 
 
 
 
 
P1070095
 
うんうん、その角度が自慢なんだね。
 
 
 
 
 
P1070092_2
 
朝からゴージャス。
 
 
 
 
 
P1070096_2
 
透明鱗さん、口元がイルカになってますよ。
 
 
 
 
 
P1070098
 
あはは、やっぱりイルカだ。

 
 
 
 
P1070030
 
ところでせせらぎメダカさんたちは
よく卵をつけています。
 
ちょっと写りが悪くてすみませんが
この方なんて
「産みすぎて重くてぶらんぶらん」
状態ですよ(笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1070079
 
現在ウチにはシュロの産卵巣が4個あります。
 
卵がついたものを隔離して孵化が終わるまで待ち、
そしてもうひとつは産卵用に親の居るところへ入れておいて、
約二週間ごとに交代させる、と聞きました。

卵がシュロにしっかりからまっている分には食べられることはないのでしょうが
適当に表面に産み付けられた卵はやはり食べられてしまいますよね?
覗くたびにシュロに卵がついていますが後で見るとなくなっていたりするので
「うーん、見つけたらすぐ取りたい」と思ってしまいます。
 
 
 
 
 
P1070078
 
水の粒と卵をよく見間違えてしまいますがここでは手前に数個、
奥にも何個か見えました。
手前のは手ですぐ取れましたが筒状になっているので奥のものは届きません。
 
 
 
 
 
P1070080_3
  
「そうだ、シュロを広げてみよう」
と思い
しっかり結ばれていたヒモをほどいて
広げてみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1070081_2
 
シュロをかなりほぐして薄くして
それをくるくる巻いてありました。

この「しっかりほぐしてケバケバ」のが
産卵巣作りのポイントなのかな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1070083
 
数個が分散して
わりとしっかり絡みついていました。
 
なるほど!この状態だったら
食べられにくいかも。納得。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1070084
 
で、元のようにくるくる巻き
今度はヒモを簡単に
一度だけ結びました。
 
またほどいて
卵を採りたくなることが
あるかもしれませんから(笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1070085_2
 
孵化用プラ舟はビニール温室の中に設置してあり、
左のガラス器に卵を沈めています。
メダカの種をきちんと管理するにはプランターなどでちゃんと分けた方がいいのでしょうが
今のところそこまでは私には無理そうなので野放し方策をとっております。

奥の三角は竹を組んで浮かせ水草をまとめているものですが
なんかこの構図ってビリヤード台を連想しますネ(笑
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
5月最初の朝は寒い朝でした。この時期に「寒い」って一体。

───────────────────────────────────────────

« 大谷氏驚愕の出産現場 | トップページ | ちょっとは落ち着きたまえ! »

★メダカ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~!

ほんと、朝からゴージャスですね~!綺麗なダルマさんは黄金かな?
稚魚用プラ舟も 羨ましい限りです・・・
いつか、遊びに行きたいですheart04

タマゴを見ると、ついつい採ってしまいます・・・
育てる場所を考えなくては・・・wobbly

ブログ貼らせていただいていいですか~?

こんばんはー。
そうそう!バラの蕾はアブラムシが付きますよね。
手で取るのも限界になると、クスリに頼ってしまいます。
バラにはオルトラン粒剤を下にまいています。
噴霧剤のように飛び散ってメダカに影響が出ることもないです。
メダカって、ほんとアブラムシが好きなようですよね。
けっこう甘くて美味しかったりしてw
孵化用プラ舟!贅沢だー!ww (゚Д゚;)

こんばんは!!

ねこぼーしさん、写真を撮るのが上手ですよね。。
僕も虫メガネで撮る方法も練習しましたが、
随分前に挫折しました(汗)

今、思えばブログを始めたころの写真のほうが、
マシなような気がします。年々、退化してる??(笑)

うちも裏庭の草についてるアブラムシをメダカにあげてます!
雑草についてるので、草ごと鉢に入れてますが・・
ピラニアに襲われる牛状態です(汗)

そういえば、うちのメダカは最近、タマゴを持ってないような?
産んでないかホテイアオイも見てみよう!(^。^)

こんばんは。

む、今回の写真はなにやらいつもと違うぞ?!
さてはねこぼーしさん、「褒められて伸びる」タイプですね?

そうそう、写真。
一時期はやった魚眼レンズ。
あの犬を真正面から撮った写真のやつ。
面白い写真撮りたいから魚眼レンズを検索したら、
お遊びでは手が出せませぬ。
ビールジョッキのような大型で、底が厚い物をレンズに被せると、
魚眼レンズの代用っぽい事が出来るそうですよ。

虫眼鏡をレンズにつけて撮影しているねこぼーしさん。
この手法もお試しあれ!

こんばんははじめまして。

広島県民なのにいつも読み逃げしてすいません。
せせらぎさんのとこでメダカを買われたんですね。
僕も今年せせらぎさんのとこで買って虜になっちゃいましたよ(笑

卵はほんとによくメダカ食べますよね~
今日なんか20個ぐらいぶら下げていたから
10分後にそろそろ採卵しようと思ったら2個だけ産卵草につけて
後は姿かたちがありませんでした。

前のジャンボタニシの映像が驚愕でしたよ!

cherryにゃおさん、おはようございます!

> 綺麗なダルマさんは黄金かな?

ハイ、この子は黄金なんですけどこの体型はやはりダルマでしょうか。
黄金は普通体型と半ダルマしか注文をお願いしていないのですが
見ていると「ダルマ?それとも短めの半ダルマ?」と
まだ経験が浅いのでしっかり区別がつかないんです。
せせらぎさんですからさりげなくダルマを入れてくださったのかな〜、
という気もします。誠実で丁寧な方ですから。今度聞いてみますね。

卵を発見すると「採りてぇ〜」(キムタク風)って思いますよね(笑
うちの稚魚用プラ舟はカメ二匹の冬期温室内越冬用プールなんです。
今は外のカメハウスにいるので使っちゃいました。

リンクありがとうございます。光栄です。よろしくお願いします。

fuji空さん、おっはようございます〜♪
オルトランはやはり皆さん使われているのですね。
これからの季節になると一日でぎょっとするほど付くこともあるので
試してみようかな〜と思いつつも
メダカがものすごく喜んでとびつくようにして食べるので
やはり手で取っています。
「きょうはないの?」なんてがっかりした顔は見たくないし(笑
生き餌はやはり美味しいんでしょうね〜。

孵化用プラ舟、ぜ、贅沢でしたか。
カメの冬期温室用プールなのですが大きい方が水温も
変動がすくないかなあと思って使ってみました。
小さい稚魚からしたら果てしない大海のようでしょうね(笑

fish takeスズキ114cmさん、おはようございます(笑

いやあ〜、写真が上手と言われるとテレコマ(照れるような困るような)ですが
やはり接写で撮ると一眼レフとの差を感じます。
やっぱり欲しいですよね、一眼レフ。
ええ!?takeさんは退化ですか!ああ、でもわかるような気がします。
私も昔の画像を見るとなんだかとてもクリアなんですよね。
老眼かな(汗

> ピラニアに襲われる牛状態です(汗)

ひゃー、それはすごい。そうかあ、草ごと入れるんですね。
ウチも試してピラニアに襲われるtake状態を見てみよう!(爆

cat DarkSchneiderさん、おはようございます。

写真、いつもと違う感じですか。
確かにメダカの正面顔をまともに撮れたのは初めてかも。
「褒められて伸びるタイプ」。そうですそうです。
だからもっとどんどん褒めて〜〜heart

魚眼レンズ、私も調べてみたら・・・う〜ん、確かにお高いですねえ。
ビールジョッキのような底部分、婉曲しているのがいいのですね。
楽しそう!教えてくださってありがとう。
DarkSchneiderさんもぜひその手法で妻の寝顔など撮ってみてくだされ(笑

dog ニルヴァーシュさん、おはようございます。
来ていただいてありがとうございます。同じ広島県人同士って嬉しいですね。

せせらぎさんはとても優しいお人柄のいい方ですし
何よりメダカを愛してらっしゃるのが感じられて素敵な方ですよね。
ニルヴァーシュさんは虜になられましたか!
junさんなんて「抱かれてもいい」なんておっしゃってましたよ(笑

見つけた卵が食べられていると「がーん」ですよね。
もしかして食べられた卵の中に貴重な新種がいたかも!って(涙
すべて採取することができれば嬉しいんですけどね。
でもそんなことしてたら人間としての日常生活が送れなくなっちゃいますね(笑

オオタニシさん、驚愕でしょう!どんどん稚貝を増やし
たぶん40は越えていると思います。
庭の池へ放したりしていますがもしひとつの水槽の中で全員育ったら
満員電車みたいに身動きとれないと思いますcoldsweats02

こんにちは。
うちのバラはアブラムシもそうですが 白い・・・「うどんこ病」?っていうのかな そういうのが出てしまうのですよね><;
私も薬は使いたくないので見つけたら葉をとってるんですが。

めだかさん 色々な顔があるんですね イルカちゃんタイプは今流行の「アヒル口」みたいでかわいい❤
どんな赤ちゃんが生まれてくるか楽しみが一杯な宝の庭ですね!

私の手作りシュロは人気がありません(つω≦。) 覗くと「お!」と思うのですが水滴でw

もしやと思いマツモを見たら卵ついてましたorz
もっとほぐしたほうがいいのかしら? それとも愛の違いなのかしらw 
とりあえずは沈めてありますが見るのが切ないのですw

tulip にゃおんさん、こんばんは!
バラは美しいけれど病気が出やすい植物ですね。
やはり品種改良が進むと抵抗力が弱くなるのでしょうか。
メダカでもそうですが「原種」は強いですものね。

うちは黒点病が出やすいのですがうどんこ病も同じく
菌で感染して広がるそうですからやっかいですね。
うどんこ病は乾燥に強いらしいので朝、霧吹きなどで葉を湿らせると
予防にかなり効果があると人から聞いたことがあります (^-^ )

新しい品種が増えるとベビー誕生が本当に楽しみになります。
そうそう、シュロの水滴間違えますよね(笑
うちのはメダカ本舗さんで購入したシュロですが
広げてみると網目が荒いくらいかなり引き伸ばしてあって
そのぶん繊維がたくさん飛び出していました。
そして巻き方もラッパというよりほとんど筒くらいに
しっかり巻いてあるようです。
かなり繊維が毛羽立ってさらに狭いところにもぐり込んで
産卵するのが好きなのかもしれませんね。
ご参考になればいいのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大谷氏驚愕の出産現場 | トップページ | ちょっとは落ち着きたまえ! »