2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 少なくとも100個の卵! | トップページ | 五月晴れの下でメダカ採卵考察 »

2010.05.07

孵化に向けての準備GO!ご指導よろしくお願いします。

P1070225_2
 
普通種以外を初めて導入、にもかかわらず各少数とはいえ多品種頼んでしまったのは
第2号しっぽ池で混浴させようというなんともノンキな考えからでしたが
メダカショップ せせらぎ」さんから届いたメダカたちはあまりにも美しく
欲が出て「増やして・・・みたい・・・な」と思い、急遽勉強。

交配の知識も特急の付け焼き刃で、頭の中はどんぶらこどんぶらこ。
採卵方法は適当にシュロやホテイアオイをチェックし
ついていたら指でそっと採るやり方をしています。


 
①黄金水槽・・・・・・●黄金 ●黄金半ダルマ ●黄金ヒカリ
②アルビノ水鉢・・・●アルビノ
③点目水鉢・・・・・・●点目(F1) ●点目漆黒(F1)
④セルフィン水鉢・・●琥珀セルフィン(F1) ●黄金セルフィン(F1)
⑤透明鱗水鉢・・・・●透明鱗各色
⑥ヒカリ水鉢・・・・・●青(パール)ヒカリ ●青(ネイビー)ヒカリ ●オレンジヒカリ
⑦ダルマ2号池・・・●ダルマ各色

と7つの水槽、水鉢、池に振り分けたので水鉢、プランターなど
稚魚プールも7つ用意しました。
 
 
 
 
 
P1070371
 
卵はガラスの器に入れて各容器に沈めてあります。
無精卵チェックなどがラクなので。
あ、いちばん左のプラ舟は「よくわからないけど予備」として用意しました。

何もかもが初めてなものですので記事を見て不備な点がありましたら
ぜひアドバイスをよろしくお願いします。
これをこうやったらこうなるからこうしてみる!という具体案がまだ描けませんが
「透明鱗好き!」「ネイビーブルー好き!」「体型は特にこだわんない」
など様々な好みを中心に少しずつ勉強してゆこうと思います。

しかし何か新しいこと始めるって嬉しくて楽しいものですね。
小さくてささやかな胸が期待とわくわく感で膨らみます。
 
 
 
 
 
 
P1070370
 
別水槽にはまだほとんど稚魚のようなオーロラさんとスノーホワイトヒカリさんが
控えておりまする・・・。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
厳密で正確なスタイルより無謀、自由そして楽しくが好きです。
メダカって小さい姿なのに心を癒してくれるのが嬉しくて不思議。

───────────────────────────────────────────

« 少なくとも100個の卵! | トップページ | 五月晴れの下でメダカ採卵考察 »

★メダカ」カテゴリの記事

コメント

おお、ベビー(卵?)ラッシュ到来ですね! w(゚o゚)w
メダカといい、金魚といい、どんな仔達になるか楽しみですw

ウチでは、不安定な温度か、もしかしたら高齢出産がいけないのか、
カビる卵が今までより多くなりました。
そんな中、今年も子供達を増やそうか思案中です。
(このままだと、真夏のお引越しになりそうで、稚魚達へのダメージが心配で・・・。)

ねこぼーしさん、こんにちは。

綺麗に水槽セットされましたね~!
しっぽ庭を見せて頂いた時、「中途半端な人じゃないな~!」とお見受けしましたが・・・!
くれぐれも、私みたいにメダカ中毒にならないように気をつけてくださいね(汗

私の所から嫁いで行ったメダカ達については、どんな経緯で生まれ、どんな遺伝子があるのか解りますので、ご質問等ございましたら、何時でもお電話やメールしてくださいね。
ちなみに、全てのメダカにダルマの遺伝子は入っていますけど・・・
それ以上勝手に言うと、「楽しみがなくなる~!」ってなるといけないので・・・(^^ゞ
アッ、それから現在の改良メダカの多くは、メンデルの法則に該当しないものが多いです。
チョットだけ、ご参考までに♪

改良メダカを僕も混ぜてはじめは飼っていましたが、
わけて増やしていきたいな~って思いどんどん分けちゃいましたよ。

プラ船にプランターメダカの卵にとっては豪華ですね。
うちのメダカの卵より、 数倍待遇がいいですよ~
ねこぼーしさんのところで育つメダカは、のびのび成長できますね。

ちなみに僕の採卵は筆をつかってます。

ご指導しましょうか?ん~、僕には無理(爆)

愛情だけではどうしようも無い世界なんでしょうね・・

しっぽ庭の生き物は植物も含め、ねこぼーしさんの
愛情をたっぷり受けて皆が幸せそうです!!(*^_^*)

ねこぼーしさんの撮られた写真は大好きですので、
これからも幸せな写真をお願いします!!
新しく仲間になったせせらぎさんのメダカたちも同様に
お願いします!!(^^♪

「お前にだけは言われたくない、自分の庭を何とかせよ!」
と激しいツッコミが入りそうなことを書いちゃいました・・・(^▽^;)

こんばんはー。
おぉ!力入ってますねぇー!
①黄金を維持。
②アルビノを維持。
③点目を作出。
④セルフィンを作出。
⑤透明麟を維持。
⑥ヒカリを維持。
⑦ダルマを維持。
以上の目的で、いいんじゃないでしょうか。
孵化水槽も水換えを考えると、卵を入れるのはガラス容器よりはネットを使った方が楽ですよ。
プラ舟は稚魚が大きくなってきたら順次移動すればいいんじゃない。
あと、稚魚を何匹まで増やすかも考えないと千や二千匹は軽く行ってしまいそうですw

cafe Seyさん、おはようございます〜♪ハイ、急ににぎやかになってきました。
メダカたちに春が来て・・・って、私には?(笑

そうですか・・・無精卵が多いのですか。
Seyさんとこのメダカさんは確かに記録的ご長寿ですものね。
稚魚が産まれてもバケツとかに入れてメダカたちだけ
ご自身の車でていねいに運べば大丈夫かもしれませんよ。
以前引っ越しをしたとき水は少なめにして
助手席の足元に置き移動させました。
稚魚の姿を見るのはメダカ飼育の楽しみですものねhappy01

carouselpony せせらぎ・田村さん、おはようございます。

植物の苗を育てるのに使っていたプランターですが
ちょうど植え替え時期だったのですべて空けて並べてみました。
「中途半端な人じゃないな~!」・・・ですか?(笑
いえいえ、基本はてきとーなのですよ。しかもムラがあって
例えば高校生の期末試験などの折、ふだん勉強をしてないものですから
前日にこの科目は捨てよう、でこれだけ集中勉強!という方式でしたので
英語は100点、歴史は35点なんて調子でした(笑
 
メンデルの法則に該当しないものが多いのですか!
それは素晴らしい。わんだほー!
予測していてその通りになる、というのは
すでにある道を辿るようなものですから、それよりも
「おお、コレは想定外」が期待できる、そういうのが好きなんです。

育てていくうちにたぶんわからない部分が出てくると思いますので
お心遣いに甘えてご連絡をすると思います。

ところで・・・PCに向かう時間があったらそのぶん寝なさい!(笑
(でもコメントいただいてとてもウレシイheart04

dog ニルヴァーシュさん、おはようございまーす!
そうでしたか、ニルヴァーシュさんも最初は混浴方式だったのですね。
確かにいろんな種類を見ているとお気に入りがいくつか出てくるので
それらの数を増やしたい、って思います。

卵・稚魚用団地、大丈夫ですか。良かった〜、安心しました。
あとここにアナカリスをいれたらいいかな?と考えてます。

採卵に筆を使うやり方があると聞いたので
メダカを飼い始めた頃やってみたのですが
細い書道用の筆だったので柔らかくしなり、
いたずらにメダカのお腹を撫でるばかりで上手くゆきませんでした。
きっとシュロのように堅めで腰のある筆がいいのですね?
書道筆でお腹に「仏」とか「精進」とか書いちゃって
メダカさんごめんなさい(笑

fish take51さん、おはようございます。

> 愛情だけではどうしようも無い世界なんでしょうね

確かに知識が必要なのを私も感じていますが
愛があるから興味を持っていろいろ知りたくなるので
基本はやはり「愛」ですねッ♪
おっしゃる通り、庭の植物たちにも愛情を持っているので
手入れや草むしりなどもちっとも苦ではないんですよ。

写真を褒めてくださってありがとうございます。
撮影のときも綺麗!可愛い!素敵!と感じながら撮っているので
やはりこれも愛ですネ。
一番のお気に入り写真は・・・うーん、「スズキ114cm」かな(爆

あうッ!takeさんがご自身でツッコミを入れていらっしゃる!
(こりゃーもうワシの出番はないんかいのう・・・)。
しかし普通ならノリツッコミのはずですが
takeさんだと「自虐ネタ」に聞こえる(爆

empty 空さん、おはようございま〜〜〜す!

わお!具体的に書いてくださってすごくわかりやすいです。
そうですね、これで進行してさらに勉強し慣れたら来年再来年あたりに
さらに勉強して違う種同士のかけ合わせに挑戦してみたいと思います。

卵入れるのは・・・そうでした、空さんのブログに出てましたね、ネット!
また空さんのブログを拝見して勉強してみますね。

せんびきからにせんびき!しかも軽く!うわあ・・・。
計画性を持たないと大変なことになりますね。
じゃないと再び庭に穴掘ってさらに大きい池を作らないと(汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少なくとも100個の卵! | トップページ | 五月晴れの下でメダカ採卵考察 »