2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« カルビーノ水鉢レイアウト変更 | トップページ | アサザが咲いたよ »

2010.05.12

稚魚の誕生で毎年感じること

P1070622
 
今シーズン、しっぽ庭ではじめてのメダカ稚魚が誕生しました。

点目(F1)・点目漆黒(F1)の入った水鉢【カルビーノ】から採卵したものです。
記事にも書いたようにこの水鉢からの採卵は本当に少なく
うちに来た当初に偶然見つけた卵から孵化した稚魚だと思われます。

でもそんなことはとりあえずどうでもいい。


毎年、たくさんの孵化した稚魚を見ていても、新鮮な感動は同じ。

私の好きな画家、ポール・ゴーギャンの作品、
「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」。
これをいつも思い出します。

タイトルからだけでも強いエネルギーを感じます。
もちろん作品からも。

メダカの誕生くらいで命を考えるなんて、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
たまには真剣に考え、感じることも大事なこと・・・と思います。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
愛しい、そして愛おしい。

───────────────────────────────────────────

« カルビーノ水鉢レイアウト変更 | トップページ | アサザが咲いたよ »

★メダカ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー。
おぉ!点目F2の誕生ですね!
まだおめめの状態はわからないですよね。
色はブラック系かな。
となると漆黒ですか!
成長が待ち遠しいですー!
生まれて数秒で食べられてしまう子もいますから、
この子は幸運な星の下に生まれたのですね。

その年、最初の稚魚を見ると本当に嬉しいですよね!(^^♪

今日の記事には、いつものふざけたコメントをしてはいけない気分です。

ねこぼーしさん、絵がお好きなんですね!しっぽ庭の原点なんでしょうか?
ゴーギャンの絵は見るまで違う絵を想像してましたので、意外でした!!

>たまには真剣に考え、感じることも大事なこと・・・と思います。
 
 そうですよね!うちも、ちょっとしたことをかみさんと子供たちと
 話をするようにしてます。ちっちゃな生き物から学ぶことが多いです。
 
 ちっちゃな生き物から学ぶようなことが、少しでも多くの人に浸透すれば、
 凶悪事件や昔では考えられないような社会問題はおきないような・・

あまり書くとボロがでるので、この辺で(^▽^;)
 

誕生おめでとうございます。
ウチのめだかちゃんはまだ卵の中でぐるぐる中です。
何度も孵化させていても、誕生の喜びはいつも新鮮なままですよね。
ウチも早く今年の稚魚に会いたいなあ。

empty 空さん、おはようございま〜〜す!
そうなんですよ、点目ちゃんF2です。やっほー!
画像では最大に拡大してますが実際はボウフラより小さいので
まだまだ確認できそうにありませんが
そのぶん、期待が高まります♪
メダカ交配に熱中してしまう皆さんの気持ちが
だんだんわかってきました(笑

とはいえ点目であろうとなかろうと変わらぬ大切な命。
大事に見守っていこうと思います。

sun take51さん、おはようございます!
本当にあんなに小さいのですから見つけるのは偶然のようなもので
ほんの数分前点検をしたときは何の変化もなく
そのあと見たら「え!?」でしたから
産まれたてほやほやだったんだと思います。

印象派がいちばん好きで他の時代の絵画も全般的に好きです。
絵の歴史やその作者について、見方や構図についても
本などで勉強しましたが、さてしっぽ庭に生かされているかな〜?
突然池作ったりするので「突発的派」でしょうね(笑

takeさんや奥さま自身が生き物を大切になさっているから
それは自然と子供さんに影響していると思いますよ (^∀^*)
命を大切に想う心が基本として養われれば
信じられない!と驚愕するような残虐な犯罪などは起こるはずがないと
私もtakeさんと同じように感じています。

bud にゃんたさん、おはようございます!
本当に、小さなぴよぴよした稚魚が泳ぐ姿は愛らしくて
いつまでもぼーっと見とれてしまいます。
頑張って生きてるんだなあ、と感動に近い想いがありますね。

にゃんたさんとこは卵の中でぐるぐる中ですか(カワイイheart)。
じゃあもう今日明日にでも元気な子が飛び出してきそうですね!

楽しく拝見しています。以前メダカを睡蓮鉢で飼育していたときは、春分の日には稚魚が生まれていたのですが、引っ越して小さい池を作ったら水温が下がったのか、とても遅れていて、まだ稚魚を見ていません。卵はあるようなのですが。せっせとバラにつくアブラムシを採取して、まいています。ほんとに市販の餌とは比べ物にならず、喜んで食べています。

Finch さん、こんばんは、初めまして。
そうですね〜。メダカは温度が上がってくると産卵スイッチが入るので
今年の春の寒さも影響して産卵自体が遅れているのでしょうね。
卵があるようでしたら寒さで時間はかかるかもしれませんが
必ず孵化はするので待ち遠しいですね。

メダカはアブラムシ、大好物ですよね。
うちには大きいバラの木が三本あるのですが
毎朝水を入れた器を持って各バラを巡回しアブラムシがいたら
手で取るようにしています。
ひとつひとつの蕾や新芽の先を点検しますが
毎日だと数匹羽の生えた親がいるくらいなのでそんなに苦でもありません。
ただメダカが「え〜、これっぽっち〜」って顔してますけど(笑

コメントをくださってありがとうございました。
記事を書いていく上でとても心の励みとなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カルビーノ水鉢レイアウト変更 | トップページ | アサザが咲いたよ »