2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« お嬢さま方の食卓 | トップページ | みずみずしい美しさのウォーターヒヤシンス »

2010.05.17

メダカ極楽三昧・後編

P1070753
 
点目メダカさん。
視力が弱いせいかあまり泳ぎ回ることはなくゆったりした動きです。
 
 
 
 
P1070752
 
P1070754_2
 
しなやかなその姿を眺めていると心が、しん、と静かに落ち着いてきます。
柳腰の麗人を想わせるこの普通体型のメダカが、やはり私は一番好きです。

落とした影までが美しい。
 
 
 
P1070744
 
光の加減でかなり青が強く写っていますがこれ、私が憧れるメダカに方向性が近いのです。


理想は透明で淡いブルーのメダカ。
澄んだ空気、やさしいそらのいろ・・・そんなイメージ。

作ることができるなら作ってみたい。
でも今は方法が皆目わからないので少しずつ勉強してゆきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
P1070642
 
これはカメルーン、ナイジェリア原産の卵生メダカ、「プロカトーパス・シミリス」。

卵生メダカは22〜26℃の水温域に住むものがほとんどで
メダカと名前はついていますが日本メダカとは印象が違い
体型、色共に派手なものが多く、言わば「ほとんど熱帯魚」です。

そんな中でこのプロカトーパス・シミリスは体型も日本メダカに近く
水色が派手過ぎず上品な印象なので興味があり1ペア購入してみました。
 
 
 
 
P1070627_4
 
最初の画像がメスでこちらはオス。オスの方が背びれが小さく色も強いですね。


卵生メダカと日本のメダカは交配できるのか疑問に感じたところ

●メダカは日本メダカ系(東南アジア系)のダツ目と、
 アマゾン河やその他に生息しているカダヤシ目に分類される。
● 品種によっては(日本メダカ以外にもダツ目のメダカがいます)
 外来種の卵生メダカとの交配は可能。

とのことです。
 

【追記】
だからといってニホンメダカとそれ以外のメダカを安易に交配させることは
ニホンメダカが絶滅危惧種に指定されている現状において、
許されざる行為だとメダカ愛好家の方たち皆、認識なさっています。
個人の楽しみではなく業者がその交配を試み水準に足りないものを川に流す、
という行為もニホンメダカの遺伝子汚染の大きな一因であるようです。

メダカの危機」という記事を過去に書いておりますので
そちらもご覧になっていただければ嬉しく思います。

 
 
 
 
P1070626_4
 
ダツ目とカダヤシ目では生態系上、交雑はあり得ません。
このプロカトーパス・シミリスはカダヤシ目ですので
うちにいるメダカとの交配は不可能です。
 
もちろんそういったことを考えて購入したわけではなくて
メダカの一種として卵生メダカに興味があったことと、
私が憧れる「水色のメダカ」に近いイメージがあったためです。
 
 
【追記】
上で「ダツ目とカダヤシ目では生態系上、交雑はあり得ません」
と書きましたが
メダカにカダヤシの血が混じっていたことが、
実際に大学の遺伝子検査で見つかっている事実がありましたので
交雑の可能性はある、と訂正させていただきます。
 
 
 
 
 

P1070712
 
ということで当面、庭の水槽で目を楽しませていただくことに。
見ていると「透明で水色のメダカ」のイメージがさらにふくらみます。
 
 
 
 
P1070679_2
 
そしていただいたメダカのうち、
白のパンダメダカがとても愛らしいので
しばらく横から楽しもうと
同じ水槽に入っていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1070784
 
 
 
P1070776
 
個性的な各水鉢のメダカたち。みな元気で見ていてとても楽しい。 
 
 
 
P1070779
 
 
 
P1070731_2
 
 
 
P1070725_2
 
 
 
P1070774_2
 
 
 
P1070736_2
 
 
 
P1070785 
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
将来的には現在の色を濃く出す方向性と、透明を求める方向の二極化となるような気がする。

───────────────────────────────────────────

« お嬢さま方の食卓 | トップページ | みずみずしい美しさのウォーターヒヤシンス »

★メダカ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~!

綺麗な睡蓮の世界にうっとり~heart04
いいね~、実にいいhappy01

アルビノのタマゴ採れてますか?良い子はちゃんとシュロとかに・・・産んで~~~
ないな~、本日も採卵11個中産みつけ1個・・・
家の子はお行儀わるいかも~~coldsweats01

こんばんは!!(^^)

毎日、記事を更新されるので仕事が
ちょっと忙しいとついていけないです(笑)

昨日のお嬢様方の食事へのコメントはあえてスルーさせて頂きます。
松子と竹子に激しく嫉妬してます。冷静なコメントが書けないと
思いましたので(爆)

本当にたくさんの種類のメダカがいるんですね!!
僕はダルマを見てると、「お前みたいにはならないぞ!」
という気持ちになります。

白メダカや楊貴妃などを見てると、綺麗だな~

と思いますが、やっぱり僕は普通の黒メダカが好きです!!

ねこぼーしさんも言われてます、普通体型の形が
好きですし、上から見た逆三角形の黒い模様がお気に入りです!
あとあの鱗の模様も妙に素敵です(*^_^*)

こんばんは。
いろんなメダカさん達が増える中、普通体形のメダカに対しての、「落とした影まで美しい」にグッときちゃいました!!
ホントにそうですよね・・・。はふぅ。(うっとりため息)

こちらは、やっと稚魚を1匹見つけました。
去年は生存率が低かったけど、今年はどんどん育ってきてくれるといいな~と願っています。
もちろん、今年は最初っから高級エサ使用です。(◎´∀`)

こんばんはー。
ありえませーーーーーーん!!!
繁殖形態の違う卵生のメダカと卵胎生のカダヤシで交雑するはずがなーーーい!
卵生のプロカトーパス・シミリスとメダカで交配ができたとしても、それはメダカ愛好家にとって
悲しい出来事であり、ニホンメダカにとって脅威でしかありません!
くれぐれも変な気を起こさないでくださーーーい!!! o(`ω´*)o

こんばんは。はじめまして。(^^)
第一号しっぽ池を作られる前の記事から拝見しています。
荒れたお庭を開拓されたり、池を掘られたりしていたので
勝手に男の方と思いこんでいました。(恥)
実は家のメダカに、ねこぼーしさんが気に入っていらっしゃる
点目さんたちによく似た色のメダカが誕生しまして、
現在1.5センチくらいに成長しています。
それでつい、コメントしたくなってしまいました。
私はどのタイプのメダカも好きなのですが
点目は怖いと思ってしまいます…。(ごめんなさい!)
またお話しさせてくださいね。(^^)

こんばんは。
色とりどりの改良品種が混泳している姿って華やかでいいですね。
メダカの品種に関してはあまり詳しくないのですが、見ているだけで癒されます。

点目ちゃんは名前通り目が点なのですね。
二匹寄り添って可愛らしいです。
ちなみに私も普通体型の子が好きです(笑
あの完璧なフォルム、ゆらゆらと振る尻尾。かわいくてかわいくて。

おはようございます。
危うく置いてきぼりになるところでした(汗

相変わらず、写真撮影がお上手ですね~!
メダカ達もモデル気分かな~(笑)

おお~、これは先日見せて頂いた、ねこぼーしさんが目指そうとしている体色のプロカトーパス・シミリスですね~!
保護色の弱い点目だと、この色に近づける体色のメダカが出来るかもしれませんね~(根拠はありませんが・・・)
しかし青パールメダカとの体色比較のため、プロカトーパス・シミリスまで購入するなんて、すごい入れ込みようですね~!
ねこぼーしさんも、完全にメダカにハマっちゃったかな!!
こんな体色のメダカが出来たら、1ペアちょうだいね~(汗

apple にゃおさん、こんにちは。
うっとり〜heart04としていただけてありがとうございます。
私もいつも水鉢の前に座ってはいつまでもうっとり〜〜heart04してます(笑

アルビノの卵はやはり下に落ちていることが多いですね。
たまにシュロに数個ついていますが。
うっかり採卵時間を遅らせてしまうと朝抱卵していたはずなのに
収穫ゼロということも多いので食べちゃっているのでしょう。
難しいですね。

penguin take51さん、こんにちは。
松子竹子に強力嫉妬ですか?それはお刺身がウラヤマシイのか、
もしかして私から食べさせてもらいたいのかナ?

ダルマ体型、あははは、それはまずいですねえ。
ほっそりした普通体型を目標にしてくださいね。
で、今どのあたり?(爆

takeさんは日本の川魚がお好きですのでやはり黒メダカですよね。
頭からの逆三角形の黒模様、確かに凛々しくてかっこいい!
鱗の模様を「妙に素敵」との表現、素敵です(笑

club Seyさん、こんにちは。
グッときてくださいましたか。嬉しいです!
ものが描き出す「影」って不思議でとても好きなんですよ。
そのものの実体以上に存在感があったりして。

稚魚誕生ですか、おめでとうございます!
そうなんですよね、私も孵化はさせても数が少しずつ減ってゆくのを
いつも哀しく感じていますので、今年はしっかり育って欲しいものです。
高級エサですか!う〜ん、エサもやはりポイントなのでしょうねえ。

empty 空さん、こんにちは。
私の記事文章に説明の足りない部分、誤解をまねきやすい部分があったようで
お気持ちを乱し怒らせてしまうことになって大変申し訳ありません。
空さんがおっしゃる

> ありえませーーーーーーん!!!
> 繁殖形態の違う卵生のメダカと卵胎生のカダヤシで交雑するはずがなーーーい!

については私も文章中で
「ダツ目とカダヤシ目では生態系上、交配はあり得ません。」
と記述していますがもう少し詳しい説明で強調すべきでした。
そして

「●品種によっては外来種の卵生メダカとの交配は可能。」

部分には補足が必要でした。
一般的に「卵生メダカ」と呼ばれているものはカダヤシ目ですが
日本メダカ以外にもダツ目のメダカがいますので
http://diving.tank.jp/sports/fish/4actinopterygii/2neopterygii/21datu/0medaka/0medaka.htm
「品種によっては」とはそれらとの交配のことを指しているようです。


> 卵生のプロカトーパス・シミリスとメダカで交配ができたとしても、
> それはメダカ愛好家にとって悲しい出来事であり、

については私はそんな気持ちはまったくないのです。
ブログではほとんど触れていませんが室内で熱帯魚を飼っているため
熱帯魚的扱いをされている卵生メダカ購入についても
その延長のような感覚であったこともありますが
一番の理由は記事中に書いてあるように

「もちろんそういったことを考えて購入したわけではなくて
 メダカの一種として卵生メダカに興味があったことと、
 私が憧れる「水色のメダカ」に近いイメージがあったためです。」

ということですので、この一文で理解していただければと思います。

しかし「交配の可能性」について記事に書いてしまったことが

> くれぐれも変な気を起こさないでくださーーーい!!! o(`ω´*)o

と捉えられて嫌な気分にさせてしまった結果となったのでその点、うかつでした。
考えが浅くて誤解させてしまい申し訳なく思っています。


> ニホンメダカにとって脅威でしかありません!

については私も私なりに勉強して昨年6月5日の記事「メダカの危機」で
http://water-biotope.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-4be1.html
ニホンメダカが絶滅危惧II類ランクになってしまったことについて憂い、
ニホンメダカを守らなければ、という気持ちは強く持っています。
ですから卵生メダカとの交配をしたりまた、
実際行って出来たメダカを川に放流するとかの考えは
まったく持っていないことはおわかりいただけると思います。


今回の記事を書くにあたり恐ろしい実態をいろいろと知りました。

●メダカにカダヤシの血が混じっていたことが、
 実際に大学の遺伝子検査で見つかっている。
●メダカから絞り出した卵に卵胎生であるグッピーから精子を絞り出し
 交配させる人がいる。(もちろんメダカは死にます)
●人工的(遺伝子操作なども含む)に外来種を交配させる人がいる。
 
そんなメダカが間違って自然界に放たれるようなことがないことを
心から願っています。
そして不愉快な思いをさせてしまったことを今一度お詫びします。
空さん、申し訳ありませんでした。
 
以上のことを考慮して記事を一部変更させていただきました。
ご了承ください。

cherry まきさん、初めまして!
ずっと読んでいてくださったとはものすごく感激です。
ほんとにほんとうに嬉しいです。ありがとうございます。

そうなんです、長い間コメントなどやりとりしていた方にも
ずっと男だと思われていたことが何件かあって
その理由というのが、記事内容やコメントが「男らしい」そうなんです。
面白いのでプロフィールページには性別を記載しないことにしました(笑
 
私も画像で見ていて点目は少々怖いイメージをもっていましたが
実際本物を見るとシャープな印象でカッコイイ!
好きな種類のひとつになりました。

まきさんのブログを少々覗きに伺いましたところ
たくさんメダカを育てていらっしゃるのでびっくりしました。
あの中にうちの点目メダカさんに似た子たちがいるのですね♪
楽しそうなブログ、またゆっくり寄らせていただきます。
ありがとうございました。

cat にゃんたさん、こんにちは〜♪
各種類ごとに分けて水槽での群泳を見るのも綺麗ですが
私はいろんな色の子が混じって泳ぐ姿がいちばん好きです。
ほんとうに楽しくて癒されますので
今度動画を撮ってその楽しさをお届けできればと考えています。

点目さんはそうなんです。いつも目がテンでびっくりしてます(笑
この二匹は相性がいいようでいつも一緒にいるんですよ。
ダルマも泳ぐ姿を見ると「いやん、かわいい」とにこにこしてしまいますが
それは金魚を見るときの気持ちに近いので
メダカ、と考えると普通体型がいちばんいいなと思います。
完璧なフォルム、まさにその通りですね。

dog 田村さん、こんにちは!

> 危うく置いてきぼりになるところでした(汗

そうですよ、ここに来たらメダカ置いてけ〜〜・・・
あ、置いてけ掘じゃなくて・・・置いてきぼりでしたか。
うんでもやっぱり「メダカどんどん置いてけ〜〜」(爆

そうそう、これが水色にきらりと光る卵生メダカです。
見ていたら今までなんとな〜く空想していたメダカのイメージが
わりと具体的な感じでつかめてきます。
保護色の弱い点目を基本にすると良さそうですか?
あと透明鱗がやはり透き通った感じになるでしょうか。
まだ遺伝関係がよく理解できてないので具体的にはほにゃららですが
目標ができると勉強も頑張ろうという気になるものです!

ハイ、完成したら差し上げますがたぶんあと50年くらいかかりそうなので
それまでがんばって生きていてください(爆

こんばんは。
別にねこぼーしさんを困らせたくて意見を言っているのではありません。
もっと認識をもってもらいたいのです。

>メダカにカダヤシの血が混じっていたことが、 実際に大学の遺伝子検査で見つかっている。
>ダツ目とカダヤシ目では生態系上、交配はあり得ません。
これは矛盾しているでしょ?
ニホンメダカ(ダツ目/卵生)とカダヤシ(カダヤシ目/卵胎生)で血が混ざることはあるが、
ニホンメダカ(ダツ目/卵生)とプロカトーパス・シミリス(カダヤシ目/卵生)の交配はあり得ない。
と言っているのと同じですよ。
どちらかというと、生殖機能の似た卵生同士の方が交雑しやすいと考えるべきでは?

100%交雑しないことが証明されない限り、その取扱いは厳重に注意しなければいけません。
それなのに、メダカと同じ水槽にいれて繁殖用のシュロまで入れてあるなんて言語道断です。
万が一の間違いがあってはいけないのです。
よくわからない生物を飼う場合は、より気配りと気構えが必要だと思います。
御気分を悪くなさらないでください。 m(_ _)m

空さん、上に書いた空さんへのお返事でさらに私の勉強不足をさらしてしまい
ご不快にさせてしまったこと、たいへん申し訳ございません。
認識不足についても心から恥じ入っております。
深く反省いたし精進いたします。ご指摘ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お嬢さま方の食卓 | トップページ | みずみずしい美しさのウォーターヒヤシンス »