2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 稚魚の誕生で毎年感じること | トップページ | お嬢さま方の食卓 »

2010.05.13

アサザが咲いたよ

P1070530_2
 
木綿の布をふわふわっとちぎったような、そんな素朴な感じの花びら。
ヒカリメダカたちのいる水鉢【藍】です。
 
 
 
 
 
P1070507_3 
 
これは3日前。明日咲きますよ、と予告しています。
 
 
 
 
 
P1070505
 
2日前早朝。このあと開花と同時に強い雨が降り水中に没してしまいました・・・。
悲しいデビューでした。
 
 
 
 
 
P1070523
 
昨日。昨日の悔しさを晴らすかのように、ふたつ花が咲きました。
 
 
 
 
 
P1070606
 
そして今日、みっつの愛らしい花が!
 
 
 
 
 
P1070525
 
可愛いなあ、と見ているとフェンスの向こうから松子がのぞいています。

「何しよるん?ねこぼーしさん。なんかいいもん、あるん?」
 
 
 
 
 
P1070532
 
「松子にも見せて〜や!」
 
 
 
 
 
P1070533
 
「こっから出してくれん?」
 
 
 
 
 
P1070535
 
「うんしょ!プールのふちまであがったけえ、あとはこのサクを越えれば・・・」
 
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
ハイ。もちろんこの次の瞬間、背中からプールへ落ちました(爆

───────────────────────────────────────────

« 稚魚の誕生で毎年感じること | トップページ | お嬢さま方の食卓 »

☆水生植物」カテゴリの記事

コメント

亀も好奇心が強いんですね!
向こうがら覗く松子さんが可愛いです(*´∀`)

それにしても続けての開花でスバラシイです、
やっぱり瀬戸内海側は温暖なんですね~。
北陸はここ2日ほどは3月に戻ったような気候という、
ストーブ片付けた途端にこの有様です。

こんばんは。

ふむーこんなかんじで蕾が立ち上がってくるのですか。
「強風に耐えれるの?」
ってかんじの細首ですが、耐えられるんでしょうね。

こういうのって、咲く直前が一番楽しい。
ウチは桜が咲く直前なのですが、
毎日木の下まで行って観察してます。
だんだん桜色に色づく蕾を、松子なみに興味深々で覗いています。

アサザ、可愛いですね!!(^^)
今年はアサザを咲かせてみたいと
思ってましたが、ますます欲しくなりました!!

しかし、僕にとって今日の記事の主役は松子です!(^^♪
この後、派手な水しぶきがあがったことと思います(笑)

下から4枚目の写真も最高っす!!(*^_^*)

こんばんはー。
うわぁ~!アサザの花が咲いたんですね!
これは雄花かな?雌花かな?
クローンではない別の個体同士なら結実するそうですよ。
松子さん、笑わせてくれますねw
きっとアサザの花を食べたかったのかもww

こんばんは~!

松子さん、最高~~~lovely
思わず、プッと噴出してしまったわぁ~^^
↓今年初の孵化、おめでとう~♪
かわ・・・いくない・・・けど、かわいいcoldsweats01
孵化したばかりのめだかって、『目玉』なんですよね~!

いっぱい殖やして、お庭をめだかだらけにしてくださいheart04

しっぽガーデンでのアサザ殿はなんと可憐なこと。
城主の躾と周りの行儀のよさに見習ったんでしょうね。
うちではあちこち鉢のないところ!から浮葉が顔をだしています。

松っちゃん、ふわふわひらひらに惹かれたの?
もう無断外出しちゃダメだよ。

pisces ツカバラさん、こんばんは!
庭で水鉢の前にかがみぼーっとメダカを眺めているとき
ふと視線を感じて顔をあげたら、松子か竹子がこうやってじっと
覗いていて目が合うことがよくあります。
時には二匹並んでじーっと(笑

ツカバラさんは北陸側でしたか。
天気予報をみると寒気団の「寒」という文字が真上にあるので
寒いのでしょうね〜。
広島も一昨日昨日今日と「寒い!」って感じでした。
GWはTシャツ一枚で大丈夫だったのにこの天候はいったい・・・。

cherryblossom DarkSchneiderさん、こんばんは!猫ゆたんぽ(笑

アサザの茎は見た目よりしっかりしていて
少々の風程度では大丈夫ですよ。
自立する女、って感じで(なんか違う)。

開花した花ももちろん美しいですが
静けさをたたえつつエネルギーを持ち日に日に膨らんでゆく蕾。
さすが北海道は今からが桜ですか。
松子みたいに興味しんしんはいいですけど
木によじ登らないでくださいね。しかも背中から落ちるとか(爆

carouselpony ake51さん、こんばんは。
アサザは日当たりが良ければしっかり成長して花を付けてくれますから
毎日とても楽しめますよ!

そうそう!このじーっと無言で覗いているアングルいいでしょ!
私が庭で何かしていると遠くからでもこんな感じで
じーっと見ていて目があったりするのでそのたび吹きます(笑

水の競技・高飛び込みでの審査のポイントのひとつに
水中に入ったときの水しぶき、これを「スプラッシュ」といいますが
スプラッシュが小さければ小さいほど得点にプラスなんです。
それで言うと松子の高くしかもまわりに飛び散りまくりのスプラッシュは
「論外!審査得点付けられず」だと思います(爆

empty 空さん、こんばんは!アサザさん咲きましたよ〜。
えっ!雄花と雌花があったのですか。
いつも咲き終わった花は翌日摘み取っていたので
実をつける花とは考えもしていませんでした。びっくり〜。
さすが空さん、よくご存じですね〜。

アマゾンフロッグピットやサンショウモなど増えすぎたとき
カメプールに入れておくといつのまにかなくなっていますから
松子に花をあげたら食べるかもしれませんね。
でも食べるんじゃなく愛でてほしいな〜(笑

cat にゃおさん、こんばんは!
松子のアホな姿にウケていただけてありがとうございます。
松子もひっくり返った甲斐があるというものです(笑

確かに孵化したばかりのメダカは
魚というより原生動物というか虫というか・・・。
でもこれが日がたつにつれ可愛らしくなってくるんですよね。

庭をめだかだらけにですか!
うわ〜、それ冗談で終わらないセリフのような気がします〜〜(笑

catface mmgさん、松子よ〜〜。
いつもねこぼーしさんがお世話になっとるみたいでありがとねえ。
mmgさんとこからきたアサザさん、今年は日当たりいいとこに置いたけん
じゃんじゃんばりばり伸びよるよ〜。
最初、しっぽ池に入れとったんじゃけどmmgさんが言よるみたいに
遠いところから葉っぱが浮いてきたけん、鉢に移したんじゃって。

松子、お花好きじゃけん見たかったんよ。
そうそう、無断外出や脱走や逃走するんは竹子なんじゃけんね。
松子も外に出たいんじゃけどすぐねこぼーしさんにつかまってしまうんよ。
とろいねこぼーしさんにつかまるんはすごい情けないわあ。
ゴマさんみたいにジャンプ出来るように練習してみるけえね。

アサザを覗く松子さんかわいいっす!
水生植物はたまに咲いて当分咲かないイメージがあるんですが、
何度もさくのでしょうか?
それにしても綺麗な花をつけるんですね。

うちの仕事場の前の水路に松子さん似のカメが一匹だけ
いますよ~。

fuji ニルヴァーシュさん、おはようございます。
水生植物にも開花のタイプは大きくふたつに分かれていて
ナガバオモダカや睡蓮のように数日間保つものと
一日で終わってしまうものがあります。
アサザは一日花ですがランナーの先に蕾をたくさんつけるので
(上から二番目の画像がその様子です)毎日交代で咲いてくれるため
何日も咲き続ける花のように感じますネ。
アサザの黄色い花は見ているとなんだか元気を貰えるような気がします!

ええ!水路にカメさんですか。そこに住み着いているのですね。
名前はぜひ「梅子」にしてしてあげてください。
ウチの松子・竹子、そして梅子で「松竹梅」ですねッ(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稚魚の誕生で毎年感じること | トップページ | お嬢さま方の食卓 »