2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 第3号しっぽ池 by しっぽ工務店 | トップページ | 宝箱的ミニプラ舟ビオトープ »

2010.06.08

6月8日のしっぽ庭ダイジェスト

P1080174_2
 
3号池制作のあいだ少々手薄になっていたしっぽ庭の手入れをしました。
まずは1号池。ハス、とうとう立ち葉が出ましたよ。
他の植物たちもすごく立体的になっています。やはり太陽が上にあるからかなあ。
 
 
 
 
 
P1080180
 
斑入りホテイアオイが子株を増やしていました。気付かなかった(なぜ気付かん)。
 
 
 
 
 
P1080181
 
ヒシは緑のきれいな葉を付けていたのに5月の冷え込んだ日が続いた後、
まわりから黄色っぽくなってしまいました。
 
 
 
 
 
P1080182_2
 
思い切って黄葉をカット。中央から新葉がのぞいているので大丈夫でしょう。
 
 
 
 
 
P1080184_2
 
そのかわりにアマゾンフロッグピットが盛り上がっています。
これで一株なのですがどうされたのでしょうネ。
 
 
 
 
 
P1080185
 
少ししか入れていなかったマツモがやけに増えています。
 
 
 
 
 
P1080187
 
引き上げてみると・・・わあ♪てんこ盛り!
 
 
 
 
 
P1080189
 
とりあえず適当にまとめて縛り直し石を重しとしてくくりつけて・・・
 
 
 
 
 
P1080190_2
 
と、てんこ盛りにしたボウルをふと見ると・・・・・・あ!しまった!
 
 
 
 
 
P1080192_2
 
稚エビがたくさんいます。そうか〜このマツモの茂みが繁殖場だったのですね。

このまま池に帰すとあっというまにメダカのエサになるのは明らか。
とりあえず責任を取ってこの件は保留。
 
 
 
 
 
P1080205_2
 
カメハウスをふと見ると、松子が後ろ足で穴を掘っています。
 
 
 
 
 
P1080211
 
そっと後ろへまわると、かなり深い穴のようですよ。
 
 
 
 
 
P1080209
 
そうですか〜。今年も産卵の時期が来たのですね。がんばれ松子(無精卵だけど)。
 
 
 
 
 
P1080210
 
竹子もいっしょに産みの苦しみ(表情だけ)。
 
 
 
 
 
P1080221
 
そうだ!水槽のアマゾンチドメグサがコケだらけだった!
清掃部コケ対策課のヤマトヌマエビ社員たちに仕事を依頼したところ
スタッフ全員によりさっそく作業が開始されました。
 
 
 
 
 
P1080223
 
部長が現場の視察。「皆一丸となって励んでおります!」と課長の報告。
 
 
 
 
 
P1080216_2
 
ところで毎日卵をつけている透明鱗ホワイトさん、だれかとペアを組み合わせて見たいなと考え、
青パールヒカリさんかな、ネイビーヒカリさんだとどうなるのかな、と
考えた挙げ句考えがまとまらず「運命は神の手に」とヒカリたちのいる水鉢へ投入。

明日つける卵は誰の子なんだろう・・・うふふ・・・。
(このあたりだんだん疲れてきている私)。
 
 
 
 
 
P1080049_2
 
P1080058_2
 
ウォーターブルーメダカ計画は順調に進行中。
青パール点目オスメスと青パール透明鱗オスメスを入れた水槽では
透明鱗オスが点目メスにいつも寄り添い、もう片方のカップルもラブラブで
数は少ないですが卵の数は着々と増えてきました。
 
 
 
 
 
P1080249
 
もう今にも飛び出しそうな卵ちゃんたち。
 
 
 
 
 
P1080238_2
 
さてさて、少しずつ孵化・稚魚プラケースの整備も行っています。
生物ろ過を促進させるため細粒の焼赤玉土を敷き少量の水を入れ一晩落ち着かせた後
元の水と稚魚たちをそっと移しています。

この作業によって死亡した稚魚はいないのでほっと安心。
そして卵を入れていた器を上に浮かせ、毎日ケースから水を入れ替えます。
 
 
 
 
 
P1080236_2

つまりこれだといつもケースの水と卵の器の水質が同じであるため
稚魚が産まれていたらすぐケースに流しこむことが出来ますし
卵のいる水もいつもきれいに保て、かつ動かすので癒着も防げます。
何より簡単なのがいい。

それに、一日何匹産まれたかも把握できますしね。
 
 
 
 
 
P1080234
 
P1080237_2
 
しかしたまたま今日だけだったのかな。
「うわ!さっき稚魚を放流したばかりなのにもう4匹産まれてる!」など
見るたびどこかの器で稚魚が誕生しているといっても過言ではありませんでした。
 
 
 
 
 
P1080244_2
 
さて、コケ対策課の仕事も終了のようです。
さすが、コケは残らず除去されピッカピカの葉がまぶしい。
でもこれ以上入れておいたら今度は葉を食べ始めるので撤収。

スタッフの皆さん、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
P1080240_2
 
おお、妊婦さんもがんばってくれたのですね。
 
 
 
 
 
P1080250
 
さて、松子は・・・。
す、すごい!何ごともなかったかのように穴が埋められています。
無事産卵終了ということでしょうか。
無精卵であろうともこれが本能というものなのですね。お疲れさまでした。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
以上、今日の庭作業のほんの一部をご紹介いたしました・・・。

───────────────────────────────────────────

« 第3号しっぽ池 by しっぽ工務店 | トップページ | 宝箱的ミニプラ舟ビオトープ »

◇しっぽ庭」カテゴリの記事

コメント

カメの卵を産む穴、ちょ~綺麗な穴を掘るんですね。
かなりの芸術じゃないですか!松子さん

ヤマト苔会社の社員よく働きますな。
ウラヤマシス。
うちは・・・・地べたをはいつくばってばかりいますよ。

そして卵の管理勉強になります~
いいアイデアですがウチはメチレンに入ってるのでできましぇん

いいね~いいね~笑

たのしいね~

ねこぼ~し社長様!

課長はどのエビですかぁ!?

メダカも順調みたいでよかった!

よっっトップブリ~ダ~!!!

いまさっきまでせせらぎさんとTEL!!!

今度都合がいいときにでも渡しときます♪

ヒント・・・せせらぎさん×Victory工房のコラボメダカです!

この系統は卵とらない予定なので全部お渡ししますね!

メダカを楽しみましょう!!


ほいじゃあの。。。

おぉーーー松子~~

頑張ってる松子には申し訳ないけど、
知り合い宅で爆殖してるカメを見てると無精卵でも
仕方ないのかな・・、と思っちゃいます。

メダカやエビが増えるのとは訳が違いますもんね・・

あ、どんどん増えたカメ、全員にサーモンやホタテをあげてたら
結構たまらんですよね!ってか僕もカメになりたい(爆)

>斑入りホテイアオイが子株を増やしていました。気付かなかった(なぜ気付かん)。

 ホント、なぜ気付かん!!(笑)

 なんて突っ込み返しが怖いからやめとこ(爆)

話は昨日の記事に戻りますが、PCで見るしっぽ池3号は
凄いですね!携帯の画像で見てるとそれほど思わなかったんです。
皆さんが落ちたら溺れる、と掛かれてた意味が解りました(笑)

こんばんはー。
ホテイアオイの根が青くなっていますね。
赤玉土が入っている所に入れると青くなるんですよ。
んん~鉄分に反応しているのかなぁ。。。
マツモは増え出すとはんぱないですよねw
うちでもメダカが泳げなくなるので毎週調整してます。
稚エビもいますが、けっこう卵も付いていますよ。

頑張ってますね~♪
毎日が、あっという間に過ぎるのではないですか?

しっぽ庭は、何でもそろっていますね~!
斑入りホテイアオイ、一昨年の秋に一株千円で購入して冬に枯れちゃった^^;

松子さん卵産んだんだ~!
でも無性卵なんだ~!
だったら、勿体ないのでゆで卵にして食っちゃえば・・・

ところでVictory君、僕にメダカ持って行けってか~?
こんどしっぽ庭に行くと、僕、ねこぼーしさんに、3号池に投げ込まれるかもしれないんだよ~(恐

yacht ニルヴァーシュさんへ

ネッ?松子の掘った穴、きれいな円形で完成度高いですよね。
かなり長い時間をかけて、時折腰をおろしてみては「なんか違う」って
また掘り直したりしてましたよ。
しかもまた埋めるのですから陶工の匠が自分の焼き上げた陶器を見て
「これは違うッ!」と叩き割るのと似ているような(ちょっと違う

ヤマト苔会社しっぽ庭支社の社員はホント働き者です(笑
普段ほとんどエサを与えないようにしておいて
各水鉢や水槽に入れてある水草がいくつもあるので
それをローテーションで水槽に入れ、綺麗にしてもらったら
「ホイ、次」とまた苔のついた水草を・・・というふうにしています。

フードに慣れてしまうと苔を食べなくなるんですよね〜。
ニルヴァーシュ支社の社員はメダカのエサの残りをつまみ食いしているのでは(笑
 
 
pisces Victory工房さんへ

楽しんでいただけて嬉しいです!ありがとうございます。
ひとつのテーマに沿って記事を書くのがいつものパターンですが
こうやってダイジェストにするのも書いていて自分でも面白くて。

金魚部長の視線のちょうど先にいるのが課長です。
画像中央のちょっと右上にいる方。
ちなみに最後から三番目の画像では部下たちの仕事に不備な点はなかったかと
最後の点検と仕上げをしていらっしゃいます(笑

「せせらぎさん×Victory工房のコラボメダカ」!!
ヒントって書かれてありますが中身が予測できない私(汗
なんだかスゴイものを池完成祝いにいただけるようですね。
ありがとうございます。楽しみに待っています。

あとでせせらぎさんから請求書来ませんよね?(爆
 
 
taurus take51さんへ

> ホント、なぜ気付かん!!(笑)

わ〜、初めてtakeさんに叱られちゃった。たまには叱られるのも気持ちいいですね。
お礼は今度、倍返しで♪(爆

松子は毎年産卵しますが数年前まで竹子は卵を産んだことがなかったので
てっきりオスだと思っていたんです。
それだけに産み落とされた卵を処分するとき、仕方ないとはいえ
とても辛く胸を痛めていました(数を増やす訳にはゆきませんでしたから)。
だけど突然竹子が産卵し、メスだと判明したので無精卵だったと判り、
ちょっとほっとした気持ちになりました。
無精卵であろうと穴を掘り産卵する姿は本能とはいえすごいですよね。
ちなみに竹子はそのへんの土の上に産みっぱなし(笑
 
3号池、自分で画像を見ても大きいなあ〜と感じますが
毎朝、庭に降りてその前に立つとそのたび「うわ!」と驚きます。
太陽の光が差し込み睡蓮が開花して水面がキラキラ光ると
また「うお!」とあらためて驚いています。
毎日びっくりしっぱなし。
でも同時に「こんなん作るなんて酔狂な人もいるもんだな〜」とも(笑
 
 
empty 空さんへ

ホテイアオイの根の色の変化は赤玉土のせいでしたか。
水鉢にいれたのと池に入れたのとで色が違うような気はしていたのですが
そういうことだったのですね。
ジャリと赤玉土では水中に溶け出しているミネラル成分も
きっと違っているからそのせいなのかもしれませんね。

マツモもそうですがアナカリスも「どこまで伸びる!?」と
ツッコミを入れたくなりますよね。「ええ加減にせい!」って(笑
確かにメダカが泳げなくなりそうですが、そこで孵化した稚魚が
逃げやすいので生きる確率は高いかも。
あ、空さんのプラ舟ビオが昨年そうでした!ああいう自然なの素敵ですね♪
 
 
carouselpony 田村さんへ
 
今記事を見直したらせせらぎメダカたち(と田村さん)がやってきたのが
4月29日ですからまだ一ヶ月ちょっとしかたっていないんですよ。
田村さんがおっしゃるように毎日があっという間に過ぎたような、
でも密度が濃く充実して長かったようにも感じたり・・・。
どちらにしても「すごく楽しい!」って気持ちです(^-^*)アリガトウ

斑入りホテイアオイは今年の3月に購入して水鉢に入れましたが
寒さが続き葉がしおれ始めたのであわてて
暖かい室内の26℃熱帯魚水槽で育てた、いわば温室育ち。
私が購入したのは530円でしたが枯らしてはモッタイナイ!の一心でした(笑

え〜、Victory工房さん。田村さんが池に入水する手順を解説しますね。
まず腰をとって寄り切り、蹴返しの反撃をこらえながら切り返し、
腕を取って前回りさばきで踏み込み体を沈め一本背負いを試みますが
田村さんの体重の重さにさすがの私も決めることができず、
背中を見せたため送り出しを受けそうになりますがさっと体をかわし、
最後はすくい投げで田村さんを池へ、と。

ああ・・・一本背負い、決めたかったなあ(爆

こんにちは。ご無沙汰してまーす!
って、蓮の立ち葉きてたー!!

松子嬢、竹子嬢もお元気そうで可愛らしくて何よりです♪
カメって無精卵でも、というか交尾しなくても出産するんですね!勉強になりました。

最近暑い日が続きましたから、我が家でも水草から庭の花から
わっさわっさと繁ってきています。
マツモの増えっぷり凄まじいですね(笑
稚エビって本当に可愛らしいですよね、初めて見つけた時狂喜してしまったことを覚えています。

そういえば、しっぽ池に献上予定(?)のスノーボール4号は元気に開花しましたよ。
成長点が出来てから1年未満で開花してますので、来年の有望株ですよん!

bud にゃんたさんへ

こんばんは、こちらこそスノーボールの件以来ご無沙汰してしまい
たいへん申し訳ありません。
譲ってくださるということで今年は熱帯睡蓮のみの購入にして
温帯睡蓮の購入は控えています。
第3号しっぽ池で開花する姿を早く見たいです〜♪

それで連絡方法なのですがにゃんたさんのブログには
メールフォームなどご連絡できる方法がないようですので
また機会をみてこちらへコメントをくださるときに
コメント欄にメールアドレスをいれていただければ嬉しく思います。

蓮、とうとう立ち上がりましたーー!
鉢の中をのぞきこむと次なる葉も出てきているので楽しみです。
しかし今年は春がなかったですね。
寒い日が続いたと思ったらいきなり初夏の陽気になって
植物たちもいっせいにわっと緑を広げてきました。
マツモやアナカリスの伸び方は、ハンパじゃねえ!ですネ(笑
私も初めて稚エビを見つけたときは「うそーウソー!小さい!可愛い!
と狂喜の上乱舞もしましたよ(笑

毎年この時期は主に松子が数日プールでバチャバチャ暴れ回り、
そのへんをウロウロして落ち着かない日を過ごした後、
産卵を済ませると、あーすっきりしたとばかりにやっと静かになります。
しかしあの穴、芸術的ですよねえ(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第3号しっぽ池 by しっぽ工務店 | トップページ | 宝箱的ミニプラ舟ビオトープ »