2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 中小極小赤桜海老続々誕生中 | トップページ | メダカ稚魚空腹時対策を考えてみた »

2010.06.01

メダカを見る、自分の目の変化に戸惑う

P1080061_2
 
ついこのあいだまで朝起きて庭に降りるとまず大きな植物の順から
「アボカドさんおはよう」「柿の木さんおはよう」「トネリコおはよう」・・・
とひととおり挨拶をしたあと、メダカのいる水鉢の前に座って
「メダカさんおはよう!きょうも元気かな」と姿を見て
異変がないと安心して、じゃあごはんにしようね〜、だったのですが・・・。
 
改良種を迎え入れじゃあせっかくなのでちょっと増やそうかな、と
採卵を始めてからこちら、朝にメダカたち全体の姿を見たあとすぐ
「卵付けてるかな」とおしりを確認してしまうようになりました。
 
 
 
 
 
P1080065
 
自分の中のその変化に気付いてそれがすごくもどかしくて
そういうのが普通なのかあるいははしたないのか、メダカ飼育の何が目的かとか
増やしてどうするのだろうかとか
私のメダカが好きっていう気持ちは変わっていないのか・・・
 
朝のひとときにそういったことに気付いてしまって
がくぜんというかショックで気持ちの持って行き場がないのでした。
 
 
 
 
 
P1080078_2
 
そういった私の気持ちの動揺は知らずに
「おなかすいた、ごはんごはん」と無邪気に寄ってくる彼らの表情に
やはり安らぎを感じてちょっと安心したりします。
 
 
 
 
 
P1080079
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
うん!可愛いと思う気持ちは変わらない。

───────────────────────────────────────────

« 中小極小赤桜海老続々誕生中 | トップページ | メダカ稚魚空腹時対策を考えてみた »

★メダカ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。。。。。

この種に拘ってないので、全然構いませんよ!
のんたんが惚れちゃう次の種類は何んだろ~

メールなどの設定で電源が落ちるのは考えにくいのですかぁ。
もしかしてPCが古いので寿命かも(汗)
とにかく早々に見てもらいます。

ところで、ねこぼーしさん、自分の中の変化に気付いて、もどかしいって?
いいじゃないですかー!
自然な行動その一つ一つがメダカ君達に対する愛情の表れですよ!

改良種って特別に考えるからダメなんですよー。
メダカはメダカ。
可愛いから、ちょっと増やそうかな。
で、いいんじゃーないかな。

ねこぼーしさんのメダカ好きは、もっともっとメダカ好きになっただけ!
なにも変わりないですよ!

偉そうに言ったかもしれません。
ごめんなさい。
メダカ君達と癒されましょう。

 こんばんは、ねこぼーしさん

お気持ち、とてもよく分かります。  私、鳩飼ってますでしょ 愛玩動物と云うよりレース専用鳩なんですね
競争馬と変わらないんです。

 レースで一番になっても賞状一枚しか 頂けませんが、自分が育てた鳩がトップになるのは
堪らない喜びで苦労が報われる時です。

 愛玩として飼育していたら~ 色がキレイとか、性格が大人しい鳩ばかりを集めてしまいますね。

めだかも、一度は ブリードに拘って 楽しさと難しさに身を落としてみるのも めだかを理解する上で貴重な体験ではないでしょうか。

恐らく今後は、サーット見ただけで健康状態を判断できるポイントを熟知される事と思います

 めだかは、金魚や鯉のように何十年も生きられません、私達 飼育者が累代交代をはかって、環境を整えて行くことが 生命の左右に携わる
人の責任では? 

 好き、可愛い、だから飼っている。  それで良いと思います、私達は鶴の恩返しではないですが、めだかさんへの恩返しをしたいですね。

こんばんはー。
んーわかります!
メダカを愛でるのと、繁殖が目的とでは違いますからね。
自分も昨年は繁殖しすぎて失敗でした。
今年はあまり無理せずに数を制限してます。
親が卵や稚魚を食べるのも自然の摂理だと思うしね。
あまり気をはらずにメダカさんと付き合っていけばいいんじゃないでしょうか。

お久しぶり~!(でもないか?)

私もメダカと出会って、生活習慣が変わりました。
メダカと出会う前は、まだ幼かった長男を抱っこすることが朝の始まりでした。
メダカと出会ってからは、メダカを見ることが朝の始まりになりました。
順番は変わりましたが、子供への愛情は変わりませんでした。
ねこぼーしさんとメダカとの出会いも何かの縁。
きっとねこぼーしさんのことだから、何時しかメダカも家族のように感じているのではないですか?
メダカは沢山増えます。
メダカを増やしたら、「孫が増えちゃった~!」くらいの感覚で良いんじゃないかな~!

ところで、ちまたでは、ねこぼーしさんは実は猫ではなかと噂が流れております。
メダカが増えたら「食っちゃお~!」なんて思ってる~(冷汗

稚魚を増やすことばかりに集中してしまっているってことですかね?

ある程度の数にセーブするのもいいとおもいますし、
どんどん増やしても、どの容器のめだかにも話しかけていればそれはそれで純粋に
めだかが好きってことになると思います。

僕の場合時間がないから採卵して餌をあげて、調子悪くないかチェックです。
休みの日はめだかを覗いてニヤニヤしてます。

ある程度採卵してあとは自然に任せるのもいいかもしれませんね。

一緒にめだかを覗いてニヤニヤしましょう~

note のんたんさんへ

気持ちをラクにしてくださるコメントありがとうございます。
そうですね、可愛いから増やしてみるという気持ちに
特別なこだわりを持つことはありませんよね。

> 改良種って特別に考えるからダメなんですよー。

もちろん以前から飼っているメダカたちとはつきあいも長く
(といっても二年ほどですが)うちで産まれた子たちであり
白や青メダカの卵はまだ採っています。
「孫の顔が見たいのう〜」って祖父母の気持ちかな(笑

メダカ好き!という気持ちが揺らいでいるのではなく
つい採卵の方へ気が行ってしまうのは純粋な愛ではないのかな、と・・・
これ人間に置き換えると面白いですね。
ついこのあいだまで純粋な恋人同士だったのに結婚したとたん
「早く赤ちゃん欲しいわ〜」と迫ってくる妻・・・(笑
 
   
chick 山鳩さんへ

気持ちをわかっていただいてとてもうれしいです。
山鳩さんの鳩(レース用の)との関係の説明も
具体的でとてもよく理解できました。

> 自分が育てた鳩がトップになるのは
> 堪らない喜びで苦労が報われる時です。

これ、とてもイイですね。レースのために育ててはいても
そこにはやはり愛がちゃんとあるのが伝わってきます。
メダカも同じですね。
今「ウォーターブルーメダカ」を作りたいという大それた野望を抱いていますが
そのあたりにこれからは腰を据えて取り組んで見たいと思います。
と言ってもパール点目は姿が美しいですから
庭作業の合間に水槽の前へ貼り付いてその姿を
じっくり眺めて楽しんでいるように
両方の気持ちを持つことは何もこだわることではないですよね。

> 好き、可愛い、だから飼っている。

そうですね!だからこそ健康に過ごせる環境を整えること、
それはとても大事なことですね。
山鳩さん、深いお考えを聞かせてくださってありがとうございました。
 
 
empty 空さんへ

わかってくださってありがとうございます。
ただ、交配をこの春から始めたばかりなので
環境を気持ちの急な変化に自分でびっくりしているのだと思います。

そういえば空さん、前シーズンはずいぶんたくさん
孵化させていらっしゃいましたよね。
メダカを譲ってくださるときも「なんなら100匹でも大丈夫ですよ」
とのお申し出にはびっくりでした(笑

繁殖にせよ何にせよとにかくメダカは可愛いッ!
その気持ちが一番ですね♪
 
 
sun 田村さんへ

本当にお久しぶりですね。
あの雨の日、道頓堀での涙の別れ以来でしょうか(何故演歌

田村さんと息子さんの愛情のお話、とても素敵ですね。
そうですね、何か別のファクターが入ろうとも本質は変わらない。
私も三年前から飼っているのは一般的な普通メダカですが
そこに改良種が加わろうと愛情が減ることはもちろんありません。
うちの4匹の猫も松子竹子もメダカたち皆、田村さんがおっしゃるように
家族だと考えています。それから庭の植物たちも。

毎朝「先生、さんちゃん、シマ、沙羅ちゃんおはよう」と挨拶をして
今度は庭で植物たちに水やりをしながら「おはよう」「おはよう」と挨拶してたら
何か急に実家に電話をしたくなって「朝早くからどしたの?」と母に聞かれ
「いや、人間にも挨拶したくなって」ってつい先日(爆

あ、もちろん猫ですよ私。先日は念入りに化けていました。
スカートからしっぽがはみ出さないよう気を遣いました。
で、メダカは食べませんが「人間を喰う」のが好きですね。
だましてイタズラしたり、時には噛みついたりとか(笑
 
 
carouselpony ニルヴァーシュさんへ

そうですね、稚魚を増やすために卵の存在が気になり
メダカの顔よりまずおしりを見てしまうのが恥ずかしいような気がして(笑
これは女性だからそう考えるのでしょうかね・・・。
男性が女性を見るとき顔を見て次に胸、おしり、足を見てしまう、
それってすごくイヤラシイ〜、の考えに近いような近くないような(爆

つい先日から採卵に取り組み始めたばかりなので
メダカに対しての感覚の変化はよく考えれば当たり前ですよね。
メダカは群れで泳ぐ姿もとてもきれいですからやはり増やしたい、
でもある程度でストップさせるのも必要ですよね。

しかし各水鉢に性格も姿も違う子たちがいて
どの子もそれぞれ可愛いんですよね。まるでハーレム (*>∀<)キャッ
あっ、ニヤニヤしちゃいますよね〜。可愛いんだもん。
ニルヴァーシュさんも機会があればウチの庭に来ていただいて
一緒にニヤニヤ大会しましょう(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中小極小赤桜海老続々誕生中 | トップページ | メダカ稚魚空腹時対策を考えてみた »