2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« スーパー幹之は仕事も超スーパー | トップページ | 幹之スーパー光くん、お疲れさまです »

2010.06.24

熱帯性睡蓮の交配に挑戦!

P1080759_2
 
平和な3号池は今朝も平和。メダカたちがごはんごはん、と催促して身をくねらせています。

この春、初めて熱帯性睡蓮を導入。
昨年、take51さんの熱帯性睡蓮の記事を見て「来年こそは私もッ!」と
鼻息も荒く、身をくねらせておりました。
 
 
 
 
 

P1080122_2
 
オーガストコッホとモラコットを3号池に、
プラウナパをダルマ・半ダルマの住む2号池に植えたところ
次々花を咲かせててくれて目を楽しませてくれますが、
それぞれの品種に少々気になる点が見えてきました(このワガママ者!)。
 
 
 
 
 

P1080165_2_2
 
「青系のはずなのにわりと赤味が入っている・・・」
「葉っぱに入る模様がなんか中途半端・・・」
「ムカゴ種ってあったのにムカゴが全然出来ない・・・」
 
 
 
 
 

P1080409
 
開花していると言っても花の状態は日に日に変化します。
それを眺めては、
「こうやって雄しべが内側に入っていって、で受粉して・・・そうなるとタネができるのかな?」
などと考えているうち

これはもしかして自分で交配が出来るのではないだろーか!?

好みの熱帯性睡蓮が作れるのではないだろーか!?

と思いつきさっそくネット検索。
ヒットしたものは少ないもののしっかりと方法が書かれているサイトを見つけました。


そしてようやく今日実行。その過程を書き出してゆきます。
 
 
 
 
 

P1080770_2
 
オーガストコッホ。
中央の黄色い蜜がたまっている部分は柱頭液といって花粉を受粉させ結実へと導く部分。
一日目はそれを取り囲む雄しべには花粉が出ないそうなのでこの日が交配のチャーーンス。
 
 
 
 
 

P1080773_2
 
さてこちらモラコット。雄しべが閉じかけてきています。この雄しべをカット。
 
 
 
 
 

P1080774_2
 
けっこう花粉がついていますね。これは期待大。
 
 
 
 
 

P1080788_2
 
で、さきほどのオーガストコッホの中央・柱頭液部分に雄しべを差し入れます。
ピンセットを使うとやりやすいようですよ。

これで終了です。驚くほど簡単!
あとは三、四日ほどして開花期が終了したら袋をかぶせます。
睡蓮のタネは結実すると水中に散らばってしまうそうなのでちゃんと収集するために
袋が必要なのだそうです。
 
 
 
 
 

P1080559_2
 
実際は水の中で結実するわけだから袋を密封するのではなく
水が入った状態、だけどタネがこぼれ落ちない程度にかぶせておけばいいのかな。
 
 
 
 

P1080785_2
 
袋をかぶせる予行練習(笑

約30日後に種子が取れる予定です。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
P1080557_2
 
オーガストコッホの優雅さにモラコットの華やかさをプラスしたような花で
葉は、モラコットがいかにも熱帯性睡蓮のような模様で気に入っていますが
なかなかムカゴをつけてくれないので
ムカゴをつけやすいオーガストコッホのようになればいいなあ、
というのが今回の目標です。むふふ。
 
 
 
 
 

P1080560
 
ただどんな種類どうしでもタネが取れるわけではなくて
不稔性(植物が種子を生じない現象)の品種があるそうです。
どうやら八重咲き種にはこのタイプが多いのでは・・・と
調べていてなんとなくわかってきた以外はまだ不明ですが
ドーベン、ティナのような基本種を交配親に選ぶと
わりと上手くゆくようです。

あと、どちらの花(柱頭液部分)をメインにするとよいかなどもまだよくわかりませんので
引き続き調べてみようと思います。
たぶん、一般の果実樹木の花の交配などを調べれば
いろいろ明解になってくることでしょう。
 
 
 
 
 

P1080768_2
 
しかし私の大本命はドーベン(トップ画面で小さな花をつけているのがコレ)と
 
 
 
 
 

P1080117_2
 
これに、淡い青色のプラウナパ→をかけあわせもっと淡い水色、あるいは
水色に白い斑が入ったような花が出来れば!と考えています。

ただドーベンの株がまだ小さいため花も小さく、上手くゆくかがわからないので
もう少しドーベンが成長してから試みようと思います
(ドーベンいつ導入したの!?というツッコミはさておき)。
 
 
 
 
 

P1080780_2
 
ムカゴで増やす方法もtake51さんとこで知ったので
それを真似て現在実行中です。

葉の中央にあるおヘソ。これが盛り上がってきたら
 
 
 
 
 

 
 
 
 
P1080781_2
 
カットしてひっくり返し水に浮かべておきます。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
P1080783_2
 
すると数日後もう、小さな葉が出てきています。
これがもっと成長したら普通に植え付けるだけ。

今回ご紹介した種子を取る方法と同じく
ホントに簡単。
熱帯っておおらかでいいなあ〜(笑


 
 
 
 
 
●今回の記事は「神戸花鳥園公式ブログ・熱帯性スイレンの交配」記事を参考にしました。

赤塚植物園
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
もしかして温帯性睡蓮でも品種によっては交配出来るのかな。

───────────────────────────────────────────

« スーパー幹之は仕事も超スーパー | トップページ | 幹之スーパー光くん、お疲れさまです »

☆水生植物」カテゴリの記事

コメント

メダカに続いて、スイレンまでやっちゃうとは! !!(゚ロ゚屮)屮
どんどん止まらなくなってますね~。 

なんせ、ウチは交配以前・・・。 (;´д`)トホホ
ここまでくると、もう立派?なネタの1つになりそうです。

スイレンの種、見たことがないので、どんな種になるか
今後を楽しみにしてますね~w  

そうそう、さっき相方と電話していた時、ねこぼーしさんのプロポーズ(≧∇≦)
の事を話したら、「・・・その人、男なのか?」とびっくりされました。
・・・あとのやりとりは、想像して下さい。 
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

こんばんは!!(^^)

今度は睡蓮の交配ですか??
どんだけーーーっ!って感じですね!!←フルッ

あ、記事にリンクを貼って頂いてありがとうございます!
見にこられた方がねこぼーしさんのブログとのギャップに
驚きますね(^▽^;)

ムカゴは葉が枯れて、新しい葉が出て・・
というのを繰り返してるうちにできたような??
睡蓮が若いうちはでないのかも?なんて勝手に思ってました。
うちのドウベンかティナも今のところ、ムカゴはできてません。

早くムカゴができないとねこぼーしさんとの約束が果たせないので(^▽^;)

けど、どんな睡蓮ができるのでしょう?
楽しみですね!!(^^)

種から睡蓮が増えると凄い数になりそうですね!
そのうち「今日のしっぽ池12号です!」なんて記事が見れるかも??(爆)

こんばんはー。
へぇ~へぇ~へぇ~!
スイレンの交配までしている人は少ないですよね。
さすが、ねこぼーしさんのあくなき探求心のなせる業ですね!
新しい品種ができたら、「シッポモラコッホ」とか名前を付けちゃったりしてw

>Seyさん、こんばんは!!
 
 面白すぎですよ~(笑)

こんばんは~♪

今度は水連の交配ですか~!!
ねこぼーしさん、交配好きですね~(#^.^#)
(子供も見てると思うので、変な意味にとらねいでね~!)

水連の交配に、とても熱心にお勉強されているようですね~!
ねこぼーしさんのイメージされる、水連が出来るといいですね~!
どんな作品が出来るのか興味津津、本当に結果が待ち遠しいです~♪♪

でも、もしも失敗に終わったら・・・
僕思いっきり笑っちゃうので、覚悟しておいてね~(-。-)y-゜゜゜

club Seyさんへ

いやあ〜、メダカの交配の場合はかなり細かい過程が長期に渡り大変ですが、
今回の熱帯性睡蓮はあまりにも簡単ですから
交配に挑戦、というほど大げさなものでもないので・・・。
でもタネはどんなのが出来るか調べても画像がなかったので
ちょっと楽しみですネ。

Seyさんところの「立派な葉を茂らせる睡蓮さん」はやはりまだ
咲く気配はないようですか。実はうちもなんですよ〜。
根元を見ても小さな葉はたくさんついているばかりで。とほほ。

「Seyさん、おれも君を幸せにする自信はあるからゼヒ考えておいてくれ!」
と、ねこぼーしが言っていたと彼氏さんにお伝えください(爆
 
 
movie take51さんへ

交配と言っても2〜3過程で終了!ですからなんだかかえって恥ずかしい。
お知らせなしのリンク失礼しました。
でもtakeさんも時々ここをリンクしてるので「まあいいか」って。
前記事ではお断りなしのリンクは・・・って自分で言っておいて(汗

ムカゴ種でも成長具合によってまだ出来ないということがあるのでしょうか。
ムカゴ種をわざわざ選んで購入したのに出来てくれないと
これは本当にその品種なのかなあ、なんて心配してしまいます。

今回の結果が出るのは来年あるいは再来年になると思いますが
それもまた楽しみです。長生きしないと。

本日はしっぽ池51号から
「どんだけーーーッ!」「どこまでもーーーーッ!」のねこぼーしがお伝えしました(爆
 
 
empty 空さんへ

「100へぇ〜」ありがとうございます(笑
確かに検索しても熱帯睡蓮の交配の情報はほんとうに少なかったのですが
神戸花鳥園さんの記事が明解でしたので良かったと思います。

現状維持も大切ですが何かこう・・・流動的というか楽しみを常に持っていたいんですすよ。
メダカの交配もわくわく感があるから楽しいですものね。

「シッポモラコッホ」!いいですねえ、いただきました(笑
 
 
sun せせらぎ田村さんへ

.> ねこぼーしさん、交配好きですね~(#^.^#)

いえいえ、交配好きの延長でとうとう仕事にした田村さんには負けます(笑
人の通った軌跡をなぞってみたらその次は
自分で何かを制作してみたい、って気持ちになるんですよ。
長くやっていたデザインの仕事がまさにクリエイティブの現場でしたから
そこでそういった性向になったのかもしれません。

睡蓮新種制作に失敗したら田村さん、「わははははは!」と高笑いですか〜。
大丈夫。「わ」の時点で真空飛び膝蹴り、飛ばしますからheart(by キックの鬼

はじめまして
ちょくちょく見に来させてもらっています
睡蓮は交配を重ねてきてますから実生からでも違う花が咲くかもですよ
紫からピンクの花が生まれて来ていますよ

おはようございます!
あ、先日のリンクのコメントを他人ごとの
ように読んでいました(滝汗)

ホテイアオイが咲いても気がつかない
ほど鈍いので許して下さい(^_^;)

これから、リンクを貼る時は
お互い「まあいいか」ということで!(^-^)/

今日は徳島に出張です!
どこの徳島ラーメンを食べようかな?(笑)

tulip 正ぽんさんへ

はじめまして、正ぽんさん。いつも見てくださっているのですね。
嬉しいです。ありがとうございます。

交配をしなくても違う色の花が出てきたりするのですか。
メンデルの法則なのでしょうか。それは面白いですね〜。

先ほどブログに寄らせていただきました。
きれいな写真がたくさんあって素敵なブログですね。
またゆっくり遊びにお伺いします。ありがとうございます(^-^*)/

noodle take51さんへ

あ、いえいえ、親しいのですから何とも思っていないですし
かえって嬉しく思っていますよ〜。
あ、ホテイアオイ・・・自虐ネタになってる・・・(爆

takeさんは出張が多いのですねえ。
夫が留守の間、妻と子は広島のしっぽ庭へ出張なんていかがですかsmile

初めまして、当園のブログにコメントありがとうございます。
植物の記事は余り、コメントされる事がないのでとても嬉しいですhappy01
引用は全然問題有りません。
是非とも世界に一つしかないオリジナルの品種作りを頑張って下さいね!

school 佐藤さんへ

わざわざ来てくださってコメントまでいただいてたいへん恐縮しています。
ありがとうございます。

熱帯性睡蓮でこんな楽しいことができるのか!と、とても新鮮に感じました。
実行はすぐですけど待つ時間が長い、というのもいいものですね。
引用に問題はないとのことで安心しました。ありがとうございます。

親しい友人たちから直接メールをもらって
「これすごく面白いねえ!」と反響が大きかったんですよ。
植物以外の記事もとても素晴らしく、何より親しみがもてていいですね。
また遊びに寄らせていただきます。この度はほんとうにありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパー幹之は仕事も超スーパー | トップページ | 幹之スーパー光くん、お疲れさまです »