2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 光の洪水 | トップページ | 3×9+1 »

2010.08.13

しっぽ庭・朝のプチツアー

P1140056_4
 
しっぽ庭、朝8時です。
 
今日は曇り空ですがここ連日、日差しの強さがものすごかったので
通販で「いぶしよしず 炭化たてず たてすだれ」なるものを買いました。
いぶしたり炭化させたりということでカビに強いだろうと思い選びました。
もともと立てかけて使うもののようですから作りががっしりしています。
そして見た目通り重い。
 
いったん立てたもののバランスを崩しお気に入りの植栽の枝を二本も折ってしまいました。
ひと巻きでもこの調子なのに3ロールまとめて軽々運んでいたヤマトさんは
ほんとうに人間だったのだろうか。激謎。


 
 
 
 
 
P1090999_2
 
なんだか妙な風景になってしまいましたが、一応意味はあるんです。
左に立てかけてあるものは、奥に水槽などを並べていますが突然そこに日光が届くようになったため
昼間はこれを広げて日除けとします。
 
なぜ突然日光が届くようになったかというと、
先日、二階の窓の側まで木の枝が張りだしてきて室内が薄暗くなってきたため
私が何も考えず「やっぱ部屋は明るくないとネ」と
ばっさばっさ思いっきり木の枝を剪定してしまったため
それまで日除けとなっていた葉っぱがなくなったというわけです。
二階はちょー明るくなりましたが、水槽スペースはちょー明るくなりすぎてしまいました。
 
 
 
 
 
P1140060
 
えー、正面の稚魚孵化・育成ハウスには緑白ストライプのシェードをかけていますが
完全な日陰にはならず稚魚プラケースの水温が上昇していたため補助として掛けました。
今は下半分をめくりあげていますが、昼間は下まで降ろすと中はちょうどよい薄明るさとなります。
 
左側に何十センチかはみだしていますがこれはその奥にミニプラ舟稚魚ビオがあるので
そこまでカバーするためです。
同じく右側にも何十センチかはみだしていますがこれは単に
サイズを測り間違えたか注文番号を間違えて発注してしまったためです。

手前のものはカメたちの日除けです。
何もないと昼間はカメプールの水温が結構上昇しますので。
以前、軽量の竹のすだれを置いていたのですが日差しによる劣化でもろくなっていたものを
だましだまし使っていたのですが
プール水替えのとき3号池のふちに片端を立てかけて横に置いていた折、
私がうっかり踏みつけブチ折ってしまったため買い直しました。
(画像右奥に立ててある白っぽい棒状のもの、あれがその残骸です)。

誰かがあんなとこに置いておくから…と責任転嫁してみたものの
しっぽ亭の住人はおっと、私ひとりだったぜ。
 
 
 
 
 

P1140058
 
「踏みつぶしたの、竹子はちゃんと見とったんよ。バキッってゆうたよ」

「新しいすだれが届くまで、松子すごい暑かったんじゃけえね」


すまん。
 
 
 
 
 
P1140057
 
左側に何十センチかはみ出している部分でカメハウスと共に水鉢の日除けも兼ねています。
 
 
 
 
 
P1090744_2
 
今まで傘を差していたこの水鉢ですね。
 
 
 
 
 
P1140060_2
 
カメハウス右側、通るのに邪魔になるほどはみだしているこの数十センチ部分については
何故?などと触れないでいただきたい。アンタッチャブル項目でよろしく。
 
 
 
 
 
P1140018
 
ミニ扇風機、水、蚊取り線香。真夏のしっぽ庭必需品3点セットです。
しっぽ庭はけっこう風が通るので日陰にいると涼しいのですが
まったく風のない日などはさすがに暑いので
ここでハーレム水槽を眺めたり庭仕事の休憩時に休むとき重宝です。
でもこの扇風機、正面に向けて風が来ず、やや右に向けて置くと
ちょうど正面に風が来るという、設置するのに経験が必要なシロモノです。
こういうのを「斜に構える」というのかもしれません。ハードボイルドですね。

水はもちろん脱水症状予防のために必要です。
ここの水道水は無味無臭なので湯冷ましとかではなくそのまま飲めます。
そのことを関東地方に住む知人に話すと「え〜、こっちなんて臭くて飲めないよ。すごいジャン」
と言うので「すごいじゃろジャン」と自慢してしまいました。

蚊取り線香は通常サイズではなくジャンボサイズ。
太さがジャンボなのではなくて長さがロングなので、ロングサイズとの表記が正しいと思われます。
極太うどんくらい太さがあったらもくもく煙が出て半径10メートル圏内にいる蚊は
いっせいに落ちるような気がします。でも自分がつらいか。

置いて普通にも使いますが、庭やメダカ作業で結構動き回るので
吊り下げタイプを腰にぶら下げて使用しています。
 
 
 
 
 

P1140020_2
 
両端二カ所に火をつけてフタをして、洗濯ばさみとかクリップで
腰のポケットとかにはさんでおけば動き回っていてもまず蚊に刺されません。
火は一カ所だけだと効果が弱いので両端に、がポイントです。
近所の庭友達のイツキおじさんが腰にぶら下げて農作業をしているのを見て
「カッコイイ~」とすぐ真似してみました。
薬局やホームセンターで普通に売っています。

朝一番、これをいそいでセッティングしないと蚊に刺されまくりです。
いやほんと、10秒間で3カ所は軽く刺されてしまうので
体に止まられないようにくねくね踊りながら急いで火を付けます。
でも激しく動くとライターの火が消えやすいのでそれがジレンマであります。

さて、メダカたちにごはんをあげながら庭を巡回しましょう。
 
 
 
 
 
P1140004
 
3号池では熱帯性睡蓮オーガストコッホの蕾が寄り添って伸びています。
たぶん今日開くと思いますがどんな風に開花するんでしょう。
ぶつかってしまい、お互い首を外に曲げる、というのが私の予想です。
(あとで写真を撮ってまた後日掲載します)。
 
 
 
 
 

P1140001
 
エドワード・モネの描いたような睡蓮の葉が浮かぶ静寂を思い切り乱しまくりのめめちゃん。
ばちゃばちゃばちゃばちゃ、今日も絶好調です。
先日はエサを取ろうとして大きい熱帯睡蓮の葉の上に乗り上がっている姿を目撃しました。
(本当だってば)。
 
 
 
 
 
P1140008
 
2号池。拡大してじっくりご覧ください。
じっと見つめていると深い森の中で水をたたえた小さな湖沼の前に佇んでいるような
雰囲気になってきませんか。
 
 
 
 
 
P1090636
 
いや、ここ、実際ほとんど深い森になってしまいました。
 
 
 
 
 
P1140009
 
2号池の隣にはヤツガシラ。3年目の株です。
昨年から植え替えしないままにしておいたら現在、底穴から長~~い根が
しっぽのようにみょーんと伸びてきています。
日本酒のラベルに書いてある「亀の翁」みたいなやつ。

でも水鉢内の不要物を吸い取ってくれそうな気がしてそのまま放置してます。
でもその触手(根)によってメダカが絡み捕られそうでもありちょっとこわい。
 
 
 
 
 
P1140012_2
 
1号池では第二期生のポンテデリアが咲き始めました。
春に伸びた一期生はもう咲き終えたので葉の姿だけ楽しんでいましたが
また芽が伸びてきてそれが育ち、花をつけてくれました。

ただこのポンテデリアという名前をつい間違え、プレタポルテと言ってしまいます。
アンダルシ~ア(←意味不明
 
 
 
 
 

Dscf0047_2
 
このプレタポルテはホテイアオイの仲間です。あれ?
かたやしゃっきりすっきり、一方はふっくらもっちりとスタイルは対極ですが。
でもどちらも美人。お好みはアナタ次第(笑
 
 
 
 
 

P1140016
 
ホテイアオイといえば水鉢「白茶」の斑入りホテイアオイがこんな巨大に。
この鉢、直径35センチあるんですけど・・・。
斑入りホテイアオイさん。やりすぎだと思います。
ここには点目と点目F2たちが計9匹いますが、何か特別なもの出してるのでしょうか。

点目ビーム・・・。
 
 
 
 
 

P1090991
 
しかし昨夜は風がかなり強かったです。アボカドの枝が何本か折れて落ちていました。

そうそう、昔広島に大型台風が来て塩害をはじめ大きな被害をもたらしたことがありましたが
朝、外の駐車場に置いていた実家のトヨタ・カリーナ72年式の屋根に
側に立っていた桐の木が折れて2メートルほどの枝がまっすぐ刺さっていました。
物持ちのいい父が気に入ってかなり長く乗っていた愛着のある車だったので残念でした。
ちょっとおしりが丸っこくてかわいいの。

しかし昔の車のコマーシャルっていいものが多かった気がします。
ケンとメリーの愛のスカイラインなんて今考えてもたいへんオサレです。

枝や枯葉を掃除するのも毎日の日課。でもうっかり素手で持ち上げるのは危険です。
小指の太さ20センチサイズのムカデが隠れていたりしますから。
しっぽ庭はけっこうデンジャラスなのです。
 
 
 
 
 
P1090992_2
 
日課といえば採卵した卵のカビチェックですが、こう暑いと朝晩点検しても
すぐカビが出てくるため
一応用意していたメチレンブルーを使ってみました。

ただこれが初めて使うためどうもいまひとつよくわかりません。
ネットで調べて試してみましたが入れてあってもカビが生えたり、孵化率が落ちたり、
どれが無精卵か判断つきにくいし・・・。
メチレンブルーを入れたからって安心せず毎日水替えしなきゃいけないのかな、
等々、考えていると不安になってきたのでやはり今までのように
毎日水換えこまめにチェック方式、でゆくことにしました。
 
 
 
 
 

P1090996
 
で、こちらは一度もメチレンブルーを使っていない卵。
これは点目ペアからこの春産まれた子供たちが成長して付けた初めての卵たち。
 
 
P1070753_2
 
こちらが点目ご夫婦。
 
 
 

点目は初産の卵から出やすいと教えていただきました。
8月5日に最初の産卵だったので今日で一週間目。無精卵はほんの数個だけでした。
中央上あたりの子がもう、いよいよ!って感じがします。どきどき。
でもこの時点でしっかり目が見えているということは点目ではない、
ということでしょうかれれれのれ!!???
 
 
 
 
 

P1140040_2
 
60センチ水槽セール1,000円ポチッ!と条件反射のごとく買ってしまいました。
左がそれで、黄金メダカばかりを集結。
 
 
 
 
 
P1140043_4
 
ハーレム水槽と同じく、私の姿を見ると寄ってきます。
私が好かれているのではなくフードが好きとわかっていてもかわいい。
ヒカリ、ダルマ、そして今年生まれの育ってきた子供メダカもいます。
小さくとも黄金、ってすごいですね。しかもラメ入りが多いんですよ。
成長が楽しみです。少なくとも10センチくらいになりますように。
 
 
 
 
 
P1140050_2
 
上から見ると光の加減かやや地味。ちょっと金の相場が下がったような気が(笑
 
 
 
 
 

P1140023_2
 
さてこちらも子供たちが新たに参入した、お馴染みのハーレム水槽。
相変わらず派手で、吉原遊郭との別名があります。

中央からやや右下にいる、仔メダカにキスしているメダカさん。
せせらぎメダカさんからうちに来た美形シルバーメダカなのですが
卵を付けてもすべて無精卵。そして梅雨をきっかけにぱったり卵を産まなくなりました。
そこで姿を鑑賞することにしてこのハーレム水槽に入れたところ
一日おきくらいに産卵するようになりました。
画像を拡大していただければ卵を付けているのが見えるかと思います。
誰の子でしょうね。

ドジョウかな。
 
 
 
 
 

P1140037_2
 
上からも賑やかですが正面もお祭り騒ぎ状態で跳ね回っています。

最後に、短いですが動画をどうぞ。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
【お・ま・け】
P1140061_2
 
撮影が間に合ったので掲載。
うーんこれはフェイント。
ひとつは半開き、
片方は明日開花のようですね。
連勝複式あえなく玉砕。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * *  
 
ブログ再開の大きなきっかけとなったコメントをくださった「ともさん」から
とても愛らしいコメントをいただきました。
私の方こそ嬉しくて嬉しくてにこにこしてしまいました。

私自身はまだ個人様宛にコメントのお返事をすることに不安感を持っていますので
(うっかりした発言で傷つけてしまったりするのではないかと・・・)
ですからコメントをいただいてもお返事を書く勇気はありません。

今回はコメント欄を設けますが、どうか皆さん、
闘病中のともさん宛てにメッセージを書いていただけませんでしょうか。
きっとびっくりして、喜ばれると思います。
このブログを通じて少しでも世界が広がってくだされば、と願っています。
よろしくお願いいたします。

同時に、ひとり池でまだ見ぬ彼女との出会いを待っているツッチーへの
励ましのお便りも募集中です(笑

 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
いつもは余談やひとりごとは削るのですが、今日はしゃべりたい放題の記事となりました。
たまにはこういったのもお許しください。

───────────────────────────────────────────

« 光の洪水 | トップページ | 3×9+1 »

◆しっぽ庭ツアー」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは、ともさんへ

まずは、ねこぼーしさんのブログ再開を嬉しく思う者同士 「良かった、本当に良かった」と、喜びを分かち合いたいです。

 お身体の自由が制限されるご病気とのこと、さぞ お大変な日々を お過ごしと察しもうしあげます

今後、少しづつでも回復されるよう願ってやみません。

 身体もそうでありますが、心の健康も大切です。 一日何回笑えるか、明日の楽しみを待つ出来事があるか。

苦しみや悲しみに浸る時も人にはありますが、他人を責めたり 自分を責めたりしても解決には結びつかないでしよう

 ともさんは 今回とても良い事をなされました

ねこぼーしさんのブログ再開へ 強いきっかけをくださいました、そして それは ねこぼーしブログファンにとって、ともさんだから不可能を可能にしたと誰もが感じています。

 ねこぼーしブログファンの一員として、ともさんと云う 強いお仲間が出来た事を大変嬉しく思います。

ともさんの、オセイジやお伊達のない 真っ直ぐなコメント、 どうか これからも聞かせてくださいね

 ゆっくりでも、ともさんの お身体が良くなりますように千葉の空からお祈りいたします。


ともさん、こんにちは!!

僕もねこぼーしさんのファンですが、定期的に虐められないと
耐えられない体になってるんです(笑)

ねこぼーしさんのブログ再開、よかったですよね!!
きっかけを作って頂けたともさんに感謝です!!(^^♪

闘病中とのこと、大変と思いますが頑張ってください!!
高知から応援してます!!(*^_^*)

最後にツッチーに、根性見せたらんかい!(爆)
何なら高知にお越しを、よりどりみどりでっせ!!(笑)

私は「白いしっぽ」 ネコさん大好き派なんですが この「めだかのしっぽ」も自分の知らないことが沢山あって楽しんでいますよ。 お庭がどんどん変わって行くのが 楽しくってね~。
この前は なんだか良くわからない ねこぼーしさんの宣言で やめちゃうのかな~ と残念な気持ちでしたよ。
でも ともさんのコメントで 再開してくださり 嬉しいですね。

後でネコぼーしさんには 「馬鹿につける薬」でも 送っときますw

群馬より かかあ天下代表 ちかにゃん

ともさんへ

はじめましてです。 (*^-^)
ねこぼーしさんのブログ再開、私もうれしいです。
そのきっかけを作って下さったともさん、ホントにありがとうございました!

病気と戦ってらっしゃるとのこと、大変とは別の辛さなどがあると思います。
そんな中でも、誰かを励ますことのできるともさんってすごい!と思いました。
(私、何もできないよ・・・。)
大分の空の下から、ともさんに感謝と応援を伝えたいです。

実はアスペルガー(ホントに)な私なんですが、同じねこぼーしさんの
ファンとして、これからもよろしくお願いしますね~。 (*^-^)


ねこぼーしさんへ

おかえりなさい!! 。゜゜(´□`。)°゜。
まずはこの一言だけお伝えさせて下さいね。

ねこぼーし様
再開、たいへんうれしく思います。

肩の力を抜いて深呼吸~~~!!
なにもかも完璧な人間なんて魅力がありません。
たま~に、なんかまちがいを起こすくらいの人がちょうどいいのですよ。
ねこぼーしさんは、ちゃんと振りかえりができるし反省もできる。
それが出来ない大人がどれだけいることか・・・
あまり自分を責めないでください。
それに「あなたが悪い!」と、言って叱ってくださる人がおられる事を
誇りに思ってください。
本当に嫌な人は、お叱りの言葉や批難の言葉さえかけたくないものですよ。

ともさんへ
応援の言葉や励ましの言葉はおくりません。
しいていうなら・・・
いっしょにこのプログたのしもうぜ!

ともさん、こんばんわ。ありがとう。ほんとにありがとうございます。
ねこぼーしさんがブログを再開してくれるキッカケをつくってくれて!
私、このブログの前にねこぼーしさんが別のブログを書かれていたときからのファンなんです。
今回、くわしくはわからないけど尊敬する人を怒らせてしまったから
ブログをやめると読んだときはショックで泣いちゃったけど、ねこぼーしさんのことだから本気なんだなと思いました。
だから私は言えなかったけど、ともさんが勇気を出して言ってくださって、
そして再開することになってほんとに嬉しいです。
ともさんの勇気のおかげです。ありがとうございます。

ねこぼーしさん、私もお友だちを怒らせてしまってずっと苦しかったことがありました。
毎日泣きました。
謝っても謝ってもゆるしてもらえなくてすっごく苦しくて、だけど学校は休まず毎日行ってひとりでがんばりました。
そうしたらある日そのお友だちが、苦しんでるのわかってるのにほっといてごめん、って反対に謝ってくれました。
怒ったままというのはすごく苦しいように人間は出来ている、って本で読んだんだそうです。
私は自分が苦しいばかりだと思ってたけどその子も苦しかったんだそうです。
だから今すぐじゃないかもしれないけどねこぼーしさんが怒らせてしまったその人もきっと許してくれる日が来ると思います。
優しい人って書いてあったしきっと大丈夫ですよ。
でもブログあんまり無理しないでくださいね。
ねこぼーしさんは無理しちゃう人っていうのは長いファンだからわかるんです。
でもやっぱしブログの再開嬉しいです。

たくさんのコメント ありがとうございました。
コメントを 頂いた方たちにお一人づつお礼を と思いますが 気力体力共続かないので お許しください。
しゃべるイモムシ 文句をゆう丸太ん棒と言われている私が 家族と親友以外から励ましや感謝の言葉をもらうなんて ほんとにビックリで不思議な気持ちです。
人間的に全然で、ポンってこの世界から居なくなれればいいのにっていつも思っているような 人なのに・・・。
でも素直に感謝して みなさんと一緒にしっぽ庭のめだかや松子さん、竹子さん、猫さんたちの日常を楽しませて頂こうと思います。お仲間入れて下さいね(o^-^o)機能回復はもう無理ですが、サボり気味だったリハビリを頑張っちゃおうかと今燃えています。 
ねこぼーしさん このような出会いと絶対に交わることのなかった方たちと気持ちを繋げて下さって 本当にありがとうございました。「めだかのしっぽ」って ほんとにすごいブログです。
ずっと 続けて欲しいので 無理しないで下さいね。 イモムシも 電池が切れそうです。しっぽ庭、いのちが あふれてます。今から 夢の中であのベンチに座って!感じたいです。おやすみなさい
 

おはようございます♪「ブログ再開」のニュースを聞いてどれだけ嬉しかったことか。
朝、ブログを開いてシッポ池ツアーが出来た喜びは最高でした。
懐かしいみんなに会うことが出来ました。有難う、ねこぼーしさん(^^)v
どなたも傷つくことのない方法。これが正解だと思いました。
昨日は喜びを胸に抱いてお出かけしてコメントが遅くなりました。

ともさんの嬉しいコメントが続きますね。PCを打つのも大変だったでしょうに。。。
今回、みんなを救ってくれた天使さんですね。私からもお礼を言いたいです。
コメントが遅れたので、ともさんの書き込みの上にこのコメントがあると思って下さいね。
不自由を背負ったともさんですが、きっとそれだけ大きな方なのだと感じました。
これからも皆に希望を与えるともさんでいて下さい。リハビリ頑張ってね。応援してますよ(^O^)


書き忘れました。ともさんの↑の書き込みの中の
「しっぽ庭、いのちが あふれてます」これなんですよね。
読んだとき感動で涙が出ました。ここんとこ泣いてばっかりです^m^
sarinaさんのようなファンもいらっしゃって嬉しいですね。
やれやれ。。。ねこぼーしさん、メッ(*^^)v

 
 
(ここにブログへの中傷記事が入りましたが、削除させていただきました)
 
 

なんでだろ なんでだろ なんでだろ
ブログって つくった人が感じたことや想いを綴るのでしょう?ちがうのですか?
その人の 世界観が共感できたり なにかを感じた人が 楽しく訪れれば いいのでしょう?
あの庭の生き物や植物、そのすべてにかける愛情を感じないの?

偽善者は 私の近くにたくさんいます。 愛を想いを 全然感じないの。ご自分の都合だけでやさしくしてくれます。 上の立場でお話も行動もされる方です。対等じゃない。
私 ねこぼーしさんってすごいと思うの。このブログを訪れる不特定多数の人に 自分のすんごい駄目で「そら、あんたがあかんわ」って言われる事を 教えられるって。胸が痛くて、えぐれるようなコメントがくるかもしれないのに。えぐられたい為に そんなこと書く人っているのでしょうか?

助けてください・・・。 人を思いやる気持ちって ネットなどでは大事じゃないのですか?
心臓が痛い痛い。またねこぼーしさんと会えなくなるの?めだかのしっぽファンのみなさんと
楽しめなくなるの? 私の前から あのいのちいっぱいの庭がきえるの?いやや。
お願いします。 あんなんの相手せんといてください。えぐられて 終わらんといてください。

もう私の電池切れます。このコメントがもっと困った状況にしてしまったら ごめんなさい。消せるならけしてくださいね。ごめんなさい  

十人十色といいますが、いろんな方がいらっしゃるものだと思いました。
意見はいろいろあっていいと思いますが、人を不快にする言葉を聴くのは
やはり辛いです。口から出した言葉はもう返りませんから。
そんな中でお説教なさる方もいらして胸が温かくなりましが・・・

ともさん、大丈夫!ねこぼーしさんは苦しまれたあげく、結論を
出されたのです。ねこぼーしさんはそんな柔な方じゃないと思うな。
もうお気持ちは揺るがないと私は信じています。
これからも「しっぽ池のいのち」を伝えるためにね。
心配しすぎて体調を崩さないようにしてね。

ともさんへ

心を乱されてしまってると思います。
ですが、ゆっくり休んで充電していて下さいね。
あなたのコメント、思いやりに溢れています。
何も「ごめんなさい」と書かれるようなものではないと私は思います。


ねこぼーしさんへ

かなり辛口なコメントが寄せられてますが、お気をしっかりして下さいね!
落ち込まれてる時にさらに深みに潜ってしまわれないか、すっごく心配です。

私がブログを始める時に、ある人から、
「明らかに嫌がらせなコメントは相手にするな。でも、批判・辛口コメントは
1種のアドバイスだと思え」ということを教えられました。
そして、仕事でも「お客様からのクレームも裏を返せばアドバイスなんだ」と
日々言われています。

(あの方達のコメントは文章だけでは悪意なのかどうなのかは私にはわかりませんが。)

少なからず、ショックを受けてらしてるんじゃないかと思います。
こんな状況で「がんばってブログ書いて、続けて!」と押し付けられないんですが、
無理をなさらず、休みたい時は少し休んで下さいね。
それで、また落ち着かれたらお話しましょうね。

とんちんかんな事書いてたらごめんなさい。 

ねこぼーしより ともさんへ

ともさん、ともさん、心配しないでください。
早朝からついさっきまで庭の手入れをしていて、今コメント欄を拝見して
びっくりしてしまいました。
上の私への批判はいつでも消せるのでとりあえず置いておいて
世間にはたくさんの考えの方がいらっしゃいます。

でも、ともさん、安心してください。
ブログはこれからもちゃんと続きます。泣かないでください。
世の中にはたくさんの人がいて、たくさんの考えがあります。
批判は私に向けられたものであって、ともさんは何の心配をすることもありません。
私自身、批判されても仕方ないくらい罪なことをしたのですから
これは仕方のないことだと思います。
でももう、私は揺れません。ブログはちゃんと続きます。
安心してください。しっぽ庭も「めだかのしっぽ」も
消えてなくなることは絶対にありません!

そしてここからは・・・後日記事に書いてともさんを驚かせようと思っていたこですが
「しっぽ庭とブログと私はちゃんとここにあって、これからもずっと続く」ことを
わかっていただいて楽しみを持っていただくために今、発表しますね。


ともさん、しっぽ庭へ遊びに来てください。


今朝、美しく咲いた睡蓮の花にカメラを向けながら
ひとりで見るのはもったいないなあ・・・。
記事にのせて皆さんに見ていただきたいし・・・
私の気持ちに光を届けてくれた、ともさんにも見せてあげたいな・・・
と思いながらシャッターを切った次の瞬間、
「そうだ!ともさんに来ていただいて本物を見てもらえばいいんだ!」と
思わず立ち上がってしまいました
(いきなり立ち上がるのは腰に危険というのを完全に忘れておりまして
ちょっとグギッとなりましたが)。

寝たきり、とはおっしゃっていらっしゃいましたが何らかの方法で移動なさることは
まったくの不可能ではないはず、と考えました。
もちろん今すぐというわけではないですが
この「ともさんをしっぽ庭にご招待する」という思い付きは
すぐに私の夢となり、現実的な計画を真剣に考えはじめました。

もちろん無理強いではなく、ともさんご本人のご意志を確認し、
お気持ちを尊重しないといけません。
ただ、「人に迷惑をかけることに抵抗がある・・・」というご理由でためらいがあるのでしたら
それはまったく心配はご無用です。
私自身がともさんに来ていただきたいという希望を抱いているので
ともさんとご家族の方には何の負担もない方法を考えさせてください。

今、コメントを読ませていただいたところ、関西弁が出ていらっしゃるので
広島とは近いので車で迎えに行けるではありませんか!

ともさん、しっぽ庭でメダカたちや金魚のめめちゃんやカメの松子竹子に
会ってくださったら嬉しいです。
また先の記事でちょっときれいに、少し広くなったしっぽ庭の様子をお届けします。

ともさん、しっぽ庭はともさんがおっしゃってくださったように「いのち」を持っています。
それは私自身、毎日感じて、毎朝しっぽ庭に行く度に
新鮮な気持ちになるんです。
妖精がいるのも時折感じます。
そんな空気をともさんにも感じていただきたいと思いました。

上のコメントのことは忘れて、今はこちらの、希望あるプロジェクトのことを
考えてみてはいただけませんか。


▽▽さん、ミモザさん、Seyさん。お心遣いありがとうございます。
一分でも早くともさんに安心していただくために
詳しいお礼の言葉は、後ほどさせていただきますね、ご了承ください。

相変わらず、しっぽ工務店さんはすごいですね。
二階まで届く大きな木まで剪定してしまうんですか?
それにこんな大きなスダレを横に掛けてしまうとは、スゴスギです。

竹子梅子も綺麗な亀ですね。しっかり見られてるし…
アンタッチャブルな部分にぶつからないように、気をつけてくださいまし。

それからですね。脱水予防として水分も大事なんですけど
塩分も、ほどほどに摂取する事おすすめします。
職場では、たくさんの熱中症の方が見えますが
水分はしっかりとっていても、塩分不足で倒れられる方がたいへん多いですよ。
梅干しとセットで作業してくださいまし。
意外と曇りの日の方が多いんです。気を付けてくださいね~

この画像のめめちゃんを見ると「ジョーズのように…」ってなんかわかった気がしました。
ポンテデリア綺麗ですね。私もいつか手に入れたいと思っているんですけど
名前が出てこないので、パソコンのデスクトップのメモ帳に貼ってあります。
でも、なかなかお目にかかれない~

いまさらながらアボガドですけど、食した後のアボカドの種から
芽を出させた事ありますが、こんなに大きくなるんですね。
しかも倒木からさらに延びたなんて自然ってすごいです。

また!なつかしいカリーナ…当時の人気の車ですよね。もったいない。

ハーレム水槽。すごい綺麗ですね。
これだったらうちのチビさんも魚と認識してくれるかも。
バックの水草に映えて美しいです。写真の撮り方もうまいのかも。

ツッチーも恋人みつかるといいですね。
でも、ねこぼーしさんの事だから…オタマジャクシ池の予感がします。

それから、ヤマトさんっていうから、エビさんを思い浮かべてしまった。

心が凍えてしまうような事件やら、なんやらありますが
私はこのサイトに充分に癒されます。
他にもたくさんビオトープ関係のサイトありますけど
なんとも、生きて行くのがヘタで、人間くさいブログ主が大好きになったからかもしれません。

ともさ~ん!
私も息子に、たかがネットだと思うな!モニターの向こうには生身の人間が必ずいるからと、言っていますよ。
私も、ネットでも思いやりを忘れないで利用したいと努力したいと思ってます。

しかし、時と場合によっては、たかがネットだから気にしない!という事もあるようですね。
…今のねこぼーしさんには必要かも!

メモ帳づかいを覚えた私が長文駄文を書いてしまいました。すいません!
こんな長文書いている間に、力強いねこぼーしさんが降臨されましたね。

介護、看護には少しばかりですがお力になれるかもしれません。めちゃ微力ですが・・・

ともさん、ねこぼーしです。

「しっぽ庭に来てください」なんて突然驚かせてしまってごめんなさい。
本当はもっと何日かして落ち着いてからお伝えしようと思っていたのですが
批判のコメントにより、ともさんが悲しんでいらっしゃったのであわててしまい、
希望を持つ気分になっていただけるかな、と思ってつい書いてしまいました。
「早急すぎるのでは?」と先輩からのメッセージを拝読して
客観的に見るとやはり・・・と思い、焦り、こうして追伸を入れています。

とりあえずこの件は置いておいてください。
そしてブログを続けることはお約束しますから今はいろいろ考えすぎないでください。
驚かせてほんとうにごめんなさい。
お返事を、と無理なさったりせずお体と気持ちをゆっくり休めてくださいね。

●皆さまへ ねこぼーしより

ともさん宛てのコメントをお願いしたところ、愛にあふれた
優しいメッセージを寄せてくださってお礼を申し上げます。
そしてともさんが喜んでくださり、リハビリも頑張ると言ってくださったこと、
とてもとても嬉しく感じております。
ただ、そのあとで私を批判するコメントが入り、ともさんの気持ちが傷ついたことを
悲しく悔しく思っています。
あとで気付いたのですが、以前のブログで私を快く思っていない人がいて
単語(偽善的とか)や文章からどうやらその人らしいと見当がつきました。
だから本当に私が攻撃されているのであって、ともさんは何も悪くないので
あのコメントのことは忘れて、気持ちを復活させていただきたいと
今はそればかり願っています。
あのふたつのコメントは削除しました。


個人様宛の文章を書くことは、
また私が調子に乗って失礼なことを言ってしまうのではないかという強い怯えがありますが
短くともお礼を申し上げなくてはと思いました。
まずお願いですが、私が何か失礼なことを申し上げたらその場ですぐ叱ってください。
指摘されないとわからないほど馬鹿で無神経な自分に今回気付き、
四六時中頭の中は後悔でいっぱいで、寝ても覚めても、というのはこういうことを言うのかと
苦悩しているのが正直な現状です。
それでもその苦しみに耐えることを戒めとしながらも、前を向いて歩んでゆく・・・
そして、ともさんの気持ちを守ることが今の私の使命だと思っています。

どうかよろしくお願いします。


●山鳩さんへ
今回はともさん宛てに温かく優しく思いやりにあふれたコメントをくださって
ありがとうございます。

> 一日何回笑えるか、明日の楽しみを待つ出来事があるか。

この言葉がどんなにともさんの気持ちの励みになったか、と思うと同時に
私自身もここ数日笑顔を失っていたことに気付きました。

ありがとうございました。


●take51さんへ

takeさんの明るい言葉でともさんの気持ちはとても弾んだことでしょう。
ありがとうございます。心から感謝します。

ともさん、takeさんは私がからかってもそれをちゃんと冗談として受け止めてくれる
楽しく、そして情に厚い素晴らしい方なんですよ。
よろしかったらブログに遊びに行ってみてくださいね。
http://medaka-hamatta.seesaa.net/


●ちかにゃんさんへ

いつも明るくておちゃめなちかにゃんさん。
お友だちみたいにやさしく楽しく話しかけてくださってともさんはきっと
ニコニコなさったと思います。

ちかにゃんさん、馬鹿につける薬、飲み薬、貼り薬、全部よろしくお願いします。
ありがとうございました。


●Seyさんへ

ご自身のご病気のことまで話されて、ともさんにとってSeyさんは
身近な優しいお姉さん、みたいに親しみを感じたことでしょう。
私はともさんの純粋な気持ち、正直な言葉に救われました。
ともさんの言葉ってきらきらしていて、美しく輝く色とりどりのガラスの玉みたいですよね。

そしてあの批判コメントについてはさらに私の反省材料としますので・・・
ブログ再開の気持ちは変わりませんので心配なさらないでくださいね。
ありがとうございました。


●うさぎのしっぽさんへ

ブログの再開を喜んでくださってありがとうございます。
そして力強い励ましをありがとうございました。
自分を責めないでください、と思いやりの言葉をかけていただけてありがとうございます。

ただ、今回のことは本当の本当に私の馬鹿な行為と発言で起こったことですので
私は自分を責め続けたい、といったらへんな言い方ですが本当にそんな気持ちなんです。
ちょっとやそっとの過ちではありませんので後悔して苦しむこと、自分を責め続けることが
自動的に私の心の中で常に行われている状態です。
今は徹底的に自分を追い詰めて反省する時期であって、それを怠ると
かえってこの後の人生で、私は私として生きて行けない気がするんです・・・。

そしてともさんの心を守りたいと思う気持ちで、今はなんとかふんばって立っています。
うさぎのしっぽさん、ありがとうございます。


●sarinaさんへ

お久しぶりです!まだ読んでいてくださったと知ってとても嬉しい気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。
そして私の性格や行動などすべて把握していてくださってすごく照れます。
ともさんとsarinaさんってなんとなく同じ年代のような気がします。

sarinaさんもお友だちを怒らせてしまったのですね。
sarinaさんは素直でいい子ですので、もしかしたら
ちょっとした誤解などから起こったことではないかという気がします。
sarinaさんは相手を怒らせようとして怒らせるような方ではないですものね。

「怒ったままというのはすごく苦しいように人間は出来ている」・・・。
確かに怒る、というのはたくさんの感情が動きますからエネルギーがいりますね。
さらにそれを持続させるのはほんとうに疲れると思います。
でもね、sarinaさん・・・私は相手の方を心の底から怒らせてしまったので
その方は怒りを持続させるのではなく、頭の中から私のことを消滅させる方を
選んだのではないかと思います。
sarinaさんの言葉に私も期待を持ってしまったけれど、私にはそれが望めません。
ただ、何年かけても私は反省し、もし偶然にもお会いできて直接謝ることが出来れば・・・
そんなかすかな希望をたよりに、生きてゆきたいと思います。

ごめんなさい、あんまり懐かしくて嬉しかったのでしゃべりすぎてしまいました。
コメントありがとうございました。


●ミモザ。さんへ

ご心配をかけて申し訳ありません。「ねこぼーしさん、メッ(*^^)v」がものすごく嬉しかったです。
しっぽ庭も「めだかのしっぽ」もこれからもずっと続きますので安心してくださいね。
ともさんへのメッセージもミモザさんらしい易しく包んでくださるような言葉で、
ともさんはとても喜んでくださったと思います。

ミモザさん、しっぽ庭はともさんのおっしゃるとおりいのちがあふれています。
生きているのを感じます。
そのエネルギーが皆さんに伝わるような記事を書き続けてゆきたいと思っています。

ありがとうございました。
 
 
 

この記事へのコメントは終了しました。

« 光の洪水 | トップページ | 3×9+1 »