2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 暴れ金魚と熟睡親子 | トップページ | 命のリレー »

2010.09.04

まだまだ知らないことばかり

P1140330
 
今年産まれた稚魚の中からようやく一匹、黄金セルフィンが出たのですが
先日、点目ペアから産まれた稚魚を入れた水槽を見ていると
またもや黄金セルフィンが見つかりました。きゃっほー!

可愛くてもうそれだけで充分なのですが、私には鑑定眼というか選別眼がないので
改良メダカに精通されている方はどういう基準でメダカを見ているんだろうと
すごく興味が湧いてきました。

例えばこのセルフィンちゃん、背びれがピンと立っていますが
これは出来るだけ長い方がいいのか、太さはどうか、
真っ直ぐよりも曲がっている方が珍重されるのだろうか、
そしてセルフィンって普通ヒカリだと思っていましたがこの子は尾びれが普通種のようです。
これはどういう位置に扱われるのか。

などと知らないことだらけなんです。
検索して調べたら「選別の基準」などはありましたが
私のような基本的なハテナ?はメダカ界においては常識的すぎるようで
書かれているものを上手く見つけることが出来ませんでした。
 
 
 
 
 

P1140398_2
 
こちらは先日頂いたセルフィンペア。
背中の特徴的なフィンが後ろに向けて曲がっていますネ。
 
 
 
 
 
P1140377_2
 
こちらも今年生まれの普通体型黄金メダカちゃん。
背骨はまっすぐが基本、と聞きました。
 
各ヒレへの色の入り方の優劣の基準ってあるんでしょうか。
色は入らない方が好ましいのか、入るのだったら先端まで入っている方が良しとされるのか、
尾びれへの色の入り方ですが、フチを囲むように色が入っている方が評価が高いのか。
日本の美の感覚「奥ゆかしさ」「はかなさ」から言うと
こんなふうにグラデーション的な日本メダカらしいかな、と思ったり。

そうそう!尾びれに黒い線が何本か入っていることありますが
あれはない方がいいのか、あるのも良しとされるのならどんな入り方がいいのかな。
 
 
 
 
 

P1090419_2
 
以前頂いたシルバーメダカ。背びれと尻びれの大きさが目立って迫力があります。
ヒレってこんなふうに大きければ大きいほど良しとされているのでしょうか。
尾びれは上に書いたようにふちどるように色が入っていますね。
 
 
 
 
 
P1090472_2
 
今年生まれの黄金メダカにはラメが入った子が多く見られます。
これも種類によってはたくさん入っている方がいいというのもあるのかな?
暖色系よりも青系に入っているのはとてもカッコイイ!
 
 
 
 
 
P1060979_2
 
これからも少しずつ知識を得てゆくと思いますが
「どの子も個性があって可愛い」の気持ちは変わらないことでしょう。

「ウチの子一番可愛い!」(親馬鹿)wink
 
 
 
 
 

<P1070212_2
 
P1070729
 
P1070752_2
 
P1070945_2
 
P1080217_2
 
P1080724_2
 
P1090330
 
 
 
 
 
P1080814_2
 
幹之の基準は点光、弱光、強光、スーパー光と分けられているようですが
光の強さとか幅とか長さとか微妙なことはやはり私には判別できないです。
 
 
 
 
 

P1090391_2_2
 
この初夏にVictory工房さんからいただいた幹之メダカさんたち。
 
 
 
 
 

P1140464
 
いただいた当時はまだ幼くて光も弱かった子が成長につれて光が強くなってきました。
これはスーパー光と呼んでもいいのでしょうか!
 
 
 
 
 

P1140467
 
暗くすると鮮やかな蛍光色。
 
 
 
 
 

P1140472_2
 
ころんとしたダルマ体型の子です。オス・・・かな?ダルマの雌雄の見分け方は難しい。
 
 
 
 
 

P1090901
 
ところで今年産まれの子には、ダルマから生まれた子じゃなくとも
ダルマ、半ダルマがよく見られます。
水温もまだ低かった時期に産まれた子でも多く見られました。

すでに遺伝子にしっかり入っていて出やすくなっているのでしょうか。
そのうちダルマが出る確率が高くなりすぎて
「ダルマが出やすい状況になっていますので孵化環境は出来るだけ水温を下げてください」
なんて言われることになったりして!
 
 

 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ


(今回の記事は過去の画像を多用しました)

───────────────────────────────────────────

« 暴れ金魚と熟睡親子 | トップページ | 命のリレー »

★メダカ」カテゴリの記事

コメント

ねこぼーしさんは 「おてんば」さんですね♪

妖精さんが 支えてくれていたので 落下しなかったんですよ~。

わたしも今日は 改築中の実家の古い台所の板壁を脚立に上がって拭きました。

40年の汚れが・・・・。

今回 台所は南の部屋に移動したのでここは 物置的な空間になります。

でも きれいにして今までの労はねぎらわなくてはね。

やっぱりねこぼーしさんのめだかさん達をみていると落ち着きます。
どの子もとっても素敵ですね☆
私のようなド素人はめだかの種類がちっとも分かりませんが、
めだかが傍にいるだけで、眺めているだけで嬉しくなります。

ちなみにうちのめだかは、ヒメダカ、白メダカ、黒めだかを一緒に入れているので、
今年はブチが生まれたり、なんだか白メダカが多く生まれましたよ~。
どの子もとっても可愛いです。

●ちかにゃんさんへ

おてんばさん、って可愛い響きでいいですね。実の内容は「無謀さん」ですが(笑
木に登るのは久しぶりなので素足の指の力の入れ方を忘れていましたが
思い出すとおサルさん気分で楽しいものです。
けど、登るのはいいけど降りるのが怖いのは猫といっしょだと思いました(笑
途中、ヒヤリとする場面もありましたが、そっか、妖精さんが支えてくれていたのですね♪

家にも感情に近いものがあるって聞いてからは一人暮らしでもちゃんと
「行ってきます」「ただいま」を言うようになりました。
だからちかにゃんさんの、労をねぎらい感謝を込めて台所の壁を掃除するって
素晴らしいことだと思います。
昔、帝国ホテル(だったかな)が取り壊しにされることになったとき
取り壊し当日の朝もドアマンが扉や手すりをきれいに磨いていたそうです。
いつものように。感謝を込めて。

そんな話を思い出しました。

●にゃんころさんへ

メダカの姿はしなやかでやさしくて、その動きを見ていると本当に落ち着きますね。
それにメダカって時々口をぱくぱくさせて、それを正面から見ると笑っているように感じるので
親しみを感じて嬉しくなっちゃうんだと思います。

ウチの子を素敵、って褒めてくださってすごくヤッホーーー!です。←親馬鹿(笑
ブリーダーさんやプレゼントしてくださった方の努力でこんなに綺麗なメダカが生み出されてきて・・・
だからその命を繋いでゆきたいと思っています。

私もにゃんころさんのとこみたいに、いろんな色同士の子が混ざって泳いでいる風景が
とても好きなんです。パーティみたいで楽しそう。
稚魚もたくさん産まれましたか。良かったですね〜!元気に育ってほしいですね。
「どの子もとっても可愛い」ですか。にゃんころさんもしっかり親馬鹿してますね〜heart

選別眼・・・皆さん、良個体についての認識に違いがあると思うので個人個人が良いと思う個体は良個体でいいんじゃないでしょうか~

黄金セルフィン・・・長さ、太さともに立派なセルフィン鰭だと思いますよ~。
尾鰭は一見 三角に見えますが 上下、真ん中に色乗りが見えますので間違いなくヒカリ体形のものですね。

個人的には4枚目の写真のシルバーヒカリがgoodです。
体色は勿論ですが、背骨が真っ直ぐで各鰭が大きい個体には魅力を感じます。

●フッシーさんへ

コメントありがとうございます。

> 皆さん、良個体についての認識に違いがあると思うので

そうなのですか。これが正解、みたいなものとは少し違うんですね。
写真はセルフィンのF1から産まれた中で初めて見つかった子で
最初見たときはまだ虫眼鏡でやっと確認できるくらいだったんです。
そんな小さくてもちゃんと背中のフィンがぴっと立っていたので「おお〜!」でした。
なるほど〜、尾びれは色の乗り方でヒカリ体型だとわかるのですね。
勉強になります。これからもっとよく観察して見てみます。

フッシーさんが気に入ってくださったシルバーヒカリはせせらぎめだかさん作出なんです。
一流のブリーダーが作出したメダカにはやはり
一流の鑑定眼を持つ方が注目されるんですね。
せせらぎさん、フッシーさん、さすがだなあと感心しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暴れ金魚と熟睡親子 | トップページ | 命のリレー »