2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 笑顔がいちばん! | トップページ | サザエさんと七輪 »

2010.10.10

めめちゃん物語

Imgp0400_2
 
今でこそ我が者顔で3号池を活発に泳ぎ回っているめめちゃんですが
ここに入る前はいろいろありました。
これまでに少しずつ記事に書いていたことをまとめ裏話も付け加え
ちょっと長くなりますが今日はそのへんのお話を・・・。
 
 
 
 
 
P1070177_2
 
5月3日、金魚すくいの達人によりウチに持ち込まれた金魚。
メチレンブルーでしょうか、青い水の中で大きな体をくねらせていました。


 
 
 
 
 
P1070503_2
 
ていねいに水合わせをしてから水槽に放流。
落ち着かない様子でうろうろしていました。
 
 
 
 
 
P1070273_2
 
P1070561_3
 
人慣れしていないためカメラを向けると、さーっと奥に逃げてしまいます。
 
 
 
 
 
P1070264_2
二日後、産卵していたのでメスだと判明。
 
 
 
 
 
P1070499_2P1070498_3_2
 
P1070297_2_2
 
左側と右側の、特に目の表情が違っているので
「めめちゃん」と名付けました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1070389
 
昨年ウチで産まれたリン・レンのような活発さはなく
 
 
 
 
 

P1070271
 
なんとなくぼんやり泳いでいるといった感じでした。
 
 
 
 
 

P1060533_2
 
その時期、室内水槽にやはり昨年生まれのミクちゃんがメダカ水槽に住んでいましたが
成長も遅くしょっちゅう元気をなくしてはその都度塩水浴したり
ヒレが充血しては薬浴したりと、とても心配な子でした。
 
 
 
 
 

P1050304
 
でもよくフードも食べるようになり、健康状態も落ち着いていたため
思い切って庭の水槽にいるめめちゃんと一緒にしてみることに。
5月12日、めめちゃんがウチに来て9日目のことです。
 
 
 
 
 

P1070592_2
 
P1070593
 
ミクちゃんはちょこまかよく動く子で、めめちゃんのあとをよく追って泳いでいました。
 
 
 
 
 
P1070596_2
 
それにつられるようにめめちゃんも以前より活発に動くようになりました。
 
 
 
 
 
P1070598_2
 
すっかり仲良くなり二匹とも健康で毎日を過ごしていた頃、私はといえば・・・
 
 
 
 
 
 
P1070986
 
穴、掘ってました(笑)。3号池です。
 
 
 
 
 

P1080161
 
完成までの経緯は6月5日記事「第3号しっぽ池 by しっぽ工務店」でどうぞ。
 
 
 
 
 

P1080346_2
 
しかし池完成の喜びも束の間、悲しいことが起こりました。
ミクちゃんが死んでしまいました。
前々日に元気をなくしていたので別の容器で塩水浴をさせていましたが・・・。
6月9日の朝のことでした。

孵化から成長を見守ってきたミクちゃんの死はあまりにもつらすぎて
記事に出来ませんでした。
 
 
 
 
 
 
 

P1080299_2
 
そしてめめちゃんはまたひとりになりました。
 
 
 
 
 

P1080300_2
 
たまに泳ぎだしても
 
 
 
 
 
P1080302_2
 
すぐ水槽の隅へ隠れて、一日のほとんどをそこで過ごすようになりました。
病気ではないようでしたがそんな様子に胸が痛みました。
 
 
 
 
 

P1080534_2
 
さて、3号池に水を張ってエアレーションをかけ続けて約10日。
メダカ第一陣を放流しました。
 
 
 
 
 

P1080416_2
 
10日ほど様子を見ていましたが、メダカたちも池に慣れフードも元気に食べ健康そうです。
水質のチェックも行ったところ何の問題もなし。

それで一大決心をして、めめちゃんをここに放流することにしました。
6月25日のことです。
 
 
 
 
 
P1080863_2
 
ミクちゃんが死んでから半月はたっていましたが時折泳ぐ程度で、
水槽の隅でじっとしたままだったので
荒療治とは思いましたがこれが「吉」と出ますようにと願いながら
まずはじっくり時間をかけて水合わせをしました。
 
 
 
 
 
P1080865_2
 
水合わせのあいだ、やはりじっとしてほとんどこの体勢でした。
 
 
 
 
 

P1080560_2
 
放流するとすぐ水底へ泳いで行き、睡蓮鉢の陰に隠れてしまい
そこでじっとしているようでした。
 
何度池を覗き込んでもめめちゃんの姿は見あたらず心配でたまらなくなってきた頃・・・
 
 
 
 
 

P1090055_2
 
底をゆっくり泳ぐめめちゃんの姿を発見しました!放流して4日目のことです。
 
 
 
 
 
P1090084_2
 
最初は底のほうでぐるぐる泳いでいるだけでしたが
 
 
 
 
 

P1090057
 
そのうち水面へと上がって来ました。元気そうです。
 
 
 
 
 

P1090346_2
 
ためしにフードをまいてみると、勢いよく食べてくれました。ヤッター!
 
 
 
 
 

P1090347
 
メダカたちはやはりその大きさにびっくりしたのかさーっと逃げてゆきます(笑
 
 
 
 
 
P1090629_2
 
そして後日リン・レンも池に移しました。この二匹はすぐ池に慣れました。
 
 
 
 
 

Imgp0288_2
 
メダカたちとも馴染んだようで、元気よく泳ぎ回っています。
 
 
 
 
 
 
 
 

P1140087_2
 
・・・・・・といった経緯があって、今のイキイキとしためめちゃんがあるのでした。
 
 
 
 
 

P1140085_2
 
P1140696_2
食欲旺盛で
 
 
 
 
 

P1090700_2
 
新しい住人の参加には必ず立ち会い(笑
 
 
 
 
 

P1140505
 
Imgp0267_2
いろんな表情も見せてくれるめめちゃん。
 
 
 
 
 

P1080303_2
 
初めてウチに来た頃、そして
ミクちゃんがいなくなった
時期の顔と比べたら
まるで別の金魚です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  
 
 
 
 
P1140501_2
 
今日も暴れ金魚のめめちゃんですがやはり元気がイチバン!
 
 
 
 
 
 

【お・ま・け】
 
Imgp0061
 
ゴハンおねだりめめ・・・heart04heart04heart04
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
しっぽ庭へやって来て五ヶ月。3号池に入ったのが三ヶ月半前だというのにすでにこの存在感。
あとは無事に冬越しできますように。

───────────────────────────────────────────

« 笑顔がいちばん! | トップページ | サザエさんと七輪 »

◇第3号しっぽ池」カテゴリの記事

★金魚」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜

めめちゃん なぁんてラブリーなんでしょう!
過去の悲しみを乗り越えて
いきいきと人生(魚生?!)を謳歌しているようですね
以前ねこぼーしさんと暮らしていた
目付きの悪い黒出目サンといい(大ファンでした。本当に残念です)
個性的な金魚サンたちですね(*^^*)

ヤッパリ しっぽ庭は「ワンダーランド」なんですよ。
妖精さんの息のかかった生物は 個性豊かにバケルのね。

一番は もちろんねこぼーしさんよね~。

最近 私も 来年辺り実家に同居の予定ありだから 実家の庭木など手入れするけど
家の裏なんか あまりゆかなかったのでなんとなく 何かが潜んで家を守っているみたいな感じがするのね。 不思議だw

今日の記事を読んで、普段一匹で好き勝手にしているように見えて、
魚にも嬉しい悲しいってやっぱりあるんだろうなと思いました。
今のめめちゃんが、皆とにぎやかにしていて良かったなぁ…

●なおみんさんへ

なおみんさん、こんにちは〜!
おーっ!クロデメの頃から読んでくださっていたのですか。嬉しいなあ。
クロデメはキャラが濃ゆかったでしょ。そうそう、あの目つきがネ(爆
金魚もメダカも普通に飼ってたら個性がわからないのですが
じーっと観察していると、それぞれにクセとか好きなもの、嫌いなこと、
この場合はこう反応する、とかわかってきてキャラができてそれがすごく面白いんです。
というかそういうのが私、好きなんでしょうね〜。小さな虫にも人格形成しちゃう(笑

めめちゃんは金魚すくいでやってきたので、とにかく死なせたくないと思い
腫れ物にさわるように大事に扱って来ました。
だから今、3号池で暴走金魚だのジョーズだの珍獣とか呼ばれようとも
元気な姿が嬉しくて嬉しくて。
「今年の嬉しかったことベスト10」に間違いなく入るほどです(^∀^*)

●ちかにゃんさんへ

あはは、しっぽ庭での摩訶不思議現象や妙な出来事や思いもよらぬ発見など
伝説は数あまたありますが、私自身が一番の「おとぎの国の不思議サン」ですか(笑
しっぽ庭の魔力は相当強いですからね〜。

ちかにゃんさん、ご実家に移り住む予定なのですか。庭があるのですね。
植物のあるところにはおっしゃるとおり「何か」がいますから
手を入れていくにつれて生命力が強くなってゆくと思いますよ。
そうですね、その「何か」が家を守っている・・・

私もしっぽ庭に守られているように感じます。

●ツカバラさんへ

ツカバラさんとこでたまに一匹だけでの薬浴の様子を拝見したりしますが
やはりあれ、寂しそうに見えますね。
人間は「寂しいという感情」になりますが、金魚やメダカだと「不安という本能」
なのかもしれませんね。
きっと群れをつくるのがいちばん安全、という習性が魚にあるのかなと思います。
海中の映像で小魚が群れをつくって補食者から逃れようとする様子を見ても
あの群団でひとつの生命体みたいですものね。

それに周りに動くものがいないということは刺激がないし
めめちゃんはミクちゃんといつも並んで泳いでいたので
急にひとりになってすごくストレスだったのだと思います。

今のめめちゃん、本当にいきいきしているでしょ?
ツカバラさんにも「良かった」と言っていただいてウレシイです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 笑顔がいちばん! | トップページ | サザエさんと七輪 »