2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« にゃんでしょうね? | トップページ | メジロちゃんを探せ! »

2010.11.26

あたたかなしっぽ庭のいちにち

Imgp1403_2
 
きょうは朝からとても暖かないちにちでした。
 
 
 
 
 
P1160214
 
ほとんど雑草化したミント。
一度刈り取ったのですが根茎を伸ばしているためまたそこから芽吹いてきます。
緑が目に気持ちいい。
 
 
 
 
 
P1160212
 
そのミントにオリヅルランが飲み込まれようとしています。
「あ〜〜れ〜〜〜」(笑

そういえば北海道のブログ友が
「オリヅルランの地植えって新鮮」って以前コメントをくれました。
そうですね〜。普通室内の観葉植物ではありますが
こちらは雪もそう積もることはないのでこういうことが出来ます。

ランナーを伸ばして子株が根付いているのが見えますか?
 
 
 
 
 
P1160213
 
この雑然さが好き。
奥に白っぽく広がっているのは1号池の前のツリージャーマンダーで
その手前左に緑の小木が立ち上がっています。これは椿の木。
 
 
 
 
 
Sdscf0005
 
3年前はこんなに小さかったのに。
昨年(二年目ですね)、初めて花を咲かせてくれました。
 
 
 
 
 
P1060139_2P1060137
 
つぼみが色づき、そして開花。
 
 
 
 
 
P1060138_2
 
満開するととても上品な華やかさ。
 
 
 
 
 
Imgp1395_2
 
今年は昨年よりたくさんつぼみをつけているので楽しみです。
 
 
 
 
 
P1160241
 
アーティスティックにかじられたバラの葉。
しっぽ庭では薬剤を使わないのでかじられ放題ですが
ビオトープガーデンなんだからこんなのは気にしません。
 
反対に、誰がかじったのかが気になります(笑
 
 
 
 
 
P1160227
 
熱帯性睡蓮は外で越冬できないので温室に移すため掘り上げたら
水が濁ってしまった3号池。
奥のバジルは下の葉は枯れてきていますが
 
 
 
 
 
P1160229
 
上はまだまだがんばっています。
生協で購入した冷凍ピザを焼いている間に、この葉を十数枚もちぎって
その香りを楽しみながら何度も美味しくいただきました。
 
サラダにも使ったりするのでしょっちゅうぶちぶちちぎりましたが
どんどん脇芽が伸びてくるので「不死身のバジル君」と呼んでいます。
 
 
 
 
 
P1160236_2
 
そのバジルの下ではめめちゃんを先頭にリン、レンと続いて遊泳。
 
 
 
 
 
P1160238_2
 
やはりめめちゃんが先頭。
 
 
 
 
 
P1160228_2
 
やはり先頭。めめちゃんがいちばん年上なので年功序列みたいなのがあるのかな。
 
 
 
 
 
Imgp1408_2
 
Imgp1414_2
 
Imgp1412_2
 
Imgp1407_2
 
メダカたちも陽気に誘われて元気に泳いでいます。
こんな日は午前中に少しだけフードを与えます。
午後遅くに与えると夕方水温が下がったとき腸があまり動かなくなって
消化不良で体調を崩しますからネ。
 
水が白いせいか黄金メダカさんがとても輝いて見えます。
 
 
 
 
 
Imgp1405_2
 
うーん・・・じゃあめめちゃんも、ちょっとだけよ♪
 
 
 
 
 
P1160210
 
暖かいので竹子もお散歩のようですね。

「ずっと寒くてじっとしとったけん、体動かしたいんよ〜」
 
 
 
 
 
P1160232
 
もう温室にシートをかけたので、夜だけ松子竹子はここで休みます。
ちなみにこの温室は「グリーンライフ/ビニール温室 BO-U006」。
「ビー・オウ〜ゥ・ユウ!」ってのがなんかお洒落(意味不明
 
 
 
 
 
P1160202
 
角鉢まわりにあるのはクリスマスローズ。
本来ならこの時期は新芽がどんどん出て葉を広げてくるはずですが
今年は根元が固まったようになっていて芽の出るきざしすら見えません。

悲しいときいつもここで泣いていたからその影響かも・・・。
(植物って人間の感情にはデリケートに反応するんです)。
 
 
 
 
 
P1160208
 
にゃんず全員集合。
じゃなくて、シャム猫mixのしゃむうにゃが来てませんね。
夏に何度かマグロの切り落としをあげていたら、
こにゃん以外、カリカリフードあまり食べなくなりました。シマッタ〜 ( ̄ロ ̄lll)
 
 
 
 
 
 
 

【お・ま・け】
 
P1160246_2
  
部屋に戻ると、おおっ!ここにも「こにゃん」が・・・。

「ねこぼーししゃん!沙羅はちいさいけどもう、さんさいなのでしゅ!」
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
まさに小春日和のいちにち。

cat ●ゆらさん ●愛さん ●yuuyuさん
たいへん遅くなりましたが各記事にお返事書かせていただきましたのでご覧になってくださいませ。
 
 
 
 

« にゃんでしょうね? | トップページ | メジロちゃんを探せ! »

◇しっぽ庭」カテゴリの記事

コメント

ねこぼーしさん、こんばんは♪

先頭のローズマリーから、鼻息荒く読ませてもらいました。
ハーブ、大っっ好きなんです( ´艸`)。

バジルは、アボガドをニンニクオイルで炒めてから一緒に食べたり。
ほぼ毎日、お酒のおともです( ^ω^ )

外で栽培すると、すぐに虫に食べられちゃうので
バジルだけは室内で育てています。

オリヅルラン、北海道は冬が寒いので外だと越せないのかもしれないですね。
我が家も庭師さんが地植えしてくださいました。
地植えだと、わさわさ成長しますよね^^


沙羅ちゃん、もう3歳になるんですねw(゚o゚)w
アタシも順調に年取るわけだぁ。。。。。

こんにちは。はじめまして。
アーティスティックなカットはハキリ蜂です。コンパスみたいに瞬時に丸く葉っぱを切り取って
どこかへ持って行って巣を作るんですよ。バラがよくやられるので、ロザリアンには敵視されてるかも知れません(笑)。

ずーっとROMってまして、ちょうどメダカで検索してここにはまったらすぐに閉鎖するとかそういうときでした。
再開されて写真楽しみにしてます。大変でしょうけど、こんな普段コメントしてないファンもきっといっぱいいるということで・・・みんな味方だと思いますよ。
よろしくです。こないだショップでめめちゃんそっくりな模様の金魚を見つけて、嬉しくなりました(笑)。

●mayumiさんへ

ハーブ、いいですよね。香りも味も楽しめて。
あ、トップの画像はゴメンナサイ。ラベンダーなんです。
アップにするとそういえば間違えちゃいますよね。
ローズマリーは小さな鉢植えを買って植えたものが
今や「低木」と言えるほど大きく広がりました。
http://water-biotope.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-1cda.html
この記事のトップ画像の左に写っている濃い緑のがローズマリーです。
ハーブの中ではローズマリーの香りがいちばん好きかも。

バジル、アボカド、ニンニクとは〜〜!
mayumiさん、私の大好きな組み合わせではないですか!
私はアボカドは生でしか食べた事ないので、今度炒めてみます。
ほくっとした感じになるのかな?

北海道は積雪がハンパじゃないらしく、2mとか3mとか聞きましたので
オリヅルランを地植えにすると凍っちゃうんでしょうね。
氷柱に花を入れた氷柱花ならぬ氷柱葉状態でしょうか(ぶるぶる

そうなんでしゅ、沙羅は3歳になりましゅたので
mayumiさんは、えっと・・・23歳でしゅネ(by 沙羅)

●Nonさんへ

初めまして、Nonさん。励ましてくださってありがとうございます。
お心遣いがとても嬉しいです。
初めて来られたのがちょうどドタバタ状態の時だったということで
たいへんお恥ずかしい。それでもよくついてきてくださいました(笑
Nonさんのコメントは初めて聞く言葉が3つほどあって新鮮でした。

まず・・・あれはハキリバチというハチが切り取ったのですか。
ハキリバチで検索したら
http://www.geocities.jp/hetaen/mhten/bara/hakiri60621.htm
ここに切り取る過程が載っていたので「おお〜」と感動しました。
私はてっきり口にお皿を入れるエチオピアのムルシ族のような小人さんか
そんな丸い口をした虫がぱくっと食べたのかと思ってました。
で、ロザリアンというのはバラの愛好家のことですね、きっと。
ロージストとかローザーとかじゃなくて。なんかかっこいいですねえ。
シッポリアン・・・いえいえ、気にしないでください(照れ

あと、ROMるというのがハテナでしたのでこれまた調べました。
「『Read Only Member』の略、文字通り書き込み等をせず読むだけ(の人)」
なのですね。
読み逃げというかピンポンダッシュみたいな感じでしょうか。
いや〜勉強になります。

めめちゃんそっくりの金魚が!腹違いの双子でしょうか(ん?)
それは私も見たいですー。
次に見ることがあったら「みみちゃん」とか「ももちゃん」とか
呼びかけてあげてくださいね(なんかみんな身体関係の名前

こんにちは。いつも素敵な庭の事や、めだかの事楽しく拝見させてもらってます。
ねこぼーしさんを池作りの心の師と仰ぎ(←勝手にゴメンなさい)庭に小さいプラ船池を作りました。
春になって暖かくなったら蓮を植えてメダカを放したいと妄想中です。
只心配なのがヤゴです。ねこぼーし先生の池にはヤゴはいますか?
メダカが食べられるのは可哀想だけど、それもひっくるめてビオなんですかね。
これからも素敵なブログを楽しみにしています。

● KANBeeさんへ

はじめまして!いつもブログをみてくださるそうで光栄です。
ありがとうございます。
きゃー!「先生」なんて恥ずかしい・・・
そういえば私のことを「ねこぼー師」だと思っていた人もありましたが(笑

そうですか!プラ舟池作られたのですね、わくわくしますよね。
ただ今からの時期はストーブリーグとなりますので
その間にいろんなめくるめく妄想を広げちゃってください。
考えるだけでも楽しいんですよね〜〜。

ヤゴですか〜。はい、夏の間はしょっちゅうやってきて
ばんばん産卵している風景が見られました。
大きな池ではどういう状況になっているのかわかりませんが
メダカが激減したという感じはありませんでした。
ヤゴは大体水底にいるので水面近くを泳ぐメダカは
ハンティングしにくいのかもしれません。
水鉢ではミナミヌマエビを入れておくとまずそれを補食していたようです。
メダカを食べられたくなかったらミナミ入れるというのも
ちょっとかわいそうな気もしますがそういう方法もあります。

ヤゴは小さいうちは見つけにくいのですが大掃除の時など発見すると
やはり元に戻すのはためらいがあるので
ヤゴ専用の鉢でも発泡容器でもいいですからそれをつくっておき
赤玉土を入れてそこに放していました。
ヤゴは食物がなくなると共食いしますので・・・。

でも大体は気にしないようにしています。
おっしゃる通りビオトープですから。

KANBeeさんのとこにも遊びに寄らせていただきますネ。

こんにちは。いつぞやねこぼーしさんを
「メルヘンチックな男性だと思ってた」とコメさせていただいたNon*です。
穴掘ったり穴掘ったり穴掘ったり・・とか。

私もずーっとハラハラドキドキと見守ってきたひとりです。
なんにもお力添えできず歯がゆい思いでした。

表に出てくるマイナスの出来事よりも
何倍も何倍もねこぼーしさんの思いに寄り添ってくれてる人たちが
たーーーくさんいるってことを伝えたかったです。
これからも応援してますから!


で。
この記事に付けたかった私のコメント、
上記Nonさんのコメントをそのままコピペしてお付けしていいですか。
めめちゃんそっくり金魚のところまでパクりたい気分です。
しかもHNがNon様・・・。
あれ私、いつの間にコメントしてたんだろ、ついにボケたか?って思ったくらい(笑

●Non*さんへ

こんにちは、Non*さん。
Non*さんからいただいたコメントはとても愉快ですごく印象的でした。
「メルヘンチックな男性」は今思い出しても吹いてしまいます。

Non*さんもハキリバチご存じだったのですね。
そしてそれ以外のコメントも、なんとNon*さんと重なっているのですか!
Non*さんとNonさんこそ腹違いの双子でしょうか。びっくりですね(^o^*)
 
今回の件ではご心配かけました。
そしてNon*さんのようにこうやって優しい言葉をかけてくれる人が
たくさんいることを知り、私は本当に幸せものだという思いをかみしめています。
応援、すごく頼もしいです。ありがとう、Non*さん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« にゃんでしょうね? | トップページ | メジロちゃんを探せ! »