2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 改良メダカ初心者のための初心者によるフラフラ解説 | トップページ | しっぽ亭室内水槽プラケ置場とブルーヌマエビ »

2011.02.08

しっぽ亭・めだかヨロヨロ鑑賞会

Imgp2703_2
 
デワデワ、わたくしのつたない解説、というか感想で
第二回目メダカ鑑賞会行ってみましょうか〜〜。

トップは白透明鱗さん。ほっぺの赤さが可愛いと透明鱗は前回評判高し!でした。
 
 
 
 
 

Imgp2742_2
 
透明鱗というのはポツポツ点状に他の色素が入って気になることがありますが
この白透明鱗さんはクリアーでとても清潔な印象です。
 
 
 
 
 

Imgp2731_2
 
こんな感じにちょっとだけ黒点が見えるコもいます。そばかすちゃん、と呼んでいます。
 
 
 
 
 

Imgp2744_2
 
白メダカとはいいますがなんというかパウダーピンクっぽいですよね。
そしてこの右のコはピュアホワイトヒカリという名前です。
さらに純白に近づけようと作られたメダカさん。
もちろん普通体型もいまして、そういえばこのコはややショート体型かな。
 
 
 
 
 

Imgp2708_2
 
黄金透明鱗ヒカリさん。ひれにも色が入ってとてもきれい。
ただ「骨曲がり」が気の毒なところ。
骨曲がりの原因は遺伝子的なものと一般に言われていますが後天的なものもあるとのことで、
私は、もしかして卵時代にまったく卵に動きがなかった、ということも原因のひとつではと考えています。

採卵して容器に入れておいた場合、時々動かしてやらなければ
卵の中の胚(多細胞生物の発生初期の個体)が殻の内側に癒着し孵化率が下がるそう。
それで、孵化したとしても癒着の影響はやはり出るのではないかな〜と考え
骨曲がりもそのひとつではないかという気がします。

子供の頃セキセイインコを飼っていて繁殖の様子も観察しましたが
親鳥はしょっちゅう体の下の卵をくちばしで動かしては座り直し、
またしばらくしたらごそごそと卵の位置を変えていました。
これは「転卵(てんらん)」という行動で例えば養鶏においても重要な作業であり、
多くの孵卵器には一日数回自動的に転卵させる機能がついているそうです。
 
 
 
 
 

Imgp2648_2
 
このコも背骨が湾曲しています。
転卵の話が長くなってしまって恐縮ですがメダカの場合、
エアレーションをかけて常に卵を動かす方法もあると聞きましたが
私の場合は気がついたときにスポイドでぷしゅと空気を送り込んで卵を動かしたりしています。
 
 
 
 
 

Imgp2720_2
 
さて、趣を変えてこのコ、オレンジブチちゃんです。
撮影のため3号池から出張に来ていただきました。
メダカには保護色機能があるため池にいたときはもっとタイガースっぽかったのですが
プラケースに入れてもこれだけブチ模様がしっかり出ています。
 
錦(にしき)メダカとも呼ぶそうですよ。
 
 
 
 
 

Imgp2727_2
 
上から見るとこんな感じ。撮影している間にブチが少し薄くなってきました。

さて、お次はまず三枚一度に見ていただきましょう。
 
 
 
 
 

Imgp2748_2
 
Imgp2747_2
 
Imgp2750_2
 
このコたちはすべてオレンジメダカです。
 
 
 
 
 

Imgp2755_2
 
ハイ!横見がこちらです。
上のコはオレンジの色が淡いのでヒメダカかと思いましたが
尾びれに強いオレンジが入っているのでやはり改良種でしょう。
中央はかなり濃い目のオレンジ半ダルマさん(たぶん)で
いちばん下のコはオレンジ透明鱗ちゃん。小さくてかわゆいです。
上のタイガースちゃんもオレンジですからひとくちにオレンジメダカといっても
いろいろあって楽しいですね。
 
ただ今後の私の課題はショート体型と半ダルマを見分けることのようです(恥
 
 
 
 
 

Imgp2774_2
 
左が黄金メダカさんで右が琥珀ヒカリメダカさん。
・・・と、ほとんど同じ色じゃないか〜とお思いでしょうが。
琥珀はヒカリしかうちにはいないのでちょっとわかりにくいですが
飴色というか太陽光の元などではとても綺麗なんですよ。
 
 
 
 
 

P1070057
 
以前外で写した画像です。琥珀ヒカリなので胴体はシルバーに光っていますが
頭の琥珀色は「ああ〜なるほど」とお思いになることでしょう。

黄金と琥珀が色の近い個体があるように
琥珀とクリアブラウン(うちにはいないですが)も近いものがある、
というのも聞いたことがあります。
これはぜひ今年、普通体型の琥珀とクリアブラウンを手に入れて比較してみたい。
 
 
 
 
 

Imgp2790_2
 
さてさて、次はおなじみ青メダカさん。
でも画像で青色を捉えるというのはカメラの色補正がちゃんと出来ていないのか
すっごく難しいんです。
特にこうやって構えてセッティングして撮ったりする場合。
 
それよりも庭の3号池で自然な状態で過去に写したものがありますので
それを見ていただきますね。
 
 
 
 
 

Imgp1056_2
 
中央の銀色が青パールメダカでその上が青ネイビーメダカ。
青ネイビーは青パープルとも呼ばれており見る角度、光の具合で紫にも見えるんです。
 
 
 
 
 

Imgp2824_2
 
えっと・・・光つながりでこちら有名な幹之さん。
斜め横から見ても背中の光がおわかりだと思います。
 
 
 
 
 

Imgp2855_2
 
これが上から見たところ。青く光ってとてもきれいです。
幹之は実物を見ないとその奥深い美しさを伝えられないという
自分の写真の腕の未熟さにやきもきするというか、
素晴らしすぎるものは例えば富士山なども写真ではとてもとても
その雄大さ、美しさ、気高さは伝えられないというのと似ている、と感じます。

幹之の光の強度など詳しくは拙ホームページにも記載しております。
 
 
 
 
 

Imgp2840_2
 
Imgp2843_2
 
最後に可愛いカワイイかわいいパンダメダカちゃんの白とオレンジ、
それぞれ透明鱗ちゃんでシメましょうか。

知識もおぼつかないヨロヨロ解説におつきあいくださってありがとうございました。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
catいつも応援していただいて本当にありがとうございます。
でもなんというか毎回、こんなこと書いていいのかな、生意気と思われないかな、とか
あとですごく心配になってしまうんです。かなり弱気なんですよ・・・。
 
 

« 改良メダカ初心者のための初心者によるフラフラ解説 | トップページ | しっぽ亭室内水槽プラケ置場とブルーヌマエビ »

★メダカ」カテゴリの記事

コメント

今日も楽しい鑑賞会ありがとうございました~heart02
そばかすちゃんかわいすぎですねえlovely
転卵の話、知らないことばかりでとても勉強になりました。
セキセイインコのお話も感動しました。
本能でそうやって卵を少しずつ動かしているのですかね~。
でも何だか母性と言うか、愛情が伝わってくる行動ですねconfident
いつも思いますが、ねこぼーしさんの写真の腕はすばらしいと思います。
私、素人ですが、見てて表情とか細かな違いとかよくわかるし、何より、とてもかわいくてきれいに写ってますshine

●くまこさんへ

楽しんでいただけて私もとても嬉しいです。
こちらこそありがとうございました。
うんうん、そばかすちゃん、可愛いでしょう〜heart
ほっぺがいちだんと赤くってapple

動物の本能って、特に子育てに関してはすごいなあって尊敬してしまいます。
直接誰かに教わったわけでもないのに出産も自力ですし子育てもきちんと出来る。
人間は得たものが多い代わりに生きて行くための本能など、
失ったもの・・・たくさんあるような気がします。
 
写真を褒めてくださってこそばゆいです。
撮影してその場で確認したときはもっときれいに撮れてたと思ったのに〜〜、
というものが多いですが愛情だけはしっかりかけていますんで
それを読み取ってくださってとても嬉しく思います。
アリガトウ!happy01

こんばんは。

いきなりですが、下から7枚目の写真、
すごーーーーく綺麗ですね。
とても印象深いです。
自分のこの眼で、直に見ているような気がしましたよ。

ミユキダルマちゃん、かわゆすo(^∀^*)o
タイガースちゃんのネーミングにストライク!です。
いつかほんとにメダカを囲んで
しっぽ亭に集まってワイワイ飲みたいなぁ~と(笑


卵コロコロ、私もやっていますよー^^
ただ、転卵とかを意識してではなく
なんとなく酸素がいきわたりますように、って。

背曲がりはなんとなく痛々しい感じですよね。
改良のための近親交配のせいかなーって勝手に思っていました。

こんばんは~
ねこぼーしさんヨロヨロして倒れないで下さいね(笑
ご丁寧な説明大変勉強になります、これは永久保存版ですね。
今回のいや今一番気になるあんちくしょーはオレンジブチです。
ちっちゃい錦鯉みたいで超かっこいいいいいい~~~~。
一般的に販売してるんでしょうか?これは欲しいー。
ねこぼーしさんのオレンジブチ増えすぎて困っているんだよね~なんて記事を待ってます(笑
骨曲がりという症状は家では見たこと無いですが、なるほどそういう理由もあるのかもしれませんね。
今から卵容器を動かしに行きますので、それでは~

●Dark Schneiderさんへ

外の水鉢で撮影した琥珀ヒカリちゃんたちですね。
これは私も気に入っている画像なので嬉しいです。
やはり外の太陽光に勝る照明はありませんね。
この子たちがうちに来て立ち上げたばかりの水鉢なので
水も澄み空中にメダカが浮かんでいるような感じなのだと思います。
 
前回紹介した黄金セルフィンはこの水鉢に同居していた
黄金セルフィンF1(黄金セルフィンから産まれた子供でセルフィンの特徴が出ていないもの)
から産まれたんですよ(^-^*)

●Non*さんへ

やっぱりNon*さんはダルマちゃんがお気にいりでしたか。
実物は写真よりもっと可愛くて光も強烈なので見たらNon*さん、
興奮しハイスピードでしっぽ庭中を駆け回ってバク転しちゃうと思います(笑
タイガースちゃんもかわゆいでしょ。
あ、いいですね。しっぽ亭並びにしっぽ庭での宴会。
楽しいでしょうねえ〜♪

> 改良のための近親交配のせいかなーって

記事に書いた「遺伝子的なもの」というのもそれに当たるのだと思います。
気の毒ではあるけれど他のコと同じく元気なので
その姿に救われる思いです(^-^ )

●kanbeeさんへ

むふふ、kanbeeさん、ブチちゃんに惚れちまいなすったかい。
このコは昨年産まれた中にいつの間にかいたもので
他にも確か2匹ほど3号池にいるはずです。
http://water-biotope.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-6261.html
こちらの記事の下から3枚目にも別のコが写っていました。

ブチメダカ(錦メダカ)は普通に販売されています。
というより人気種なんですよ。
でもそのブチの入り方がきれいで固定率が高いものや
三色ブチメダカなどは価格が高いようです。
反対に言うと安いものは固定率も低いのではないかと想像します。
「錦メダカ」で検索するといろいろなタイプを見る事ができますよ〜。

もちろんうちでもこの春から交配を行いますので
固定率の様子をみて良いようだったら卵かちょっと育ったものを
お送り出来ればと思います。
三色ブチメダカの「媛虎」の稚魚も現在育っているので
そちらもうまく増えれば、ですので気長に待っていただければその時は・・・
と思います(^ω^*)

お久しぶりです!

毎日楽しく拝見しています♪

mixiはやっていますか?

もしよろしければ
http://m.mixi.jp/home.pl?guid=ON
へ来て下さい。

はじめまして
実は10月ごろから拝見させていただいております
ただ受験がなんやかんやでコメントできませんでした

とても面白いブログで更新を楽しみしております
いろんなメダカや綺麗な庭・写真うつりの素晴らしさなど
尊敬しております
ぼくはセルフィンや透明鱗などが好きです。
めだかは素晴らしい何かを感じます
これからもよろしくお願いします。

●くみこさんへ

いつも楽しんでいただいてありがとうございます。
「mixi」との突然のお申し出に少々驚いています。
書いてくださったサイトへ行ってみたのですが

「このページへは携帯電話からのみアクセスできます。」

で、パソコンは新規登録しなければいけないのですね。
申し訳ないのですが今のブログでめいっぱいですので
今回は見送らせていただきます、ごめんなさい。
誘ってくださってありがとうございます。

●蒼さんへ

はじめまして、こんばんは。
受験勉強の合間に見てくださっていたのですね。
楽しんでいただいていたようでとっても嬉しいです♪

私はメダカの知識はまったく専門的ではないので
かわいく思っているメダカの表情を皆さまにもお届けしたくて
がんばって、でももちろん楽しみながら撮影したり記事を書いたりしています。
そんな気持ちを受け止めてくださって私は幸せです。

蒼さんはセルフィンと透明鱗がお好きですか。
私も大好きなんですよ!
メダカってどこか神秘的で人の心を和ませる力を持っていると
いつも感じています。蒼さんもそうなのですね。

受験はもう始まったのでしょうか。寒い時期ですのでたいへんですね。
風邪などひかないようにがんばってください。
またお時間の余裕のあるとき来てくださいね!待ってます(^∀^*)

あっ!
mixiは登録しないと
見にきてもらえないんですね。

忘れていました
ごめんなさいm(_ _)m

私もブログを始めたいんですが
続ける自信がないんです(/_;)

●くみこさんへ

いえいえ、こちらこそごめんなさい。
くみこさん、ブログは無理して続けるものではないですし
書きたいな〜と感じたことがあったらそのとき記事を書けばいいので
あまりおおげさに考えず気軽に始めてみていいと思いますよ。
応援していますwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 改良メダカ初心者のための初心者によるフラフラ解説 | トップページ | しっぽ亭室内水槽プラケ置場とブルーヌマエビ »