2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 大きすぎる自然の脅威の前で | トップページ | リンちゃんの新しい名前発表の前に »

2011.03.16

ひととき心をお休めください

023_2
 
以前からのお友だちのブログに寄ると
京都御苑のバードバスにやってくる野鳥たちの写真がたくさん載っている記事があり
生命感あふれる愛らしい姿を眺めているうちに心が溶けるような感覚となり
そのとき初めて肩や腕を中心に
体中、がちがちにチカラが入っていたことに気付きました。

大震災の報道による悲しみや焦燥、憤りなどたくさんの感情によって
体が緊張状態だったようです。

その方は今回の震災による被害に心を痛め、
被災者の皆さんを気遣い、亡くなられた方々を悼み、
そしてつらい報道に接している私たちやご自身にも向けて
「しばし癒しの世界へ」といざなってくださいました。
 
 
【追記】
その記事はこちらです。
ブログ管理人のバオバオさんは京都嵐山にお住まいで、
その街の風情を素敵な写真と記事で興味深くお伝えなさっています。
 
 
 
 
 
 
053_2
 
未曾有の状況ですからブログの更新を自粛することも考えていましたが
私もその方のように、違う形で世の中に、皆さんに貢献したいと思いました。

テレビのニュースを見続けて目も、そして心もお疲れのことと思います。
過去に撮った写真ですが、清楚な植物たちの姿をラインナップしました。
白い花が多いのは私自身が好きなので庭に多いのも理由ですが
哀悼の意も込めております。

どうぞゆっくりとご覧ください。
 
 
 
 
 

066
 
 
 
 
 
Dscf0001_2
 
 
 
 
 
063_2
 
 
 
 
 
Dscf0002_2
 
 
 
 
 
Dscf0003_2
 
 
 
 
 
Dscf0007_2
 
 
 
 
 
Dscf0010_2
 
 
 
 
 
Dscf0015_2
 
 
 
 
 
P1000527
 
 
 
 
 
Dscf00320
 
 
 
 
 
Dscf0023_2
 
 
 
 
 
Dscf0006_2
 
 
 
 
 
Dscf0008_2
 
 
 
 
 
Dscf00090_2
 
 
 
 
 
Dscf0025_2
 
 
 
 
 
Dscf0044_2
 
 
 
 
 
Dscf0013_2
 
 
 
 
 
Dscf0032_2
 
 
 
 
 
K213_2
 
 
 
あらためて、被災地の皆様にお見舞いを申し上げます。
別れ別れになったご家族の方たちが巡り会えますように。
避難所の状況が改善されますように。
亡くなられた方、さぞ苦しかったことと思います。ご冥福をお祈りします。

そして余震が早くおさまり被害がこれ以上拡大しないこと、
福島原発の事故が終結することを心から願います。
 
 

« 大きすぎる自然の脅威の前で | トップページ | リンちゃんの新しい名前発表の前に »

◇しっぽ庭」カテゴリの記事

コメント

それは僕も思いますね。
本当に被災者の方たちにすこしでも癒せればいいですね。

こんな話の時に書くのはおかしいですが
志望校に合格しました。

●蒼さんへ

あちこちのブログで皆さん、なにか出来る事をお探しになっていて
「買いだめをしない」「節電する」とおっしゃっています。
そのような行動に出るためには各個人の気持ちがまず落ち着いていないと
出来ないと感じました。
そして今はパソコンは無理かもしれませんが
携帯などでこちらのサイトを被災なさった方が見てくださったとき
ひとときでも和んでいただきたかったんです。
気持ち、わかっていただいて嬉しいです(^-^*)

> 志望校に合格しました。

おお!そうでしたか、おめでとうございます!
気になっていたのですがこちらから尋ねるのも気が引けて・・・。
よかったですね〜〜。

ありがとう。
ただ 伝えたくて。

●おかんさんへ

yukaおかんさん、こちらこそありがとう。
わかってくれると思ってたよ。
ほんとうにありがとう。

ご無沙汰してます。
今回の記事を何度もよませてもらっています。
地震から一週間が経ちましたが、毎日テレビやネットから流れてくる情報に目を離せないでいます。
私の所は震度5強でした。ちょうどあの時いつもの様に庭に出てプラ舟の水のゴミを取ったり、多肉ちゃんを眺めていました。今までに経験した事がないくらい強い揺れとプラ舟の水がすごい音をたてて出て行く様子に唖然とし、自宅の車や電柱が揺れている様子、あまりの事にその時はとうとうきたのかと覚悟の様な気持ちにもなりました。やっと揺れがおさまり急いでテレビをつけて信じられない映像の数々に言葉を失いました。被災者の方、そして、いま原発で必死に作業している方の事を思うと、とても苦しくなります。早く被災者の方の心も身体も少しでも温かくなる事を願ってなりません。ねこぼーしさんの記事を読んで私自身も癒しを頂きました。今はあまりブログをする元気のない私ですが、もうしばらくしたらまた再開したいと思っています。
とにかく今の私にできる事をしながら、日本人の底力を信じたいです。
こんな状況だからこそなのかもしれませんが、毎日庭に出ていつもの様に植物を眺めて居ます。植物と触れ合う時だけは心が落ち着きます。

●くまこさんへ

くまこさんが体験なさった地震の様子、「うわあ・・・」と声になりませんでした。
あのプラ舟の水が揺れで飛び出したほどなのですね・・・。
それだけにくまこさんは被災地の方々の気持ちに近づいて
苦しい思いをなさっていることが伝わってきました。
テレビから流れる揺れ、津波、そしてその後の映像はかなり衝撃的ですし
避難なさっている方々の様子は見ていて胸がぐっと痛みます。

そして福島の原発事故。
建設される折にはきっと、大きな地震が来たら放射能が漏れたりするのでは、
といった危惧を抱いて建設反対をした住民の方が多かったと思います。
住民がいくら反対をしてもそれでも強固に推し進められ、
そして今回のような大規模な事故となり
住民の方々は地震の被害を受けた上住み慣れた土地から避難しなければならない
悔しさ、憤りを思うとほんとうにつらいものがあります。

今回の震災で避難なさっている方々すべてが、元の暮らしは取り戻せないにしても
少しでも早く暖かい場所で温かい食事をとれるように
私もくまこさんと共に祈りたいと思います。

植物たちの写真で少しでも心を休めていただけて良かった。嬉しいです。
ブログの更新はどうか無理なさらないで。ゆっくり待っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大きすぎる自然の脅威の前で | トップページ | リンちゃんの新しい名前発表の前に »