2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011.07.26

メダカの採卵〜孵化〜育成の過程

Imgp4807

暑さが厳しいせいか、ここのところ産卵がストップしたメダカさんが多いように感じます。
もっとたくさん産んでほしいな〜〜。

採卵など皆さんそれぞれ独自の方法があると思いますが
私の毎日のやり方もちょっと書いてみますね。
 
 
 
 
 

P1300213

各水鉢、プラケースから引き上げてきたホテイアオイがずらり。
ちゃんと順番を決めて並べてあるので、どのメダカがたくさん産んでいるかとか
把握できます。
 
 
 
 
 

P1300223_4

ホテイアオイはぶんぶん振って水切りをすれば、卵が見つけやすくなります。
少々強く振ろうとも付着糸でしっかりついているのではずれたりはしません。

卵発見!あ、でも左側は白いので無精卵のようですね・・・。
 
 
 
 
 

P1300218_4
 
卵をひとつずつつまんではこちらの容器の水で指についたホテイアオイの根などを洗い落とします。
無精卵やそれらしきものはここでそのまま落とします。
 
 
 
 
 

P1300219_2
 
隣の容器の水の中に卵を落としてゆきます。
 
 
 
 
 

P1300221_2

この洗う方の水はすぐ捨てないで毎日ためておきます。
無精卵と思っていた卵やうっかり落とした卵がちゃんと孵化していることがよくあるからです。
 
 
 
 
 

P1300220_2
 
ほらほらいました!こうやって時々見つかるんですよ。

まわりにある黒い点は何かの微生物らしくわっせわっせと泳いでいます。
これをスポイドで吸い込んで集めメダカにあげると喜んで食べます。
 
 
 
 
 

P1300225_2

きょうの収穫は少ないなあ〜〜・・・
 
 
 
 
 

P1300226_2
 
と、こうやって集めた卵は2日分ずつくらいいっしょにしてまとめてあります。
さてさて前日分までのを、無精卵を取り除いたり水換えの作業をしてゆきましょうかネ。
 
 
 
 
 

P1300224_2
 
プラケースの上にガラス板を置き、そこに容器を乗せて点検します。
透明な状態なので卵の様子がいちばんよく見えやすいんです。
 
 
 
 
 

P1300231_2
 
お、メダカちゃんがたくさん孵化していますよ。
卵も目が見えていてカビもなくきれいな様子です。

もしあやしげな卵があったらピンセットで取り除き、無事孵化した卵の殻なども
取り除いて捨てます。
 
 
 
 
 

P1300233_2

別の容器に稚魚を移しますが底でふんばって出てこない稚魚のほうが多いので
 
 
 
 
 

P1300234_2

スポイドで稚魚を吸い取っては移してゆきます。
このスポイドは先の穴が小さかったので先端を少し切り落として穴を広げてあります。
 
 
 
 
 

P1300237

稚魚を全部移したら卵が流れないよう気をつけて水を捨て
 
 
 
 
 

P1300238

前日に汲み置きしておいた水を足しておきます。
水道水でも大丈夫とは思いますが、もしこの直後に稚魚が孵化したら
すぐカルキの残った水にさらされることになるので
念のため前日に汲み置きしておいたものを使います。

メチレンブルーを使ったこともありましたが分量があっていなかったのか
卵をカビさせたこともあったりして私には向いていないようです。
やはり毎日ひとつひとつ目で確認するほうが安心なんです。
 
 
 
 
 

P1300240_4
 
卵の容器は奥まったスペースで保管しています。
ここは直射日光もほとんどあたらないため暑い日でも水温は26度以上にはならないようです。

そのため高温に弱いビーシュリンプの水槽もここで管理しています。
 
 
 
 
 

P1300242_3
 
さて、稚魚たちはそれぞれの容器のまま屋内二階の自室へと運びます。

水質はほとんど変わらないはずなのでまとめてひとつの容器に入れても大丈夫とは思いますが、
稚魚は水質の変化に敏感で弱いため、念には念をいれてそれぞれそのままで。
 
 
 
 
 

P1300243_2
 
45センチ水槽がふたつあって、左が今から入れる稚魚用水槽。
それらが少し育ってきたら小さい子を食べてしまうのを防ぐため右の水槽に移しています。

どちらにもごく弱いエアレーションを入れています。
 
 
 
 
 

P1300263_2
 
じっくり時間をかけて水合わせしたあと放流します。
ここにはミナミヌマエビとピンクラムズホーンも入っていて
フードの残りをきれいにお掃除してくれるため水質が悪化するのを防げます。

底の赤玉土にはマシジミも入っています。
昨年は外のプラケースで稚魚を管理していたところやはり自然とグリーンウォーターになり、
でも稚魚を育てるにはその方がいいと聞いていたためそのままにしていましたが
育ってきた稚魚が小さい子を補食したり、グリーンウォーターが濃すぎて酸素不足になったのか
たくさんの稚魚を死なせてしまったので、今年はこうやってクリアな水で育てています。
このやり方で今年は稚魚の生き残る率がぐんとアップしました。

稚魚のフードはパウダー状で、一日6回くらいに分けて与えるのがよいと聞いています。
これが屋外だったら煩雑に庭まででなくてはいけないのでたいへんなのですが
室内だったら簡単です。

何より稚魚のかわいい姿をちゃんと眺めることができるのが嬉しい。
 
 
 
 
 

Imgp4759

右の水槽である程度大きくなったメダカちゃんたちはそれぞれ時期を見て
外の水鉢やプランター、池に放流しています。
まだひとまわり小さい体でも大人メダカに混じって元気に泳ぐ姿を見るのはとても楽しい。

こうやってたくさんのメダカたちがお庭デビューしていますが
一匹だけ稚魚水槽から卒業できない子がいます。
 
 
 
 
 

Imgp4462_2

以前記事でご紹介しましたが、身体が小さく背骨も大きく曲がっていて
先天的に平衡感覚に障害を持っていて縦にしか泳げないこの子です。

成長はかなり遅いですがそれでもがんばってフードを食べています。
動画に撮ってみましたのでそのけなげな姿をご覧ください。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
一所懸命泳ぐ姿にときどき涙がこぼれます・・・。
 
 


GEX おそうじラクラク クリーナースポイト 関東当日便

2011.07.24

アボカドさん完全復活

P1300204

鮮やかなグリーンに輝くアボカドさんの葉。
冬に一枚残らずすべての葉を落としてしまったことがうそのようです。

でも黒い枝はまだ残っていて、その時の残念な気持ちを思い出させます。
 
 
 
 
 

P1300203

全景。右にやや濃く見える葉は柿の木さんです。
冬の間はこの位置からだと奥にあるシノザキさん宅がはっきり見えていたのですが
今は葉がぎっしり茂ってまた森のようになってきました。
 
 
 
 
 

Imgp4744

その足元を見るとこんな穴がたくさん開いています。
これはセミの幼虫が羽化するために出てきた穴なんです。
 
 
 
 
 

P1090863

これはシマトネリコの枝につかまって鳴いているセミたち。
ぱっと見ただけでも20匹はいて、その賑やかなことといったら鼓膜がびりびりします。
 
 
 
 
 

Imgp4740

各池や水鉢の睡蓮さんも次々と開花してうれしいぴょん♪
 
 
 
 
 

Imgp4738

そうそう、前記事でゴンちゃんの画像を載せたところkanbeeさんが
「ゴンちゃん男前になってきた気がする」とおっしゃってくれたので
若き日の姿を再掲載します。若き日といっても7、8ヶ月前なんですけどね(笑
 
 
 
 
 

Gon

なんだかあどけないでしょheart
こうやって比べると背中の色がかなり濃くなったことがわかります。
 
 
 
 
 

7231

で、ハマーさんが「ゴンちゃん!新幹線(ドクターイエロー)みたい」ということで(笑

(ドクターイエローは新幹線の軌道・電気設備・信号設備を検査するための事業用車両で〜す)。
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
ドクターイエローちゃんの正面顔、かわいい。
 
 

2011.07.19

ミズヒナゲシと1号池と直射日光対策

Imgp4710_2

ウォーターポピーが開花しました〜〜!淡い黄色の繊細な花弁がきれいです。
昨年は光量が足りなかったのか花を見ずに終わって残念だったので、これは嬉しい!

和名はミズヒナゲシ。この呼び方がすごく好きです。
 
 
 
 
 
P1300198
 
ミズヒナゲシの咲いた3号池は前記事でもご紹介したようにガガブタが絶好調。
これは昨日の画像ですが花はなんと50個超えです!フクちゃん狂喜乱舞(笑
 
 
 
 
 
P1300184

フクちゃんといえば、相方のタラちゃんそしてヒレナガゴイのゴンちゃんですが
二匹がいる1号池のアサザのランナーがわけわかんないほど伸び、
さらにそれにアオミドロがまとわりついて非常に見苦しい状態となっていました。
 
 
 
 
 
P1300192
 
で、アサザは花期も終わったようですからプラ鉢に移し、
かわりに鉢に直植えしていたハスをここへ移動させました。
 
 
 
 
 
Imgp4736

水はすっかりグリーンウォーター化していますがエアレーションも入れていますし
二匹はとっても元気!!
水面の温度が上昇していても手を入れると底はひんやりしています。
 
 
 
 
 
Imgp4727_2

ゴンちゃん、ぴっかぴか!shineshineshine
 
 
 
 
 
P1300189

さて今年も、パラソル始めました。
 
 
 
 
 
P1090744

これは昨年の風景。なんだかミョーに笑いを誘います。
 
 
 
 
 
Imgp4712_2

ミニプラ舟ビオには稚魚がたくさんいるので水温が上がりすぎるとよくないと思って。
 
 
 
 
 
Imgp4716_2

パラソルで日除けをしても正午には、う〜〜ん、30度ありますねえ・・・。
 
 
 
 
 
P1300186

ラックに置いてメダカを入れてあるプラケースやプランターにも直射日光が当たるので
シェードをかけました。
水量が少ない容器だとすぐ水温が上がるのでこれでちょっと安心。
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
気温・水温の上昇により、アオミドロの掃除や伸びすぎた水生植物たちのカット、
メダカの卵の管理や各水鉢・ケースの掃除や水換えなどやることたくさん。
あ、庭の手入れもあった・・・。
 
 

2011.07.15

ガガ・ガガ・ガガブタ

Imgp4688_2

3号池のガガブタさんが花まっさかりです。
きょうは36個も咲いていました♪
 
 
 
 
 

Imgp4693_2

ふたつ同時開花もたくさんありますよ〜〜。
 
 
 
 
 

Imgp4690_2

お!こちらには中央に小さなバッタさんが乗っています。
浮き葉づたいにここまで来たんですね。かわいい〜。
 
 
 
 
 

Imgp4695_2

花もすべて終わり葉が枯れ始めたものは葉を摘み取りました。
これが「殖芽」でこれを植えるとまたガガブタが成長するんですね〜〜。
 
 
 
 
 

Imgp4697_3

3号池横にあるシマトネリコに昨年から花が咲くようになりました。
花が咲くことを知らなかったので昨年は慌てて
「何!?これ!有終の美!??枯れちゃうの??」なんて焦りましたが
ちゃんと元気に成長しています。
 
 
 
 
 

P1300175

今年は早くから夏バテ気味で、庭に出るのもメダカの世話がせいいっぱいなので
植物がどんどこ茂り、通路をふさいでしまいました・・・。あう〜〜〜〜sweat01
 
 
 
 
 

P1300176

こちら2号池まわりもどこから手をつけていいかわからない状況に。

いくら野生庭といってもほどがありますよねえ・・・。反省。
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
すんなりノドを通るのは薬味を付けた豆腐と酒くらい・・・。早く体力回復させて庭の手入れをしたいですbearing
 
 

2011.07.07

ごはんですよ〜〜♪

P1300143_2
 
特大の水鉢【藍】ですがそれに負けじと睡蓮の葉も特大です。
 
 
 
 
 

Imgp4476
 
横から見るとツユクサとミントに覆われて、なかなかいい風景♪
 
 
 
 
 

Imgp4376_2
 
ここにいるのはオレンジメダカさん。フードをまくと早速集まってきてぱくぱく。
ここの方たちはホテイアオイに産み付けた卵を食べてしまいやすいので
採卵のタイミングが非常に難しいのです。

ごはんしっかりあげるから、卵は食べないでおくれ〜。
 
 
 
 
 

P1300144_2
 
お隣の水鉢【銀河】にはヒメオモダカの鉢を入れています。
 
 
 
 
 

Imgp4506_2
 
ピュアホワイトヒカリさん。
数が少ないので増えて欲しいんですがほとんど産卵してくれません・・・。
 
 
 
 
 

Imgp4374_2
 
えーと・・・キミはオスですね。がんばってください!
 
 
 
 
 

P1300147_2
 
琥珀ヒカリさん。遠目に見ても背中の光がかなり目立ちます。
ここの皆さんはホテイアオイに産み付けた卵はちゃんと残してくれるので
採卵率がかなり高し!です。
 
 
 
 
 

Imgp4331_2
 
光の具合や角度によってこんなに飴色にも見えます。
 
 
 
 
 

Imgp4325

Imgp4332_2

Imgp4333_2
 
プラケースや水槽にいるメダカさんたちにも、ハイ!ごはん。
 
 
 
 
 

Imgp4334_2
 
メスのピュアブラック・スモールアイさんは毎日産卵し、
ちゃんとホテイアオイに産み付けてくれるんです。
スモールアイは点目と呼ばれるとおり視力が弱いせいか
卵を床に産み落とすことが多いと聞いたことがありますからこの方はエライ!
 
 
 
 
 

Imgp4335_2
 
アルビノさんたち。採卵も順調です。
 
 
 
 
 

Imgp4339_2
 
パンダちゃんたちは、残念ながらまったく産卵してくれません。
ピュアホワイトヒカリさんと同じく数が少ないのでぜひ増えてほしいんですけどねえ・・・。
 
 
 
 
 

Imgp4517_2
 
プランターにいるのは春に産まれたちびっこで、
左から幹之(ミユキ)、琥珀ヒカリ、白メダカさんたちです。
 
 
 
 
 

Imgp4382_2
 
その白メダカさんを見ていると・・・うむ?・・・うむむむ!??
 
 
 
 
 

Imgp4522_2
 
さっそく3匹ほどすくって明るいところで見ると、尾の方に光が・・・!?


ってこれ・・・白幹之でわわわッ!!!???
 
 
 
 
 

Imgp4518_2

Imgp4523_2
 
た、確かに光っています。点光と弱光・・・いや、強光か!?
 
 
 
 
 

Imgp4520_2
 
奥に写っていますがうちには青幹之さんしかいないのですが
白色の血統も入っててそれがひょいと出たのでしょうか。

いやーーーーーーーー、ビックリです。嬉しいビックリ!



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
まだ体が小さいのでもう少し成長すると光の強度も上がるかもheart
 
 

2011.07.04

こにゃんずすくすく

Imgp4592
 
2号池、きょうは3種の睡蓮がいっせいに開花です。
 
 
 
 
 

Imgp4594_2
 
スノーボール、これで4輪目!よく花をつけてくれるイイコですね〜。
 
 
 
 
 

Imgp4595_2
 
白睡蓮さん、今年はこれで2輪目。
昨年は鉢植えして水鉢に沈めていたのですがメダカも入れていたので
水温の上昇を抑えるために日除けをしていたためか
結局一輪しか開花しませんでした。

やはり池に直植え、日当たり絶好のほうが成長もいいようです。
 
 
 
 
 

Imgp4596_2
 
こちらも淡い黄色さんも三輪目となりました。
やはり昨年は一輪だけだったのですが今年は頑張ってくれています。
 
 
 
 
 

P1300172
 
きょうの午前中は小雨でした。
向かいの家の屋根のすみっこでな〜にゃさんは雨宿りしつつくつろいでいます。
な〜にゃさんはこうやって一匹でいることが多いのですよ。

そのあいだこにゃんずはどうしているかというと・・・
 
 
 
 
 

Imgp4600
 
こうやってともちゃんやお姉にゃん、ここにゃんたちが交代で
毛づくろいしたり添い寝したりとかわいがってもらっています。
皆、仲良しなんですよ〜。
 
 
 
 
 

Imgp4583
 
こにゃんず同士でじゃれたり
 
 
 
 
 

P1300169_2
 
日除けに立てかけてあるスダレを駆け上がって遊んだり
 
 
 
 
 

Imgp4563
 
もちろんメダカ愛好会の新規会員として、研究にも余念がありません。
 
 
 
 
 

Imgp4572
 
いやそこはただの汲み置き水ですからメダカはいませんって(笑
 
 
 
 
 

Imgp4570
 
基本的にお隣のシノザキさん宅テラス(すごく広い)に住み着いていて
ごはんももらっているのでうちでは何も与えないようにしていますが
賞味期限ぎりぎりのチクワが余っていたときなどあげてみます。

並んで食べる姿が愛らしい♪
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
カワイイ攻撃炸裂。
 
 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »