2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« アボカドさん完全復活 | トップページ | タテオヨギちゃんのために出来ること »

2011.07.26

メダカの採卵〜孵化〜育成の過程

Imgp4807

暑さが厳しいせいか、ここのところ産卵がストップしたメダカさんが多いように感じます。
もっとたくさん産んでほしいな〜〜。

採卵など皆さんそれぞれ独自の方法があると思いますが
私の毎日のやり方もちょっと書いてみますね。
 
 
 
 
 

P1300213

各水鉢、プラケースから引き上げてきたホテイアオイがずらり。
ちゃんと順番を決めて並べてあるので、どのメダカがたくさん産んでいるかとか
把握できます。
 
 
 
 
 

P1300223_4

ホテイアオイはぶんぶん振って水切りをすれば、卵が見つけやすくなります。
少々強く振ろうとも付着糸でしっかりついているのではずれたりはしません。

卵発見!あ、でも左側は白いので無精卵のようですね・・・。
 
 
 
 
 

P1300218_4
 
卵をひとつずつつまんではこちらの容器の水で指についたホテイアオイの根などを洗い落とします。
無精卵やそれらしきものはここでそのまま落とします。
 
 
 
 
 

P1300219_2
 
隣の容器の水の中に卵を落としてゆきます。
 
 
 
 
 

P1300221_2

この洗う方の水はすぐ捨てないで毎日ためておきます。
無精卵と思っていた卵やうっかり落とした卵がちゃんと孵化していることがよくあるからです。
 
 
 
 
 

P1300220_2
 
ほらほらいました!こうやって時々見つかるんですよ。

まわりにある黒い点は何かの微生物らしくわっせわっせと泳いでいます。
これをスポイドで吸い込んで集めメダカにあげると喜んで食べます。
 
 
 
 
 

P1300225_2

きょうの収穫は少ないなあ〜〜・・・
 
 
 
 
 

P1300226_2
 
と、こうやって集めた卵は2日分ずつくらいいっしょにしてまとめてあります。
さてさて前日分までのを、無精卵を取り除いたり水換えの作業をしてゆきましょうかネ。
 
 
 
 
 

P1300224_2
 
プラケースの上にガラス板を置き、そこに容器を乗せて点検します。
透明な状態なので卵の様子がいちばんよく見えやすいんです。
 
 
 
 
 

P1300231_2
 
お、メダカちゃんがたくさん孵化していますよ。
卵も目が見えていてカビもなくきれいな様子です。

もしあやしげな卵があったらピンセットで取り除き、無事孵化した卵の殻なども
取り除いて捨てます。
 
 
 
 
 

P1300233_2

別の容器に稚魚を移しますが底でふんばって出てこない稚魚のほうが多いので
 
 
 
 
 

P1300234_2

スポイドで稚魚を吸い取っては移してゆきます。
このスポイドは先の穴が小さかったので先端を少し切り落として穴を広げてあります。
 
 
 
 
 

P1300237

稚魚を全部移したら卵が流れないよう気をつけて水を捨て
 
 
 
 
 

P1300238

前日に汲み置きしておいた水を足しておきます。
水道水でも大丈夫とは思いますが、もしこの直後に稚魚が孵化したら
すぐカルキの残った水にさらされることになるので
念のため前日に汲み置きしておいたものを使います。

メチレンブルーを使ったこともありましたが分量があっていなかったのか
卵をカビさせたこともあったりして私には向いていないようです。
やはり毎日ひとつひとつ目で確認するほうが安心なんです。
 
 
 
 
 

P1300240_4
 
卵の容器は奥まったスペースで保管しています。
ここは直射日光もほとんどあたらないため暑い日でも水温は26度以上にはならないようです。

そのため高温に弱いビーシュリンプの水槽もここで管理しています。
 
 
 
 
 

P1300242_3
 
さて、稚魚たちはそれぞれの容器のまま屋内二階の自室へと運びます。

水質はほとんど変わらないはずなのでまとめてひとつの容器に入れても大丈夫とは思いますが、
稚魚は水質の変化に敏感で弱いため、念には念をいれてそれぞれそのままで。
 
 
 
 
 

P1300243_2
 
45センチ水槽がふたつあって、左が今から入れる稚魚用水槽。
それらが少し育ってきたら小さい子を食べてしまうのを防ぐため右の水槽に移しています。

どちらにもごく弱いエアレーションを入れています。
 
 
 
 
 

P1300263_2
 
じっくり時間をかけて水合わせしたあと放流します。
ここにはミナミヌマエビとピンクラムズホーンも入っていて
フードの残りをきれいにお掃除してくれるため水質が悪化するのを防げます。

底の赤玉土にはマシジミも入っています。
昨年は外のプラケースで稚魚を管理していたところやはり自然とグリーンウォーターになり、
でも稚魚を育てるにはその方がいいと聞いていたためそのままにしていましたが
育ってきた稚魚が小さい子を補食したり、グリーンウォーターが濃すぎて酸素不足になったのか
たくさんの稚魚を死なせてしまったので、今年はこうやってクリアな水で育てています。
このやり方で今年は稚魚の生き残る率がぐんとアップしました。

稚魚のフードはパウダー状で、一日6回くらいに分けて与えるのがよいと聞いています。
これが屋外だったら煩雑に庭まででなくてはいけないのでたいへんなのですが
室内だったら簡単です。

何より稚魚のかわいい姿をちゃんと眺めることができるのが嬉しい。
 
 
 
 
 

Imgp4759

右の水槽である程度大きくなったメダカちゃんたちはそれぞれ時期を見て
外の水鉢やプランター、池に放流しています。
まだひとまわり小さい体でも大人メダカに混じって元気に泳ぐ姿を見るのはとても楽しい。

こうやってたくさんのメダカたちがお庭デビューしていますが
一匹だけ稚魚水槽から卒業できない子がいます。
 
 
 
 
 

Imgp4462_2

以前記事でご紹介しましたが、身体が小さく背骨も大きく曲がっていて
先天的に平衡感覚に障害を持っていて縦にしか泳げないこの子です。

成長はかなり遅いですがそれでもがんばってフードを食べています。
動画に撮ってみましたのでそのけなげな姿をご覧ください。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
一所懸命泳ぐ姿にときどき涙がこぼれます・・・。
 
 


GEX おそうじラクラク クリーナースポイト 関東当日便

« アボカドさん完全復活 | トップページ | タテオヨギちゃんのために出来ること »

★メダカ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、動画見ました
ひたむき一生懸命なのがホロリときました
(けなげだ・・・)
メダカちゃんしっぽさんに支えられて本当良かったと思います

ねこぼーしさんこんばんわ

タテオヨギちゃん、成長はかなり遅いとのことですが
それでも成長してくれていること、なによりですね。

実はねこぼーしさんに、タテオヨギちゃんでコメントした後
我が家でも稚魚の中にタテオヨギちゃんがいることと発見!
同じ親からだと思いますが、成長につれ、10匹も…

残念ながら、今は2匹だけですが、ねこぼーしさんを参考に
弱めの投込み式エアレーションでの飼育で、ちょっとずつ
成長しています。

我が家の2匹のタテオヨギちゃんの泳がないときの休憩場所が
何と投込み式エアレーションのプラスチックの上なので
吸い込まれやしないかと、いつもヒヤヒヤですが、
当の本人たちは、そんな私の心配をよそに、そのプラスチックの上のエサを
つっついています。

ホント、愛しいかぎりです。

手間も労力もかけ、ほぼ科学者の生物実験並みにきちんとなさっていて本当にすごいと思いました。
いつも思いますが、完全に「ただの趣味」のレベルを超えていますよね。
それでも、最後の文章で「科学者の実験」との違いを感じ、嬉しかったです。

●サチさんへ

コメントをありがとうございます、サチさん。
ほんとうにこの子は頑張って泳いでいるのですよ。
私の姿が見えたらごはんごはん、ってすぐ水面まで上がってくるんです。
その姿に何度も涙ぐんでしまいます。

けなげなタテオヨギちゃんをこれからもぜひ応援してくださいね。
優しいお気持ちをいただいて本当にありがとうございます。
サチさん、心から感謝します。ありがとう。

●ともっちさんへ

タテオヨギちゃんはほんとに一所懸命にフードも積極的に食べていて
このまま無事に成長してくれればと願っています。

おお!ともっちさんのところにもタテオヨギちゃんいたのですか!
でも残念なことに8匹の子は・・・(涙
やはりどこか体が弱いとかうまくエサを食べられなかったりとか
あるのかもしれませんね・・・。

でも二匹はちゃんと成長してくれているとのことで嬉しいですね。
投げ込み式のエアレーションというのはいわゆるフィルターでしょうか。
うちではチューブの先端にとりつけるエアーストーンを使用しています。
投げ込み式(水作エイト)を使用するときはやはり吸い込まれるのがコワイので
外側のプラスチックをはずして使用しているんですよ〜。
ふたつ並んだ水槽画像の右水槽にいれてあるのがそれです^^

以前ともっちさんから二度目のコメントをいただいたときに
私の飼育法を参考になさって生存率がアップしたとお聞きして
本当にうれしかったです。ありがとう。
メダカはほんとうに可愛くて癒されますねheart

●サトシさんへ

いえいえ〜〜、こうやって採卵して管理なさっている方は多いと思います^^
私の場合飼育している数が多いので確かに労力はかけていますが
好きだからこういう作業のひとつひとつが楽しいんです。

メダカの美しさを追求し産まれてきた稚魚を「選別」しては
さらに交配させ・・・というやり方はもちろんありだと思いますが
うちは「ビオトープ」主眼のためそこまで追い求めていないので
骨の曲がった子も他の子と等しく可愛いと思って育てています。
メダカは心を安らげてくれて、飼っていてほんとうに良かったといつも感じていますhappy01

おはようございます♪

昨夜、採卵のブログを読んでおいてよかったデス。

・・・なななんと!
今朝、みたら、・・3匹中1匹のおちりにほわほわたまごがくっついている~~~!!

良く見たらホテイアオイさんの根っこにも透明の小さなタマゴさんが・・。

ぎょえぇ~~

採卵なんてマダマダ・・・・ときのう書いたばかりでしたが
メダカさんは待ってはくれませんでした(大汗)

早速、ブログのとおり、卵を別容器にうつしてみました~~!!!


流石の管理ですね!っていうか「愛」が無ければ
出来ない管理ですね!!メダカたちも幸せだと思います!!
稚魚は水温が高すぎるとマズイんでしょうね。。。

うちの稚魚用の睡蓮鉢は、うちの中で一番
日が当たるところにあるので引越ししよかな。。。

いつまで経っても小さいままの稚魚も
結構います。エサは食べてるような感じですけど。。。
なんせヌマッチの仔が爆殖してて、メダカが追いやられてるかも(^▽^;)

タテオヨキちゃん、出来るだけ長生きして欲しいですね。
うちも背骨が曲がった仔がいましたが、気がついたら
居なくなってました。仕方ないかな、、と諦めますが
姿が見える間は一生懸命にエサも食べてました。

姿を見れば、エサを優先的にあげてましたが・・

長く飼ってると色々ありますね~

●イルマリさんへ

わお〜〜♪ メダカちゃん、卵産んでましたかーー。
おめでとうございます!
実はそれを見越してイルマリさんのために採卵の記事を書いたのですよ。ふっふっ。
ナンテ言いたいほどタイミング良かったですね〜。

無事、採卵できましたか、よかったよかった^^
あとは無精卵はカビやすく放っておくと隣の卵にもカビが移ってしまうので
毎日点検をしてそれらは取り除いてあげてくださいね。

稚魚誕生!の報告を楽しみにまってま〜〜すheart

●take51さんへ

流石の管理なんて、いえいえ〜〜〜。
いろんなやり方があるとは思いますが多くの方もこういった手間は
かけていらっしゃると思います。
適当なところでホテイアオイを交換するやり方もありますが
なんというか、根っこに卵がついていると「採りたいッ!」という欲望が強くて(笑

やはり小さいまま育たない稚魚もいますよね。
自然淘汰とはいえかなりせつない気持ちが残りますが・・・。
タテオヨギちゃんはやはり病気だそうで
それについてある方からていねいなメールをいただきました。
ちかいうちにくわしく記事にしようと思っています。

昨年は多くの稚魚が誕生しましたが多くの数を死なせてしまったので
今年はできるだけ多くの命を残したいと願っていますshine

う、産まれてしまいました(大汗)

今日は5匹ほど・・・

会社から帰ってきてプラ容器をのぞいてみたら
ひょこひょこ泳ぐ物体を発見っっ


焦ってます。
とにかく初めてのことゆえ・・・。

どどどど、どうしよう。

ブログと同様に別の容器に移してみました。

一応ガラス水槽はひとつだけ買ってきてるんですが、
どのタイミングで水槽にうつしたらよいのかぁ~~~~(@@)

とりあえず、明日あさってに生まれること今日の子は一緒にしちゃっても
大丈夫かなぁ・・・。

うううううう
とにかく仕事の帰りが遅い故、土日にならないとできないよぅ。

ごめんよ~
メダカちゃんたち~~と思いつつ。

嬉しいものですね^^v

ワクワクドキドキの始まりです。

●イルマリさんへ

お返事が遅くなってごめんなさ〜〜いsweat01

もう産まれちゃったのですね!
きっとホテイアオイに付いていた卵は親メダカに食べられることなく
何日かたっていたのでしょうね。
初めて見る稚魚はホント頼りなく見えるでしょう?^^

私はその日産まれた子はすぐ稚魚水槽に水合わせをして移しています。
毎日産まれるのでどんどん移してゆきますが
先に生まれた子がやはり大きいのでちびっこを追いかけ回したり
さらに体格に差がつくと食べてしまうことがあるので
そのへん気をつけてあげてくださいね。

不安の中にも楽しいドキドキ感が伝わってきて私もうれしい気分ですheart
ぜひまた様子を教えてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アボカドさん完全復活 | トップページ | タテオヨギちゃんのために出来ること »