2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

« メダカの採卵〜孵化〜育成の過程 | トップページ | ロックガーデンが〜〜! »

2011.08.06

タテオヨギちゃんのために出来ること

P1300268

前記事でお伝えしたタテオヨギちゃんについてですが
魚の病気についてお詳しい心優しい方からメールをいただきました。
「うちにもタテオヨギの子がいる」との他の方からの声もありましたので
以下、抜粋してみなさまにもお伝えしたいと思います。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
このメダカは、浮き袋異常で浮き上がることができないのではないかと思いました。
 
泳いでいないときは水底に沈んだままになっていないでしょうか?
 
浮き袋異常の子は浮いた状態を全く保てず、いつも体全体で必死に泳いでいる感じです。
そして泳ぐのをやめたとたん沈んでいくので観察すると分かると思います。
 
ベタやグッピー、卵胎生メダカでよく聞きます。
ベリースライダー(ベリスラ)で検索するといろいろ出てくると思います。
そういう私もグッピーやベタでベリスラ(後天性を含む)を経験しております。
 
もしベリスラの症状にあてはまるようであれば、これといった治療法はないのですが、
水深を浅くしたり、食べるようなら沈殿性の餌を与えるなどすれば
魚への負担を少しは減らしてやることができるのではないかと思います。
 
メールしたものかどうか迷いましたが、
小さくても大切な命のためにしてあげられるかもしれないことに気付いた以上
それを伝えずにいられませんでした。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 
  
 
ベリースライダーという症状は初めて聞いたので
ネットであちこち検索をして動画も見てみました。
お魚さんにとってはとても気の毒な病気ですよね。
人間で言うと自由に歩けないようなものですから・・・(涙

この思いやりにあふれたメールをいただいてから
タテオヨギちゃんの様子をしっかり観察してみました。
ただこの子は私の姿が遠目に見えるだけで
ヒレを一所懸命動かして上に上がってこようとするので
下に横たわっているかどうかをなかなか確認ができませんでした。
でもメールに書かれてあるように泳ぐのをやめたとたん
すーっと下がってゆくのでやはりベリースライダーという病気なのだと思います。

この子が一所懸命水面まで泳いでくることが気の毒で
実は先日まで水深はかなり浅かったのですが
稚魚が増えてきたこと、
窓際なので水量が少ないとカーテンをしていても水温があがりやすいこと、
これらの理由で水量を増やしていました。

別容器で単独で、とも思いましたが
この水槽はとても環境が整っているし、引っ越しをさせることで
ストレスになっても可哀想と悩んでいました。

上にも書いた通り私がフードを与えようとすると
もう水面に向かって泳いでくるので普通に与えていましたが
このアドバイスをいただいてからのち
速攻で水槽に近づき、まだ下の方で泳いでいるこの子のまわりに
パウダーフードを指ですり潰すようにして水中にまいてやるようにしました。

するとその場にとどまって食べています。
これで体力をあまり使うことがないと安心しました。
 
 
 
 
 
Imgp4823
 
たくさんメダカを飼育しているとやはり障害を持った子は出てくるようです。
出来る限り早く気付いて対処して少しでも寿命を延ばしてあげたいと深く感じました。

皆さんのおうちでもこんな症状の子が見つかればぜひ
泳いで体力を使う負担を減らしてあげるような対策をお願いしたいと思います。

アドバイスのメールをくださった方、ほんとうにありがとうございました。
深く感謝いたします。
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
たいせつな命、ひとつでも多く助けたい。
 
 

« メダカの採卵〜孵化〜育成の過程 | トップページ | ロックガーデンが〜〜! »

★メダカ」カテゴリの記事

コメント

ねこぼーしさんこんばんわ

ベリースライダーの記事の紹介、大変参考になりました。
ありがとうございます。

とうとう我が家のタテオヨギちゃんは1匹となってしまいました。

ぽよ~ん…と水平に浮かんでいる稚魚達の中で、唯一タヨオヨギちゃんだけが
全身を使って、一生懸命上へ向かって泳いでいるので、体力の消耗が気になって
たまりません。

言葉がつうじるものなら、「えさの時だけ、水面へあがっておいで。それ以外は
底面でゆっくりしておいで」って気持ちで見守ってます。

●ともっちさんへ

ともっちさん、こんばんは。
そうでしたか・・・。二匹になってしまったと先日コメントをいただきましたが
とうとう一匹になってしまったのですね(涙

浮き袋の異常ということなので水面まで泳ぐのも
ヒレをばたばたさせるしかないのでしょうね、見るからにほんとうに必死で
そうとうのエネルギーをつかっているのだと思います。

出来ることならば記事に書いたようにタテオヨギちゃんがいる水底付近へ
エサを優先的にまいてくだされば必要以上の体力を使うことはないと思いますので
ぜひそうしてあげてください。
少しでも長生きできることを祈っています。

命の輝きの素晴らしさを感じます
だから一生大事にしていきたい そんな気持ちになります(^-^)

ねこぼーしさんへ でした
コメントの位置微妙に間違えてしまいました(^-^;)すみませんです

●サチさんへ

ほんとうにそうですね。
普通に泳いでいるメダカを当たり前と思っていましたが
タテオヨギちゃんのような子を見ると
命って普通にあるものではなく頑張って得るものだということを深く感じます。

タテオヨギちゃんの姿からそんな重みを感じ取ってくださった
サチさんは素敵な方だと思います。ありがとうございます。

ねこぼーしさん、初めまして。もう1年以上読ませていただいているのですが、
ずっと読み逃げでした。すみません。でも、今回はタテオヨギちゃんの話題
だったので、初コメさせていただきます。

うちにもいるんです。ベリースライダーという病名については初耳でしたが、
浮き袋に問題があるのだろう、いうことは推測していました。
今回、ベリースライダーという病名をgoogleで検索してみて、めだかの場合は
生まれてすぐから症状を見せることが多いという記事をいくつか見つけたの
ですが、うちの子達は違うんです。成魚サイズになってからの発症ばかりです。
ある日突然発症するんです。昨日まではスイスイ泳げていたのが、翌日には
あれっ?という泳ぎ方になり、どんどん進行します。
ふっくらしていたおなか部分が、どんどんぺちゃんこになっていくんです。
必死になって泳ごうとする姿は、見ていてつらいですよね。
数日前に、また一匹発症しました。
私の水質管理に問題があるのかもしれません。

ねこぼーしさん家のタテオヨギちゃん同様、うちの子たちも、他の子たちと
同じ水槽で、かつあまり体力を消費しなくていいような、そんな工夫をしてみます。
こちらに来ていなければ、ベリースライダーという名前を知ることもないまま
だったでしょう。ねこぼーしさん、タテオヨギちゃんを話題に上げてくださって
ありがとうございました。そして、アドバイスをくださったという方にも、
心から感謝いたします。ありがとうございました。

こんにちは~
ベリースライダーという名を初めて聞きました
幸い家ではそういう症状のメダカを見たことはないですが、こういった病名があるくらいその症状を持った観賞魚が多いということでしょうか
自然界の中での発症したら生きていくのは難しいでしょうから、ねこぼーしさんやここにコメントしている方達のような優しい人たちに面倒をみてもらって幸せでしょうね
少しでも長く生きれれば良いですね 頑張れタテオヨギちゃん!!

お久しぶりです。
ちょびっと復活した さんぽです。

相変わらず心優しいですね。
めだかたちの世話を自分の体調イマイチを言い訳に
事務的になっていたこと反省です。
でも、めだかブログをたくさん拝見し、
元気を貰い!原点に戻れた気がしています。

そこで、ブログ更新を再開を決意。
ご報告&改めてよろしくお願いいたします。

●あやさんへ

はじめまして、こんにちは!
いつも読んでくださっていたのですね。ありがとうございます。

あやさんのところにもタテオヨギの子がいたのですね。
しかも大人になってから発症するのですか。しかも続けてとは・・・。
あやさんはメダカちゃんの様子もしっかり観察なさっているほどの方ですので
水質管理もきちんとなさっていると思われます。
伝染病というわけではないようですので、やはりそういった症状の出やすい
血統ということなのでしょうか・・・。

元気だったメダカちゃんが突然病気になるのはとてもつらいですね。
でもこうやって救いになるアドバイスをいただけて私も心から有り難いと思っています。
ブログに書いたことであやさんのようにその病名がわかって
対策を講じられることができた、ということも嬉しく思います。
お互いいっしょにメダカちゃんたちを可愛がってゆきましょうね!

●kanbeeさんへ

私もこういった症状に病名があるとはまったく知りませんでした。
kanbeeさんのおっしゃるとおり、観賞魚ではよく知られている病気なのでしょう・・・。
教えてくださったかたに感謝です。
そして対応まで心配してお心遣いをいただいて有り難く思っています。
目の前で一所懸命泳いでいる命のために少しでもできることを
してあげたいと思います。

kanbeeさん、タテオヨギちゃんにエールをありがとう!

●さんぽさんへ

さんぽさん!おひさしぶりです^^
体調を崩されていたとのこと、しかも帯状疱疹とはつらかったことでしょう。
私の身内も発症したことがあるのですが、疲れがたまっていたり
体の抵抗力が弱いときに出るとのことで
さんぽさんもお疲れがピークだったのでは・・・。

でも少しでもお元気になられてよかった!
また訪問させていただきますね。こちらこそよろしくお願いします^^

はじめまして!

moca★と申します。

最近、ベランダビオトープを初めて、もっといろんなメダカを見てみたいな~と思って、このブログに出会いました。
何度かブログを拝見させて頂きましたが、詳しく話を聞きたくてコメントさせていただきます。

私事ですが、私は生物学者を目指す中学生です。
動物が好きで独学で勉強してましたが、特にメダカの魅力に惹かれ、興味を持ちました。

しかし、まだまだ初心者でございますので、ねこぼーし様やここの先輩の皆さんにいろいろ質問したいのですが、なにとぞよろしくお願いします。

最後に、私はブログをやっていませんし、メダカといってもヒメダカを10匹、飼っているくらいで、えらそうな事はいえませんが、ねこぼーし様の力になれればと思います。

長々とすみません。
これからも遊びに来るので、よろしくお願いします!

●moca★さんへ

はじめましてmoca★さん、ようこそいらっしゃいませ^^
私いまとても嬉しいんです!
moca★さんのように若い方が将来の道を決めてそれに進んでゆく勢いが
文章からがつーーんと伝わってきたので
こんなに素敵な子がいるんだー!ってとても感銘してしまいました。
moca★さん、素敵ですよ。
メダカを何匹飼っているとかそんなのは関係ないです!
こちらこそ知識不足なのでいろいろ教えてくださいね。
うわあ、ほんとうにうれしいなあ〜〜〜〜!

生物学はとても奥が深く、かつ哲学も避けて通れないひじょうに微妙な
そして大切な学問だと思っています。
moca★さんが学んでいろいろ得たことなど私、とても知りたいと思います。
メダカはほんとうに奥が深いですよね。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
コメントで書きにくいことがあったらプロフィールページにメールアドレスありますから
そちらから書いていただいてもかまいませんので^^

暑い毎日ですが体にお気を付けて!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メダカの採卵〜孵化〜育成の過程 | トップページ | ロックガーデンが〜〜! »