2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

●水鉢

2010.06.14

プラ鉢も活躍してます

P1080430
 
この春メダカの品種が増えたので、陶鉢だけでは足りなくなり
プラ鉢にも活躍してもらっています。
とはいえやはり見た目の軽さが気になるのでまわりの緑に溶け込ませるように
配置してみました。

これは底に赤玉土を敷き、シラサギカヤツリの大鉢のみを入れています。
 
 
 
 
 
P1080431_2
 
住人は楊貴妃さんたち。赤い姿から目を上に向けると
 
 
 
 
 
P1080432
 
咲き始めた白い花。咲き始めのこの頃が一番好きです。
 
 
 
 
 
P1080433_2
 
その奥にもプラ鉢。ほとんど鉢の姿が見えませんね。
すっくと伸びているのはトクサ。きりりとした姿が気持ちいい。

ここにはオレンジヒカリさんたち。
中央の浅瀬にフードをまいておくと、皆が揃って食べにきます。

鉢の左側にちらちら白いものが見えているのは、ドクダミの花です。
 
 
 
 
 
P1080434
 
薬にも用いられ独特の芳香がありますが嫌な匂いではなく、体が清められるような感じ。
 
 
 
 
 
P1080435_2
 
昨年小さな苗を植えた紫陽花が、爽やかな白い花をつけてくれました。
 
 
 
 
 
P1080436_2
 
同じ時に植えたこちらは少々成長が遅いのですが、
青みがさした美しい花をこれから開いてくれそうです。
 
 
 
 
 
P1080437
 
2号池奥にもプラ鉢。ワイルドな葉っぱはヤツガシラ。
つい先日までカメハウス内に置いておいたところ、松子竹子に葉を囓られたので
今日、ここへ設置しました。
 
 
 
 
 
P1080438_2
 
昨年生まれの青メダカさんたち、現在水合わせ中。
そうだ、透明鱗の青系と同居させて卵を採ったらどんな子ができるんだろう。
やってみようかな。
 
 
 
 
 
P1080442_2
 
メダカも花も青系がわりと好みです。
 
 
 
 
 
P1080443_2
 
これは3号池側に植えたハーブで、うつむいて咲く姿がなんとも清楚。
 
 
 
 
 
P1080444
 
ところで孵化・稚魚育成スペースに日除けのためとりあえずあった布をかけたら
なんだかあやしい占いの館みたいになってしまいました。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
あやしいメダカが出なければいいけど(いや、出た方がいいのかな)。

───────────────────────────────────────────

2010.05.11

カルビーノ水鉢レイアウト変更

P1070378
 
点目・点目漆黒(F1)が入っている【カルビーノ】はシラサギカヤツリの鉢があるため
逃げ場が多くいまひとつ馴れてくれないし、卵も鉢のアオミドロに付けたりするので
採卵がほとんど出来ない状態であることを先日お伝えしました。
 
 
 
 
 
P1070470_2
 
そこで思い切って鉢を出してしまうことに。
あらあら隠れ場所が、とびっくりしてメダカさんたち、目が点になってます。
(いやF1だからまだなってないって)。
 
 
 
 
 
P1070472
 
しばらくこちらで待機してくださいね〜。
卵を持った子が三匹いたので一応シュロとホテイアオイも入れて、っと・・・。
 
 
 
 
 
P1070482
 
シラサギカヤツリの根元にアオミドロを吹き飛ばすようにシャワーをかけ、
ある程度手でも取り除いてから別の鉢に移し水道水を張りました。
アオミドロがなくなるまでこれを毎日繰り返します。
 
 
 
 
 
P1070485
 
水鉢や底砂についているバクテリアを死滅させないように
同温度の汲み置き水でさっと洗い、水草などを入れてみました。
 
鉢植えは私の好きなフギレデンジソウ。
今はまだまばらですが小さな芽が出ているのでこれから生え揃う予定。
 
 
 
 
 
P1070486
 
一番右の水草は表面がガサガサしているので、ここにも卵を付けるかも。
皆さん、ウロウロと鉢内を探索しています。
 
 
 
 
 
P1070478
 
鉢がなくなったぶん水量も増えたので、夏に向けてこれで良かったかもしれません。
 
 
 
 
 
P1070475
 
30分ほどしてシュロを引き上げると、おお!さっそく卵が付いていました。

レイアウト変更、大成功です!
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
このレイアウト変更は数日前でしたがそれ以来、数は少ないですが採卵も毎日出来るようになってきました。
数が少ないというのはたぶん食べちゃう習慣がついているのかも。とほほ。

───────────────────────────────────────────

2010.03.19

メダカさん家族計画「新しく子供が欲しい」

P1050986_3
 
しっぽ池が完成してもう12日目。
 
 
 
 
 
 
P1050987_2
 
中央にでーんと構える【茶太郎】にはハスを植えつけています。
その他、水草などもセッティング。

今日は朝から晴天で暖かだったので、水槽の黒メダカたちを放流することにしました。
 
 
 
 
 
 
P1060018_2
 
洗面器で二時間以上かけてゆっくり水合わせしました。
さあ、出ておいで〜。
 
 
 
 
 
 
P1060020
 
おそるおそる、一匹、二匹と。
 
 
 
 
 
 
P1060023
 
普段は勝手気ままに泳いでいるようでも「なんかいつもとちがう」って時は
固まって群れをつくるんですね。
 
 
 
 
 
 
P1060025
 
こちらも水底で群れになってます。
 
 
 
 
 
 
P1060028_2
 
もうすこし暖かくなってから
空さんからいただいたヒカリ×ダルマ掛け合わせの普通体型45匹と
現在熱帯魚水槽に間借りしている白・青メダカを混泳させ
賑やかな池にしたいと考えています。

 
 
 
 
 
 
P1050985
 
さてこちら水鉢御一行様、手間から【藍】 【海璃】 【カルビーノ】その左が【白茶】

実は今年、まだ飼育したことのない種類を
めだか本舗さんから購入しようと計画しています。
現在もやもやと楽しく妄想中。
 


いちばん大きな【藍】には・・・
 
P1050990_2
 
藍色の鉢に夏には黄花の睡蓮が咲き・・・となると白系が映えますね。
この子たち、綺麗でいいなあ〜。
 
Snow_2
スノーホワイトヒカリメダカ
 
 
 
 
Sakura
桜メダカ 透明鱗(スノーホワイト)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【海璃】
 
P1050992
 
ここはちょっと楽しい雰囲気にしたい。
半ダルマ、それも各種混合のセットがあるのでどうでしょ。
 
Daruma_2
半ダルマメダカ色いろいろ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【カルビーノ】
 
P1050993
 
渋い茶色だからやはり白系かなあと探していたら
おお、オーロラメダカってなんだか不思議な感じ。気になります。
 
Aurora_2
オーロラメダカ
 
 
(以上メダカの画像4点はめだか本舗さんからお借りしました)
 
 
 
 
 
 
 
【白茶】
 
P1060034_2
 
しっぽ池への黒メダカ放流と同時に、こちらにはヒメダカさんがお引っ越し。
すぐ馴染んだようで水面をすいすい泳ぎ回っています。
 
 
 
 
 
 
P1060037
 
監督としては緻密なメンバー構成で今期シーズンを盛り上げたい、と(笑
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
めだか本舗さんって私の住む広島にあったんですね。バケツもって買いにいけるな。

───────────────────────────────────────────

2010.01.13

ビオ・ストーブリーグ

P1040164
 
水槽だとメダカや水生植物を横から見るわけでじっくり観察できるし
それはそれで楽しいのですが
やはり庭でのウォータービオトープ生活が恋しい・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
P1040271
 
これは夏の水鉢の画像。
うん、やっぱり上から見た方がわくわくします。森のイメージ。
 
 
 
 
 
 
 
 
Sp1040158
 
ここはミナミヌマエビ専用水鉢。
彼らの好きなトゲトゲイガイガした水生植物を多めに入れました。
カボンバやマツモも入れていますが、葉が抜けやすく底砂を汚すのが欠点。
 
でも緑色がきれいだからやっぱり入れちゃう(^-^*)
 
 
 
 
 
 
 
 
Sp1030991
 
私のお気に入り、アマゾンチドメグサ。

これを入れると水鉢がぱーっと明るくなるんですよね。
ミナミヌマエビの食草なのでお腹が空いたとき囓っていますが
日当たりの良い場所だとどんどん伸びるので大丈夫。
しっかり茂ると隠れ場所にもなりますしネ。
 
 
生体をすべて水槽に移したため、現在水鉢たちは出番がないので
夏の画像を見ながら「今年はあの水草を集中的に増やして・・・」
「今年はぜひ白メダカをたくさん・・・」とか
水鉢それぞれの個性に合わせたビオトープ作りを
頭の中で妄想をふくらましながら楽しんでいます。むふふ。
 
 

2009.09.05

夏の間に伸びまくり

 

9277  

さてこちらミナミヌマエビ専用水鉢【白茶】では
水草が密林地帯のように茂りいい感じです。
ほったらかしでこうなったのではなく、日々のトリミングの成果です。
手を入れないと水草というのはからみあって渦を巻いて
ただの密林ではなく、未開発の密林奥地状態になってしまいます。

 

 

9280  

こちら【海璃】ではウォーターマッシュルームがもっこり飛び出しています。
昔、飛び出す絵本ってありましたが、なんか近い(笑

 
 

9283  

後ろから見るとこんな感じ。涼しそうな木陰、って風景です。 

 


     

2009.08.13

夏のごあいさつ

P1040372  
子赤が住んでいる水鉢を明るい場所に移動しました。
先日、元気をなくしていた折、私の影がちらちら見えるとストレスになると思って
やや奥まった場所へ置いていたんです。
そしてヒメダカのオスメスを同居させてみたところ
ケンカすることもなく子赤はかえって以前より動きが活発になりました。
つられて一緒に泳いじゃう、って様子です。楽しそう!

 
 
 
 
 
 

P1040374

 
 

P1040376  

 
 
 
 
 
 
 

P1040364  
なんとなく成長が遅いアサザを思い切って陽の当たる場所へ移動。
すると数日で葉がどんどん成長しはじめました。
葉の数も増えたし葉っぱそのものが大きくなってきたんです。
日陰が出来たのでこちらにもヒメダカさんを。

やはり太陽の光って大切ですね。

 

 

 
 
 

P1040289  

お盆休みもなしで働かれる皆さま、おつかれさまです。

 
 

 
 
 
 

P1040288  

お盆休みで帰省される方、道中お気を付けください。

 
 
 
 
 
 
 

P1040287 

おうちで休まれる方はしっかり休んでくださいね。
 
  

まだしばらく続く暑い日々を皆さまお体にお気を付けてお過ごしください。


 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
暑い、といっても今年はそれほどでもないような。毎年続いていた猛暑が異常だったのかも。

 

2009.08.05

水鉢大移動

P1040315  

水鉢たちを午前中だけしっかり日光が当たる場所に移動しました。

 

 
 

P1040306_2 

以前も画像でご紹介したこのベンチ前の場所は、昨年までは日光が入っていたのですが、
頭上のアボカドの木がぐんぐん成長し、ほとんど光が当たらなくなってきました。
そのせいかメダカたちの中に餌は食べても体つきが細くなってきた子が出てきたんです。

 

  
 

P1040311  

メダカたちは入ったまま水をバケツに移し、水鉢を引きずるようにして移動。
そしてまた水をゆっくり戻しました。

さて、これで充分光が当たるようになりました。
日光に充分当たらないとビタミンDが作られずカルシウム不足になりますからね。
水草も弱ってしまいますし。

でも午後と夕方の強すぎる直射日光は木に遮られ陰となるので、
水温も上がりすぎないので大丈夫。

 

 
 

P1040305  

睡蓮など水生植物をまとめて入れた水鉢【藍】にもヒメダカを泳がせました。
セッティングしてもう数日たちますが、全ての水鉢でメダカたちは元気いっぱい泳いでいます。
卵もどんどんつけるようになりました。

腰が心配でしたが頑張って良かった〜〜。

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
心配だったのはメダカの腰じゃなくて私の腰ですよ。

 

2009.07.29

水鉢水槽・緑の森計画

P1040271 

以前の記事でお伝えしましたがホテイアオイの細かい根がちぎれて
底砂に汚れがたまるため、すべての水鉢から撤去、
かわりに水草を増やして深い森のようにしたいなあと思いました。
これは水鉢【カルビーノ】。

 
 
 
 

P1040270  

上の写真を引いて撮った画像。
左右のガラスボウルに寄せ植えしてあるもののほとんどは
植木鉢で栽培して水上葉に育ったものです。
自家栽培の水草は購入したものより丈夫で、水中でもよく増えてくれます。

 

 

 
 

P1040261  

こちらは水鉢【白月】。24日に入学した子メダカたちは元気ですいすい泳いでいます。
まだまだ体が小さいのでカボンバカロリアーナが大木に見えますね。

 

 

 

 

P1040284  

水鉢【海璃】にはカボンバとマツモとアナカリスをまとめて植えています。
細かい葉はミナミヌマエビたちの絶好の隠れ場となって、ここに餌をまくと
メダカたちに横取りされないみたいで嬉しそう。

 

 

 
 

P1040273  

こちら【水草保養ファーム】もこれからの季節、水草たちがすくすく成長しそうな気配。
ここにはメダカベビーしかいないのでミナミヌマエビの赤ちゃんが増殖中! 

 
 
 
 
 

P1040278 

ぱらだいす、でしゅ。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
冬の間、メダカたちと共に水草も室内に入れていたため完全に枯れずに春からこちら、どんどん成長してくれました。
あまり水草を増やしすぎても夜間の酸素不足が心配なのでほどほどにしなくては。

 

2009.07.27

金魚専用水槽に別住人入居

P1040211 

ハイ、こちら金魚水草がすっかりスタンバイして子金魚を待っている水槽です。
って、アレ?メダカが泳いでいますね…。

これには少々個人的感情による理由がありまして。

 

 

 

P1040242  

こちらが現在の子金魚水鉢。子金魚たち、まだまだ小さいでしょう〜。
まだしばらくはここでも充分大丈夫。

 

 

 

P1040255 

そしてあいかわらず私がのぞき込むと6匹全員がピヨピヨ〜っと寄ってきます。
それがもう、かわいくてかわいくて。この角度で見るのがとてもイイんですよ。

(あれ、ポニョ・・・?)

  
 

 

   

P1040215  

そういうワケでまだしばらくは今のままのスゥイ〜〜トな生活がいいなあと思ったんです。
やはり水槽だとなんとなく距離感が出来てしまうような気がして、少々さみしい。

 

 

 

K21611_009  

それで以前から水槽に入れて横から眺めたかった宇宙メダカ様ご一行に、
子金魚たちが大きくなるまで住んでいただくことにしました。

 

 

 

K21611_025 K21611_002  

子供が行水できるほどの水鉢に6匹では
なんとももったいないというのもありまして…。

 

 

 

P1040222  

そして金魚水槽へ宇宙メダカ様たちが引っ越ししたあとには
睡蓮、ナガバオモダカ、シラサギカヤツリなどを植え込んだ鉢をセッティング。
日当たりの良い場所に水鉢を移動させたので成長が期待できます。

 

       

       

       

 

P1040259 

う〜〜〜〜ん……ポニョ…。 

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
腰痛は治りかけが一番だいじ、ってよくわかってるのに…。

 

2009.07.24

白月に卒園生たち入学

P1040182 

水鉢【白月】には長い間住人がいないため、水面はいつも静けさをたたえていました。

 

 
 
 

P1040184  

『水交会』でやってきたウォーターポピーとトクサをメインに、
アメリカハンゲショウとウォーターマッシュルームで彩りを添えています。

 

 

 

P1040179  

上から見たらこんな感じ。
深く茂ったアボカドの木の下なので強い日光は当たらないため、
水生植物たちは暴走することなく皆、礼儀正しく成長しています。 

 
 
 

P1040180 

水草養成ファーム水槽で孵化した子メダカたち10匹ほどがかなり成長してきたため
ファーム水槽保育園を卒園、晴れてこの【白月】に入学することになりました。
第一期生ですね。

 

 

 

P1040186  

ミナミヌマエビたちも加わって、しっとり落ち着いた趣の【白月】が
ちょっとにぎやかになりそうです。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
水槽で大きくなってきた稚メダカたちから順次卒園させ、こちらに入学させます。
大人メダカのいないところで伸び伸び育ってほしかったので
【白月】さんはずっと待機していたのでした。