2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

★シマドジョウ

2009.07.11

嬉しくてたまらないらしい

Sp1030968  

「金魚水槽」改め「ドジョウ・エビ水槽」。
動きのすばしっこい小赤が別の水鉢に移ったため、餌を横取りされることもなく、
背中をつっつかれてイジメられることもないので皆さん、ゆったりまったりとしています。
こうやって広い場所に出て来ての和やかな様子は、今まで見られなかった光景です。

 

 

Sp1030970  

シマドジョウさん、餌をつっつく勢いが今までと違います。のびのびと楽しそう。

 

 

Sp1030969  

おいしいなあ~、おいしいなあ~。

 

 

Sp1030988  

うれしいなあ~、うれしいなあ~♪

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
「金魚とドジョウの同居は可」と言われていますが、
動きの素早い和金系だとドジョウは背中をつつかれたりして、やはりストレスを感じるような気がします。
慣れれば気にしなくなるのかもしれませんが…。

 

2009.06.20

水槽の性格はこんなにも違うものなのか

Sk21619_006   

「水草保養ファーム水槽」。ここは稚メダカ育成水槽でもあります。

  

Sk21618_014   

貝殻を乗せているこれ。もともとは冷凍赤虫などの餌入れだそうですが…

  

Sk21618_018_2  

採取したメダカの卵を入れるベッドにしています。
各水鉢のホテイアオイの根にメダカの卵がくっついているのを採取し
このモスにからませておきます。
卵が孵化すると稚メダカは下の隙間から水槽内へと泳ぎ出ます。
上の貝殻は水流に流されないための蓋ですね。 

 

Sk21619s_002  

そうやって日に日に少しずつ稚メダカが増えてゆきます。
水面に泳ぐ彼らの数を数えるのが楽しい。

ああ…やっぱりデジタル一眼レフカメラ欲しいなあ…。

  

Sk21618_022  

こちらはだいぶ育ってきてやっとメダカらしくなりましたheartそれでもまだ小さい小さい。 

   

Sk21619_010   

コケ対策と余った餌のお掃除にミナミヌマエビも入れていますが
おお!こちらも稚エビが誕生しています。かわいい~heart04heart04heart04heart04 

朝、コーヒーを飲みながらこの水槽の前でちっちゃい彼らを観察するのが
私の憩いのひととき。癒されます…。

 

  

Sk21619_017 

さて、左に目を向ければ金魚水槽。遠目に見ても中が騒がしいのがわかります…。

  

Sk21619_021  

シマドジョウさんは相変わらずドジョウハウスの使い方、間違ってるし、

  

Sk21619_036  

ああッ!こちらではヤマトヌマエビたちが水草をもりもり食べています。

  

Sk21619_035  

あう~~~~~!sweat02sweat02sweat02

  

Sk21619_050  

何故、前を横切る!annoy水草を撮影しようとしているのに。bomb

  

Sk21619_051  

何故!annoy

   

Sk21619_052  

何故!!!annoyannoyannoy 

 

Sk21619_019  

何故!!!annoyannoyannoyimpact

 

 

Sk21619_055  

まとまり感も静けさもない、無秩序なこの金魚水槽。

  

Sk21619_043  

なんて落ち着きのない水槽なんだ!

ちっとも癒されません…。 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
それでも憎めないのは何故。

catいつも応援していただいてありがとうございます。
また次の記事を書く励みになっており、嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

2009.06.15

ドジョウハウス設置by(有)しっぽ工務店

Sk21615_057  

シマドジョウさんに隠れ家を作ってみました。
よくクロデメに背中をつつかれて落ち着かないようだったので。

 

 

Sk21615_018  

「んじゃ利用してみっか!」「ウン!」

 

  

Sk21615_058 

まず四匹いるシマドジョウさんのうち一番小さな子がもぐりこみました。カワイイheart04 

 

 

Sk21615_016  

こちらの大きな方はしばし黙考のあと……

 

 

Sk21615_027  

いや…なんかちょっと…使い方違うような……。

 

 

Sk21615_005  

そ、それも、ビミョーに違うと思いますが……

 

 

Sk21615_013  

あ~あ…横からみたらこんなことになってます…。

 

 

Sk21615_008  

と、そこへクロデメ登場。

「ん?」

 

 

Sk21615_009_2  

「なにやっとんじゃい、ワレ!?」

 

 

Sk21615_015  

ヤレヤレ、シマドジョウさんはびっくりして上へ逃げてしまいました。

 

「フンッ!!」

 

  

Sk21615_030  

「ワシより目立つヤツがおるんは、気に入らんのじゃ!」

 

……な、なんて心の狭い…。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
っていうかいつのまに広島弁。

 

2009.06.03

撮影しながらつぶやいてます

Sk21521_042  

ふと気が付くと、ひとりごと言いながら撮影してたりします。

水草だと「わ~、キレイ」「あっ、芽が出てる!カワイイなあ」といったところですが
水の住人たちに対しては結構失礼なことを言っているような…。特に金魚水槽。

  

 

Sk21527_026  

あっ、も~!なんでピントあった瞬間にこっち来るの~。
まともに撮れたことってあったかなあ。
しかしクロデメって正面から見るとタコというか…
デキの悪い宇宙人みたい~。ぷぷぷっ

 

 

Sk21527_023  

うん、男前!兄さん。動かないでよ~。
でもドジョウヒゲが間抜けですねえ、あっはっは!

 

 

 

Sk21527_004  

う~ん!これはスゴイ!シンクロ率100パーセント!

 

 

 

Sk21527_029  

お互い、なんだコイツの体型は!なんて思っているんだろうな~。
コンビ組んで漫才やるといいんじゃないかな~。
やっぱクロデメがツッコミかな。

 

 

 

Sk21527_016

ああ、やっぱりクロデメが一番へんな顔してるねえ。
関西弁で言うと「ほんまブッサイクやで」って言うのかな。ぷふふふふ。

 

 

 

Sk2163_027  

うちのクロデメが特別なのかなあ。前から見ても横から見ても笑えるし。
「ほんまブッサイクやで」。わははははは!

 

…イラッ

 

  

Sk2163_025_2  

黙って撮らんかい!annoy

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
ご、ごめんなさい…。

 

2009.06.01

魚の目は語る

Sk21531_014  

「うん、ちゃんと成長してるな」とトリミング&植え付けした水草を撮影していると
……ん????下のソイルから何か生えてる……?

 

Sk21531_003  

あっ、シマドジョウさん!底にもぐって体半分出してる!いや~ん、かわいいッheart04

 

時折、目をキョトッと動かす様子がかわいいので動画に撮ってみました。

再生後、右下の四角い矢印ボックスをクリックすればフル画面で見ることができます。
フル画面から元の画面に戻すには「Esc」キーを押してください。

 

途中、「あれ?マバタキした?」と一瞬びっくりしましたが
目を下に大きくクリッと動かしたからそう見えたのでしょうね。
魚にまぶたはないですものね。

彼はこのあといつまでもこうしていたので、照明を消して「おやすみ」を告げました。
まさか一晩中あのまま…?

(※今朝はフツーに跳ね回っていました)

 

 

Sk21531_018_3  

よく並んで泳いでいるクロデメ(黒出目金)とコアカ(小赤)。
仲の良いほほえましい光景、というよりこの2匹だとなぜか
「悪だくみをしている」というふうに見えてしまうのは、
目つきが悪いせいでしょうか(実際この後、水草を引っこ抜いたimpact

 
金魚を飼うことは古く江戸時代にブームがあったそうですが、
やはり水鉢に入れて上から見て楽しむものだったそうです。

Sk2153_012  

こんな感じ。だけど側面から目を見ちゃうとそこに性格付けをしてしまうんですよねえ。
目は口ほどにものを言い、ということわざに納得。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
タイトルの「魚の目」は文字通り「さかなのめ」ですからネ。
足の裏に出来る「ウオノメ」ではありませぬ由。ウオノメは何も語らずただ痛いだけ。

 

2009.05.28

天から光が!

Sk21527_010   

ほとんど陽のあたらない金魚水槽ですが、おお、どうしたことでしょう!

頭上から慈愛に満ちた光がふりそそいでいます。何かの奇跡でしょうか。

メダカちゃんたちも「なに?なに?どうしたの?」とうろたえています。

 

 

実は照明を導入してしまったのでした~~。

Sk21527_012  

だってだって~、日当り悪いせいで水草の成長不良が著しかったんですよう~。

でも照明は高いから、とあきらめていたのに

知名度の高いジェックス、しかも60cm水槽用、しかも二灯式がセールで3,180円!

これは買うしかねーだろ、とシマドジョウさんがおっしゃったのですよ~!

 

 

Sk21527_014 

オレ!?????? 言ってねーし!!!

 

あっ、黒出目金さんだったかな…。

 

 

Sk21527_017  

ひとのせいにするな~~~~ッ!!

 

と、ともあれ照明を導入したことで、水草さんたちは少しずつ伸びてきておりまする。 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
月に二回のカイロプラクティック通院を一回に減らしてまで、こういったことにお金をつぎこむ私って…。

 

2009.05.26

がんばれシマドジョウさん(&プレコちゃん)

Sk21526_003  

はてさて今日も「落ち着きのない金魚水槽」の動画です。

 

再生後、右下の四角い矢印ボックスをクリックすればフル画面で見ることができます。
フル画面から元の画面に戻すには「Esc」キーを押してください。

 

シマドジョウさん、大ハリキリですがさすがに泳ぎ疲れると…

 

 

Sk21525_014  

水草に体をあずけて「はうぅ~ん……」とひと休み。かわいいheart04

ドジョウがこんなに面白いものとは知りませんでした。
水槽だからこそ、横からその動きが楽しめるのですね。ちょっとハマりそうです。

主に底にいて残り物をつついたり、コケを食べたりするいわゆる
お掃除屋さんの魚を「底もの」と呼ぶそうですが、
熱帯魚界でも「底もの好き」がいらっしゃると聞きました。
ちょっとチャームさんのとこを覗いてみましょう。

代表的なのがプレコさんでしたっけ…。

 

Photo  

おお~、ツートンカラーで
模様がはっきりしていますね。
ヒレが扇のように立っていて立派~。
 

でも顔はなんて愛らしいのッheart

 

Photo_4 
 
 
水玉模様、かわいいhappy02

「スノーベール・プレコ」さんと
おっしゃるのですか。初めまして。
6,870円!け、結構高いのですねぇ。

 

Photo_5  

わー、くっきりしたストライプできれい!

え~っと…「インペリアル・ゼブラプレコ」…。
きれいですねえ。見ていて飽きないでしょうね
…って、エッ!?59,360円 !?

ご、59,360円 !?

 

 

ごまんきゅうせんさんびゃくろくじゅうえん!?

 

シマドジョウさん、ごめん…。210円だったっけ…。

   

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ

熱帯魚って…すごい…。少々腰が抜けました。
※プレコさんの画像はすべてチャームさん所有のものです。

  

2009.05.21

イキのいい奴ら

Sk21521_004  

今日も庭は静かな朝を迎えています。(一部地域を除く)。

 

その「一部地域」がこちら。昨日の記事で紹介した金魚水槽です。

Sk21520_009  

 

観賞魚水槽の魅力は、見ていると心が落ち着いてほっと和む…、
というものだと思っていましたが、うちの水槽はなんだか趣が違うようです。

シマドジョウたちがエアレーションの泡とたわむれ、
メダカたちは行ったり来たりしてものすごく元気。
そこに黒出目金も加わってにぎやかというか…

はっきり言って「落ち着きのない水槽」です(笑
動画をご覧ください。

再生後、右下の四角い矢印ボックスをクリックすればフル画面で見ることができます。
フル画面から元の画面に戻すには「Esc」キーを押してください。

 

Sk21515_006  

アクアリウムというのは左右の動きだと思っていましたが、
上下もあるとは思いませんでした…。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
食事時はもっと激しいです。ちゃぶ台ひっくり返して家庭内大混乱状態。

catいつもご投票していただきありがとうございます。とても励みになります。

 

2009.05.20

ビオトープとウォータービオトープ

Sk21520_016  

60cm水槽です。初登場です。
先日来より紹介している水草水槽(+子メダカ)とは別物です。
赤くみえるのは金魚、あと黒出目金もいます。
一部ガラス器に水草を植え込んでいますが、ほとんどは
床に敷いたソイルにしっかり植えつけております。
ぶくぶくと泡の出るエアレーションも行っています。

この状態は「ビオトープ」ではなく「アクアリウム」ですよ…ね?

 

Sk21515_068  

 

「ま、そやろな」

と黒出目金。

       

 

 

 

 

ビオトープ一筋のはずだったねこぼーしが何故アクアリウム!?しかもいつの間に?

 

Sk21520_040  

 

   

「うん?なして?」

とドジョウ氏。

 

 

 

 

えっと…もちろんきっかけがあります。

以前金魚すくいでやって来た琉金のことを記事にしましたが
Sk21510_065あの折、黒出目金と小赤もいっしょにいたんです。
琉金は残念なことになりましたが、
そのぶん黒出目金と小赤を死なせたくないと
一念発起して60cm水槽を格安で入手し、
エアレーションまで導入して
ひっそりと育ててきました。

 

と、ここで突然、ビオトープの概念です(皆さん充分ご存知のことと思いますが…)。

【ビオトープ(biotope)】とは
生物群集の生息空間を示す言葉で、日本語では生物空間とも略される。
語源はラテン語とギリシア語からの造語で「bio(いのち)+topos(場所)」。
鳥や虫・動物などの生き物が、食事や休息・隠れ家・繁殖地などの
全ての機能を果たせる環境。

たとえば佐渡のトキ放鳥にむけて自然環境を整備し
それを維持する取り組みなどが代表的な例です。
「完全に管理された飼育」とは違い、自然の営みに最初だけ手を貸し
そのサイクルがきちんと機能する状態を作るのが目的です。

 

Sk21520_001  

最近は「ビオトープ」というと、イコール「水鉢に睡蓮など植えてメダカを飼うこと」
となってしまっているようで、何だかビオトープという言葉のみがひとり歩きしてしまい
そこには思想が抜け落ちてしまっているような気がします。
これは園芸関係などの業者が、安易に宣伝文句に使ったことも
大きく関係しているのでしょう。

ただ、水鉢を導入し水生植物やメダカに親しむうちに自然の深さ、大きさに気付き
ビオトープ本来の意味を体得する可能性がありますから
きっかけとしては一概に悪いことではないと思っています。

(以上のことから私は「ビオトープ」「ウォータービオトープ」と表記を分離させています。)

 

Sk21515_032  

…と、あくまでも自然環境においてのビオトープについて
普段からとくとくと述べている私が、万全な管理が必要な水槽飼育を始めるとは
「何か方向性違うくない?」
と思われてしまうような気がして、えっと…その…恥ずかしかったので
なかなか言い出せなかったのでした~。

 

 Sk21520_023

 

 

長い言い訳じゃねえ…。

 

 

 

 

 

 

しかし!常に上から見下ろす水鉢と違って、横から見ることの出来る水槽は
確かに別の楽しさがあります。
アクアリウムにはまる方の気持ちが初めてわかりました。

 

 

Sk21520_022  

Sk21520_044  

とは言っても水質検査したり、ろ過装置やCO2機器導入などまでには
至っておらず、まあ、水鉢・水槽と容器が変わっただけですネ。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
世界が拡がってゆくって、不思議で、そして楽しい。皆さんのブログでいろいろ勉強したいと思います。