2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

◇屋外水槽

2011.02.18

白い花

Imgp2930
 
庭のあちこちで少しずつ、今年も水仙が咲き始めました。
これは八重咲きの水仙。
二重なのですが図鑑で見ると八重咲きとありました。
 
一般的に花は八重咲きのほうが華やかに見えますが
白い水仙は一重咲きの見慣れたものに比べて黄色い花芯が見えないぶん
しっとりと落ち着いて清楚な感じがします。
 
 
 
 
 

P1160761
 
これは先日、雪が降った日の画像ですがこの両側に見える
つんつんとがった葉はすべて水仙です。
見頃になるととても美しい風景になります。
ちなみに葉が枯れる初夏頃になると、交代するかのように今度は
ミョウガが同じ場所から生えてきます。よくできていますネ。
 
 
 
 
 

P1160834_2
 
さて、こちらは先日設置した棚です。中央下から二段目はプラケースを並べています。
 
 
 
 
 

P1160833_2
 
越冬中の黄金ヒカリたち。セルフィンF2でもあります。
(つまり彼らにはセルフィンの特徴が出ていないけれど祖父母がセルフィンなので
彼らの子たちにセルフィンが出る可能性があるということです)。

底には何も敷かずカップ容器に赤玉土とマシジミを入れています。
赤玉土は水質を安定させるしマシジミはご存じの通り緑水対策です。これだと

1)赤玉土カップとメダカを取り出し
2)網で水を漉す
3)底水数センチを残してそれは捨て、そのぶん足し水をする

と掃除が簡単なので今年からプラケースはこの方式で行こうと思います。
そうそう、網で水を漉すときは布を敷いて漉すと
細かい汚れまでろ過できるのでおすすめです。
キッチンペーパーなどと比べて洗えば何度もつかえますしネ。
 
P1160116
 
 
 
 
 

P1160832
 
その上の棚には池で使っていたガラス水槽に多肉植物を入れています。
直接風が当たらないのでちょっと温室効果もアリかな?
 
 
 
 
 

Imgp2936_2
 
棚の左にある加温水草水槽にいるビーちゃんは元気そうで
コケをせっせと食べてくれています。
 
 
 
 
 

Imgp2941_2
 
ピンクラムズホーンが増殖中のようですね・・・。
小さいベビーがたくさんガラスに張り付いています。
 
 
 
 
 

Imgp2931_2
 
さて、心配していたアボカドさんはやはり枯れつつあるようです。
先端に近い枝を折ってみると通常は緑色のみずみずしい茎なのに中はすっかり枯れていました。
 
 
 
 
 

P1160772
 
葉もどんどん落ちています。
てっぺんの方まですべてこの様子ですからすべて枯れ落ちるのは時間の問題のようです・・・

葉が落ちても幹は残るので憧れのつるバラを這わせてみたらどうかと思いつきました。
白系で初心者向きで病害虫にも強く樹勢の強いものを検討中です。
 
 
 
 
 

White_christmas_climbing_2
ホワイトクリスマス
 
Summer_snow_climbing
サマースノー
 
Pauls_lemon_pillar_2
ポールズレモンピラー
 
 
などが今のところ候補にあがっています。バラ初心者ですのでちょっと勉強せねば。
その間にアボカドさんが新芽など出してくれたら一番嬉しいのですけどね・・・。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
↓皆さんの真似をして拍手ボタンを導入してみました。
いつも応援ありがとうございますcat
 

web拍手 by FC2

 

2011.01.03

楽しみがそこかしこに

P1160571_2
 
広島は一時的に雨が降ったり風が強くなったりはしたものの、
年末31日から毎日、こんな明るい日差しが降り注いでいます。
 
 
 
 
 

P1160573
 
こんな日は室内にいるより外のほうが暖かい。
枯葉がたくさん落ちているので庭の掃除やメダカたちのご機嫌伺いをしましょう。
 
 
 
 
 

Imgp1927
 
クリスマスローズ・・・やった!新芽が出て来ています。
 
 
 
 
 

Imgp1924_2
 
Imgp1926_2
 
7株あるうちすべての根元に可愛い芽がついています。
夏の間にこにゃんずたちが転げ回って遊ぶために
何本もの枝が折れ、根元も枯れたようになっていたので心配していました。
 
 
 
 
 

P1160577
 
さてこちらは3号池の東側、2号池の横です。
年末に続いて昨日も焚き火をしたので土が盛り上がっています。
 
 
 
 
 

P1160558
 
これが年末の様子。奥の枯葉も全て焼却してついでに
掃除をしてきれいにしました。
 
 
 
 
 

P1160578
 
すると奥に椿の木が!
以前見たときはひょろひょろと枝が数本伸びているだけだったのですが。
 
 
 
 
 

P1160579_2
 
ちょうどヒザ丈あたりで伐採された幹から何本も枝が伸びています。
こういうのは嬉しいですね〜。来年当たり花をつけてくれるかな。
 
 
 
 
 

P1160580
 
その側のこれは何かのおまじないというわけではなくて
 
 
 
 
 

Imgp1922
 
スノーフレークの芽が出て来ているんです。
ちょうどこのあたり猫の通り道なので踏まれないように枝を組んで守っています。
 
 
 
 
 

K213_2
 
スノーフレークはこれですよ〜。
なんとも愛らしくて大好きな花です。
 
 
 
 
 

Imgp1938
 
屋根のある下の水槽には日が当たって水温もやや上がっていて
私の姿を見ると水面に浮かんで泳いでいたので
昼前でしたし少しだけフードをやりました。
ただ動物質の多いフードはお腹に重いかもしれないのでそれは少しにして
クロレラタブレットを与えました。

結構集まってつんつんつついています。
 
 
 
 
 
Imgp1940_2
 
そんな様子をみながら一匹一匹健康チェック。
他の子と比べ泳ぎ方が弱々しいとか、極端に痩せているような子がいないか
注意深く見てゆきます。
 
 
 
 
 

Imgp1971_2
 
黄金ヒカリ水槽は大丈夫かな。
 
 
 
 
 

Imgp1961_2
 
幹之さんたちは元気そうです。
 
 
 
 
 

Imgp1970_2
 
3号池に弱々しい印象の子がいました。
 
 
 
 
 

Imgp1979_2
 
Imgp1976_2Imgp1978_2
 
こういった子はこれからまだ続く寒さに体力が持たないかもしれないので
水温13〜18度の室内水槽に移します。
 
 
 
 
 

Imgp1982_2
 
これがいい方法かどうかはわからないのですが
やはりそのままにはしておけなくて・・・。
 
 
 
 
 

P1160582
 
さてさて、水仙もぐぐっと背丈を伸ばしてきました。
開花が待ち望まれますね。こにゃん。
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
動きが止まったような冬でも生き物たちは春に向けてちゃんと準備していますね。 
 
 

2010.12.12

マシジミ効果、さらにワイドに実感!

Imgp1459_3
 
マシジミ投入から一ヶ月弱の、室内のMixメダカ水槽。
濁っていた水が透明になってきたことはお伝えしましたが
今日は日差しも明るかったせいか、ピッカピカに水が光っています。
 
 
 
 
 
Imgp1453_2
 
水なんかないみたいで、メダカがまるで空気中を漂っているような感覚。
 
 
 
 
 
Imgp1463_2
 
Imgp1464_2
 
今日、水質検査をしたところ硝酸塩はゼロではないですが
ほとんどセーフの範囲でした。
でもポンプで底の方から水を1/5ほど抜いて新しく水を足しました。
 
 
 
 
 
Imgp1466_2
 
透明に見えても底の方の水は意外と濁っていたりするのですが
まったく無色透明でした。
 
 
 
 
 
P1160459_2
 
さて、右はマシジミ投入三日目の水槽です。
新しく仲間が増えたのでエアレーションを入れました(のちほどご紹介します)。
 
 
 
 
 
P1160391_2_2
 
ちなみにこれが一日目。
 
 
 
 
 
P1160417_4_2
 
二日目。
 
 
 
 
 
P1160456_2
 
そして今日、三日目です。昨日とはそんなに変わっていないかな。
これは水槽サイズが大きいとマシジミ効果がはっきり出るまで
やはり少し時間がかかるのかもしれません。
 
 
 
 
 
P1160425
 
ということで、しっぽ庭に降りてみましょう。
今日はいい天気で水槽ガラス面、ほとんど写り込みで不思議風景。
 
 
 
 
 
P1160184_2_2_2
 
小型水槽、一日目。
 
 
 
 
 
P1160409_2_2
 
二日目。
 
 
 
 
 
P1160419
 
三日目。
 
 
 
 
 
P1160461_2
 
そしてこれが今日。四日目です。
奥に白いトレーを置いていますが、もうこれは透明と言っていいのではないかと。
 
 
 
 
 
Imgp1476_2
 
上から。底まではっきり見通せます。
 
 
 
 
 
P1160418
 
これが昨日の上からの画像。違いが明らかにわかります。
 
 
 
 
 
Imgp1474_2
 
黄金ヒカリさんもくっきりハッキリ!
 
 
 
 
 
Imgp1473_2
 
水草にもコケがついている様子はありません。
やはり小型水槽の方が効果が出るのが早いようです。

水換えしても水換えしてもすぐグリーンウォーターになっていたのがうそみたい。
マシジミさんたち、本当にすごいぞ!
 
 
 
 
 
P1160450_2
 
さて、ご紹介が遅れましたが室内水槽の新入生です。黄金に光輝いています。
ペットショップで一目惚れ。ひれが大きくて優雅ですが金魚じゃないんです。
 
 
 
 
 
P1160451_2
 
・・・鯉なのです。
 
 


(エビ・貝)マシジミSサイズ(20匹) 北海道・九州航空便要保温

 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
そこまで手を出しちゃったか!という声がたくさん聞こえます (*>∀<)

 

2010.08.12

光の洪水

P1090864
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ

───────────────────────────────────────────

2010.07.16

フォーメーション

P1090625_3
 
オトシンちゃんとシマドジョウさん。たまにこんな連携プレーしてるひとたち。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
でも意味よくわかんない。

───────────────────────────────────────────

2010.06.18

ハーレム水槽にいらっしゃい〜♪

P1080648_2
 
雨のしっぽ庭です。今日は一日中降り続きました。
それでも傘をさして各水鉢をまわり、水位が高ければ水をかき出します。
メダカさんたちが流されないように。
 
 
 
 
 
P1080590
 
さて、幹之メダカ到着に伴って水槽部、水鉢部で人事異動がありました。
4つ水槽がありますがまずは手前から。
 
 
 
 
 
P1080591_2
 
「ハーレム水槽」。
もう各種類の採卵は一段落したので、横から見て楽しむカワイコちゃんたちを
ここに集めました(昨日セットしたのでまだ少々水が濁っています)。
 
 
 
 
 
P1080610_2

中央の小皿に入れたクロレラタブレットに群がる美男美女たち。
メンバーは以下の通り。

●透明鱗(白・パール・ネイビー・オレンジ・琥珀)
●透明鱗パンダ(白)
●透明鱗パンダ(オレンジ)

●琥珀セルフィン(F1)
●黄金セルフィン(F1)

●黄金
●黄金半ダルマ
●黄金ダルマ
●黄金ヒカリ
●黄金透明鱗
 
●白(幹之血統)
 
 
P1060972_2P1060954
 
P1060984_2P1060986_2
 
右下の黄金セルフィン(F1)は背びれの一部がトゲのようにささくれて
セルフィンの血を受け継いでいることがわかります。
しかしF1でもこうやって特徴が出るのですね(あ、お祖父さんもセルフィンだったのかナ?)。
 
 
 
 
 
P1080651_2
 
 
P1080611_2
 
 
P1080606_2
 
 
P1080603_2
 
 
P1080601_2
 
 
まさにハーレム状態heart04heart04heart04
 
 
 
 
 
P1080637_2
 
水槽の前に座り、張り付いていつまでも眺めてしまいます。
 
 
 
 
 
P1080613
 
ハーレム水槽の奥が金魚・ヤマト水槽。今日は受注がなくてスタッフは暇を持てあまし
奥の水草を囓るという暴挙に出ております。
 
 
 
 
 
P1080616_2
 
そして次は黄金たちが入っていた水槽ですが、彼らが移動したため
ここはハーレム水槽で採った卵を現在入れています。
 
 
 
 
 
P1080617_2

一日でかなり採卵できました。
ここで孵化したメダカ(F1)をそのまま育て、引き続き産卵活動に入ってもらうと・・・
さて、F2にどんなメダカが出てくるか。むふふふふふ。

何が出てくるかわからないっていうのも面白くて楽しいでしょ。
 
 
 
 
 
P1080620

さらに奥の「ウォーターブルーメダカ計画」水槽はそのまま継続中。
卵もかなり孵化して育っていますよ〜。
 
 
 
 
 
P1080622_2
 
そして「あやしい占いの館」が一変して健全な孵化・稚魚飼育コーナーに。
 
 
 
 
 
P1080426_2
 
 
 
でもこれはこれで結構気に入っていましたが(笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
いつも水鉢で上から見ていた子たちを横から見るのってすごく新鮮でさらに親密感アップ。

───────────────────────────────────────────

2010.05.31

中小極小赤桜海老続々誕生中

P1080019_2
 
レッドチェリーシュリンプのベビーラッシュが始まっています。
大きいお腹がちょっと誇らしげなチェリーマダム。
 
 
 
 
 
P1080011
 
庭の60㎝水槽でピュアホワイトヒカリメダカとオーロラメダカが同居ですが
彼らはまだ小サイズなのでエビたちが食べられる心配はありません。
 
 
 
 
 
P1080012
 
水槽右に大きめのガラス器を置きモスと共にカボンバやマツモを入れています。
ここの底が産卵場所&稚エビ保育所となっているようです。
左底にチェリーママの赤い姿がぼんやりと写っていますが見えるでしょうか。
 
 
 
 
 
P1080015
 
ねッ?
 
 
 
 
 
P1080010_2
 
少し成長したチビたちがモスから出てきてカボンバの中でツマツマしています。
 
 
 
 
 
P1080006_2
 
さらに育った子はもう安心して外をウロウロしています。
少々見えにくいですが左下隅に写っています。
 
 
 
 
 
P1080022_2
 
これから大きくなるにつれ、だんだん赤い色になってくるのでしょうね。
 
でも、色のことは気にしなくていいからがんばって生きるんだよ〜。
 
 
 
 
 

 
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
その巨大さで皆さまを驚愕させた大谷氏(オオタニシ)の子供・小谷氏たちもここでどんどん成長中。

───────────────────────────────────────────

2010.03.01

リセット4日後のメダカ水槽

P1050577
 
2月24日に水質検査をして硝酸塩の値が高かったので
掃除も兼ねてリセットした屋外・メダカ水槽。
 
 
 
 
 
 
P1050579
 
麦飯石溶液の濁りは翌日にはとれていましたが
今日はまた薄く濁っています。
バクテリアが大量発生した、という段階でしょうか。
メダカとエビたちは皆、元気な様子。
 
 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 
再度、水質チェックを行いました。今回は硝酸塩値の高かった
このメダカ水槽と室内・子供水槽のみです。
 

 
こちらが前回。 
1 

そして4日後の今日の結果。
2
 

リセット後は亜硝酸値が一時的に跳ね上がる時期があるそうですが
今のところまだ大丈夫のようです。
 
室内・子供水槽は1/2水替えを行いましたが硝酸塩の数値は変わっていません。
また明日にでも水替えを行ってみようと思います。
 
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 
 
水槽立ち上げやリセット後すぐはエサやりを控えた方が良いとのこと。
メダカも今日は4日ぶりの食事です。 
 
 
P1050594_3 
 
乾燥糸ミミズの固まりを
みごとGetして
嬉しそうなヤマトちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050595_2
 
匂いにつられてか
ちびっ子が来ました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050596_2
 
今度は上からももう一匹。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050597_2
 
両者、にらみ合い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050598_2
 
大きいヤマトちゃん、
ちょっとアタフタ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050599_4
 
さらに一匹通りすがりの方。

「もうやめて〜〜」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050601_6

 
後から来た子がまわりこみ
二匹並んで
エサの横取りを決行。
 
あ、また一匹
向こうからやってきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050600_2
 
茎が揺れてエサが飛び散り

「あ〜、なくなっちゃったあ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1050602
 
ナニヤッテンダカ・・・。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
エビにもドラマがあるんだなぁ・・・。

───────────────────────────────────────────

2010.02.27

なんですかこの硝酸塩の値は!

P1050363
 
水替えを二週間に一度、1/4〜1/3行っているためかメダカやエビたちも元気。
でもやはり水質検査しておくことにしました。
基本は一週間に一度ですが先日試験紙を初めて購入して測定したところ
適正値だったため安心してしまいそののちサボってしまってました。
 
 
 
 
 
P1050400_3
 
 
ご使用になっている方も多いですよね。
「テトラテスト 6in1水質検査試験紙」。

●ペーハー ●炭酸塩硬度 ●総硬度
●亜硝酸塩 ●硝酸塩 ●塩素

この6項目をチェック出来ます。 
 
 
 
 
 
 
しかし25枚入り1,280円とチト高い。
現在水槽が大小あわせて5個あるため一週間に一度のテストだと
5週間でなくなってしまう。
そこで一枚を縦にカットすると、あら、50回分に(笑
 


 
 
そして結果がこちら。

100224
 
 
なんと「室内子供水槽」の硝酸塩値が基準値を越えて「50mg/1ℓ」!
それ以上に「屋外メダカ水槽」の「100mg/1ℓ」は高すぎです。
硝酸塩濃度が上がると水は酸性に傾くと聞きましたがそれはまだ大丈夫なよう。


硝酸塩を吸収する水草はどっさり入っているけれど
ずっと寒かったため外で本格的な掃除がつらく水替えも滞りがちで
しかも水槽に対してメダカとヤマトヌマエビの数が多い。
実家から結構な数が引っ越ししてきたのを
「春になったら庭の水鉢に移すからその間だけネ」と
甘い考えで同居させたのがまずかった。


昼間は暖かい日が続いているので思い切って水槽の大掃除、というより
床材のソイルもかなり崩れてきたのでリセットを決行。 
 
 
P1050426

まずは水草などすべての取り出しから。
 
 
 
 
 

P1050423_2
 
「何?何が始まるの?」と不安げなメダカたち。「ふふふ、いいことだよ〜」。 
 
 
 
 
 
 

P1050430P1050427_2
 
おろおろウロウロ。うーん、60㎝水槽とはいえやはり数が多いかナ・・・。
 
 
 
 
 
 

P1050431_2
 
こんなに大きいとは思わず購入したネット。
ほとんどウチワ(笑
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
P1050432_2
 
おかげでひとすくいで
大量に捕獲できます。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
P1050434_2P1050433_2

一時避難の水草とメダカ。右のボールがヤマトヌマエビ。
 
 
 
 
 
 

P1050443_2
 
ろ過砂利が足りなかったので粒状活性炭と半々に敷き詰めました。
 
 
 
 
 
 

P1050452
 
急激な温度低下が心配だったので水槽にまず半分ほど汲み置き水を入れ
ヒーターで暖まったらメダカとエビのボウルを浮かべ
さらに水槽に足し水作業続行。
 
 
 
 
 
 

P1050464_2
 
麦飯石溶液を投入し庭作業をしながら3時間ほどかけ水合わせをして
メダカとエビを放ちました。
 
 
 
 
 
P1050405_2
 
そうそう、数の多すぎたメダカは
半分ほど金魚水槽へ。

 
 
さて翌朝sunには
どんな様子となっているでしょうか。
 
 
 

 
 
 
 
 
【補足】
フレックスの「麦飯石溶液」は投入すると白濁しますがフィルターを作動させると
約一晩で透明な水になります。
水鉢でのメダカ飼育などフィルターを使用しない場合は
白濁りを極力抑え不純物をすばやく吸着しメダカに必要なミネラルを溶出する
メダカの水」が向いているそうです。

 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
「なんですかこの硝酸塩の値は!」というより実際は「なんじゃこりゃ!!」と吠えました。

─────────────────────────────────────────── 

2010.02.16

メダカ水槽ご機嫌伺い

P1050215
  
さて今日もコケとりに精出すヤマトヌマエビ。
ミナミちゃんと比べると体の大きいぶんコケとり能力は高いですね。
食欲旺盛でわしわし食べています。
(でも働いているように見えるのが不思議 (^-^*))。
 
 
 
 
 
 
P1050214
 
ハイ、今日は庭のメダカ水槽からお届けしています。
昼前後の数時間は直射日光が当たるため
水生植物の生長が速いのなんのって。
いちばん右のアマゾンチドメグサなんてタワーのように伸びています。 
 
 
 
 
 
 
P1040987
 
太陽の光に当たって水草も嬉しそう。
 
 
 
 
 
 
P1040985
 
この冬はメダカを冬眠させずに飼ってみようということで
水槽を導入したのですが
いつも水鉢でメダカの背中を上から見る姿に慣れていたもので
横から見た姿はものすごく新鮮でした。
 
うわ〜、ちゃんと魚だったんだ!って(笑

横から見ると同じ種の、例えばヒメダカでも
体色や尾びれの色の入り方など違いがあるのですねえ。
これもまた新鮮で興味深い。
 
 
 
 
 
 
P1050217
 
こちらでもヤマトちゃんがせっせとコケ取りを・・・
ではなく、あ〜〜〜、水草をわしわし食べておりまする〜。
 
 
 
 
 
 
P1050218
 
こちらも気持ちいいほど食べられていますネ・・・。
 
 
 
 
 
 
P1050221
 
エビ専用のフードは毎日は与えないので
コケも取ったしよし!次は水草でも喰うか〜〜〜!なのでしょうか。
 
あわててフードを与えるとすぐ底に降りてきてがっついています。
 
 
 
 
 
 
P1050166
 
う〜ん、まあこれも自然本来の姿ですから、美味しく食べて健康なら良しとしましょう。
長くウォータービオトープをやっているとそのへんかなり寛容になりますネ。
 
 
 
 
 
 
P1050226
 
K2011
「ボクは水草食べないよ」とシマドジョウさん。
か、かわええ〜。
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
さほど寒くない日は小椅子を持ちだし背中に太陽の光を受けながら
水槽前でぼけっとコーヒー飲んだりしています。まったり〜。

───────────────────────────────────────────