2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

◇室内熱帯魚水槽

2010.04.22

室内・熱帯魚水槽の熱帯さんたち

P1060771
 
ビオトープメインのブログなので熱帯魚についてはほとんど触れていませんでしたが
今日は外も雨ですし、室内の熱帯魚水槽の簡単な説明をしてみますネ。
 
 
 
 
 
 
P1060753_2

「プリステラ」。体色は地味ですが背びれと尻びれの黄・黒・白のポイントがカッコイイ。
 
 
 
 
 
 
P1060748
 
の正面顔(笑
 
 
 
 
 
 
P1060754_2
 
「ゴールデン・プリステラ」。上記プリステラの改良種。
画像では白っぽいですが光に当たると金色の体色がとてもきれいです。
 
 
 
 
 
 
P1060750_2
 
並ぶと違いがわかりますね。
 
 
 
 
 
 
P1060765
 
皆さんおなじみの「アカヒレ」。水槽の底面よりも水面に近いあたりを泳ぎます。
とてもすばしっこくてくるりくるりとターンしながら泳ぎ回っています。
 
 
 
 
 
 
P1060770_2
 
うーん、これは・・・テトラ・・・。なんだっけ(笑
体の中央を横に走る青いラインがきれいです。ちょっと臆病な性質みたい。

右上にいるのはオレンジヒカリメダカちゃん。同居させていただいています。
 
 
 
 
 
 
P1060287
 
昨年秋、まだ育ちきっていないメダカの稚魚たちを水槽で加温して越冬させようと
ヒーターを導入したのですが
その後「そうか・・・ヒーターがあれが熱帯魚が飼えるんだ・・・」と気付き
丈夫・おとなしい・あまり派手じゃない・安いを基本に
アクアショップの店員さんにもいろいろ相談して人生初の熱帯魚を導入したのでした。
 
 
 
 
 
 
P1060289
 
確かに丈夫です。
メダカの方に気をとられて少々水換えがおろそかになろうとも
全員元気で弱ったり死んだ子はまだいません。

「一生死なないんじゃないか」というのもへんな言い方ですが
すごく安心感があります。
 
 
 
 
 
 
P1060294
 
ケンカもなく四種が平和に暮らしています。
ウチの家庭はうまくいっている、という感じ(笑
 
 
 
 
 
 
P1060296_2
 
メダカに感じる親密さとはちょっと違って
少し距離をおいた「中距離交際」みたいなおつきあいですが
こういうのも気がラクでなかなかいいものです。
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
夏の間はしっぽ池で飼ってみようかな、なんて思ったり。

───────────────────────────────────────────

2010.02.12

達者でなにより

P1050143
 
久々の室内水槽。日当たり良好のソファにアジの開きを干しています。
 
 
 
 
 
 
P1050144
 
一番右の45㎝熱帯魚水槽。
 
 
 
 
 
 
P1050150
 
上から覗くと同居中の白メダカ3匹と青メダカ1匹は「エサくれるの?」という顔で
水面へ集まってきますが
 
 
 
 
 
 
P1050153
 
熱帯魚たちはあわてて下に逃げてしまいます。

アカヒレをはじめ4種類いますが20匹全員100円で購入したので
しばらく「百均(百円均一)ちゃんたち」と呼んでいたのを
まだ根に持ってるのかな。
 
 
 
 
 
 
P1050149
 
さて中央は30㎝キューブ水槽
これは先日セールでなんと999円という破格値で購入したもの。
 
お洒落だからインテリアに使えるなあ〜、
うちの猫入れてお客様に展示しようかなあ〜、なんて思っていたのに
ハッと気付くと・・・・・・なんということでしょう!
ジャリと水としかもエビまで入っているではありませんか。

 
水槽あったら無意識に立ち上げてしまう魚飼いの悲しいサガ・・・。
 
 
 
 
 
 
P1050145
 
一番左が60㎝子供水槽。中央上にあるのは・・・
 
 
 
 
 
 
P1050146
 
白メダカが産んだ卵を入れておくミニ水槽です。
水温が下がらないようにヒーターのついたこの水槽に浸け
クリップで留めてあります。
 
 
 
 
 
 
P1050148
 
孵化したベビーも順調に育っているようです。
この子は色がグレーっぽいので白メダカと青メダカの子供かも。
 
 
 
 
 
 
P1050159
 
昨夏産まれた金魚ベビーのうち4匹が残り
そのうち二匹はぐんぐん大きくなって現在庭の金魚水槽にいますが
この二匹はなかなか大きくなりません。
右のミクちゃんが親指サイズ、左のルカちゃんは本当に成長が止まったかのよう。
隣にいるのもやはり昨夏産まれのヒメダカ。
体の厚みは違いますが体長はほとんど同じ。
 
元気に泳ぎエサの喰いっぷりもいいんですけどねえ。
 
 
 
 
 
 
P1050160
 
ルカちゃんはミクちゃんが大好き。

「ミクちゃん、待って〜〜」と後をついてまわります。
 
 
 
 
 
 
P1050162
 
水底ではミナミちゃんたちが集まってエビフードをつくつく。
「おいしいなあ」「おいしいねえ」と平和な光景。
 
 
 
 
 
 
P1050161
 
その中央へ突進してフードにチュパチュパ吸い付くミクちゃん。
一家揃っての楽しい食卓へ、天井突き破って珍獣が飛び込んできたようなもの。
ミナミちゃんたち、阿鼻叫喚の大あわて。
 
ご覧のとおり体は小さくとも元気だからいいんですけどネ。
 
 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
ミナミヌマエビのベビーもどんどん誕生中。

─────────────────────────────────────────── 
 
 
 

2010.01.18

飼ってみてはじめてわかること

P1040929
 
前記事で白メダカが熱帯魚水槽に間借りしている話をしましたが
正確に言うと白メダカ♀2匹と白メダカ♂1匹+青メダカ♂1匹です。
現在、白の♀2匹は毎日産卵し、稚魚がどんどん孵化していますが
白色の稚魚に混じって、やや黒っぽい子も結構産まれています。
 
もしかしたら白と青のハーフということでしょうか。楽しみ〜。
 
 

 
 

P1040933
 
皆さんご存じの通りメダカは目が高い位置にあるので「目高」。
だから水面の餌を食べるのに適しているためよく上の方でウロウロしていますが
熱帯魚は給餌の時以外、ほとんど水面にはあがってきません。
 
同じ水槽内でも魚の体のつくりによって、こういう「棲み分け」となるのですね。
面白いなあ〜。勉強になります。
 
 


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
ところで上の白メダカ、オスがメスのシリを追っかけているように見えませんか(笑

 

2010.01.14

頑張って働いておくれ

P1040913

室内の水槽は南窓際に置いているのでコケがつきやすいため、
時々アクリルたわしで内側をこすったりしています。

が、ここのところ熱帯魚水槽がガラス面だけではなく
水生植物にもモハ〜っとしたミドリゴケが目立つように。
その対策としてヤマトヌマエビを20匹ほど入れているのですが
どうやらヤツらが仕事をさぼっているらしい。
 
 
 
 
 
P1040915
 
これは「ニードルリーフ ルドウィジア」といって
つんつん細めの葉が元気良くてお気に入りなのですがこんな状態に・・・。
553081_4
 
 
ホントウはこんなに
キレイなんですよ〜。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
41wbjfpnrzl_4
熱帯魚には「テトラプランクトン」という
ゆっくり沈むタイプのフードを与えているのですが
これが底に落ちたものを食べているため
ヤマトたちは「コケなんぞ喰えるかい」状態になっているようでした。
 
 
 
 
 
 
P1040914
 
フードの方が美味いもんね。


 
P1040919
 
そーそー、コケなんぞ喰えるかい。
 
 
 
それで給餌は熱帯魚が食べる様子を見ながら
少しずつ蒔いてやることにしました。
これだと水面近くで食べ尽くすため底にはほとんど落ちません。

これを続けていると仕方なくか、コケを食べてくれるようになりました。
 

P1040918
 
まー、仕方ねえなぁ。 


 
 
P1040926
 
ほりょ?結構旨いぞ。 

 
P1040927

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
頼りにしてますぜ。


 

2010.01.05

水槽天国♪

P1040899
 
前記事でシマがのぞいていたのは
 
 
 
 
 
 
 
 
P1040898
 
熱帯魚水槽なのでした。
ああ・・・とうとう手を出してしまった・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
P1040854
 
いえ、その・・・メダカを水槽で越冬させることに決めて
ヒーターをいれたりしているうちに
ペットショップで熱帯魚をぼーっと見ているうちに
「そうか・・・ヒーター入れたから・・・飼えるんだ、熱帯魚」と
ついふらふらと。
 
親にあげるつもりだった45センチ水槽に
水草、ヒーター、エアレーションも前々からセッティングしていたので
準備は万端。
というか、「あとは魚を入れるだけ状態」の水槽を見ていると
何か泳がせたいッ!という欲望がつのっていたワケですね(笑
 
 
 
 
 
 
 
 
P1040827
 
ヤマトヌマエビはもちろん
 
 
 
 
 
 
 
 
P1040851
 
お掃除屋のオトシンちゃんも入れちゃったりして。
 
 
 
これで熱帯魚は室内に定住となりましたが
ビオトープの方は「夏は水槽、冬は外の水鉢」が決定となりそうです。
 
 
P1040308
 
どんどんビオトープの基本理念から離れていますが
大丈夫か、私・・・。