2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

◇室内水槽

2011.04.03

こいつぁ春から縁起がいいわい〜!

Imgp3550
 
室内無加温水槽の昨年生まれのメダカたち。
クロレラタブレットを巡ってミナミヌマエビとバトルの真っ最中。

このミナミ軍団は昨年冬になる前に外の1号池にいた稚エビを
低水温では冬を越せないと思ったので
マツモごとごっそりすくってここに移しました。
もうすっかり大きくなってメダカと張り合ってます。
 
 
 
 
 

Imgp3608_2
 
画像右から二番目がその水槽。
その右が孵化、稚魚育成45cm水槽です。
 
 
 
 
 

Imgp3607_2
 
まず、水槽の中に浮かべたプラケースにさらに浮かべた丸い容器には
卵が入っています。
冬の間も少しずつ、幹之、黄金セルフィンなどが産卵していました(無加温ですが)。
そしてこの容器で孵化した稚魚を水合わせをしてプラケースに放流します。

放流の都度(ほとんど毎日)、水を新しいものに入れ替えます。
 
 
 
 
 

Imgp3601_2
 
生まれて数日の稚魚たち。
稚魚の飼育にはグリーンウォーターがいいとは思うのですが
昨年そうやって育てていたら先に生まれて大きく育っていた子が底の方にいて、
小さい子たちをたくさん食べてしまって残念な思いをしたため
今回はマシジミを入れてグリーンウォーターを防いでいます。
ここには弱くエアレーションもしています。
 
 
 
 
 

Imgp3604_2
 
そしてある程度大きくなってきたらプラケースを浮かべている45cm水槽に
時間をかけて水合わせして放流します。
ここにはフィルターのエアレーションと26度設定のヒーターが入っています。
つまり、水槽とプラケースを別々にしたらヒーターが2個必要なので
こうやってフローティング方式でまとめて加温している訳です。
 
 
 
 
 

Imgp3569_2
 
いちばん産卵しているのが幹之かな。
きょうもお腹にたくさん卵をつけていました。
 
 
 
 
 

Imgp3561_2
 
こちらのスーパー光マダムもはみだすほど卵をつけています。
なんかリッチな気分(笑
 
 
 
 
 

Imgp3572_2
 
こちらはやっと5mmになったかならないかサイズの幹之稚魚。
 
 
 
 
 

Imgp3580
 
いちばん上と右にいるのが幹之。中央は青パールヒカリ。左のやや大きい子は黄金メダカ。
稚魚とはいえそれぞれ個性があります。
 
 
 
 
 

Imgp3610_2
 
そして稚魚の中に黄金セルフィンが一匹すでに出ました!イヤッホーーー!
背びれの一部がぴっと独立しているの見えるでしょうか。
今年は幸先がいいな〜(^o^*)
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
昨年は不安定な天候と夏の猛暑で産卵がストップしていた時期が長かったので
今年は春のうちにどんどん産卵していただきたい!と願っています。
 
 

2011.03.03

どこもかしこも増殖で大盛況

Imgp3139_2
 
室内Mixメダカ水槽はきょうも押すな押すなのバーゲン会場。
いつもここにフードを落とすので、常に集まっております。
 
 
 
 
 

Imgp3135_2
 
幹之さんたちは「無理しなくていいから」と言っても
「いいや!光ってやるッ」と相変わらずのビカビカぶりです。
 
 
 
 
 

Imgp3148_2
 
現在、●幹之 ●アルビノ ●黄金セルフィンたちから採卵中。
メス全員というわけではないのですが毎日どの個体かが産卵しています。
猫の毛が入ってしまい卵が絡み合って団子状態になっていますが
無精卵は見つけたらすぐ取り除いております。
 
 
 
 
 

Imgp3150_2
 
これ以上寄れない、というところまでアップで撮ってみました(さらにクリック拡大もできます)。
目が白いのがアルビノ、黒っぽいのが幹之であとは黄金セルフィンの卵だと思います。
 
体をくるんと丸めていて、時々、ぴくりと動くのがカワイイ。
 
 
 
 
 

Imgp3105_2
 
そして次々孵化していますよ〜〜。アルビノが結構多いです。
 
 
 
 
 

Imgp3126_2
 
これは黄金セルフィンの子ですネ。
 
 
 
 
 

Imgp3157_2
 
こちらは幹之。画像では伝わりにくいのですがその姿がくっきりとしていて
稚魚でありながらとても存在感があるんです。
 
 
 
 
 

Imgp3095_2
 
ミジンコも暖かくなって急に爆殖し始めました。
全滅を危惧して他の容器にも分けたのですがどこもワッショイ増えてます。
 
 
 
 
 

Imgp3118_2
 
さて、青くないブルーヌマエビさん(頭の一部がちょっと青いかな)。
3匹購入したうち1匹が抱卵して、少し成長したらしく
黒から黄色へと卵の色が変わって来ています。
 
 
 
 
 

Imgp3119_2
 
そしてもう1匹も抱卵していることを確認。つまりオス1:メス2でした。
 
 
 
 
 

Imgp3113_2
 
体の大きい2号さんが本妻に戦いを挑み、オロオロするしかない夫エビ。
・・・ってわけはなくちゃんと仲良く暮らしていますよ(笑
 
ベビーの誕生が待ち望まれます。ちゃんと青い子が生まれてくればいいなあ。
 
 
 
 
 
 
【お・ま・け】
 
Imgp3162
 
ミナミヌマエビもたいへんなことになっています。
モスにミナミちゃんがくっついているというより
ミナミ軍団にモスが絡まっていると言った方が早いような・・・
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
どんどん増えてすごくリッチな気分であります。
 
 

2011.02.11

しっぽ亭室内水槽プラケ置場とブルーヌマエビ

P1160794_2

以前のプラケタワー状態だともし地震がきたら少々危険ですので
一回り小さい、といっても充分な大きさのプラケース(29×18.5×H20.5cm)を購入し
ずらりと並べてみました。
 
 
 
 
 

P1160688_2_2

これが「以前のプラケタワー」。これを見てkanbeeさん

> ところでねこぼーしさん、地震がきたら真っ先にプラケタワーへGOですよ!
> グラッときたら火の始末よりプラケを抑えないとプラケタワーへGOですよ!
> 大事な事なので2回言いましたよ

と念を押してくださったのでやはり誰が見ても不安だったのだろうと(笑
 
 

続きを読む "しっぽ亭室内水槽プラケ置場とブルーヌマエビ" »

2011.01.29

私もまねっこ

Imgp2460_2
 
クロレラタブレットに群がるメダカとミナミヌマエビたち。
いつもは小皿などに置くのですがちょうど手元になかったため
底の赤玉土に直接置いたものだから
大勢で突つきまわして土にタブレットがめり込んでしまいました。
 
 
 
 
 

Imgp2463_2
 
埋まりつつあるタブレットを求めて一点に集中したいへんにぎやかな状況に。
 
 
 
 
 

00019
 
そんな折「Aquuua Blog」のeffさんがガラスビンに赤虫を入れ
お魚たちの様子を実況中継していてそれがとても面白かったので
 
 
 
 
 

Imgp2511_2
 
effさんに許可をいただき私もまねっこをすることに。
(effさんもお友だちのまねっこだそうです)。
さっそくボトルにタブレットを入れ様子を見てみました。
 
 
 
 
 

Imgp2514_2
 
さっそく白メダカさんがボトルにイン。
 
 
 
 
 

Imgp2515_2
 
続いて入って来た青メダカさんが一番乗りでタブレットをちょんちょん。
 
 
 
 
 

Imgp2517_2
 
1分もたたないうちにぞくぞくと入ってきました。
皆さん、鼻が効くのですね。
 
 
 
 
 

Imgp2524_2
 
つくつくつくつく。
 
 
 
 
 

Imgp2526_2
 
ビンの入り口では「ちょっとちょっとこのクロレラの匂いどっから?」
と何匹もうろうろしています。
 
 
 
 
 

Imgp2536_2
 
黄金軍団がどどどどどどっと乱入。
 
 
 
 
 

Imgp2550_2
 
クロレラの粒子が散っているのか少し視界が悪くなり
メダカたちはビンの底をつくつくつくつく。
 
 
 
 
 

Imgp2541_2
 
なかなかにぎやかな宴となりました。
 
 
 
 
 

Imgp2565_2
 
ゴンちゃんが「何?何やってんの」と水槽曲面でワイドに広がっておりまする。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
これだと細かい粉が飛び散らないので緑水化防止になりそうですネ。
effさん、ありがとうございました。
 
 

2011.01.20

室内水槽のメダカたちは元気いっぱい!

Imgp2248
 
ゴンちゃんゴンちゃん、鼻の孔が丸見えですよ。
 
 
 
 
 

P1160688_2
 
室内水槽は現在こんな状態。プラケタワーが出来ております。

左から、アルビノメダカミジンコ、その上に加温保養プラケース
さらにその上が加温稚魚プラケース、そしてMixメダカ45cm水槽、ゴンちゃんのいる45cm水槽
上が黄金セルフィンのいるプラケースです。
 
 
 
 
 

Imgp2112_2_2
 
1月13日の記事で、かなり痩せて弱々しかったパンダメダカ3匹を含む
6匹のメダカを加温保養プラケースに移したところ、
 
 
 
 
 

Imgp2233_2
 
温かいためよく動きフードももりもり食べてかなり元気になり
体つきもややしっかりしてきました。
それまでいた水槽では他のメダカにエサを先に取られてちゃんと食べられなかったのかも・・・。
 
 
 
 
 

Imgp2035_2_2
 
特に心配だったこの子は、上画像の中央にいる子だと思います。
 
 
 
 
 

Imgp2236_2
 
グリーンウォーターの飼育と、一日一回ミジンコを与えたのがよかったのかもしれません。
元気になってくれてほんとうに嬉しい!ありがとう!
 
 
 
 
 

Imgp2296_2
 
45cmMix水槽はマシジミ効果が続いており水はいつも透明。
 
 
 
 
 

Imgp2247_2
 
体が小さいとはいえかなりの数を入れているのですが
水質も良好を保っているので水換え回数が減ってとてもラクです。
 
 
 
 
 

Imgp2264_2
 
う〜ん、健康そうでいいなあ。とてもきれい。
 
 
 
 
 

Imgp2266_2
 
宝飾品の金には興味がないけれど、メダカの黄金はとても好き。
 
 
 
 
 

Imgp2098_2
 
小さいプラケースに移してちょっと観察。昨年は黄金の半ダルマが結構出ました。
 
 
 
 
 

Imgp2102_2
 
黄金透明鱗の半ダルマちゃん。赤い頬がかわいい。
 
 
 
 
 

Imgp2307_4
 
皆さん元気で何より。
黄金セルフィンがほぼ毎日産卵し、続々とベビーも誕生しています。
 
 
 
 
 

Imgp2244_2
 
アルビノベビーもいますよ〜〜。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
もちろんマシジミさんも元気です。昨夜少々飲み過ぎで二日酔いの私がいちばん不健康かも。 
 
 

2011.01.13

ブログ村・オリジナルバナーが作れるんだ〜。

P1160622_2
 
きょうの広島は晴れたり曇ったりですが、瀬戸内海は機嫌よさそう。
 
 
 
 
 
P1160625_2
 
室内水槽を覗き込む先生。
そういえば昨年の冬、60cm水槽のふちを歩いていた先生は足がすべったのか
見事に水槽に落ちたことがありました。
水しぶき、というかスプラッシュがきれいに上がりました。
 
だから先生、それ以上進むのはストップですよ。
 
 
 
 
 
Imgp2112_2
 
かなり痩せている子がいたのでヒーターを入れたプラケースに移すことにしました。
6匹のうち3匹が、目の周りが黒いパンダメダカちゃんです。
パンダメダカは特に弱いのでしょうか・・・?
 
温かい水で内臓の働きも活発になって、しっかりフードを食べて太ってくれますように。
 
 
 
 
 
Imgp2035_2Imgp2036_2
 
同じ色でもこの体格の違い・・・。
 
 
 
 
 
 
ところで「にほんブログ村」のランキングに参加されている皆さん、
オリジナルバナーが作成できるのってご存じでしたか。

「マイページ」アバターの右に
「【新機能ベータ版(実験中)】自分の好きな画像や写真で“オリジナルバナー”を自作する」
がありますのでそれをクリックすると作成ページに入れます。
いつこの機能が出来たのか知りませんでしたが、昨日初めて気がつきました。
知らなかったの私だけカナ?

面白そうなのでさっそく作ってみました。
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
 
 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
なかなか楽しい。自分だけで使う以外に、公開して共有もできます。
私は上記のバナーのうち、メダカバナーを登録しましたcat

2011.01.10

マシジミ導入から6週間・効果チェック

Imgp2032_3
 
室内水槽はマシジミを入れて以来、水はいつもぴっかぴかです。
 
 
 
 
 

Imgp2039_2
 
Imgp2056_2
 
泳ぐメダカもミナミヌマエビの姿もくっきりはっきり。
 
 
 
 
 

P1160613_2
 
室内水槽へ11月末にマシジミを導入して現在で約6週間。
緑水がどんどん透明になってゆく様子は今までお伝えした通りですが
水質浄化効果の実際値を今回は見てみます。
 
 
 
 
 

Imgp2072_4
 
2週間目の試験紙検査では、硝酸塩の値がセーフではありましたがゼロではなかったため
底砂の掃除がてら1/5だけ水換えを行い(2010年12月12日記事

それから一ヶ月後の今日、硝酸塩の値がやや上がっていたため(とはいえセーフの域内)
1/3量の水換えをしました。
「水換え不要」にはマシジミの量がもう少し必要なのかもしれませんが
水換え回数が大きく減ったことは確かです。
(硝酸塩など生物ろ過についてはHPに詳しく書いてあります)。

日当りの良い窓辺なので水温も上がりメダカもしっかりフードを食べているので
通常なら水が汚れやすくコケも多く付くはずですから、この成果はかなり良いと思います。
 
 
 
 
 

P1160610_2
 
ただ、それでもガラス面にうっすらコケがつきますから
気付いたらアクリルタワシで軽くこすり落としています。
以前は拭き取ったコケを水中にばらまかないように気をつけていましたが
今はコケが落ちてもミナミヌマエビとマシジミのエサとなるのでちょうどいい感じ。
 
 
 
 
 

Imgp2066_2
 
Imgp2050_2
 
北九州めだかセンターさんでは死んだマシジミを処理してもらうために
ラムズホーンをおすすめなさっています。
あと、うちではミナミヌマエビもなかなかの働きぶりで中身はすぐなくなってしまいます。
これが体の大きなヤマトヌマエビだったらあっという間かも。
 
 
 
 
 

Imgp2076_2
 
砂に潜っているから死んでもわからないのでは?と最初は思っていましたが
通常は画像のように砂面に入出水管を出しており、死ぬと口が開くためすぐわかります。
 
 
 
 
 

Imgp2033_2
 
Imgp2063_2
 
コケ・グリーンウォーター対策や水質浄化にマシジミは素晴らしい効果がある、
と再確認し、良さを実感しています。
今後は全水槽、全水鉢にも取り入れようと考えています。
 
 


(エビ・貝)マシジミSサイズ(20匹) 北海道・九州航空便要保温

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
昨年と同じ場所に設置した室内水槽ですが、ちょっと手入れを怠ったら
すぐコケがついたりグリーンウォーター化していたのが嘘のようです。マシジミ軍団よ、ありがとう。
 
 

2010.12.29

しっぽ庭焚き火祭り

Imgp1909_2
 
「こんなに小さいと外で冬を越せないだろう」と思って室内水槽に入れたメダカたち。
大きく見える子で2センチサイズ。
夏生まれなのに、稚魚がやっとメダカらしくなりました、といったあたりで
成長がはかばかしくない子が結構います。
 
 
 
 
 

Imgp1891_2
 
でも食欲はちゃんとあってフードも食べているし、
人間と同じように胃腸の働きが弱くて栄養分をしっかり吸収できないとか
あるのかもしれません。元気なのですけどね。
 
 
 
 
 

Imgp1872
 
外水槽の青パールメダカさんたちは無加温なのでさすがに
動きがゆっくりになっています。
 
 
 
 
 

Imgp1876_2
 
黄金ヒカリさんたちもただ漂っているだけといった感じ。
 
 
 
 
 

Imgp1877_2
 
幹之さんたちも
 
 
 
 
 

Imgp1881
 
青パープルメダカさんたちも心なしか輝きを失ったように見えます。
やはり冬は寂しいですね〜。
 
 
 
 
 

Imgp1882
 
3号池では透明な水底をメダカたちがゆっくり泳いでいます。
今朝は晴れたり曇ったりですが水温はかなり低く
水に手を入れると冷たいというか、痛いほどの感覚です。
 
 
 
 
 

P1160556
 
こういう日に体を温めるのはやっぱ穴掘りだね。ざくざくざくざく。
 
 
 
 
 

P1160557_2
 
といってもまた池を作るのではなくて(きょうのところは)、
秋に剪定したアボカドの枝が奥に山積みになっていますがこれを燃やして
ついでに不要な書類なども焼却してしまおうという算段です。
 
 
 
 
 

P1160558
 
しっかり乾燥しているので燃えるのが速いこと速いこと。
ちょっと手を止めただけで勢いが衰えるほどで気持ちいいほど燃えてゆきます。
 
 
 
 
 

P1160559
 
今朝は風もないし昼頃から雨ということなので焚き火には好都合。
全部焼いて火が消え水をかけておいても奥に残っていた熱がくすぶって
また炎を上げる事もありますから恐いんですよね〜。
 
 
 
 
 

P1160560
 
火が収まってきたと思ってもちょいちょいとつついて空気を入れると
またわーっと炎が立ち上ってきたりしてなかなか面白い。
 
 
 
 
 

P1160563_2
 
もう少し、というところで予定より早く雨が降ってきました。
うーん、残念。
 
 
 
 
 

P1160561
 
炎の熱気で体がほかほかにあったまりました。
 
 
 
 
 

P1160564
 
左に見えている背の高い草も枯れたものを刈り取って焼却し
ちょっとここのスペースを広げたいと思っています。
プチ計画があるもので。むふふ。
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
穴を掘り始めると「昔とった杵柄」といった感じでどんどん掘り進めたくなってしまい
穴掘り本能がDNAに組み込まれた感じ。出張穴掘り相談応じます。
 
 

2010.12.23

物欲ストーブリーグ

Imgp1768_2
 
室内水槽はマシジミ効果によりグリーンウォーターがすっきり透明に!
 
 
 
 
 

Imgp1775_2
 
ちょっと白っぽく見えますがこれは手前にあるソファカバーの白が映り込んでいるためで
ほんとうはぴっかぴかの透明水です。
手前のプラケースはミジンコ用なのでグリーンウォーターになっています。
 
そういえばマシジミ導入前はこんな状態だったなあ・・・。
 
 
 
 
 

P1160536_2
 
少々風邪気味なので外の作業は今日はちょっとだけにして
あとはカタログを眺めながら部屋で休むことにしました。

園芸に詳しい方ならたぶんご存じの「Kairyoen(改良園)」さんで
Green Shop/2011春号カタログ」を取り寄せました

もちろんネットショッピングは出来るのですが
カタログだといつでも手に取って例えば寝転んでも楽しめるのがいいですね。
 
 
 
 
 

P1160539_2
 
ネットで申し込み届いたら300円分の切手を送付するというお手軽さと安さですが
113ページもあって見応え感充実!
 
そうですか、先生はバラが気になりますか。私もその青紫のバラにもんのすごく惹かれます。
今うちにはもともと生えていたエンジ、白、ピンクの三種がありますが
次に購入するならぜひ青紫と考えておりまする。
他にも欲しいものだらけ・・・。 
 
 
 
 

Photo_2
 
現在どうやら流行らしい多肉植物。250円均一のものをいくつか購入しました。
明日かあさってには届くようでたのちみー!
春になったら庭のひと隅に石や砂利を使ってロックガーデンをつくり
そこに多肉植物植えたいなあと妄想しております。

 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
うわー、ビオトープ・ストーブリーグも妄想と物欲だらけ・・・(*>∀<)
 
 

2010.12.18

金はないが黄金ならある

Imgp1652_2
 
いわゆる失敗写真なのですが淡い色の世界がなにか新鮮で。
 
 
 
 
 

Imgp1655_2 
 
実際はこれ。
ごはんーー!と詰めかける室内水槽のメダカたち。
この春夏は黄金メダカがよく産卵してくれたのでこの水槽の半分近くは黄金さんたちです。
 
 
 
 
 

Imgp1654
 
ねッ?
 
 
 
 
 

Imgp1645_2
 
そして我が家の黄金の最高峰がこのヒレナガゴイのゴンちゃん。
ビカビカに輝いてます。
 
ゴンちゃんという名前の由来は・・・おわかりですよね(安易でスミマセン
 
 
 
 
 

 
 
Imgp1642_2
 
さてさて、ミジンコのエサとして取り寄せた「ほうれん草パウダー」。
青臭い匂いかと思えばさにあらず、ほとんど抹茶のようないい香り。
なめてみてもやはり抹茶テイストでした。
 
 
 
 
 

P1160488_2
 
水に溶かして入れてみたら、もは〜んと煙幕のように水中へと広がり
 
 
 
 
 

Imgp1636_2
 
なんだかミジンコさんたちの動きがあわただしくなったような。
 
 
 
 
 

Imgp1634
 
「ちょっとちょっとコレ、ほうれん草パウダーじゃない!?」(と言ってる気がする)
「このまったりとした風味、たまんないわ〜〜」(と言ってる気がする)
 
光に透けてミジンコさんも黄金っぽく見えますね。
 
 
 
 
と、黄金はこんなにたくさんあるのですが金(カネ)はない。
なのに気持ちは早くも来春に飛んでいて、熱帯性睡蓮を3種ほど導入する計画のために
数量限定の鉢を「コレワイソガネバ」とぽちっとしてしまいました。う〜〜〜む(汗
 
Terracotta_2
 
 
 
 
今ある熱帯性睡蓮(休眠中)は

P1080117_2_2P1080122_2
 
プラウナパとモラコット、
 
 
 
P1080770_2_2P1090652_2_2
 
オーガストコッホとドウベン。そして・・・
 
 
 
Drgcassina_2Mrse_whitacker_2Murasakisikibu_2
 
ちょっとシャープな印象のコレとコレとコレを欲しいなーと思っております。
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
3号池がたいへん豪華なことになりそうで楽しみ。