2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

しっぽ庭 見取り図

しっぽ池

  • 【1号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【2号池】90×90×34.5cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【3号池】180×120×60cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水鉢

  • 【海璃】ø50×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【藍】ø48×高32cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【銀河】ø49×高26cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【カルビーノ】ø45×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【白茶】ø35×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【青紫の上】ø35×高15cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【花鳥】ø長45短38×高22cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【青藤】ø30×高25cm

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    【白水】ø30×高25cm

カメハウス


  • ○松子・20歳 ♀


    ○竹子・20歳 ♀

now

・:*:・゜'☆,。・


  • 脊椎損傷によりベッドから
    自由に動くことが出来ない中、
    真っ直ぐな心のメッセージをくれた
    大切なお友達のともちゃん…
無料ブログはココログ

★カメ

2016.01.28

(ミドリガメなど)水棲カメの飼い方・冬越し・冬眠

記録的な今回の大寒波で、

「ベランダで飼っていたカメが氷漬けになった!」とのTwitterが

ネットで取り上げられています。

なんとか無事だったそうですが画像を見るとなんとも痛々しくて(>_<。)・。

 

たぶん飼育容器の水が凍るほどの寒さは今までなかったから

油断されてたのだと思いますが

次に気温が下がる予報が出たらその夜には飼育容器ごと

室内の、玄関など暗い場所に移動させてほしいデス・・・(´・ω・`)

 

カメは甲羅が凍る程度でも大丈夫とは言われていますが

まだ若かったり、夏の間に栄養を充分採れていなかった個体は

体力不足で冬に命を落としやすいようですので。

なにより逃げ場のない限られた場所で、

まわりの水がだんだん凍ってゆく状況を想像すると・・・胸が苦しいです。

 

ウチの松子竹子の飼育環境は

Image1

ラティス180×60cm、120×60cm(各2枚)を

開閉蝶番で1カ所に2個(上部と下部)でつなぎあわせ囲いを作り

中にプラ舟プール(約150×90×深さ21cm)を設置。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

着色ラティスフェンス ホワイト1200×600mm (aks-61303) ◇ ...
価格:2480円(税込、送料別) (2016/11/19時点)

 

水はたっぷり入れてカメの甲羅がしっかり沈む深さにすると

夏は気持ちよさそうに泳いでいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リス興業 プラ舟 220L(外寸1514×900mm) :RS0041 [個人宅...
価格:11448円(税込、送料別) (2016/11/19時点)

 

P2280611

天気の良い日は水からあがってひなたぼっこをするので

出入りしやすいようブロックやレンガで段差を作っています。

 

P2280313

囲いの上には板を横渡しにして、その上に

夏は日差しよけ、冬は防寒のために日よけシェードをかけています。

本格的に寒くなるとほぼ冬眠に入るので、このシェードで上をぴっちり覆います。

 

数年前には冬はビニールハウスの中にカメプールを置きましたが

中途半端な冬眠はかえって体力を落とすと聞き

現在のように野生のカメが池で越冬する環境に近い状態に近づけました。

 

ただ今回のように雪になりそうだったり気温が低下しそうなときな

屋根のある場所にコンテナを設置し

首を伸ばすと水面に顔が出る程度に水を張り

そこへ避難させています。

Image4 Image3

Image2

軒下で覆いをかけておけばこちら西日本では水が凍ることはまずありません

(雪や風が直接あたると凍る可能性がありますが)。

容器は押し入れ収納ケースなど手軽で格安なものでもいいと思います。

 

P1300186

画像に写っている日よけシェードは生地もしっかりしており

洒落ているのでけっこう使いまわしてます。

P2280546 

 

あと冬でも昼間、暖かいことがありますが

フードはむやみに与えないほうがよいようです。

カメは変温動物なのでフードを食べたあと気温が下がると

消化器官も活動が落ち食べたものをきちんと消化できず

結果消化不良をおこし具合が悪くなる場合もあるらしいのです。

そのかわり夏の間は適度な量を与え、冬に備えて体力をつけさせておきます。

おなか部分がややふっくら盛り上がってる程度が良好で

へこみすぎている個体は痩せすぎで栄養が足りていないそう。

ときどきおなかチェックしてあげてくださいね(≧ω≦)♡

 

ちなみにカメのフンってけっこう匂いがきつく

ベランダなどで飼っているかたはちょっと水替えを怠ると

強烈な匂いになると思います。

ウチではフードを「納豆菌」入りのに変えたらかなり匂いが抑えられました。

 
 

いままでビオトープやメダカのことをメインに書いてきましたが

カメを飼っている方もたくさんいらっしゃるようですから

少しでもお役に立てればと思いますので

気付いたことなど折に触れ書いてみたいと思います。

 
P1160972

松子竹子ももう20歳になりましたがまだまだ元気!

もっと長生きしてもらいたいものですwink

 
 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

2011.03.09

ビニールハウス解体 byしっぽ工務店

P1160880_4
 
カメたちも冬眠を終えて外に移動したので
ビニースハウス(グリーンライフ/BO-U006)を撤去しました。
 
 
 
 
 

P1160878_2
 
まず、ビニールをとりはずしたところです。
2月12日の記事で半壊(のち自らの手により全壊)し
ジョイント部分をガムテープやひもで補修し、おそるおそる使っていましたが
ポールがつなぎ目のところで折れ曲がり「いよいよ危険」状態ですネ。
 
 
 
 
 

P1160886
 
新しいビニールハウスはまた秋になったら購入するとして
跡地は現在こんな感じになっています。

左の棚は室内でがらくた置場になっていたもので、中央の棚はこの冬に買い求めたもの。
幅91×奥行46×高さ156cm、棚一段につき50kgまで置けて
58%OFFの3,780円という安さ。
今はなんとなく物を置いていますがちょっと整理して
もう少ししたら室内にあるプラケースを置けるようにしなければ。

中央に見える浅鉢には、
 
 
 
 
 

P1160885
 
ロックガーデンに植える予定だった多肉のセンペルビウム属たちを植え付けています
(中央はブロンズ姫)。
外猫たちが掘り起こしてコロコロとおもちゃにするので直植えは断念。
うむむ・・・残念であります。
 
 
 
 
 

P1160876
 
左の棚はこんな感じ。鉢植えが充実してきました。
 
 
 
 
 

P1160877
 
こうやって並んでいるとなんだか嬉しい♬♪♫♬♪♫
 
 
 
 
 
 
【お・ま・け】
 
Imgp3185_2
 
レンちゃんの様子を窺いスキあればくっつこうとストーカー中のゴンちゃん(笑 
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
きょうはものすごく風が強くてヅラが飛びそうでした。春一番でしょうか。
 
 

2011.03.04

多肉ちゃんは何処へ/浮き草越冬作戦

Imgp3087
 
現在のロックガーデンです。一見以前と変わらないように見えますが・・・
 
 
 
 
 

Imgp3086
 
ぬおおーーッ!多肉植物を植えた場所が荒らされています。
しかも多肉ちゃん一個もなーーーい!!Σ(゚д゚;)
横の苗も踏まれて折れているし、きっと猫たちの仕業ではないかと・・・。
 
 
 
 
 

Imgp2969_2
 
これが植えた当初の様子。こう見ていると猫から目線では確かに
「コロコロ転がしたいッ!」という気分をそそられるような気がします。
 
 
 
 
 

Imgp3089_2
 
8個のうち4個は庭掃除の時にあちらこちらで見つかりました(先ほども1個発見)。
残りの3個も庭のどこかに落ちているのだとは思いますが。しくしく。
 
 
 
 
 

P1160681P1160683_2
 
さて、気を取り直して・・・。
冬も半ばの頃にビニールハウスに入れておいたホテイアオイを見ると
水中に沈んでいたものは色も鮮やかに保っていたので
「水中に沈め霜の当たらない場所に置いておくと越冬できるか」実験について
以前記事でお伝えしました。
 
 
 
 
 

P1160684
 
それではちょいと見てみましょうか。ハウス内右奥、南側で日光の当たる場所です。
 
 
 
 
 

P1160868
 
左は水面に出てしまっていたもの。
真っ黒に変色して「ゴメン、もう駄目です」状態ですね。
右が完全に沈めておいたものでくすんだ色になってはいますが
ちゃんと生きているようです。
特筆すべきは下のフロッグビットでこれも水中に沈めていたのですが
きれいな緑を保ち新芽が出てさらにランナーまで伸ばしています。すごいな。
 
 
 
 
 

P1140016
 
来冬から浮き草は
「水中に完全に沈めて家の中の日光の当たる場所に置いて越冬」
することにしようと思います。
そうすれば毎年こんな姿を見せてくれることでしょう(^-^*)
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
いつも応援ありがとうございますcatごめんなさい、コメント欄closeでよろしくお願いします。
 
 

2011.02.18

白い花

Imgp2930
 
庭のあちこちで少しずつ、今年も水仙が咲き始めました。
これは八重咲きの水仙。
二重なのですが図鑑で見ると八重咲きとありました。
 
一般的に花は八重咲きのほうが華やかに見えますが
白い水仙は一重咲きの見慣れたものに比べて黄色い花芯が見えないぶん
しっとりと落ち着いて清楚な感じがします。
 
 
 
 
 

P1160761
 
これは先日、雪が降った日の画像ですがこの両側に見える
つんつんとがった葉はすべて水仙です。
見頃になるととても美しい風景になります。
ちなみに葉が枯れる初夏頃になると、交代するかのように今度は
ミョウガが同じ場所から生えてきます。よくできていますネ。
 
 
 
 
 

P1160834_2
 
さて、こちらは先日設置した棚です。中央下から二段目はプラケースを並べています。
 
 
 
 
 

P1160833_2
 
越冬中の黄金ヒカリたち。セルフィンF2でもあります。
(つまり彼らにはセルフィンの特徴が出ていないけれど祖父母がセルフィンなので
彼らの子たちにセルフィンが出る可能性があるということです)。

底には何も敷かずカップ容器に赤玉土とマシジミを入れています。
赤玉土は水質を安定させるしマシジミはご存じの通り緑水対策です。これだと

1)赤玉土カップとメダカを取り出し
2)網で水を漉す
3)底水数センチを残してそれは捨て、そのぶん足し水をする

と掃除が簡単なので今年からプラケースはこの方式で行こうと思います。
そうそう、網で水を漉すときは布を敷いて漉すと
細かい汚れまでろ過できるのでおすすめです。
キッチンペーパーなどと比べて洗えば何度もつかえますしネ。
 
P1160116
 
 
 
 
 

P1160832
 
その上の棚には池で使っていたガラス水槽に多肉植物を入れています。
直接風が当たらないのでちょっと温室効果もアリかな?
 
 
 
 
 

Imgp2936_2
 
棚の左にある加温水草水槽にいるビーちゃんは元気そうで
コケをせっせと食べてくれています。
 
 
 
 
 

Imgp2941_2
 
ピンクラムズホーンが増殖中のようですね・・・。
小さいベビーがたくさんガラスに張り付いています。
 
 
 
 
 

Imgp2931_2
 
さて、心配していたアボカドさんはやはり枯れつつあるようです。
先端に近い枝を折ってみると通常は緑色のみずみずしい茎なのに中はすっかり枯れていました。
 
 
 
 
 

P1160772
 
葉もどんどん落ちています。
てっぺんの方まですべてこの様子ですからすべて枯れ落ちるのは時間の問題のようです・・・

葉が落ちても幹は残るので憧れのつるバラを這わせてみたらどうかと思いつきました。
白系で初心者向きで病害虫にも強く樹勢の強いものを検討中です。
 
 
 
 
 

White_christmas_climbing_2
ホワイトクリスマス
 
Summer_snow_climbing
サマースノー
 
Pauls_lemon_pillar_2
ポールズレモンピラー
 
 
などが今のところ候補にあがっています。バラ初心者ですのでちょっと勉強せねば。
その間にアボカドさんが新芽など出してくれたら一番嬉しいのですけどね・・・。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
↓皆さんの真似をして拍手ボタンを導入してみました。
いつも応援ありがとうございますcat
 

web拍手 by FC2

 

2011.01.19

ビニールハウス内美化活動

Imgp2229_2
 
もう3年ほどになるサボテンと多肉植物の鉢の土が
がちがちに固まって来たのでまずはこれを植え替えすることに。
 
 
 
 
 

P1160678
 
それぞれを分けて新しい土を入れて仕立てました。
 
 
 
 
 

P1160676_2
 
先日購入して植え付けた多肉の、これは「茜の塔(クラッスラ属)」が
猫のいたずらか掘り起こされて落ちていたので救出。
 
 
 
 
 

Imgp2227_2
 
小鉢に植え付け。小さくとも鉢にちゃんと植えると立派に見えますね。
 
 
 
 
 

P1160664_2
 
小さいと言えば今回「センペルビウム属おまかせ20種2,000円」の多肉を購入したところ
一個ずつ名前が書かれた付箋紙と共にテイッシュにくるまれて届きました。
それが安いだけあって小さいのなんのって(画像は検品中の営業部長)。
 
 
 
 
 

P1160667
 
とりあえずミニプラ鉢に植え付けて
付箋紙になぐり書きされた名前を苦労して読み取り正式名を調べ、
 
 
 
 
 

P1160669
 
それぞれに名札を立てました。
これらはすべてセンペルビウム属で、耐寒性が高く外植えでもOKとのことで
今回セットで注文したのですがこう小さいと
植え付けても転がって遊ぶにゃんずに踏まれそうなので
このまま成長を待ってから植えることにしました。
 
 
 
 
 

P1160670_2
 
さて、いよいよ今日のメインイベント、松子竹子が冬眠中のビニールハウス内を
きれいにしてゆきましょうかネ。
 
 
 
 
 

P1160672
 
まず、夏に活躍したミニプラ舟ビオの掃除から。
 
 
 
 
 

P1160687_2
 
枯れたウォータークローバーや沈殿物を取り除いてスッキリ。
 
 
 
 
 

P1160681
 
ビニールハウス内とはいえホテイアオイはほとんどが茶色に変色していますが
中央のものはきれいな緑色です。
これは他のものに押されて水中に沈んでいたもの。
ということは水中に沈めておくと緑色が保てるということかな?
 
 
 
 
 

P1160682_3P1160683_2
 
ということで実験も兼ねて「ホテイアオイ沈水越冬計画」をやってみます。
完全に枯れた葉は取り除いてバケツに入れ水をいっぱいに張って、
浮かばないように水を入れた洗面器を重しとして上に乗せました。

さて、まだ続く冬を緑の葉のままで越すことが出来るかな。
上手くいったら来シーズンからはこの越冬法でいってみましょう。
 
 
 
 
 

P1160679_2P1160680
 
熱帯性睡蓮はバルブ(株のこと)についた根と枯れた葉を全て取り除き
新しい赤玉土に頭も隠れるように植え付けて
バルブが腐らないように時折水を新しい物に換えながら越冬させています。
下のプラカップは底に穴を開けているので水がちゃんと透過します。
 
 
 
 
 

Imgp2221_2
 
ハウス内に鉢を置いたため安心してしまって水やりの回数が減り
枯れさせてしまったラベンダーですが一部生きていたので新しい土に植え替えをしました。
ここから伸びてくれればいいのですが。
 
 
 
 
 

P1160684
 
鉢植えなども持ち込んで、ハウス内がきれいになりました。
しかしカメプールに入れた枯葉はしっかりアク抜きしたのですが
まだ残っていたらしく水が茶色くなってきています。
水換えしようにも冬眠の妨げになると良くないかもしれないし。
う〜〜〜ん・・・。
 
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
届いた多肉は小さくて少々がっかりでしたが、おまけが3個ついてきたのでちょっと嬉しい。
 
catいつも応援していただいてありがとうございます。とても励みになっています。
ところでブログフレンドさんのくまこさんの多肉植物棚に影響を受けて
私も多肉コレクションを始めたのですが
くまこさんも私の影響でプラ舟ビオトープを始めるそうです。
 
Kumakosan_2
 
お庭も整備進行中でとても素敵ですのでぜひ記事をご覧になってください。
こうやってお互い影響されて輪が広がってゆくのは楽しいですね。
ブログの理想的なあり方だと感じます。
 
 

2011.01.14

多肉植物&春秋メダカ孵化育成棚

P1160628_2
 
本部屋のメタルラックが不要品の物置き場となっていたので
要らないものを処分し、ラックを庭に設置しました(力仕事 by しっぽ工務店)。
 
 
 
 
 

P1160627_2
 
こちらビフォー。
友人からもらった耐久ガラスのテーブルですが何せガラスなもので重いものを置けず
植物のトリミングなどの作業場くらいにしか使っていませんでした。
 
 
 
 
 

Kumako2_2
 
ブログフレンドのくまこさんが多肉植物を鉢植えにし
それらをきれいに棚に並べてある画像↑を載せた記事を書かれていて
それがとても素敵で「私も多肉植物棚が欲しい〜」となったので、
真似させてください、記事にさせてくださいとお願いしたところ快くご了承くださいました。
 
 
 
 
 

Imgp2114
 
先日購入して以来まだ植え替えしていなかった多肉ちゃんたちを
硬質赤玉土とソイルにそれぞれ植え付けて
 
 
 
 
 

P1160630_2
 
並べました。う〜ん、ラブリー。
こうするとコレクション的な感じがあってもっと欲しくなりますね(危険
 
 
 
 
 

P1160635
 
多肉植物棚でもありますが春からはメダカの卵の孵化・稚魚育成のために
プラケースを並べたいと計画しています。
 
右上に伏せてあるプラケースが一段につき4個置けるので
(一番下の段は水槽を置いて、もう一段は多肉鉢専用にして)
残り2段×4個で8個プラケースが置けます。
で、その手前にちょうど植木鉢サイズのスペースが出来るのでそこにも多肉鉢を並べる、と。
 
 
 
 
 

P1070934_2
 
これは昨年の様子。
これらがラックに収まるのでここはまた別の用途に使えます。
 
 
 
 
 

Imgp2118_2
 
エケベリア属の「クリスタル」。バラの花のようできれい〜。
そういえばエケベリア属は、バラ亜綱 >バラ目 >ベンケイソウ科ですが
葉の形状がバラみたいというのも偶然なのかなんというか。
 
 
 
 
 

Imgp2116_2
 
手前、クラッスラ属「ワテルメイエリー」。
 
 
 
 
 

Imgp2117_2
 
中央、同じくクラッスラ属「南十字星」。
 
 
 
 
 

Style
 
同クラッスラ属「丸葉花月錦」。
お遊びツールで雑誌の表紙風にしてみました。
 
 
 
 
 

 
 
【お・ま・け】
 
Petfancy_2
 
うちの沙羅も雑誌表紙デビュー☆
 
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
寒いけどワクワクして春を待つ、そんな気分にさらにワクワク。
くまこさん、リンク&画像提供をありがとうございました。 
 
 

2010.12.26

多肉植物の盛り合わせ

Imgp1848_2
 
お待たせいたしました。多肉植物、盛り合わせでございます。
 
 
 
 
 
Imgp1846
 
これは引いて撮影。結構風景に馴染んでいますネ。
 
 
 
 
 
Imgp1845
 
ただの寄せ植えではなく「ロックガーデン」をイメージして盆景風に作ってみました。
 
奥が高く手前にかけて低くなっています。
中央奥に大きめの石を配し、左奥に背が高めの多肉、
ロゼットタイプを右上から左下にかけて流すように植え、
右下は小さめのものをまとめています。

右上石の側にあるのは「黒法師」で色の印象が強いため、
対比する左下に黒っぽい石を置きました。試しにこの黒石を指で隠してみてください。
何か物足りなく締まらない印象になるのがお分かりだと思います。
 
 
 
 
 
Imgp1854_2
 
Imgp1855_2
 
Imgp1853_2
 
Imgp1857
 
Imgp1859
 
どれもみずみずしくて美味しそう。多肉植物って愛らしいですねえ。
 
 
 
 
 
P1160551
 
今回購入したのはアリスガーデン。250円均一の中から20ポット選びました。
 
 
 
 
 
P1160549
 
多湿に弱いということで本当は穴の開いた鉢を使った方がいいと思いますが
室内に置くことも考えちょうど空いていた浅鉢【青紫の上】を選び、
植え込むのには硬質の赤玉土(小粒)、表面にはろかジャリを用いました。
どちらも比較的乾きやすいものです。
 
猫は無理に用意しなくてもかまいません(笑
 
 
 
 
 
Imgp1870
 
とりあえずビニール温室へ。松子竹子はすっかり冬眠モードです。
 
 
 
 
 
Imgp1865_2
 
残りの見目麗しい方々はまた違った趣向で植えたいと思います。
 
 
 
 
 
Imgp1868
 
こうやって置いておくだけで絵になるなあ・・・。


今回購入した多肉ちゃんたちそれぞれは、HPのこちらでご紹介しています。
あと初心者なのでいろいろ勉強したこともまとめて記載しました。
間違っている箇所がありましたらぜひご指摘ご指導お願いいたします。
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
盆景はいわゆる箱庭なので作る過程は感覚勝負。もんのすごく楽しい〜。
 
 

2010.12.25

Holy Night

Imgp1699
 
昨夜、トナカイ8頭立てのソリに乗って良い子たちへプレゼントを配り歩いたあとに
久々にお会いした東方の三博士であるメルキオール、バルタザール、カスパール各氏と
居酒屋でシャンパーニュを痛飲したため
本日は風邪の悪化でセキがコンコンマイマイ止まらなくなってしまい
待望の多肉植物植え替えが出来ませんでした。残念。
外、雪降ってるし。

ということで室内で各多肉のプロフィールを撮った中からお気に入りをアップします。
それぞれの名称はまた後日。今、ひもとくのも野暮というもの。
 
 
 
 
 
Imgp1787_2
 
Imgp1804_2
 
Imgp1811_2
 
すべてのご家庭が平穏で暖かな夜を迎えられますように。
 
Merry Christmas!
 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
And the ソルマック。
 
 

2010.12.24

多肉軍団やって来ました!

Imgp1782_3
 
ぐふふ、待ちかねたぞよ〜。
 
 
 
 
 
P1160542_2
 
夜になってやっと届きました。まずは営業部長がお荷物あらため(検品)。

なぜ営業部長かというと宅配業者さんや郵便局の人などが玄関先に来ると
必ず出て来てあいさつするのです。
たまにひっくりかえって多肉なお腹を見せたりとフレンドリー。
 
 
 
 
 
P1160545_2
 
それはさておき、もうよろしいでしょうか、部長。
 
 
 
 
 
Imgp1781_2
 
きょうのところはチラリheartとだけ顔見せ。

 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
あとは明日のお楽しみ〜。

2010.12.23

物欲ストーブリーグ

Imgp1768_2
 
室内水槽はマシジミ効果によりグリーンウォーターがすっきり透明に!
 
 
 
 
 

Imgp1775_2
 
ちょっと白っぽく見えますがこれは手前にあるソファカバーの白が映り込んでいるためで
ほんとうはぴっかぴかの透明水です。
手前のプラケースはミジンコ用なのでグリーンウォーターになっています。
 
そういえばマシジミ導入前はこんな状態だったなあ・・・。
 
 
 
 
 

P1160536_2
 
少々風邪気味なので外の作業は今日はちょっとだけにして
あとはカタログを眺めながら部屋で休むことにしました。

園芸に詳しい方ならたぶんご存じの「Kairyoen(改良園)」さんで
Green Shop/2011春号カタログ」を取り寄せました

もちろんネットショッピングは出来るのですが
カタログだといつでも手に取って例えば寝転んでも楽しめるのがいいですね。
 
 
 
 
 

P1160539_2
 
ネットで申し込み届いたら300円分の切手を送付するというお手軽さと安さですが
113ページもあって見応え感充実!
 
そうですか、先生はバラが気になりますか。私もその青紫のバラにもんのすごく惹かれます。
今うちにはもともと生えていたエンジ、白、ピンクの三種がありますが
次に購入するならぜひ青紫と考えておりまする。
他にも欲しいものだらけ・・・。 
 
 
 
 

Photo_2
 
現在どうやら流行らしい多肉植物。250円均一のものをいくつか購入しました。
明日かあさってには届くようでたのちみー!
春になったら庭のひと隅に石や砂利を使ってロックガーデンをつくり
そこに多肉植物植えたいなあと妄想しております。

 
 
 
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
うわー、ビオトープ・ストーブリーグも妄想と物欲だらけ・・・(*>∀<)
 
 

より以前の記事一覧